デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437327

精神科遠隔医療:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Telepsychiatry - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 117 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.79円
精神科遠隔医療:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 117 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の精神科遠隔医療市場規模は、2024年に96億2,000万米ドルと推定され、2029年までに240億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に20.10%のCAGRで成長します。

世界の精神科遠隔医療-市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、パンデミック期間中の精神科遠隔医療市場の需要に影響を与えました。精神科遠隔医療は、COVID-19感染症のパンデミックの中でヘルスケアに不可欠な要素として浮上しました。 2022年3月に発表された「遠隔医療は、COVID-19感染症のパンデミック中にメンタルヘルスのニーズを満たす特大の役割を果たした」と題された記事によると、メンタルヘルスの不調を報告した成人の20%以上が、パンデミック中にカウンセリングやセラピーを受けていないとも報告しています。遠隔医療は、精神保健サービスのニーズを満たす上で特に重要な役割を果たしています。COVID-19感染症のパンデミックによるストレス、職場での非効率なコミュニケーション、明確さと方向性の欠如、在宅勤務中の中断により、時間やエネルギーなどのリソースが損失しました。これらすべての要因が従業員の精神的健康を乱し、長期にわたるストレスや心身症につながりました。したがって、従業員の感情的および精神的な健康を維持するために、精神科遠隔医療が大きな役割を果たしました。したがって、COVID-19感染症のパンデミックは、世界の精神科遠隔医療市場の成長に大きなプラスの影響を与えると予想されます。

精神科遠隔医療市場の成長を押し上げている主な要因には、ヘルスケア費の上昇、技術革新、遠隔患者モニタリングの増加、精神障害の増加などが含まれます。精神科遠隔医療ソリューションは、慢性疾患の管理の改善、移動時間の短縮、医療専門家スタッフの共有、入院期間の短縮と短縮を通じて効率を向上させながら、ヘルスケア費の削減に役立ちます。 2020年8月に発表された「精神科遠隔医療プログラムの経済的評価とコスト:体系的レビュー」というタイトルの記事によると、精神科遠隔医療には精神科ケアを提供するための電気通信技術の使用が含まれており、コストの削減と精神保健サービスへのアクセスの増加が約束されています。 2021年5月に発表された「ケアの提供実際の世界の遠隔メンタルヘルス提供者」というタイトルの記事では、ほとんどのプロバイダーが主に不安、うつ病、トラウマ、ストレス関連障害を抱える成人に個別の治療形式で遠隔メンタルヘルスサービスを提供していると報告しています。ここ数十年間、自殺に関する集団ベースの心理解剖研究がいくつか実施され、若者の自殺の危険因子に関する重要な情報が明らかになった。研究では、数多くの要因が自殺に寄与する可能性があり、それらは遺伝的、生物学的、心理的、社会的要因の非常に独特で動的かつ複雑な相互作用によって引き起こされる可能性があると述べられています。したがって、若者と十代の若者の自殺傾向の増加により、メンタルヘルス治療の需要が増加し、精神科遠隔医療市場の成長を促進します。

精神科遠隔医療市場の動向

成人向けセグメントが予測期間中に市場を独占すると予想される

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック中、社会的距離の確保や失業などの影響で、メンタルヘルスに関するバーチャル相談の需要が増加しており、精神科遠隔医療の導入が増加しています。国立医学図書館精神科遠隔医療によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の隔離による心理的影響には、うつ病や不安などの深刻な副作用があるといいます。新型コロナウイルス感染COVID-19の隔離により、精神医学的および心理的介入の利用可能性が減少しており、成人と青少年の間で精神科遠隔医療の証拠が増えています。精神保健サービスを提供し、質の高いケアを向上させるために精神科遠隔医療を利用することを示唆する文献が増えています。

予測期間中の市場の成長は成人が支配的でした。成人のうつ病や不安症のレベルが高まっているため、この年齢層における精神科遠隔医療の需要が高まっています。疾病管理予防センターの2022年 2月の最新情報によると、成人の6人に1人が人生のある時点でうつ病を経験するとのことです。毎年、米国では約1,600万人の成人がうつ病に苦しんでいます。したがって、成人におけるうつ病の増加傾向が、予測期間中にこのセグメントを押し上げると予想されました。 2021年8月に掲載された「うつ病、不安、不眠症の有病率」と題された記事によると、不安症が23.2%の人に蔓延しており、次にうつ病が22.08%、不眠症が38.9%に蔓延していることが判明しました。人々の。さらに、成人はスマートフォンやオンラインサービスを使用する可能性が非常に高く、これが市場の需要を促進する可能性があります。精神的健康障害を持つ患者は、非常に簡単に有害なライフスタイルの選択に流れてしまう傾向があります。したがって、これらの人々は、孤独感を抑えるのに役立つ遠隔監視による継続的な監視を必要としています。さらに、早期の警告サインや精神科遠隔医療を使用したフォローアップの予約が市場の需要を促進します。

北米は顕著な成長率を示すと予測されている

北米市場は、慢性疾患の多発、ヘルスケア費の増加、技術開発、高齢者人口の増加、遠隔監視に対する意識の高まりによって牽引されています。この地域におけるモバイル医療サービスの出現は、精神科遠隔医療に成長機会をもたらします。現在、何人かのアメリカ人がモバイルウェルネスアプリケーションを使用しています。 Pew Internet &American Life Projectが実施した最新の調査によると、現在、米国の全スマートフォンユーザーの9%が、健康状態を追跡または管理するためのアプリケーションをダウンロードしています。精神科遠隔医療に対する消費者の広範な関心と、モバイルヘルスアプリケーションと遠隔医療デバイスの導入率の増加が市場の成長を推進しています。

さらに、米国の人口におけるうつ病、不安症、さまざまな精神疾患の増加により、市場の成長が促進されると予想されます。 2021年10月に疾病管理予防センターが発行した「米国におけるCOVID-19症パンデミック中の成人の不安とうつ病の重症度スコアの国および州の動向、2020年から2021年」と題した報告書によると、米国は次のように述べています。国勢調査局の世帯脈拍調査データによると、2020年8月から2021年2月にかけて、不安症やうつ障害の症状を持つ米国成人の割合が全国的に増加したことが示されています。さらに、同じ情報源によると、平均不安重症度スコアは2020年8月から12月にかけて13%増加しました。 2020年 8月から2021年 2月までに、最近不安症またはうつ病の症状がある成人の割合は36.4%から41.5%に増加し、満たされていないメンタルヘルスケアを報告している成人の割合は9.2%から11.7%に増加する必要があります。増加率が最も高かったのは、18~29歳の成人と高校教育未満の成人でした。

したがって、上記の要因は、予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。

精神科遠隔医療業界の概要

調査対象の市場は、少数の大手市場プレーヤーの存在により、適度に統合されています。しかし、技術の進歩と製品の革新に伴い、中規模から中小企業は低価格の新製品を導入することで市場での存在感を高めています。 SOC Telemed、Advanced Telemed Services、American Tele psychiatrist、e-Psychiatry、Iris Telehealthなどの企業は、遠隔医療市場で大きなシェアを占めています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 精神的健康障害の発生率の増加
    • 消費者の需要の高まりと患者の受け入れの増加
  • 市場抑制要因
    • 償還に関する課題とライセンス
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • 家庭内ソリューション
    • 日常ソリューション
    • 危機ソリューション
    • フォレンジックソリューション
  • 年齢層別
    • 成人
    • 小児
    • 思春期
    • 高齢者
  • エンドユーザー別
    • スペシャルティケア環境
    • 在宅ケア
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Insight Telepsychiatry
    • Telemynd
    • SOC Telemed
    • Advanced Telemed Services
    • American Tele psychiatrists
    • e-Psychiatry
    • Iris Telehealth
    • MDLIVE Inc
    • innova Tel Telepsychiatry
    • Encounter Telehealth, LLC

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 91306

The Global Telepsychiatry Market size is estimated at USD 9.62 billion in 2024, and is expected to reach USD 24.03 billion by 2029, growing at a CAGR of 20.10% during the forecast period (2024-2029).

Global Telepsychiatry - Market

The COVID-19 pandemic affected the demand of the telepsychiatry market during the pandemic period. Telepsychiatry has emerged as an essential component of healthcare during the COVID-19 pandemic. According to the article titled 'Telehealth has played an outsized role meeting mental health needs during COVID-19 pandemic' published in March 2022 over 20% of adults reporting poor mental health also report not receiving counseling or therapy during the pandemic. Telehealth has played a particularly significant role in meeting the need for mental health services. During the COVID-19 pandemic stress, ineffective communication at work, lack of clarity and direction, and interruptions during Work from Home resulted in the loss of resources like time and energy. All these factors disturbed employees' mental health leading to prolonged stress and psychosomatic diseases. Therefore to sustain employees' emotional and mental well-being telepsychiatry played a major role. Thus, the COVID-19 pandemic is expected to have a significant positive impact on the growth of the telepsychiatry market globally.

The major factors which are raising the growth of the telepsychiatry market include rising healthcare costs, technological innovations, increasing remote patient monitoring, and the rising mental disorders. Telepsychiatric solutions help decrease the cost of healthcare while increasing efficiency through improved management of chronic diseases, reduced travel times, shared health professional staffing, and fewer and shorter hospital stays. As per the article titled ' Economic evaluation and costs of telepsychiatry programmes: a systemic review' published in August 2020 telepsychiatry involved use of telecommunications technology to deliver psychiatric care and offers promise to reduce costs and increase access to mental health services, According to the article titled ' Provision of Care Real world telemental health providers' published in May 2021 most providers reported primarly offering telemental health services to adults with anxiety, depression and trauma and stresso-related disorders in individual therapy formats. In recent decades, several population-based psychological autopsy studies of suicides have been conducted revealing important information about the risk factors for youth suicide. The studies stated that numerous factors can contribute to suicide, they maybe caused by a highly unique, dynamic and complex interplay of genetic, biological, psychological and social factors. Thus, increase of suicide tendency in young adults and teenagers in turn increases demand for mental health treatment, thus boosting the telepsychiatry market growth.

Telepsychiatry Market Trends

Adult segment is Expected to dominate the market over the forecast period

There is an increase in demand for virtual consultation for mental health during the COVID-19 pandemic owing to social distancing, job losses, etc. which is increasing the adoption of telepsychiatry. According to the National Library of Medicine Telepsychiatry, the psychological impact of COVID-19 quarantine has serious side effects, such as depression and anxiety. The COVID-19 quarantine reduces the availability of psychiatric and psychological interventions and the evidence base for telepsychiatry is growing among adults and adolescents. A growing body of literature suggested the use of telepsychiatry to provide mental health services and improve quality care.

Adults dominated the market growth during the forecast period. The increasing level of depression and anxiety in adults is boosting the demand for telepsychiatry in this age group. According to the Centers for Diseases Control and Prevention in Updates in February 2022, at some point in their lives, one out of every six adults will experience depression. Every year, approximately 16 million adults in the United States suffer from depression. Thus, the growing trend of depression in adults anticipated to boost the segment over the forecast period. According to the article titled ' Prevalence of depression, anxiety and insomia' published in August 2021, Anxiety was found to be prevalent in 23.2% of people, followed by depression in 22.08%, and insomnia was found to be prevalent in 38.9%. of the people. Furthermore, adults are very much likely to use smartphones and online services, which can help propel the market demand. Patients with mental health disorders have a tendency to drift toward harmful lifestyle choices very easily. Hence, these people need continuous monitoring via remote monitoring that can help them curb the feeling of loneliness . Additionally, early warning signs, follow-up appointments using telepsychiatry will in turn fuel the market demand.

North America is projected to have a Prominent Growth Rate

North America's market is driven by the high occurrences of chronic diseases, increasing healthcare expenditure, technological developments, rising geriatric populations, and growing awareness of remote monitoring. The advent of mobile health services in this region provides growth opportunities for telepsychiatry. Several Americans are now using mobile wellness applications. As per the latest survey conducted by the Pew Internet & American Life Project, currently, 9% of all smartphone users in the United States have downloaded an application to track or manage their health. The widespread consumer interest in telepsychiatry and the increasing adoption rate of mobile health applications and telemedicine devices drive the market growth.

Additionally, the increasing depression, anxiety, and various mental illness among the United States population are expected to boost the growth of the market. In October 2021, according to the report published by the Centers for Disease Control and Prevention titled "National and State Trends in Anxiety and Depression Severity Scores Among Adults During the COVID-19 Pandemic the United States, 2020-2021" stated that the United States Census Bureau Household Pulse Survey data indicate that the percentage of US adults with symptoms of anxiety and depressive disorders increased nationwide from August 2020 to February 2021. Moreover, as per the same source, the average anxiety severity scores increased 13% from August to December 2020. From August 2020-to February 2021, the percentage of adults with recent symptoms of anxiety or a depressive disorder increased from 36.4% to 41.5%, and the percentage of those reporting unmet mental health care needs to be increased from 9.2% to 11.7%. Increases were largest among adults aged 18-29 years and those with less than high school education

Thus the above-mentioned factors are expected to drive the growth of the market during the forecast period.

Telepsychiatry Industry Overview

The market studied is moderately consolidated, owing to the presence of a few large market players. However, with technological advancements and product innovations, mid-size to smaller companies are increasing their market presence by introducing new products at lower prices. Companies like SOC Telemed, Advanced Telemed Services, American Tele psychiatrists, e-Psychiatry, Iris Telehealth hold significant shares in the telemedicine market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions & Market Defination
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing incidence of mental health disorders
    • 4.2.2 Rising consumer demand and increasing patient acceptance
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Reimbursement challenges and licensure
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 In-home Solutions
    • 5.1.2 Routine Solutions
    • 5.1.3 Crisis Solutions
    • 5.1.4 Forensic Solutions
  • 5.2 By Age Group
    • 5.2.1 Adult
    • 5.2.2 Paediatrics
    • 5.2.3 Adolescent
    • 5.2.4 Geriatrics
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Specialty Care Settings
    • 5.3.2 Homecare
    • 5.3.3 Others
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 Unitedkingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Insight Telepsychiatry
    • 6.1.2 Telemynd
    • 6.1.3 SOC Telemed
    • 6.1.4 Advanced Telemed Services
    • 6.1.5 American Tele psychiatrists
    • 6.1.6 e-Psychiatry
    • 6.1.7 Iris Telehealth
    • 6.1.8 MDLIVE Inc
    • 6.1.9 innova Tel Telepsychiatry
    • 6.1.10 Encounter Telehealth, LLC

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS