デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435983

通信料金請求と収益管理:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Telecom Billing Revenue Management - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
通信料金請求と収益管理:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

通信料金請求と収益管理市場規模は、2024年に142億1,000万米ドルと推定され、2029年までに223億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.43%のCAGRで成長します。

通信料金請求と収益管理- 市場

世界中の通信サービスプロバイダー(CSP)は加入者の増加に直面しており、ネットワークの輻輳や通話の切断などの重大な問題を引き起こしています。これらの問題を抑制するために、ユーザーはCSPが効率的かつ効果的な請求および収益管理システムを導入することを要求し始めています。

主なハイライト

  • 通信の請求と収益を管理するプロセスには、通信サービスだけでなく債権回収の管理も含まれます。この手順には、請求と請求情報の計算、顧客の支払いと請求書の管理、データ利用に関する情報の提供が含まれます。これらのソリューションは、通信ネットワークを最適化することにより、業務効率を向上させるために通信およびデジタルサービスプロバイダーによって頻繁に採用されています。
  • 過去10年間で、世界の通信市場は、インターネットを介して顧客とやり取りするクラウドネイティブビジネスの台頭から、コンテンツ、アプリケーション、サービスのクラウドへの急速な移行まで、劇的に変化しました。 CSPプロバイダーは、需要に応えるためにネットワークのアップグレードに数十億米ドルを費やしてきました。ただし、多くのCSPは、より最新の収益管理機能を必要とする従来のビジネスサポートシステムを引き続き使用しています。したがって、世界中の多くのCSPが最新の請求および収益管理システムを採用しています。
  • 通信料金請求と収益管理プラットフォームソリューションにより、通信サービスプロバイダーは最新のサービスを市場に投入し、顧客関係を活用できるようになります。サービスプロバイダーとエンドユーザーの間に調和の感覚を育みます。また、SaaS(Software-as-a-Service)プラットフォームの出現により、市場の成長がさらに促進されています。
  • 通信業界のベンダーは、これらのソフトウェアソリューションを使用してスペクトル内の異常を検出および管理し、最終的には運用コストを削減します。また、これらのテクノロジー対応プログラムは、問題を修正し、ネットワークサービスと可視性を最適化するための新しい手段を導入することで、CSPの収益増加をさらに支援します。
  • さらに、現在の市場シナリオでは、CSPには、新しいユースケース、デバイス、ビジネスモデル、パートナーシップを含むすべてのIP 5G機会を捉えて収益化するために、リアルタイムの請求およびポリシー制御機能が必要です。多様なパートナーの管理がますます複雑になる中、相互接続、ホールセール、OTT/コンテンツ企業、ディストリビューター、相互接続、MVNO、エージェントなどのパートナーを効率的に管理することが課題となっています。
  • さらに、デジタル経済によって消費が加速する中、従来の請求システムでは、オンデマンドの設計やカスタマイズができない場合にのみ対応できます。新世代の請求システムでは、柔軟なビジネスルールエンジンを通じて、サービスと製品に関してアジャイルな原則に基づいて構築されます。ビジネススクリプトは、CSPが市場投入までの時間(TTM)を数か月から数時間に短縮するのに役立ちます。それによりエンドユーザー間の需要が高まります。

通信料金請求と収益管理市場の動向

携帯電話事業者が主要な市場シェアを占める

  • スマートフォンユーザーの急増と多数のモバイルアプリケーションにより、加入者は前例のない増加を可能にしました。たとえば、Cisco Systemsによると、2022年の時点で、世界中のスマートフォンユーザーは約57億人です。これにより、モバイルネットワークプロバイダーの容量に対する大きな需要が生じています。
  • モバイル通信事業者は、5G、Volte、Vowifiなどの新しいテクノロジーを導入し、ネットワーク容量を追加することで需要を活用しています。明らかに、OSSおよびBSSのキャリアクラスの請求ソリューションもこのペースに追いつく必要があり、数百万の同時トランザクションをサポートする必要があります。
  • 欧州では通信料金請求のための収益管理システムの市場が拡大するとみられます。 5G接続を促進する政府の取り組みは拡大しており、主要な市場企業がこの地域でより広く普及しており、これが市場の発展に寄与していると考えられます。さらに、モバイルユーザーが増加し、通信サービス会社が自社のポートフォリオに新しいサービスを継続的に追加するにつれて、効率的な請求書発行および収益管理のシステムとサービスに対する需要が高まっています。
  • また、ネットワーク機能、サービス、その他の顧客エクスペリエンス管理の強化における革新によって世界中の通信業界の競合情勢が激化しているため、携帯電話事業者は、新しい製品やサービスの立ち上げを加速するための戦略に集中することができます。堅牢な収益分配モデル。通信事業者は、通信料金請求と収益管理などのソリューションを活用することで、エンドツーエンドの紛争を管理することで請求の正確性を維持し、顧客体験を向上させるなどのビジネスプロセスを自動化できます。
  • さらに、このソリューションにより、携帯電話事業者は利害関係者の収益分配の管理に伴う不正行為を排除してコストを節約することもできます。たとえば、Communications Fraud Control Association(CFCA)によると、世界中の携帯電話事業者は、詐欺や未回収の収益により、年間約380億米ドルの損失を出しています。

北米が主要シェアを握る

  • 北米は通信業界が著しく成熟しているため、大きな市場シェアを保持すると予想されます。たとえば、米国の大手携帯電話会社によるいくつかの商用 5Gの開始を受けて、この地域は現在、顕著な5Gカバレッジを備えています。実際、GSMAの調査では、北米における5Gの導入率は2025年までに46%、つまり200の5G接続に上昇すると推定されています。
  • この調査ではさらに、北米では約3億2,100万人のユニークなモバイル加入者が人口の83%を占めていることが明らかになりました。さらに、2025年までにその数は3億4,500万人、つまり人口の85%に達すると予測されています。
  • さらに、米国は世界で最も高いレベルの技術導入を行っている国の一つです。この国は画期的なスタートアップ企業で有名です。この高いシェアの主な理由は、市場における最先端テクノロジーの採用と通信業界からの需要の増加によるものです。 IoT、5G、分析、クラウドなどの最先端テクノロジーの導入により、米国は収益の面でも通信料金請求と収益管理市場を独占しました。
  • 加入者数の増加は、さまざまなモバイルサービスに対する消費者の支出の高さと、特にAmdocs、Oracle、CSG International、HPEなどのこの地域の有力企業の存在と相まって、市場の成長を促進することになります。さらに、この地域の通信産業は確立されており、通信製品とサービスの浸透度が高くなります。この地域の通信部門は膨大な量のデータを生成しており、そのため通信の請求と収益管理の需要が高まっています。
  • さらに、この地域がロックダウンから解放されたときの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)後の状況、新しい働き方の背景、そしてこの地域で支配的なグローバリゼーション通信モデルの潜在的な変化により、サービスの自動化速度の加速が可能になりました。これらのサービスには、請求と収益管理が含まれます。このインスタンスは、今後の市場の成長をさらに活用すると予想されます。

通信料金請求と収益管理業界の概要

通信料金請求と収益管理市場は現在、多くの企業で構成されているため、非常に競争が激しく、細分化が進んでいます。世界の通信料金請求と収益管理市場の主要企業数社は、製品の進歩をもたらすために絶えず努力を続けています。いくつかの著名な企業が提携を結び、市場での地位を強化するために発展途上地域への拠点を拡大しています。主要な企業は、エリクソン、華為技術、SAP SE、Oracle Corp.などです。

  • 2023年 1月- EricssonとOoredoo Kuwaitが提携し、自社のネットワーク全体にEricssonの請求を展開しました。請求システムのアップデートは、5G製品の競争力のあるマーケティングプランの作成に役立つと同時に、Ooredooクウェートのネットワーク全体での5Gの進化を可能にしました。
  • 2023年 1月-NECは、NTTドコモに課金情報の高性能処理のための課金ゲートウェイ機能(CGF)を提供しました。 CGFは、5GCから送られてくる多種多様な課金情報を整理し、BSSに接続することで、新サービスの迅速な開始、提供、収益化を支援します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 携帯電話またはモバイルの加入者数の増加
    • 通信エコシステム全体の収益分配における複雑さの増大
  • 市場抑制要因
    • 厳しい電気通信規制の存在
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19症による業界への影響の評価

第5章 市場セグメンテーション

  • デプロイメント別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • タイプ別
    • ソフトウェア
    • サービス
  • オペレーター別
    • 携帯電話会社
    • インターネットサービスプロバイダ
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • NetCracker Technology Corporation
    • CSG Systems International Inc.
    • Oracle Corporation
    • Ericsson
    • Huawei Technologies
    • SAP Se
    • Nokia
    • Comarch SA
    • Optiva, Inc.
    • Enghouse Networks
    • Sterlite Technologies Limited
    • Intracom Telecom SA

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 71853

The Telecom Billing Revenue Management Market size is estimated at USD 14.21 billion in 2024, and is expected to reach USD 22.31 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.43% during the forecast period (2024-2029).

Telecom Billing Revenue Management - Market

Communication Service Providers (CSP) worldwide are experiencing increased subscribers, causing significant issues, including network congestion and call drops. To curb these issues, users have started to demand that CSPs deploy efficient and effective billing and revenue management systems.

Key Highlights

  • The process of managing telecom billing and revenue includes the management of debt collection as well as communication services. The procedure involves calculating billing and charging information, managing the customer's payments and invoices, and providing information on data utilization. By optimizing the telecom networks, these solutions are frequently employed by telecommunication and digital service providers to increase operational efficiency.
  • In the last decade, the global telecom market has changed dramatically, from the rise of cloud-native businesses that interact with customers via the Internet to the rapid migration of content, applications, and services to the cloud. CSP providers have spent billions upgrading their networks to meet the demand. However, many CSPs continue to operate with traditional business support systems that need more modern revenue management capabilities. Therefore, many CSPs worldwide are adopting current billing and revenue management systems.
  • Telecom billing and revenue management platform solutions enable telecom service providers to launch the latest services in the market and help leverage their customer relationships. and develop a sense of harmony between the service providers and end-users. Also, the emergence of software-as-a-service (SaaS) platforms further leverages market growth.
  • Vendors in the telecom industry use these software solutions to help detect and manage anomalies in the spectrum and eventually decrease operational costs. Also, these tech-enabled programs further assist the CSPs in increasing their revenue by rectifying problems and deploying new measures to optimize network service and visibility.
  • Further, in the current market scenario, CSPs require real-time billing and policy control capabilities to help seize and monetize all IP 5G opportunities, including new use cases, devices, business models, and partnerships. With the growing complexity of managing diverse partners, challenges such as efficiently managing partners, including interconnect, wholesale, OTT/content players, distributors, interconnect, MVNOs, and agents, among others.
  • Additionally, with the digital economy accelerating consumption, traditional billing systems can only keep up with a lack of on-demand design or customization. With the new generation of billing systems, build on agile principles in terms of services and products through a flexible business rule engine. The business script helps CSP reduce the time-to-market (TTM) from months to hours. thereby driving demand among the end-users.
  • The recent outbreak of the COVID-19 pandemic resulted in a shift in company policies towards work-from-home policies. This remote work from home increased the data consumption of the telecom towers. For instance, two Indian telecom operators reported substantial revenue and earnings before interest, taxes, depreciation, and amortization (EBITDA) growth in the three months ending June (Q1 FY2021) due to tariff growth and higher data usage, defying the economic slowdown from the countrywide lockdown of 68 days up to May-end. The increasing number of devices using the Internet for work from home through mobile phones resulted in an increase in data usage. This increased the demand for telecom billing and revenue management.

Telecom Billing Revenue Management Market Trends

Mobile Operators to Account Major Market Share

  • The proliferation of smartphone users, coupled with numerous mobile applications, has enabled unprecedented growth in subscribers. For instance, According to Cisco Systems, as of 2022, there were around 5.7 billion smartphone users worldwide. This has resulted in significant demand for the capacity of mobile network providers.
  • The mobile operators leverage the demand by deploying new technologies such as 5G, Volte, and Vowifi and adding networking capacities. Evidently, the OSS and BSS carrier-class billing solutions also need to keep up the pace and are required to support millions of simultaneous transactions.
  • The market for revenue management systems for telecom invoicing in Europe will increase. Government efforts to promote 5G connectivity are expanding, and key market players are becoming more prevalent in the area, which can be attributed to the market's development. Additionally, the demand for efficient invoicing and revenue management systems and services is growing as mobile users grow and telecom service companies continuously add new services to their portfolios.
  • Also, owing to the increase in the competitive landscape of the telecom industry worldwide, led by innovations in network capabilities, service, and other customer experience management enhancements, mobile operators are able to focus on strategies to help accelerate new product and service launches backed by a robust revenue-sharing model. By leveraging solutions such as telecom billing revenue management, operators can automate the business process, such as maintaining billing accuracy and improving customer experience by managing end-to-end disputes.
  • Additionally, the solution would also enable mobile operators to save costs by eliminating the fraud associated with managing the stakeholders' revenue shares. For instance, according to the Communications Fraud Control Association (CFCA), mobile operators worldwide lose around USD 38 billion annually due to fraud and uncollected revenues.

North America to Hold Major Share

  • North America is expected to hold a significant market share due to its significantly mature telecom industry. For instance, following several commercial 5G launches by major US mobile operators, the region now has prominent 5G coverage. In fact, a GSMA study estimates that 5G adoption in North America will rise to 46% by 2025, i.e., 200 5G connections.
  • The study further reveals that around 321 million unique mobile subscribers in North America represent 83% of the population. Additionally, by 2025, the number is forecast to reach 345 million, i.e., 85% of the population.
  • Additionally, the United States is among the nations with the highest levels of technological adoption worldwide. The nation is renowned for its ground-breaking startups. This high share is mostly due to the market's adoption of cutting-edge technology and the increased demand from the telecom industry. Due to the adoption of cutting-edge technologies like IoT, 5G, analytics, and cloud, the U.S. also dominated the telecom billing and revenue management market in terms of revenue.
  • The increasing number of subscribers, coupled with high consumer spending on various mobile services and the presence of a few of the prominent players in the region, including Amdocs, Oracle, CSG International, and HPE, among others, is set to leverage market growth. Additionally, the region's communication industry is well-established and has a high penetration of telecom products and services. The region's telecom sector produces a vast amount of data, which in turn is increasing demand for telecom billing and revenue management.
  • Additionally, the post-COVID-19 situation as the region emerged from lockdown, the backdrop of new ways of working, and potential shifts in the dominant globalization telecom model in the region enabled an acceleration in the rate of automation of services. These services include billing and revenue management. This instance is expected to further leverage the market's growth going forward.

Telecom Billing Revenue Management Industry Overview

The telecom billing revenue management market is very competitive and moving towards fragmentation as it currently consists of many players. Several key players in the global telecom billing revenue management market are making constant efforts to bring product advancements. A few prominent companies are entering into collaborations and are also expanding their footprints in developing regions to consolidate their positions in the market. The major players are Ericsson, Huawei Technologies, SAP SE, and Oracle Corp., among others.

  • January 2023 - Ericsson and Ooredoo Kuwait teamed up to roll out Ericsson billing across their networks. The billing system update helped create competitive marketing plans for 5G products while also enabling 5G evolution across Ooredoo Kuwait's network.
  • January 2023 - NEC Corporation gave NTT DOCOMO a charging gateway function (CGF) for the high-performance processing of billing information. The CGF supports new services' quick start, provision, and monetization by organizing the diverse range of billing information sent from 5GC and connecting to the BSS.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions & Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Number of Cellular or Mobile Subscribers
    • 4.2.2 Growing Complexities in Revenue Sharing Across the Telecom Ecosystem
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Presence of Stringent Telecom Regulations
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.5 Assessment of COVID-19 Impact on the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Deployment
    • 5.1.1 On-premise
    • 5.1.2 Cloud
  • 5.2 By Type
    • 5.2.1 Software
    • 5.2.2 Service
  • 5.3 By Operator
    • 5.3.1 Mobile Operator
    • 5.3.2 Internet Service Provider
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 US
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 UK
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 India
      • 5.4.3.2 China
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 NetCracker Technology Corporation
    • 6.1.2 CSG Systems International Inc.
    • 6.1.3 Oracle Corporation
    • 6.1.4 Ericsson
    • 6.1.5 Huawei Technologies
    • 6.1.6 SAP Se
    • 6.1.7 Nokia
    • 6.1.8 Comarch SA
    • 6.1.9 Optiva, Inc.
    • 6.1.10 Enghouse Networks
    • 6.1.11 Sterlite Technologies Limited
    • 6.1.12 Intracom Telecom SA

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS