デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435971

自動車用スマートガラス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Automotive Smart Glass - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
自動車用スマートガラス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車用スマートガラス市場規模は、2024年に27億5,000万米ドルと推定され、2029年までに74億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に22.03%のCAGRで成長します。

自動車用スマートグラス-市場

主なハイライト

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、自動車生産が減少し、製造部門の閉鎖により市場が減速したため、市場に悪影響を及ぼしました。しかし、規制が緩和され、自動車生産が勢いを増し始めたため、市場は予測期間中にプラスの成長を遂げると予想されました。
  • 自動車用スマートガラスの革新と、高級車や高級車におけるスマートガラスの用途の増加により、市場の需要が促進されると予想されます。さらに、自動車用スマートガラスメーカーとの積極的な発売や提携を通じて、テスラ、タタ、メルセデス、BMWなどの主要な自動車プレーヤーの市場への参加が増えており、予測期間中の市場の成長をさらにサポートすると予想されます。
  • 世界中の自動車産業の拡大に加え、スポーツ用多目的車(SUV)や高級車の販売増加により、自動車用スマートガラスの販売が促進されると予想されます。メルセデス・ベンツは一部の車両の「マジックスカイコントロール」ルーフにスマートガラス技術を使用しており、マクラーレンはマクラーレン720Sのオプションとしてそれを提供しています。ジャガーやランドローバーなどの一部の自動車ブランドは、最近、ヒーター付きフロントガラスを備えた新しい車種をリリースしました。ヒーター付きフロントガラスは、標準タイプよりも早く曇り止めと霜取りができるため、ペンシルバニアの冬に最適です。
  • アジア太平洋や欧州などの地域は、最も急速に成長する自動車用スマートグラス市場になると予測されています。アジア太平洋では、中国が引き続き市場を牽引し、日本が自動車分野の技術の中心地となることが予想されます。

自動車用スマートガラス市場動向

車両における懸濁粒子装置(SPD)の普及率の増加

  • 世界の自動車販売台数は、2021年の約6,670万台から2022年には約6,720万台に増加しました。2020年と2021年には世界経済の低迷により、自動車業界は下降傾向に陥った。 2022年には、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とロシアのウクライナ戦争により、自動車用半導体市場が不足し、サプライチェーンにさらなる混乱が生じました。これらの課題にもかかわらず、2023年の売上高は増加すると予想されます。
  • 浮遊粒子デバイス(SPD)は、ユーザーの運転体験を向上させることができます。 SPDスマートサンルーフ、ルーフシステム、ウィンドウ、バイザーは、車のガラスやプラスチックを動的に調整可能で応答性の高い光管理システムに変えます。後処理操作に応じて、SPDガラスは最小ヘイズ 2.5%を提供します。
  • SPDガラスは他のスマートガラスよりも効率が高く、平均消費電力は1平方メートルあたり1.5ワットですが、PDLCスマートガラスのエネルギー要件は1平方メートルあたり3ワットです。コンチネンタルによると、SPDスマートグラスにより1 kmあたり4 gの二酸化炭素が削減され、航続距離が5.5%向上します。メルセデスはSPDスマートグラスを使用して、熱を最大10摂氏(華氏18度)削減しました。
  • 懸濁粒子デバイスは、車のサンルーフやその他のガラスの透明性を不透明に変換するフィルムで、車内の過熱や革やその他の素材の早期老化の原因となる赤外線や紫外線の放射を防ぎます。たとえば、SPDガラスは現在、いくつかの高級メルセデスモデル、特にSクラスセダンやSLロードスターに採用されています。
  • COVID-19の影響により、いくつかの国が原材料の流通と輸送に制限を導入し、スマートフィルムのサプライチェーンを混乱させました。この制限はスマートグラスの価格設定に大きな影響を与えました。特に自動車部門における製造工場の閉鎖は、市場収入の大幅な減少をもたらしました。
  • 長期的なメリットに対する消費者の認識の欠如と、高コストなどの複雑な問題の増加が、予測期間におけるスマートウィンドウ向けSPDの拡大に対する市場の抑制要因として機能する可能性が最も高くなります。品目の高価格と入手の容易さは、市場の成長に対する最も重要かつ差し迫った障壁となるでしょう。しかし、世界全体での自動車販売の増加により、スマートグラス市場が加速すると予想されます。

欧州は市場で最も速い速度で成長すると予想されている

  • 過去数年間、この地域全体で高級車の需要が高まっています。さらに、パンデミック後の予測期間中に高度な利便性機能や高級車に対する需要が増加したため、従来の機能からサンルーフや自動色付きガラスなどの高度な利便性機能への大きな変化が見られました。
  • 市場の成長を牽引する主な要因としては、欧州の主要市場における乗用車の販売の増加、高級車の販売の増加、車両のサンルーフに対する需要と嗜好の高まりなどが挙げられます。
  • ドイツの自動車部門は、過去数十年にわたって欧州の自動車産業の根幹を担ってきました。ドイツは、ハイテク自動車製品の生産と革新において最大の国の一つに発展しました。さらに、欧州の自動車部門では、ドイツのおかげで研究開発部門で正味+60%の成長が見られました。これは、強力なイノベーションハブが自動車用スマートグラスの需要において極めて重要な役割を果たしていることを示しています。
  • 2022年 5月、マイクロソフトとフォルクスワーゲンは協力して拡張現実メガネを実用化しました。ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンの研究者によるモビリティの未来。拡張現実は将来のモビリティコンセプトの重要な要素の1つであると考えられています。このビジョンに少しでも近づくために、フォルクスワーゲンはマイクロソフトと協力して、複合現実メガネ HoloLens 2をモバイル車両で初めて利用できるようにしました。
  • 英国の自動車産業は、2017年以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や英国のEU離脱などのさまざまな要因により低迷し、自動車販売に影響を及ぼしました。乗用車を中心に生産台数も減少しています。
  • フランスでは、外国自動車メーカーの自動車車両における人工知能(AI)やスマートガラスなどの新技術への投資が一部改善されています。たとえば、イスラエルのスマートガラス技術プロバイダーであるGauzyは、2022年 2月にフランス企業を買収して製品を拡大し、照明制御およびシェーディングシステム技術の世界有数のソリューション企業になると発表しました。
  • フランスに本拠を置き、航空宇宙、陸上輸送、海洋産業向けのシェーディングソリューションを開発するTieroneのサプライヤーであるVision Systemsの買収に関する契約条件。 Gauzyは、ダイムラーを含む世界中の多くの自動車メーカーと協力して、光学制御ガラス技術を自動車に統合してきました。当社は、BMW、LG、自動車部品サプライヤーであるBrose、Vision Systems、Texas Instrumentsなどと提携して、さまざまな照明およびシェーディング製品を提供しています。
  • スマートガラスを搭載したいくつかの新車の発売により、メーカーはこのセグメントでの事業を推進する可能性があります。そのため、アウディ、BMW、日産、レンジローバーなどの多くの自動車メーカーは、それぞれQシリーズ、Xシリーズ、キャシュカイ、イヴォークなどの人気モデルにサンルーフオプションを提供しています。

自動車用スマートガラス業界の概要

自動車用スマートガラス市場は適度に統合されており、Saint Gobin、AGC Inc.、日本板硝子、Gentex Corporation、Cornering Inc.などのいくつかの大手企業が、確立され開発された製品により市場で大きなシェアを獲得しています。さまざまな自動車メーカー。両社は革新的な技術に注力しており、自動車業界における技術動向の迅速な導入に対する潜在的な需要を拡大、維持、獲得するために、買収、技術のライセンシング、パートナーシップなどの戦略に従っています。

たとえば、AGPグループは2022年 4月に、OMERS Capital MarketsおよびBMO Financial Groupと提携し、同社の世界展開計画を加速するために2億5,000万米ドルの債務融資契約を締結しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 自動車におけるADASの需要の拡大
  • 市場抑制要因
    • 高コスト
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:金額)

  • 技術タイプ別
    • エレクトロクロミック
    • ポリマー分散液体デバイス(PDLC)
    • 浮遊粒子装置(SPD)
  • 用途タイプ別
    • リアウィンドウとサイドウィンドウ
    • サンルーフガラス
    • フロントガラスとリアガラス
  • 車種別
    • 乗用車
    • 商用車
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • 北米のその他の地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域
      • ブラジル
      • 南アフリカ
      • 他の国々

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Corning Inc.
    • Guardian Industries
    • Saint-Gobain SA
    • AGP Glass
    • Hitachi Chemical Co. Ltd
    • Research Frontiers Inc.
    • Nippon Sheet Glass Co. Ltd
    • AGC Inc.
    • Gentex Corporation
    • Gauzy Ltd.

第7章 市場機会と将来の動向

  • コネクテッドカー技術との統合
目次
Product Code: 71699

The Automotive Smart Glass Market size is estimated at USD 2.75 billion in 2024, and is expected to reach USD 7.42 billion by 2029, growing at a CAGR of 22.03% during the forecast period (2024-2029).

Automotive Smart Glass - Market

Key Highlights

  • The COVID-19 pandemic had a negative impact on the market as vehicle production declined, and the shutdown of manufacturing units resulted in a slowdown in the market. However, as restrictions were relieved and automobile production started gaining traction, the market was anticipated to have positive growth during the forecast period.
  • Innovations in automotive smart glass and rising applications of smart glass in premium and luxury vehicles are expected to drive demand in the market. Further, the growing participation of key automotive players like Tesla, Tata, Mercedes, BMW, etc., in the market through active launches and collaborations with automotive smart glass manufacturers is anticipated to further support the growth of the market during the forecast period.
  • Expansion of the automotive industry across the globe, along with increasing sales of sports utility vehicles (SUVs) and premium cars, is expected to drive sales of automotive smart glass. Mercedes-Benz uses smart glass technology for the "Magic Sky Control" roof on some of its vehicles, and McLaren offers it as an option in the McLaren 720S. Some car brands, including Jaguar and Land Rover, have recently released new car models with heated front windshields. A heated front windshield is ideal for Pennsylvania winters because it's able to defog and defrost faster than standard types.
  • Regions like Asia-Pacific and Europe are forecasted to be the fastest-growing automotive smart glass market. In Asia-Pacific, China is expected to continue to be the driver of the market, with Japan being the hub of technology in the automotive sector.

Automotive Smart Glass Market Trends

Rise in penetration of suspended particle devices (SPD) in vehicles

  • Worldwide car sales grew to around 67.2 million automobiles in 2022, up from around 66.7 million units in 2021. In 2020 and 2021, a faltering global economy caused the industry to experience a downward trend. In 2022, COVID-19 and the Russian war in Ukraine contributed to shortages in the automotive semiconductor market and additional supply chain disruptions. Despite these challenges, 2023 sales growth is anticipated.
  • Suspended particle devices (SPD) can improve users driving experience. SPD-smart sunroofs, roof systems, windows, and visors turn car glass or plastic into a dynamically adjustable and responsive light-management system. Depending on the post-processing operations, SPD glasses provide a minimum haze of 2.5%.
  • SPD glasses are more efficient than other smart glasses, with an average consumption of 1.5 watts per sq. m compared to the 3 watts per sq. m of the energy requirement of PDLC smart glass. According to Continental, SPD smart glass results in a 4 g per km carbon dioxide reduction, improving the driving range by 5.5%. Using SPD smart glass, Mercedes reduced the heat by up to 10 Celsius (18 Fahrenheit).
  • A suspended particle device, a film that converts the transparency of car sunroofs and other glass to opaque, prevents the infrared and ultraviolet radiation that overheats interiors and prematurely ages leather and other materials. For instance, SPD glass is now available on a few high-end Mercedes models, notably the S-class sedan and SL roadster.
  • Several countries implemented limitations on the distribution and transit of raw materials due to the impact of COVID-19, disrupting the supply chain of smart films. The limits had a significant influence on smart glass pricing. Shutdowns of manufacturing plants, particularly in the automobile sector, resulted in a massive decline in market income.
  • Lack of consumer awareness of long-term advantages and a rising number of complications, such as high cost, would most likely operate as a market restraint for the expansion of SPD for smart windows in the projected period. The high cost of items and their ease of availability will be the most significant and immediate barrier to the market's growth. However, increased vehicle sales across the Globe are anticipated to fuel the market for smart glass.

Europe is Expected to Grow at the Fastest Rate in the Market

  • The demand for luxury cars has increased across the region over the past few years. Additionally, there has been a huge shift from traditional features toward advanced convenience features, such as a sunroof and automatic tinted glass, owing to the increasing demand for advanced convenience features and luxury cars over the forecast period post-pandemic.
  • Some of the major factors driving the growth of the market are a rise in sales of passenger cars in the major markets of Europe, increasing sales of luxury cars, and the increasing demand and preference for a sunroof in the vehicles.
  • The German automotive sector has been the backbone of the European automotive industry for the last decades. Germany has evolved into one of the largest countries when it comes to the production and innovation of high-tech automotive products. In addition, a net of +60% growth has been observed in Europe's automotive sector for R&D on the back of Germany. This showcases that the strong innovation hub plays a pivotal role in the demand for automotive smart glass.
  • In May 2022, Microsoft and Volkswagen collaborated to put augmented reality glasses in motion. The future of mobility by researchers at German automaker Volkswagen, who see augmented reality as one of the key elements of the future mobility concept. To get a little closer to this vision, Volkswagen has worked with Microsoft to make the mixed-reality glasses HoloLens 2 available for the first time in mobile vehicles.
  • The automotive industry in the United Kingdom witnessed a downturn due to various factors, including COVID-19 and Brexit, which impacted vehicle sales from 2017 onward. The production figures, especially for passenger cars, have also been decreasing.
  • France has witnessed some improved investments in new technology like artificial intelligence (AI) and smart glass in automotive fleets from foreign automakers. For instance, in February 2022, Israeli smart glass technology provider Gauzy announced that it would acquire a French company to expand its offerings and become the world's leading solution company for lighting control and shading system technology.
  • Terms and conditions for the acquisition of Vision Systems, based in France, a Tieronesupplier developing shading solutions for the aerospace, land transportation, and marine industries. Gauzy has worked with many automakers around the world, including Daimler, to integrate its optical control glass technology into automobiles. We partner with BMW, LG, and auto parts suppliers Brose, Vision Systems, Texas Instruments, and others to offer a variety of lighting and shading products.
  • Several new car launches with smart glass are likely to encourage manufacturers to operate in this segment. Hence, many car manufacturers, like Audi, BMW, Nissan, and Range Rover, are offering sunroof options in their popular models, like Q-series, X-series, Qashqai, and Evoque, respectively.

Automotive Smart Glass Industry Overview

The automotive smart glass market is moderately consolidated, with a few major players such as Saint Gobin, AGC Inc., Nippon Sheet Glass Co. Ltd., Gentex Corporation, and Cornering Inc. having significant shares in the market due to their well-established and developed products among various automakers. The companies are focusing on innovative technologies and following strategies, like acquisition, licensing the technology, and partnership, to expand, sustain, and capture the potential demand for rapid adoption of technological trends in the automotive industry.

For instance, in April 2022, AGP Group partnered with OMERS Capital Markets and BMO Financial Group and entered into a debt financing agreement of USD 250 million to accelerate the company's global expansion plan.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand for ADAS in Automobiles
  • 4.2 Market Restraints
    • 4.2.1 High Cost
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value USD Million)

  • 5.1 By Technology Type
    • 5.1.1 Electrochromic
    • 5.1.2 Polymer Dispersed Liquid Device (PDLC)
    • 5.1.3 Suspended Particle Device (SPD)
  • 5.2 By Application Type
    • 5.2.1 Rear and Side Windows
    • 5.2.2 Sunroof Glass
    • 5.2.3 Front and Rear Windshield
  • 5.3 By Vehicle Type
    • 5.3.1 Passenger Cars
    • 5.3.2 Commercial Vehicles
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 South Korea
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Rest of the World
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Other Countries

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Corning Inc.
    • 6.2.2 Guardian Industries
    • 6.2.3 Saint-Gobain SA
    • 6.2.4 AGP Glass
    • 6.2.5 Hitachi Chemical Co. Ltd
    • 6.2.6 Research Frontiers Inc.
    • 6.2.7 Nippon Sheet Glass Co. Ltd
    • 6.2.8 AGC Inc.
    • 6.2.9 Gentex Corporation
    • 6.2.10 Gauzy Ltd.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Integration with Connected Car Technology