デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435922

ポリマー太陽電池:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Polymer Solar Cells - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 90 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
ポリマー太陽電池:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 90 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ポリマー太陽電池市場規模は、2024年に13億4,000万米ドルと推定され、2029年までに35億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に21.40%のCAGRで成長します。

ポリマー太陽電池-市場

主なハイライト

  • 長期的には、変換効率の向上を目的としたポリマー太陽電池技術の技術進歩が、予測期間中に市場を牽引すると予想されます。
  • 反対に、シリコン太陽電池と比較してポリマー太陽電池の効率が低いため、予測期間中の市場の成長が妨げられると予想されます。
  • それにもかかわらず、より高い変換効率を備えた新しいポリマーの開発に関する研究開発は、予測期間を超えて市場にとって重要な成長機会になると予想されます。

ポリマー太陽電池の市場動向

市場を牽引する技術の進歩

  • 有機光起電力(OPV)とも呼ばれるポリマー太陽電池は、有機ポリマー層を使用して光を電気に変換する第3世代のPV電池です。ポリマー太陽電池は軽量で柔軟性があり、カスタマイズ可能であり、環境への悪影響が少ないです。
  • 2022年の世界の太陽光発電技術の総設置容量は約1046.61 GWで、2017年の390.87 GWから167.7%近く増加しました。近年のPV技術の急速な進歩により、ポリマー太陽電池は2022年に18.42%の効率を達成しました。実験室の状況。効率をさらに高めるために、異なる分子構造を持つさまざまな組織が集中的な調査を行っており、近い将来太陽光発電市場に浸透すると予想されています。
  • ポリマー太陽電池には、軽量、低コスト、透明、長寿命(5000時間以上)など、シリコン太陽電池に比べていくつかの利点がありますが、エネルギー変換が低いため、効率的な商業用途は非常に限られています。
  • Solarmer Energy Inc.によると、現在のポリマー太陽電池の効率は技術改良により時間の経過とともに改善すると推定されており、これにより効率的なポリマー分子構造が提供され、ポリマー太陽電池がシリコンベースの太陽電池との市場競争力を高めることが期待されています。およびその他の代替太陽電池技術が予測期間中に市場を牽引します。

欧州が市場を独占する可能性が高い

  • 欧州は太陽光発電技術の最大の市場の一つであり、2017年の109.98GWから2022年時点で約225.47GWの太陽光発電設備が設置されています。技術の進歩に伴い、この地域ではより安価でより柔軟な太陽光パネルを実現するためにさまざまな調査プロジェクトが行われています。複数の表面に取り付けることができます。
  • Heliatek GmbHやOPVIUS GmbHなどの企業はポリマー太陽電池を開発しており、この地域でいくつかのプロジェクトを実証しています。
  • 最大のポリマーまたは有機太陽電池プロジェクトはフランスで行われました。これはBiOPV(Building Integrated Organic Photovoltaic)と呼ばれます。このプロジェクトには、約23.8 MWhの電力を生成する約500平方メートルの屋根に有機太陽光発電を設置することが含まれています。
  • 2023年の時点で、この地域では他にもいくつかの研究開発プロジェクトが進行していました。 2023年10月、フランスとスペインの調査チームは、高スループット射出成形によってプラスチック部品に埋め込まれた有機太陽光発電モジュールを開発しました。研究者らは熱可塑性ポリウレタンをモジュールに注入したところ、高い柔軟性を維持しながら機械的安定性が向上したことがわかりました。研究者らはまず、P3HT:O-IDTBRとして知られる光活性ブレンドを使用して、ロールツーロール印刷でモジュールを作成しました。このブレンドは、後の射出成形プロセスに関連する形態学的安定性と熱安定性を考慮して選択されました。さまざまな分野や用途における研究開発の完了により、予測期間中にこの地域の市場が拡大すると予想されます。

ポリマー太陽電池業界の概要

ポリマー太陽電池市場は統合されます。市場の主要企業には(順不同)、Eni SpA、NanoFlex Power Corporation、Infinity PV、OPVIUS GmbH、Heliatek GmbHなどが含まれます。

Eniの調査は、統合型太陽光発電の視野を広げる技術を開発しました。ペロブスカイト電池は、有機太陽電池と合わせて、材料費や生産技術を削減して半透明の薄膜で作製できるため、建物のファサードへの埋め込みなど、従来の太陽電池ではこれまで不可能だった用途が可能になります。とりわけ、この用途は、建物のエネルギー効率の分野における最近の国際指令およびEU指令によって促進されています。したがって、幅広い用途が期待されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提条件

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場概要

  • イントロダクション
  • 2028年までの市場規模と需要予測
  • 最近の動向と発展
  • 政府の政策と規制
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • フランス
      • 英国
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Solarmer Energy Inc.
    • NanoFlex Power Corporation
    • Infinity PV
    • OPVIUS GmbH
    • Heliatek GmbH
    • Eni SpA

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 71063

The Polymer Solar Cells Market size is estimated at USD 1.34 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.52 billion by 2029, growing at a CAGR of 21.40% during the forecast period (2024-2029).

Polymer Solar Cells - Market

Key Highlights

  • Over the long term, technological advancements in polymer solar cell technology aimed at increasing conversion efficiency are expected to drive the market during the forecast period.
  • On the flip side, the lower efficiency of polymer solar cells as compared to silicon solar cells is expected to hinder market growth during the forecasting period.
  • Nevertheless, research and development into the development of new polymers with higher conversion efficiencies is expected to be a significant growth opportunity for the market beyond the forecast period.

Polymer Solar Cells Market Trends

Technological Advancements to Drive the Market

  • Polymer solar cells, also called organic photovoltaic (OPV), are third-generation PV cells that use an organic polymer layer to convert light into electricity. Polymer solar cells are lightweight, flexible, customizable, and have a less adverse environmental impact.
  • In 2022, global solar PV technology had a total installed capacity of around 1046.61 GW, growing by nearly 167.7% from 390.87 GW in 2017. With rapid improvements in PV technology in recent years, polymer solar cells achieved an efficiency of 18.42% in 2022 under lab conditions. In order to further increase efficiency, various organizations with different molecular structures are performing intensive research and are expected to penetrate the solar PV market in the near future.
  • Polymer solar cells have a few advantages over silicon solar cells, like being lighter in weight, cheaper in cost, transparent, and having a longer lifetime (greater than 5000 hrs), but due to their low energy conversion, efficient commercial applications are very limited.
  • As per Solarmer Energy Inc., the present efficiency of polymer solar cells is estimated to improve over time due to technological improvement, which is expected to provide efficient polymer molecular structure and make polymer solar cells more competitive in the market with silicon-based solar cells and other alternative solar cell technologies, driving the market during the forecast period.

Europe is Likely to Dominate the Market

  • Europe was one of the largest markets for solar PV technology, with around 225.47 GW of solar PV installations as of 2022, up from 109.98 GW in 2017. With technological advancements, the region is doing various research projects to achieve cheaper and more flexible solar panels that can be installed on multiple surfaces.
  • Companies like Heliatek GmbH and OPVIUS GmbH are developing polymer solar cells and have demonstrated a few projects in the region.
  • The largest polymer or organic solar cell project was in France. It is called the BiOPV (Building Integrated Organic Photovoltaic). The project includes the installation of organic photovoltaics on the roof of around 500 square meters that generate nearly 23.8 MWh of electricity.
  • As of 2023, a few other R&D projects were going on in the region. In October 2023, a French-Spanish research team developed organic photovoltaic modules embedded into plastic parts through high throughput injection molding. The researchers injected thermoplastic polyurethane into the modules and found it enhanced their mechanical stability while keeping a high flexibility. The researchers first created modules in roll-to-roll printing using a photoactive blend known as P3HT: O-IDTBR. This blend was chosen due to its morphological and thermal stability, which are relevant to the later injection molding process. The completion of R&D in various sectors and applications is expected to expand the market in the region during the forecast period.

Polymer Solar Cells Industry Overview

The polymer solar cells market is consolidated. Some of the key players in the market (in no particular order) include Eni SpA, NanoFlex Power Corporation, Infinity PV, OPVIUS GmbH, and Heliatek GmbH, among others.

Eni's research developed a technology that widens the horizons of integrated photovoltaics. Together with organic photovoltaic cells, perovskite cells can be made in semi-transparent thin film with reduced material costs and production techniques, enabling applications that have hitherto been impossible for conventional solar cells, such as embedding on building facades. Among other things, this application is promoted by recent international and EU directives in the area of energy efficiency for buildings. It is, therefore, destined to have an extensive range of uses.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecasts in USD million, till 2028
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
    • 4.5.2 Restraints
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Geography
    • 5.1.1 North America
      • 5.1.1.1 United States
      • 5.1.1.2 Canada
      • 5.1.1.3 Mexico
    • 5.1.2 Europe
      • 5.1.2.1 Germany
      • 5.1.2.2 France
      • 5.1.2.3 United Kingdom
      • 5.1.2.4 Rest of Europe
    • 5.1.3 Asia-Pacific
      • 5.1.3.1 China
      • 5.1.3.2 India
      • 5.1.3.3 Japan
      • 5.1.3.4 South Korea
      • 5.1.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.1.4 South America
      • 5.1.4.1 Brazil
      • 5.1.4.2 Argentina
      • 5.1.4.3 Rest of South America
    • 5.1.5 Middle-East and Africa
      • 5.1.5.1 Saudi Arabia
      • 5.1.5.2 United Arab Emirates
      • 5.1.5.3 South Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Solarmer Energy Inc.
    • 6.3.2 NanoFlex Power Corporation
    • 6.3.3 Infinity PV
    • 6.3.4 OPVIUS GmbH
    • 6.3.5 Heliatek GmbH
    • 6.3.6 Eni SpA

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS