デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435806

メディアゲートウェイ:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Media Gateway - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.91円
メディアゲートウェイ:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

メディアゲートウェイ市場規模は2024年に28億4,000万米ドルと推定され、2029年までに35億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.46%のCAGRで成長します。

メディアゲートウェイ市場

メディアゲートウェイは、メディアストリームをデジタルデータ通信に変換し、さまざまなデジタルテクノロジインターフェイス上でビデオ、オーディオ、FAX、およびその他のサービスを提供するデバイスまたはサービスです。

主なハイライト

  • 通信技術の発展と世界のインターネット加入者の普及により、機能的でスケーラブルで回復力があり、手頃な価格の通信ソリューションに対する需要が高まっており、これらの要因が予想される期間を通じてメディアゲートウェイ市場の成長を支えると予想されます。
  • さらに、ほとんどの企業やサービスプロバイダーは有線メディアゲートウェイを採用して、制御、セキュリティ、信頼性、速度を向上させてデータフローを処理しています。有線技術に基づくメディアゲートウェイの市場は、VoIPアクセスの普及によって促進されています。したがって、これらのゲートウェイは、予測期間中にメディアゲートウェイ市場全体で最も大きなシェアを保持すると予測されます。
  • 中小企業や大企業の間でIPテレフォニーの使用が増加するにつれて、メディアゲートウェイのニーズが大幅に増加すると予想されます。メディアゲートウェイは、このインフラストラクチャの重要な部分の1つです。
  • ただし、メディアゲートウェイ市場の拡大は、VoIPでの使用によって制約されます。 VoIPサービスは電力がなければ提供できないため、中断のないサービスを確保するには追加の発電機の設置が必要です。さらに、ネットワークが停止すると、メディアゲートウェイとコントローラとの接続が失われ、加入者はサービスが中断されます。
  • COVID-19感染症の急速な流行と渡航制限を導入する国の増加は、人々が自宅で過ごす時間を増やし、ビジネスや娯楽のためにデータをより頻繁に使用することを余儀なくされ、通信業界に大きな影響を与えました。さらに、COVID-19症は、消費者が期待していた投資、特に5Gへの投資に損害を与えました。これによりネットワークの回復力と信頼性が低下し、メディアゲートウェイビジネスの成長に悪影響を及ぼしました。

メディアゲートウェイ市場動向

通信が成長を示す

  • メディアゲートウェイは、通信ネットワークプロバイダーのコアネットワークで使用され、さまざまなネットワーク標準、通信プロトコル、コーデック、物理接続を利用するメディアストリーム間の変換と相互運用性を可能にするハードウェアです。
  • 通信ネットワークプロバイダーは、コード、通信プロトコル、物理的な関連付けなどの独自のネットワーク標準を使用する2つのメディアストリーム間のネットワーキングと変換または変更にこの技術を使用します。
  • さらに、通信部門は世界のメディアゲートウェイ市場で最も大きな市場シェアを占めています。これは、世界中で顧客ベースとビジネスデータセンターがますます増加しているためです。通信技術の進歩による遅延の減少とクライアントのポータブルデータの可用性により、予測期間を通じて市場をリードすると予想されます。
  • メディアゲートウェイの主な目的は、さまざまなネットワーク(2G、3G、4G、LTEなど)を接続するために頻繁に使用され、複数のコーディングおよび伝送技術を変換してネットワーク間の通信を可能にすることです。
  • メディアゲートウェイは、ネットワークパケットを1つ以上のデバイスに送信することによって、ネットワーク上のデータフローを制御します。ゲートウェイに接続されている各デバイスのネットワークアドレスを使用することにより、スイッチはネットワークのセキュリティと効率を最大化するようにトラフィックを方向付けることができます。

アジア太平洋地域の市場は予測期間中に大幅な成長を遂げる

  • アジア太平洋地域では、メディアゲートウェイ市場が予想される期間内にプラスの成長を遂げると予想されています。インフラストラクチャの費用を削減し、業務を合理化するために、クラウドベースのサービスが大企業、中小企業、中堅企業の間で人気が高まっています。クラウドベースのサービスに対する消費者の嗜好の現在の変化は、市場の拡大に影響を与えるでしょう。
  • 次世代ネットワーク向けのメディアトランスコーディングの要件とトランスコーディングデバイスの需要の高まりにより、APACは世界的に重要な市場シェアのリーダーとなっています。 5Gの発展と、インターネットと電気通信サービスの相互依存性などの要因により、アジア太平洋地域全体のメディアゲートウェイ業界に有利な成長機会が提供されます。
  • クラウドコンピューティングなどの新興4Gおよび5G技術とスマートフォンユーザーの増加が、この分野の市場成長の原因と考えられています。この分野の市場拡大は、クラウド導入と、可搬性とアクセシビリティのためのデジタルプラットフォームの採用増加によって促進されています。
  • IPテレフォニーは現在、この地域のいくつかの新興諸国で実現可能な接続オプションの1つですが、この地域の成長市場がメディアゲートウェイの大規模な長期的成長に最も大きく貢献すると予測されています。
  • インド、オーストラリア、日本、シンガポール、中国などの国々は、インターネットと通信サービスに大きく依存しています。これらのサービスの承認と導入により、企業は中核となるビジネス目標に集中できるようになります。

メディアゲートウェイ業界の概要

メディアゲートウェイ市場は競争が激しく、いくつかの著名なメンバーで構成されています。市場シェアに関しては、現在、これらの大手企業の一部が市場を独占しています。大きな市場シェアを持つこれらの市場リーダーは、消費者ベースを国際的に拡大することに集中しています。これらの企業は、製品の発売と開発、パートナーシップ、買収、コラボレーションなど、メディアゲートウェイ市場の拡大と発展を目指すいくつかの取り組みを支援してきました。

アバイアは、2023年 3月にオーストラリアとニュージーランド(A/NZ)でAvaya Experience Platform(AXP)を立ち上げ、従業員に柔軟で生産性の高いハイブリッドワークを提供し、顧客にシームレスなエクスペリエンスを生み出すことを発表しました。AXPはAIを活用し、 Contact Center-as-a-Service(CCaaS)コラボレーションプラットフォームであり、包括的なワークストリームコラボレーションとユニファイドコミュニケーション技術を提供するAvaya Experience Platformの重要なコンポーネントです。

2023年 3月、Nokia Corporationは、NTT DOCOMO, INC.(ドコモ)の機能を強化すると発表しました。新しい5Gモバイルサービスの導入により、全国的なIPコアバックボーンとトランスポートネットワークスライシングも可能になります。ドコモは、7750 SR-14sコアルーターにNokiaの革新的なFPルーティングシリコンを使用しました。前世代と比較して消費電力が75%削減されたFP5ラインカードは、800GE機能を実現し、容量を3倍以上に向上させ、同じシステム内で同時にラインレートのFP5とFP4ラインカードを動作させることでネットワークの進化を合理化します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因と市場抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • 異なるネットワークを介した高品質通信への要求
    • レガシーネットワークに柔軟性を提供するメディアゲートウェイ
  • 市場抑制要因
    • 既存のネットワークに新しいソリューションを追加するための熟練した人材の不足

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • アナログ
    • デジタル
  • 技術
    • 有線
    • 無線
    • ハイブリッド
  • エンドユーザー
    • BFSI
    • 製造
    • 政府
    • ヘルスケア
    • 通信
    • 輸送
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Nokia Corporation
    • AudioCodes Ltd.
    • Ribbon Communications Operating Company Inc.
    • Avaya Inc.
    • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • Huawei Technologies Co. Ltd.
    • Cisco Systems Inc.
    • ZTE Corporation
    • Synway Information Engineering Co. Ltd.
    • Dialogic Corp.
    • Mitel Networks Corporation
    • Grandstream Networks
    • Squire Technologies Ltd.
    • Shenzhen Dinstar Co. Ltd.

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 69541

The Media Gateway Market size is estimated at USD 2.84 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.53 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.46% during the forecast period (2024-2029).

Media Gateway - Market

A media gateway is a device or service that converts media streams into digital data communications to provide video, audio, fax, and other services across various digital technology interfaces.

Key Highlights

  • The demand for functional, scalable, resilient, and affordable communication solutions is rising due to the development of communication technology and increasing internet subscriber penetration globally, and these factors are anticipated to support the growth of the media gateway market throughout the anticipated period.
  • Additionally, most businesses and service providers employ wired media gateways to handle data flow with improved control, security, dependability, and speed. The market for media gateways based on wireline technology is driven by the uptake of VoIP access. Therefore, these gateways are projected to hold the most significant share of the entire media gateway market during the forecast period.
  • The need for media gateways is anticipated to increase significantly as IP telephony usage increases among SMEs and large businesses. Media gateways are one of the essential parts of this infrastructure.
  • However, the expansion of the media gateway market is constrained by its use in VoIP. Since VoIP service cannot be given without power, additional power generator installations are needed to ensure uninterrupted service. Additionally, in the event of a network outage, the media gateway loses contact with the controller, which causes subscribers to experience service interruptions.
  • The swift adoption of COVID-19 and the rise in nations adopting travel restrictions greatly influenced the telecom industry by forcing people to spend more time at home and use data more frequently for business and enjoyment. Additionally, COVID-19 harmed consumers' anticipated investments, particularly in 5G. It decreased network resilience and reliability for them, which has had an adverse effect on the growth of the media gateway business.

Media Gateway Market Trends

Telecommunication to Witness the Growth

  • A media gateway is a piece of hardware used in a telecom network provider's core network to enable transformation and interoperability between media streams that utilize diverse network standards, communication protocols, codecs, and physical connections.
  • Telecom network providers use this technology for networking and transformation or alteration between two media streams that use unique network standards like codes, communication protocols, and physical associations.
  • Moreover, the telecommunications sector held the most significant market share in the worldwide media gateway market. This is because there are more and more client bases and business data centers worldwide. Due to decreased latency and the availability of portable data for clients due to advancements in telecom technology, it is anticipated to lead the market throughout the forecast period.
  • The major purpose of media gateways, frequently used to connect various networks (including 2G, 3G, 4G, and LTE), is to convert multiple coding and transmission techniques to permit communication between the networks.
  • A media gateway controls data flow over a network by sending a network packet to one or more devices it was designed for. By using the network address of each connected device to the gateway, the switch may direct traffic to maximize network security and effectiveness.

Market in Asia-Pacific to witness Significant Growth During Forecast Period

  • The Asia-Pacific region anticipates the market for media gateways to grow positively during the anticipated time. Cloud-based services are becoming more popular among large, small, and medium-sized businesses to cut infrastructure expenses and streamline operations. The current shift in consumer preference for cloud-based services will impact the market expansion.
  • Due to the growing requirement for media transcoding for next-generation networks and the demand for transcoding devices, APAC is a significant market share leader globally. The development of 5G and factors like the interdependence of the Internet and telecommunications services provide lucrative growth opportunities for the media gateway industry throughout the Asia-Pacific region.
  • Emerging 4G and 5G technologies, such as cloud computing, and an increase in smartphone users are blamed for the market's growth in the area. Market expansion in the area has been spurred by cloud deployment and increased adoption of digital platforms for portability and accessibility.
  • Even though IP telephony is currently one of the feasible options for connectivity in several developing countries throughout this region, it is projected that the growing markets in this region will contribute the most significantly to the extensive long-term growth of media gateways.
  • Countries such as India, Australia, Japan, Singapore, and China intensely depend on the Internet and telecommunication services. The approval and adoption of these services enable businesses to focus on their core business goals.

Media Gateway Industry Overview

The media gateway market is competitive and consists of some prominent members. Regarding market share, some of those big players currently dominate the market. These market leaders with significant market shares are concentrating on growing their consumer base internationally. These firms have supported several initiatives to expand and develop in the media gateway market, including product launches and developments, partnerships, acquisitions, and collaborations.

In March 2023, Avaya announced to launch of the Avaya Experience Platform (AXP) in Australia and New Zealand (A/NZ) to deliver flexible and productive hybrid work for employees and create seamless experiences for customers, where AXP is an AI-powered, contact center-as-a-service (CCaaS) collaboration platform and a vital component of the Avaya Experience Platform, which offers comprehensive workstream collaboration and unified communications technologies.

In March 2023, Nokia Corporation announced it would enhance NTT DOCOMO, INC.'s (DOCOMO). As it introduces new 5G mobile services, it will also enable a nationwide IP core backbone and transport network slicing.DOCOMO used Nokia's revolutionary FP routing silicon in its 7750 SR-14s core routers. With a 75 percent reduction in power consumption over earlier generations, FP5 line cards enable 800GE capability, boost capacity by more than three times, and streamline network evolution with simultaneous line rate FP5 and FP4 line card operation in the same system.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 5.2 Market Drivers
    • 5.2.1 Requirement for High-quality Communication Over Disparate Networks
    • 5.2.2 Media Gateways Providing Augmented Flexibility to Legacy Networks
  • 5.3 Market Restraints
    • 5.3.1 Dearth of Skillful Workforce to Add New Solutions in Existing Network

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Type
    • 6.1.1 Analog
    • 6.1.2 Digital
  • 6.2 Technology
    • 6.2.1 Wireline
    • 6.2.2 Wireless
    • 6.2.3 Hybrid
  • 6.3 End-User
    • 6.3.1 BFSI
    • 6.3.2 Manufacturing
    • 6.3.3 Government
    • 6.3.4 Healthcare
    • 6.3.5 Telecommunication
    • 6.3.6 Transportation
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle-East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Nokia Corporation
    • 7.1.2 AudioCodes Ltd.
    • 7.1.3 Ribbon Communications Operating Company Inc.
    • 7.1.4 Avaya Inc.
    • 7.1.5 Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • 7.1.6 Huawei Technologies Co. Ltd.
    • 7.1.7 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.8 ZTE Corporation
    • 7.1.9 Synway Information Engineering Co. Ltd.
    • 7.1.10 Dialogic Corp.
    • 7.1.11 Mitel Networks Corporation
    • 7.1.12 Grandstream Networks
    • 7.1.13 Squire Technologies Ltd.
    • 7.1.14 Shenzhen Dinstar Co. Ltd.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS