デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435780

ボーキサイト:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Bauxite - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
ボーキサイト:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ボーキサイト市場規模は2024年に2億8,441万トンと推定され、2029年までに3億4,287万トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.81%のCAGRで成長します。

ボーキサイト-市場

主なハイライト

  • 2020年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により市場はマイナスの影響を受け、世界中で全国的なロックダウンが実施され、製造活動やサプライチェーンの混乱、生産停止が発生しました。しかし、2021年には状況が回復し始め、市場の成長軌道が回復しました。
  • 中期的には、調査対象の市場を推進する主な要因は、セメント産業での使用の加速と産業用途でのアルミナの継続的な使用です。
  • ボーキサイト採掘に関連する環境への懸念は、今後数年間の市場の成長を妨げると予想されます。
  • 耐火物や研磨材などの商業用途からの需要の増加と、中国からのボーキサイト生産の横ばいが、調査対象市場の機会として機能すると予想されます。
  • アジア太平洋は世界のボーキサイト市場を独占しており、今後数年間で最も急速な成長を記録すると予想されています。

ボーキサイト市場動向

冶金用途におけるアルミナの需要の増加

  • ボーキサイトはアルミニウムを多く含む堆積岩です。これはアルミニウムとガリウムの主な供給源であり、主にギブサイト、ベーマイト、ダイアスポアなどのアルミニウム鉱物で構成されています。
  • ボーキサイトはアルミナ含有量が高いため、アルミナ生産の主な供給源であり、その後加工されて最終製品やアルミナ生産が行われます。したがって、アルミナ生産量の増加が調査対象の市場を牽引しています。
  • アルミナは、低密度、無毒、高熱伝導率、優れた耐食性、容易に鋳造、機械加工、成形できるなど、さまざまな優れた特性により需要が高まっています。アルミナ生産量の増加により、今後数年間にわたってボーキサイト市場が牽引されると予想されます。
  • アルミナは主要な産業目的に使用されます。アルミニウムの製造の他、スパークプラグの絶縁体や金属塗料の製造にも使用され、固体ロケットブースターの燃料成分としても使用されます。
  • さらに、アルミナは、量子干渉デバイスや電子トランジスタなどの超伝導デバイスの製造にも使用されます。酸化アルミニウムまたはアルミナは、放射線防護用の線量計としても使用されます。
  • 米国の地質調査によると、世界のボーキサイト資源は550億トンから750億トンと推定されており、将来にわたって世界の金属需要を満たすのに十分です。
  • 米国国勢調査局によると、鉱業および採石業の収益は、2021年の136億8,000万米ドルに対し、2022年には143億9,000万米ドルとなりました。この部門からの収益は、2023年には152億5,000万米ドルに達すると予測されています。
  • 米国地質調査所が発表したデータによると、ボーキサイトとアルミナは27億9,000万トンから大幅に増加しました。
  • 鉱業と冶金はこの国の主要産業です。カナダは、60以上の金属と鉱物を世界各国に供給しています。鉱業はイノベーションと新技術に投資しており、それによりセクターが急速に再形成されています。鉱業業界でも統合が見られ、今後数年間の業界の成長見通しに関する憶測につながった。
  • したがって、上記のすべての要因により、冶金目的でのアルミナの需要の増加は、予測期間中に調査された市場の需要を押し上げると予想されます。

アジア太平洋が市場を独占する

  • アジア太平洋は、予測期間中にボーキサイト市場を独占すると予想されます。中国、オーストラリア、インドなどの国々では、急速な工業化と建築、建設、箔、包装などのさまざまな産業でのアルミニウム使用量の増加により、この地域でのボーキサイトの需要が増加し続けています。
  • さらに、耐食性、高延性、高強度、軽量などのアルミニウムの優れた特性により、軽自動車部品の製造におけるアルミニウムの採用が増加し、この地域のボーキサイト市場を推進しています。
  • さらに、ボーキサイトは融点が高いため、耐火製品の原料として使用されるため、この地域での需要が高まっています。耐火グレードのボーキサイトは、電気アーク製鋼炉や高炉の屋根を裏打ちするレンガの製造に使用されます。
  • ボーキサイトは石灰石と混合してセメントを製造するためにも使用されます。製造されるセメントはアルミナ含有量が高く、沈降時間の速さと強度で知られており、この地域でのボーキサイトの需要の増加につながっています。
  • 電気自動車の増加傾向により、アルミニウム合金の需要がさらに高まる可能性があります。中国政府は、2025年までに電気自動車生産の普及率が20%になると予測しています。これは、2022年に記録的な高水準となった同国の電気自動車販売動向に反映されています。中国乗用車協会によると、同国は電気自動車販売台数を記録しました。 2022年には567万台のEVとプラグインが販売され、2021年に達成された販売台数のほぼ2倍に達します。
  • 国内のエレクトロニクス製造部門は、100%海外直接投資(FDI)、工業ライセンスの不要、手動から自動への生産プロセスへの技術変革などの政府の有利な政策のおかげで、安定した速度で拡大しています。修正インセンティブ特別パッケージ制度(M-SIPS)やエレクトロニクス開発基金(EDF)などの新しいインセンティブがインド国内でエレクトロニクスの国内製造に1億1,400万米ドルの予算で開始されました。
  • アジア太平洋での事業展開が調査されている市場の主要メーカーには、Alumina Limited、Australian Bauxite Limited、Rio Tintoなどがあります。
  • したがって、前述の要因により、予測期間中にこの地域のボーキサイトの需要が高まる可能性があります。

ボーキサイト業界の概要

ボーキサイト市場は本質的に部分的に統合されており、主要企業が世界市場の大きなシェアを占めています。市場の主要企業には、Rio Tinto、RusAL、Alcoa Corporation、Alumina Limited、Norsk Hydro ASAなどが含まれます(順不同)。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 工業用途からのアルミナの継続的使用
    • セメント産業での使用加速
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • ボーキサイト採掘に関する環境問題
    • その他の阻害要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度
  • 生産分析

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:数量ベース)

  • 用途
    • 冶金用アルミナ
    • セメント
    • 耐火物
    • 研磨材
    • その他
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • オーストラリアおよびニュージーランド
      • その他アジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • ロシア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア(%)/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Alcoa Corporation
    • Alumina Limited
    • Aluminum Corporation of China Limited
    • Australian Bauxite Limited
    • Compagnie des Bauxites de Guinee(CBG)
    • GRAFIT MADENCILIK SAN. TIC. A.S.
    • Iranian Aluminium Co.
    • LKAB Minerals
    • Norsk Hydro ASA
    • Possehl Erzkontor GmbH & Co. KG
    • Queensland Alumina Limited
    • Rio Tinto
    • RusAL
    • Vimetco NV
    • YunXiang Develop Co.,Limited

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 69277

The Bauxite Market size is estimated at 284.41 Million tons in 2024, and is expected to reach 342.87 Million tons by 2029, growing at a CAGR of 3.81% during the forecast period (2024-2029).

Bauxite - Market

Key Highlights

  • The market experienced negative impacts in 2020 due to the COVID-19 outbreak, which led to nationwide lockdowns worldwide, disruptions in manufacturing activities and supply chains, and production halts. However, in 2021, the conditions began to recover, restoring the growth trajectory of the market.
  • In the medium term, the major factors driving the market studied are accelerating usage in the cement industries and continuous usage of alumina from industrial applications.
  • Environmental concerns related to bauxite mining are expected to hinder market growth in the coming years.
  • Increasing demand from commercial applications such as refractories and abrasives and leveling off of bauxite production from China is expected to act as an opportunity for the market studied.
  • Asia-Pacific dominated the global bauxite market and is also expected to register the fastest growth in the years to come.

Bauxite Market Trends

Increasing Demand of Alumina for Metallurgical Purposes

  • Bauxite is a sedimentary rock having a high content of aluminum. It is the main source of aluminum & gallium and consists mostly of aluminum minerals, namely gibbsite, boehmite, and diaspore.
  • Because of its high alumina content, bauxite is a primary source for alumina production, which is then processed to produce finished products and alumina production. Thus rising alumina production is driving the market studied.
  • The demand for alumina is increasing owing to its various superior properties such as low density, non-toxic nature, high thermal conductivity, excellent corrosion resistivity, and its ability to be easily cast, machined, and formed. Rising alumina production is expected to drive the market for bauxite through the upcoming years.
  • Alumina is used for key industrial purposes. Other than producing aluminum, it is used for the production of spark plug insulators and metallic paints, and it is used as a fuel component for solid rocket boosters.
  • Furthermore, alumina is used for the fabrication of superconducting devices, such as quantum interference devices and electron transistors. Aluminum oxide or alumina is also used as a dosimeter for radiation protection.
  • According to a US Geological survey, global resources of bauxite are estimated to be between 55 billion and 75 billion tons and are sufficient to meet world demand for metal well into the future.
  • As per the United States Census Bureau, revenue in mining and quarrying amounted to USD 14.39 billion in 2022, as compared to USD 13.68 billion in 2021. The revenue from this sector is projected to amount to USD 15.25 billion in 2023.
  • As per data published by the United States Geological Survey, the bauxite and alumina increased significantly from 2790 million metric tons.
  • Mining and metallurgy are key industries in the country. Canada supplies over 60 metals and minerals to different countries worldwide. The mining industry invests in innovation and new technologies, which rapidly reshapes the sector. The mining industry also witnessed consolidations, which led to speculations regarding the growth prospects for the industry in the coming years.
  • Therefore, owing to all the above-mentioned factors, increasing demand for alumina for metallurgical purposes is expected to boost the demand for the market studied over the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is expected to dominate the market for bauxite during the forecast period. In countries such as China, Australia, and India, owing to rapid industrialization and an increase in the usage of aluminum in various industries, such as building and construction, foil, and packaging, the demand for bauxite continues to increase in the region.
  • Furthermore, superior properties of aluminum, like corrosion resistance, high ductility, high strength, and lightweight, have led to an increase in the adoption of aluminum for producing light vehicle parts, which is propelling the bauxite market in the region.
  • Additionally, demand for bauxite is rising in the region due to its usage as a raw material in making refractory products since it has a high melting point. Refractory grade bauxite is used to manufacture bricks to line the roof of electric arc steel-making furnaces and blast furnaces.
  • Bauxite is also used for manufacturing cement by mixing it with limestone. The cement produced has high alumina content and is known for its rapid settling time and strength, leading to an increasing demand for bauxite in the region.
  • The increasing trend of electric vehicles may further propel the demand for aluminum alloys. The government of China estimates a 20% penetration rate of electric vehicle production by 2025. This is reflected in the electric vehicle sales trend in the country, which went record-breaking high in 2022. As per the China Passenger Car Association, the country sold 5.67 million EVs and plug-ins in 2022, touching almost double the sales figures achieved in 2021.
  • The domestic electronics manufacturing sector has been expanding at a steady rate, owing to favorable government policies, such as 100% Foreign Direct Investment (FDI), no requirement for an industrial license, and the technological transformation from manual to automatic production processes. New incentives, such as the Modified Incentive Special Package Scheme (M-SIPS) and Electronics Development Fund (EDF), have been started in the country with a budget of USD 114 million for the domestic manufacturing of electronics in India.
  • Some of the major manufacturers of the market studied operating in Asia-Pacific include Alumina Limited, Australian Bauxite Limited, and Rio Tinto.
  • Therefore, the aforementioned factors are likely to boost the demand for bauxite in the region during the forecast period.

Bauxite Industry Overview

The bauxite market is partially consolidated in nature, with top players accounting for a significant share of the global market. Some of the major companies in the market include Rio Tinto, RusAL, Alcoa Corporation, Alumina Limited, and Norsk Hydro ASA, among others (not in any particular order).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Continuous Usage of Alumina from Industrial Applications
    • 4.1.2 Accelerating Usage in the Cement Industries
    • 4.1.3 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Environmental Concern Related to Bauxite Mining
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Production Analysis

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Alumina for Metallurgical Purposes
    • 5.1.2 Cement
    • 5.1.3 Refractories
    • 5.1.4 Abrasives
    • 5.1.5 Other Applications
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 Asia-Pacific
      • 5.2.1.1 China
      • 5.2.1.2 India
      • 5.2.1.3 Japan
      • 5.2.1.4 South Korea
      • 5.2.1.5 Australia and New Zealand
      • 5.2.1.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.2 North America
      • 5.2.2.1 United States
      • 5.2.2.2 Canada
      • 5.2.2.3 Mexico
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 Germany
      • 5.2.3.2 United Kingdom
      • 5.2.3.3 Italy
      • 5.2.3.4 France
      • 5.2.3.5 Russia
      • 5.2.3.6 Rest of Europe
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 South Africa
      • 5.2.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Alcoa Corporation
    • 6.4.2 Alumina Limited
    • 6.4.3 Aluminum Corporation of China Limited
    • 6.4.4 Australian Bauxite Limited
    • 6.4.5 Compagnie des Bauxites de Guinee (CBG)
    • 6.4.6 GRAFIT MADENCILIK SAN. TIC. A.S.
    • 6.4.7 Iranian Aluminium Co.
    • 6.4.8 LKAB Minerals
    • 6.4.9 Norsk Hydro ASA
    • 6.4.10 Possehl Erzkontor GmbH & Co. KG
    • 6.4.11 Queensland Alumina Limited
    • 6.4.12 Rio Tinto
    • 6.4.13 RusAL
    • 6.4.14 Vimetco NV
    • 6.4.15 YunXiang Develop Co.,Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Demand from Commercial Applications such as Refractories and Abrasives
  • 7.2 Levelling Off of Bauxite Production from China