デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1435213

アクリル表面コーティング:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Acrylic Surface Coating - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
アクリル表面コーティング:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

アクリル表面コーティング市場規模は、2024年に191億9,000万米ドルと推定され、2029年までに246億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.12%のCAGRで成長します。

アクリル表面コーティング-市場

建築用コーティングにおける用途の増加が市場の成長を促進すると予想されます。その一方で、世界の自動車生産の減速が市場の成長を妨げると予想されます。

主なハイライト

  • アクリル表面コーティング市場は、建築および建設業界からの需要の増加により、予測期間中に成長すると予想されます。
  • アジア太平洋地域は世界市場を独占しており、主な消費国は中国、インド、日本です。

アクリル表面コーティング市場動向

建築・建設部門からの需要の拡大

  • アクリル表面コーティングは、屋外条件にさらされた場合でも不活性で色保持性に優れているため、建築および建設分野で広く使用されています。アクリルは、エマルション(ラテックス)、ラッカー、エナメル、パウダーなど、さまざまな形態で入手できます。
  • アクリルポリマーの主成分はアクリル酸とメタクリル酸であり、紫外線を吸収しにくいポリマー構造となっています。油性塗料、アルキド、エポキシよりも耐候性や酸化に対する耐性が高いため、建築および建設分野での用途が増加しました。
  • 南アフリカ政府は、2050年までにエネルギー、交通、デジタル通信、水道にわたるインフラ整備を実現する「国家インフラ計画2050」を策定しました。2040年までに3,300億米ドルがインフラ整備に投資される予定です。
  • さらに、米国国勢調査局が作成したさらなる統計によると、米国の年間新築建設額は、2021年の1兆4,998億2,200万米ドルに対し、2022年には1兆6,575億9,000万米ドルとなっています。さらに、米国の住宅建設の年間額は、米国の評価額は、2021年の7,406億4,500万米ドルに対し、2022年の8,491億6,400万米ドルとなった。同国の年間非住宅建設額は、2021年の7,591億7,700万米ドルに対し、2022年の8,084億2,700万米ドルとなり、市場の消費が減少しています。
  • カナダ建設協会によると、建設セクターはカナダ最大の雇用主の1つであり、国の経済的成功に大きく貢献しています。この産業は年間約1,410億米ドルを生み出し、国の国内総生産(GDP)の7.5%に貢献しています。
  • 建築・建設業界はアクリル表面コーティングの使用でリードしており、中国、ドイツ、米国、インド、日本が市場で主要な役割を果たしています。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域は、予測期間中にアクリル表面コーティング市場を独占すると予想されます。建築および建設部門の成長により、中国、インド、日本などの国々でアクリル表面コーティングの需要が増加しています。
  • アクリル表面コーティングの最大の生産者はアジア太平洋地域にあります。アクリル表面コーティングを製造する大手企業には、Asian Paints、Berger Paints India Limited、Akzo Nobel NV、Jotun、Sika AGなどがあります。
  • 中国の第14次5か年計画は、エネルギー、交通、水道システム、都市化における新しいインフラプロジェクトに焦点を当てています。推計によると、第14次5カ年計画期間(2021~2025年)中の新たなインフラへの総投資額は約27兆元(4兆2,000億米ドル)に達するとみられています。
  • 中国の都市化率は世界で最も高い部類に入る。中国の都市化率は2022年に64.7%に達しましたが、この都市再生政策は、政府が中国の都市生活条件の改善を目指す中で、より環境に優しく、より効率的な都市を開発することを目的としています。
  • インドの巨大な建設セクターは、世界第3位の建設市場になると予想されています。スマートシティプロジェクトやみんなの住宅など、インド政府が実施するさまざまな政策は、インドの建設業界に弾みをもたらすことが期待されています。
  • インド統計・プログラム実施省によると、建設セクターのGDPシェアは2022年第4四半期に372億6,000万米ドルに達し、2022年第3四半期のGDPシェア329億5,000万米ドルを上回りました。
  • アクリル表面コーティングは、塗料、布地や皮革の仕上げ、床磨き剤、紙コーティング以外の航空宇宙用途で保護コーティングとして使用されます。
  • 上記の要因と政府の支援は、予測期間中のアクリル表面コーティング市場の需要の増加に貢献します。

アクリル表面コーティング業界の概要

世界のアクリル表面コーティング市場は部分的に細分化されており、大手企業が業界のほんのわずかな部分を占めています。市場で活動している主要企業としては、Asian Paints、Berger Paints India Limited、Akzo Nobel NV、Jotun、Sika AGなどが挙げられます(順不同)。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 建築用塗料での用途拡大
    • 自動車産業における用途の急拡大
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • 低VOCに関連する厳しい環境規制
    • その他の阻害要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模)

  • 用途
    • 水性
    • 溶剤系
    • パウダーベース
    • その他の用途
  • エンドユーザー産業
    • 建築・建設
      • 住宅
      • 非住宅
    • 自動車
    • 航空宇宙
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • 3M
    • Akzo Nobel NV
    • Arkema Group
    • Asian Paints
    • BASF SE
    • Berger Paints India Limited
    • Dow
    • Jotun
    • PPG Industries Inc.
    • Sika AG
    • Solvay
    • The Sherwin-Williams Company

第7章 市場機会と今後の動向

  • バイオベースアクリル塗料の開発
  • その他の機会
目次
Product Code: 68477

The Acrylic Surface Coating Market size is estimated at USD 19.19 billion in 2024, and is expected to reach USD 24.64 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.12% during the forecast period (2024-2029).

Acrylic Surface Coating - Market

Increasing applications in architectural coatings are expected to drive the market growth. On the flip side, the slowdown in global automotive production is expected to hinder the growth of the market.

Key Highlights

  • The acrylic surface coating market is expected to grow during the forecast period, owing to the increasing demand from the building and construction setor.
  • The Asia-Pacific region dominates the global market, with the major consumption being registered in China, India, and Japan.

Acrylic Surface Coating Market Trends

Growing Demand from the Building and Construction Sector

  • Acrylic surface coatings are widely used in the building and construction sector because of their inertness and excellent color retention when exposed to outdoor conditions. Acrylics are available in various forms, such as emulsions (latex), lacquers, enamels, and powders.
  • The chief component of acrylic polymers is acrylic and methacrylic acid which provide a polymer structure with a little tendency to absorb UV light. It increases its resistance to weathering and oxidation than oil-based paints, alkyds, or epoxies, so its application increased in the buildings & construction sector.
  • The South African government devised a 'National Infrastructure Plan 2050' to deliver infrastructure development across energy, transport, digital communications, and water by 2050. USD 0.33 trillion will be invested through 2040 in infrastructure development.
  • Further, as per further statistics generated by the US Census Bureau, the annual value for new construction in the United States accounted for USD 1,657,590 million in 2022, compared to USD 1,499,822 million in 2021. Moreover, the annual value of residential construction in the United States was valued at USD 849,164 million in 2022, compared to USD 740,645 million in 2021. The country's annual non-residential construction value was USD 808,427 million in 2022, compared to USD 759,177 million in 2021. It is thereby decreasing the consumption of the market studied in the short term.
  • According to the Canadian Construction Association, the construction sector is one of Canada's largest employers and a major contributor to the country's economic success. The industry generates about USD 141 billion annually and contributes 7.5% of the country's Gross Domestic Product (GDP).
  • The building & construction industry leads in using acrylic surface coatings, with China, Germany, the United States, India, and Japan playing a major role in the market.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market for acrylic surface coatings during the forecast period. The demand for acrylic surface coatings is increasing in countries like China, India, and Japan because of the growing building and construction sector.
  • The largest producers of acrylic surface coatings are located in the Asia-Pacific region. Some leading companies producing acrylic surface coatings are Asian Paints, Berger Paints India Limited, Akzo Nobel NV, Jotun, and Sika AG.
  • China's 14th Five-Year Plan focuses on new infrastructure projects in energy, transportation, water systems, and urbanization. According to estimates, overall investment in new infrastructure during the 14th Five-Year Plan period (2021-2025) will reach roughly CNY 27 trillion (USD 4.2 trillion).
  • China's urbanization rate is among the highest in the world. While China's urbanization rate reached 64.7% in 2022, this urban renewal policy aims to develop greener and more efficient cities as the government seeks to improve China's urban living conditions.
  • India's huge construction sector is expected to become the world's third-largest construction market. Various policies implemented by the Indian government, such as the Smart Cities project, Housing for All, etc., are expected to bring impetus to the Indian construction industry.
  • As per the Ministry of Statistics and Programme Implementation of India, the construction sector contributed a GDP share amounting to USD 37.26 billion in Q4 2022, higher than the GDP share of USD 32.95 billion in Q3 2022.
  • Acrylic surface coatings are used as protective coatings in aerospace applications other than paints, fabric and leather finishes, floor polishes, and paper coatings.
  • The above factors and government support contribute to the increasing demand for the acrylic surface coatings market during the forecast period.

Acrylic Surface Coating Industry Overview

The global acrylic surface coating market is partially fragmented, with the major players accounting for a marginal portion of the industry. Some major companies operating in the market are Asian Paints, Berger Paints India Limited, Akzo Nobel NV, Jotun, and Sika AG, among others (not in particular order).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Application in Architectural Coatings
    • 4.1.2 Rapidly Growing Application in the Automotive Industry
    • 4.1.3 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Stringent Environmental Regulations Related to Lower VOC
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Water-borne
    • 5.1.2 Solvent-borne
    • 5.1.3 Powder-based
    • 5.1.4 Other Applications
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Building and Construction
      • 5.2.1.1 Residential
      • 5.2.1.2 Non-residential
    • 5.2.2 Automotive
    • 5.2.3 Aerospace
    • 5.2.4 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 3M
    • 6.4.2 Akzo Nobel NV
    • 6.4.3 Arkema Group
    • 6.4.4 Asian Paints
    • 6.4.5 BASF SE
    • 6.4.6 Berger Paints India Limited
    • 6.4.7 Dow
    • 6.4.8 Jotun
    • 6.4.9 PPG Industries Inc.
    • 6.4.10 Sika AG
    • 6.4.11 Solvay
    • 6.4.12 The Sherwin-Williams Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Development of Bio-based Acrylic Coatings
  • 7.2 Other Opportunities