市場調査レポート
商品コード
1433933

パレット:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Pallets - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 117 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
パレット:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 117 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

パレット市場規模は2024年に953億1,000万米ドルと推定され、2029年までに1,180億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.37%のCAGRで成長します。

パレット-市場

主なハイライト

  • 業界全体でプラスチックパレットの需要が急増しており、市場の需要を牽引すると予想されます。過去数十年にわたり、強度と製造プロセスの容易さから木製パレットが使用されてきました。しかし、吸湿性や耐久性の低さ、破片の破損などの欠点からプラスチックパレットの需要が高まっています。
  • さらに、環境に優しく軽量であること、二酸化炭素排出量削減に対する意識の高まりなどの利点により、物流会社や運送会社では木製パレットからプラスチック製パレットへのパレットの需要が高まっています。さらに、2023年 6月に、C&Tマトリックスは、包装業界の要件に合わせて特別に調整された新しい種類のプラスチックパレットを顧客に紹介しました。発売以来1,000個を超えるパレットが販売されており、顧客は安全性と衛生的な生産の向上を主な利点として挙げています。
  • さらに、重量物を扱う能力があるため、自動車業界や運送業界でのHDPE素材の需要が増加しており、パレットの需要も高まっています。また、使い捨てプラスチックパレットは、常温で有機化学物質や無機化学物質に耐性があるため、飲食業界で広く使用されています。
  • 輸送用パレットの採用の増加により、予測期間内に市場が牽引されると予想されます。また、国境を越えた貿易の主な輸送手段は水路(海運)であり、貿易品の約90%に貢献しています。これは、海洋が世界貿易の主要な輸送動脈であることを示しています。さらに、経済協力開発機構(OECD)によると、世界の貨物需要の増加に伴い、海上貿易量は2050年までに3倍に増加すると予想されています。
  • ただし、入手可能性の制限とパレット製造用の原材料の高価格が市場の成長を妨げると予想されます。木製パレットが市場を獲得するにつれて、価格変動が市場の成長に課題をもたらしています。また、木材価格の高騰、トラック輸送の問題、高い需要により、世界の木製パレット不足が生じ、原材料価格がほぼ2倍になっています。
  • さらに、COVID-19感染症のパンデミックは、ホテル、観光、製造、建設部門に大きな影響を与えました。製造業務は停止または制限されました。世界的に、建設業界や運輸業界のサプライチェーンは改善を求められています。その結果、パレット生産量と市場需要の両方が減少し、市場の拡大が抑制されました。一方で、企業は徐々に通常の生産とサービスに戻りつつあります。パレット市場各社はフル稼働で操業を再開しており、市場の回復に寄与すると期待されます。

パレット市場の動向

業界全体でプラスチックパレットの需要が増加

  • プラスチックパレットは、品質を維持するために取り扱い中にバルク品に機械的安定性を提供する剛性構造です。取り扱いには、持ち上げ、ある地点から別の地点への移動、積み重ね、製品の保管、陸上または海上での長距離輸送に関連するすべての活動が含まれます。プラスチックパレットは、商品の移動を容易にするために、フォークリフト、パレットジャッキ、フロントローダーなどの機器で移動できるように設計されています。化学物質汚染のリスクが非常に高い、飲食品、製薬、化学、その他の業界では、プラスチックパレットを強く推奨します。
  • さらに、プラスチックパレットは木製パレットに比べて一定の利点があるため、市場で最も急速に成長しているパレットタイプの1つとなっています。メーカーはそれらをリサイクルしたり、溶かして他の製造用品に変えたりできるため、このオプションは廃棄物の削減を目指す企業に人気があります。プラスチックパレットは、害虫やシロアリの危険なく製品を保管できるため、需要も人気も高まっています。
  • パレット市場で活動する企業の1つであるPVpalletは、廃棄されたリサイクルプラスチックを使用してパレットを製造しています。同社は2022年9月、太陽光発電モジュールの輸送と保護のために特別に設計された、リサイクル可能、再利用可能、調整可能、折りたたみ可能な初のパレットシステムを発売しました。同社は、従来の木製輸送パレットを置き換えることにより、太陽光発電輸送業界に効率的かつ有意義な革命を起こすことを目指しています。このような取り組みにより、プラスチックパレットの需要が高まることが期待されます。
  • さらに、国境を越えた農業および関連分野の輸出入の増加により、プラスチックパレットの需要が増加しています。これらのパレットは、木製パレットのように湿気を吸収したり、侵入、燻蒸、腐敗、臭気吸収などの問題がなく、使用するたびに簡単かつ徹底的に洗浄できます。これらのパレットは、食品、飲料、製薬など、規制や衛生上の要件がある業界に最適です。
  • 同様に、インドから他国への商品輸出の増加により、プラスチックパレットの成長が促進されるでしょう。 DGCI&Sによると、2022年度には5,790億ルピー(70億5,000万米ドル)相当の水産物がインドから輸出されました。水産物の輸出額は、農業および関連部門の輸出の中でより高かったです。次いで、バスマティ米以外の米、砂糖、バスマティ米、スパイスが続きました。
  • ただし、プラスチックパレットは温度や天候の急激な変化にも弱いため、輸送時の効率が低下します。プラスチックパレットのコストも、木製パレットやリサイクルパレットのコストと比較してかなり高くなります。企業は最終的に、レンタル、リサイクル、またはホワイトウッドの材料を使用して予測コストを計算し、パレットに最適な材料を決定します。これはプラスチックパレットの成長を妨げる可能性があります。

アジア太平洋地域が市場の大幅な成長を担う

  • 製造業はインドの経済成長において重要な役割を果たしています。自動車、エンジニアリング、化学、医薬品、耐久消費財などの主要セクターが国の製造生産に大きく貢献してきました。インドの製造業は、この地域で最も急速に成長している部門の一つになると予測されています。国内製造業を促進し、海外投資を誘致する「メイク・イン・インディア」キャンペーンなどの政府の取り組みが、この成長軌道に貢献しました。製造業の成長は、国内消費の増加、可処分所得、中間層の増加、政府の有利な政策によって牽引されています。さらに、若く労働力が多いインドの人口統計上の利点は、製造業の成長に強力な基盤を提供します。
  • インドブランドエクイティ財団(IBEF)によると、インドは2030年までに1兆米ドル相当の商品を輸出することができ、世界の主要な製造拠点への道を進んでいます。国のGDPの17%を占め、2,730万人以上の労働者を抱える製造業はインド経済において重要な役割を果たしており、パレット市場の成長を支えています。さらに、インドは農業中心国であり、農業輸出額は2020年の350億9,000万米ドルから2022年には502億1,000万米ドルに増加しました。
  • さらに、欧州化学産業評議会Ceficによると、1兆7,290億ユーロ(1兆8,933億4,000万米ドル)相当の化学品が生産され、中国は世界最大の化学品生産国となり、2021年には世界の化学品売上高の43%を占めました。2017年中、中国は世界最大の化学品生産国となった。化学品の売上高は(COVID-19の最中でも)プラスの成長を遂げ、2020年以来11.9%増加しました。さらに、国際貿易に関する国連COMTRADEデータベースによると、中国のインドへの有機化学品の輸出は2022年に130億5,000万米ドルだった。これらの要因は、予測期間中にパレット市場の成長に寄与すると予想されます。
  • さらに、この地域では市場の成長を促進する投資も見られました。 2021年 1月、インフラストラクチャに焦点を当てたファンドであるLeading Enterprise in Advanced Pooling(LEAP India)は、モルガン・スタンレー・インド・インフラストラクチャーから2,500万米ドルの投資を受けました。国内のパレットプーリング市場における重要なプレーヤーは、LEAP Indiaです。これは、パレット、大型の折りたたみコンテナ、木箱、ユーティリティボックスを含む同社の資産を400万個から600万個に増やすことに重点を置いています。

パレット業界の概要

パレット市場は、大小のメーカーが複数存在するため、細分化されています。国家間の貿易の増加により、持続可能な梱包材としての段ボールパレットの成長が促進されています。主要企業は、Falkenhahn AG、CABKA Group GmbH、CHEPなどです。市場の最近の動向は次のとおりです。

2022年 1月、パレットのリサイクル業者およびサプライヤーであるKamps Inc.がTritz Palletを買収し、パレットのリサイクルとフルサービスのパレットソリューションを提供しました。この買収により、カンプスの物理的拠点は40以上の資産ベースの拠点に拡大され、グレートプレーンズ地域での存在感が強固になりました。

2022年 1月、サプライチェーンプロバイダーであるGeodisは、Unilode Aviation Solutionsと5年間のユニットロードデバイス(ULD)の供給、管理、修理契約を締結したと発表しました。 UnilodeはGeodisにコンテナとパレットを供給し、調達、計画、物流、修理、デジタル化を含むあらゆるULD管理ソリューションを提供しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 業界別プラスチックパレット需要の増加
    • 輸送用パレットの採用
  • 市場抑制要因
    • 原材料の入手制限と高コスト

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 木材
    • プラスチック
    • その他のタイプ
  • エンドユーザー別
    • 運輸・倉庫
    • 飲食品
    • 医薬品
    • 小売
    • その他エンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • エジプト
      • その他中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Brambles Limited
    • CABKA Group GmbH
    • Craemer Holding GmbH
    • CHEP
    • Schoeller Allibert
    • Rehrig Pacific Company
    • Loscam International Holdings Co., Limited
    • UFP Industries, Inc.
    • MENASHA Corporation
    • Palettes Gestion Services(PGS)Group
    • World Steel Pallet Co., Ltd.
    • Falkenhahn AG

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 67341

The Pallets Market size is estimated at USD 95.31 billion in 2024, and is expected to reach USD 118.03 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.37% during the forecast period (2024-2029).

Pallets - Market

Key Highlights

  • Surging demand for plastic pallets across industry verticals is expected to drive the market demand. In the past decades, wooden pallets have been used due to their strength and easy manufacturing process; however, due to certain disadvantages such as moisture absorption, less durability, and breakage of splinter, the demand for plastic pallets is growing.
  • Additionally, advantages such as being environmentally friendly and lightweight and increasing awareness of reducing carbon footprint are propelling the demand for pallets in logistics and shipment companies as they are shifting from wood pallets to plastic pallets. Further, in June 2023, C&T Matrix introduced its customers to a new range of plastic pallets specifically tailored to the requirements of the packaging industry. With over 1,000 pallets sold since its launch, customers cite improved safety and hygienic production as key benefits.
  • Moreover, due to its ability to handle heavy loads, the increasing demand for HDPE material in the automotive and shipping industry is boosting pallet demand. Also, disposable plastic pallets are widely used in the F&B industry as they resist organic and inorganic chemicals at normal temperatures.
  • The increasing adoption of pallets for transportation use is expected to drive the market in the forecast timeframe. Also, the primary transport mode for cross-border trade is through waterways (shipping), contributing to ~90% of traded goods. This, in turn, indicates that oceans provide the main transport arteries for global trade. Furthermore, according to the Organization for Economic Cooperation and Development (OECD), maritime trade volumes are set to triple by 2050 as demand for global freight increases.
  • However, Limiting availability and the high price of the raw materials for manufacturing pallets are anticipated to hinder market growth. As wooden pallets capture the market, price fluctuations challenge market growth. Also, rising lumber prices, trucking issues, and high demand contribute to the worldwide shortage of wood pallets, nearly doubling raw materials prices.
  • Additionally, the COVID-19 pandemic significantly impacted the hotel, tourism, manufacturing, and construction sectors. Manufacturing operations were suspended or limited. Globally, supply chains for the construction and transportation industries called for improvement. This resulted in a decrease in both pallet production and market demand, which restrained the market's expansion. On the other hand, businesses are gradually returning to their normal production and services. The pallet market companies restarted operations at full capacity, which is anticipated to aid in the market's recovery.

Pallet Market Trends

Increasing Demand for Plastic Pallets Across the Industry Verticals

  • Plastic pallets are rigid structures that provide mechanical stability to bulk goods during handling to preserve quality. Handling includes all activities related to lifting, moving from one point to another, stacking, product storage, and long-distance transportation by land or sea. Plastic pallets are designed to be moveable by equipment such as forklifts, pallet jacks, and front loaders to facilitate the mobility of goods. Plastic pallets are highly recommended in food & beverage, pharmaceutical, chemicals, and other industries, where the risk of chemical contamination is significantly high.
  • Moreover, Plastic pallets offer certain benefits over wooden pallets, which makes it one of the fastest-growing pallet types on the market. Since manufacturers can recycle them or melt and reform them into other manufacturing supplies, this option is popular among businesses looking to reduce waste. Plastic pallets have also risen in demand and popularity because they can store products without the risk of pests or termites.
  • PVpallet, one of the players operating in the pallets market, is using discarded, recycled plastic to manufacture pallets. In September 2022, the company launched the first recyclable, reusable, adjustable, and collapsible pallet system specifically designed for shipping and protecting solar PV modules. The company aims to revolutionize the solar shipping industry efficiently and meaningfully by replacing traditional wood shipping pallets. Such initiatives are expected to boost the demand for plastic pallets.
  • Further, increasing cross-border agricultural and allied sector import-export has helped boost the demand for plastic pallets. These pallets do not absorb moisture or have issues such as infestation, fumigation, rot, and odor absorption like wood pallets, and they can be easily and thoroughly cleaned between uses. These pallets are perfect for industries with regulatory and hygiene requirements, such as food, beverage, and pharmaceutical.
  • In line with the same, the increasing export of commodities from India to other countries will propel growth for plastic pallets. According to DGCI&S, marine products worth INR 579 billion (USD 7.05 billion) were exported from India in the financial year 2022. Marine products export value was higher among agricultural and allied sector exports. This was followed by non-basmati rice, sugar, basmati rice, and spices.
  • However, plastic pallets are also susceptible to drastic changes in temperature and weather, making them less effective during transportation. The cost of plastic pallets is also considerably higher compared to the cost of wooden and recycled pallets. Businesses ultimately alternate between calculating projected costs using rental, recycled, or whitewood materials to determine the best material for their pallets. This can hinder the growth of plastic pallets.

Asia-Pacific Account for Significant Market Growth

  • The manufacturing industry plays a vital role in India's economic growth. Key sectors such as automotive, engineering, chemicals, pharmaceuticals, and consumer durables have significantly contributed to the country's manufacturing output. India's manufacturing industry has been projected to be among the fastest-growing sectors in the region. The government's initiatives, such as the "Make in India" campaign to boost domestic manufacturing and attract foreign investments, have contributed to this growth trajectory. Manufacturing sector growth is driven by increasing domestic consumption, disposable incomes, a growing middle class, and favorable government policies. Additionally, India's demographic advantage, with a large and young workforce, provides a strong foundation for the growth of the manufacturing industry.
  • According to India Brand Equity Foundation (IBEF), India can export goods worth USD 1 trillion by 2030 and is on its path to becoming a major global manufacturing hub. With 17% of the nation's GDP and over 27.3 million workers, manufacturing plays a significant role in the Indian economy, supporting the growth of the pallets market. Further, India is an agricultural-centric country, and its export value of agriculture increased from USD 35.09 billion in 2020 to USD 50.21 billion in 2022.
  • Moreover, according to Cefic, the European Chemical Industry Council, with EUR 1,729 billion ( USD 1893.34 billion) worth of chemicals produced, China was the largest chemicals producer in the world, contributing 43% of global chemical sales in 2021. During 2017, China experienced positive growth in chemical sales (even during COVID-19 )and has grown by 11.9% since 2020. Further, according to the United Nations COMTRADE database on international trade, China's exports of organic chemicals to India were USD 13.05 Billion in 2022. Such factors are anticipated to contribute to the growth of the Pallets market during the forecast timeframe.
  • Furthermore, the region witnessed investment fueling the market's growth. In January 2021, Leading Enterprise in Advanced Pooling (LEAP India), a fund focusing on infrastructure, received a USD 25 million investment from Morgan Stanley India Infrastructure. A significant player in the nation's pallet pooling market is LEAP India. It focuses on increasing the company's assets, which include pallets, sizable foldable containers, crates, and utility boxes, from 4 million to 6 million units.

Pallet Industry Overview

The pallet market is fragmented due to the presence of several small and large manufacturers. The increased trade between countries is boosting the growth of corrugated pallets as sustainable packaging.Key players are Falkenhahn AG, CABKA Group GmbH, CHEP, etc. Recent developments in the market are -

In January 2022, Kamps Inc., a pallet recycler and supplier, acquired Tritz Pallet, offering pallet recycling and full-service pallet solutions. The acquisition enhanced Kamps' physical footprint to over 40 asset-based locations solidifying its presence in the Great Plains region.

In January 2022, Geodis, a supply chain provider, announced that it entered into a five-year unit load device (ULD) supply, management, and repair agreement with Unilode Aviation Solutions. Unilode supplied containers and pallets to Geodis, providing its full range of ULD management solutions, including procurement, planning, logistics, repair, and digitalization.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.3 Threat of Substitutes
    • 4.2.4 Threat of New Entrants
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Demand for Plastic Pallets Across the Industry Verticals
    • 5.1.2 Adoption of Pallets for Transportation Purpose
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Limiting Availability and High Cost of Raw Materials

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Types
    • 6.1.1 Wood
    • 6.1.2 Plastic
    • 6.1.3 Other Types
  • 6.2 By End User
    • 6.2.1 Transportation and Warehousing
    • 6.2.2 Food and Beverage
    • 6.2.3 Pharmaceutical
    • 6.2.4 Retail
    • 6.2.5 Other End Users
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 United Kingdom
      • 6.3.2.2 Germany
      • 6.3.2.3 France
      • 6.3.2.4 Italy
      • 6.3.2.5 Spain
      • 6.3.2.6 Rest of Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
      • 6.3.3.1 China
      • 6.3.3.2 Japan
      • 6.3.3.3 India
      • 6.3.3.4 Australia
      • 6.3.3.5 Rest of Asia Pacific
    • 6.3.4 Latin America
      • 6.3.4.1 Brazil
      • 6.3.4.2 Argentina
      • 6.3.4.3 Mexico
      • 6.3.4.4 Rest of Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa
      • 6.3.5.1 Saudi Arabia
      • 6.3.5.2 South Africa
      • 6.3.5.3 Egypt
      • 6.3.5.4 Rest of Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Brambles Limited
    • 7.1.2 CABKA Group GmbH
    • 7.1.3 Craemer Holding GmbH
    • 7.1.4 CHEP
    • 7.1.5 Schoeller Allibert
    • 7.1.6 Rehrig Pacific Company
    • 7.1.7 Loscam International Holdings Co., Limited
    • 7.1.8 UFP Industries, Inc.
    • 7.1.9 MENASHA Corporation
    • 7.1.10 Palettes Gestion Services (PGS) Group
    • 7.1.11 World Steel Pallet Co., Ltd.
    • 7.1.12 Falkenhahn AG

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS