デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433783

熱管理(サーマルマネジメント)技術:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Thermal Management Technologies - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
熱管理(サーマルマネジメント)技術:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

熱管理(サーマルマネジメント)技術市場規模は2024年に126億2,000万米ドルと推計され、2029年には188億米ドルに達し、市場推計・予測期間(2024-2029年)のCAGRは8.30%で成長すると予測されます。

Thermal Management Technologies-Market

電子パッケージングの動向は、性能の向上と製品の小型化をもたらしました。その結果、消費電力が大幅に増加し、電子機器から発生する高熱流束を除去することで、優れたシステム性能と信頼性を実現する熱管理が求められています。

主なハイライト

  • 世界のエレクトロニクス産業の著しい成長は、市場成長を促進する重要な要因のひとつです。コンシューマーエレクトロニクスの製造技術の向上に伴い、電力密度を高めた小型化デバイスへの需要が高まっています。このことは、これらのデバイスから発生する高熱流束を最小化するための熱管理技術に対する需要にプラスの影響を与えています。
  • 過去数年間、チップ冷却ソリューションは熱流束の増加に対応するために進化してきました。多くのメーカーが、多相伝熱技術に基づく高度な冷却ソリューションの開発に取り組んでいます。ジェットインピンジメント機構、コールドプレート、ヒートベーパーチャンバーなどの技術は、これらのシステムの将来を大きく変えました。
  • また、再生可能エネルギー資源の採用が増加していることも、熱エネルギー貯蔵市場を牽引する大きな要因となっています。さらに、世界中で急速な工業化が進み、継続的な電力供給の必要性が高まっていることも、予測期間中の熱エネルギー貯蔵市場全体の成長にプラスに働いています。
  • しかし、さまざまなトランジスタが使用されているため、熱管理、特に電子機器に使用される部品の設計の複雑さが市場の成長を抑制しています。
  • 熱管理技術の最も一般的な用途のひとつはコンシューマーエレクトロニクスです。パンデミックの発生当初、家電業界はサプライチェーンの混乱により大きな逆風に直面しました。しかし、パンデミックがもたらしたバーチャルラーニング、リモートワーク、メディア消費の需要増加に伴い、タブレットやノートパソコンなど多くのコンシューマーエレクトロニクスデバイスの需要がこのところ大きく伸びており、市場需要の加速が期待されています。

熱管理技術の市場動向

コンシューマーエレクトロニクスへの需要の増加が市場成長を促進

  • エレクトロニクス産業の発展により、より小型でスマートな製品の導入が増加しています。こうした業界の進歩により、デバイスから発生する熱を除去してシステムの性能と信頼性を向上させる革新的な熱管理技術へのニーズが高まっています。
  • スマートフォンやタブレットの材料市場は、過去10年間でかなりの成長を遂げてきました。重量とコストに敏感なため、同市場は二次的なヒートシンクよりも冷却ソリューション用の先端材料に多くを依存すると予想されます。
  • さらに、モノのインターネット(IoT)の採用が増加しているため、インターネットとIP対応プロトコルを使用して、モノ同士またはモノと人との間の通信を可能にする技術である、接続されたデバイスの数が近年急速に増加しています。例えば、シスコによれば、2023年までにネットワーク接続されたデバイスは293億台になるといいます。
  • ほとんどのIoTデバイス(ウェアラブル、スマートホームシステムなど)は、フォームファクターが小さいため、アクティブな熱管理戦略(冷却ファンや液冷)を実装できません。これらの製品では、回路の最適化と並行して基板レベルで受動的な熱管理技術を実装することが、重要部品の過熱を防ぐ鍵となります。
  • さらに、近年の5Gの普及に伴い、スマートフォンなどの5G対応デバイスの需要が増加しています。このような機器には、より小さなスペースに、より高密度の大電力部品が搭載されています。このような消費電力の増大は、より多くのエネルギー消費を必要とし、より多くの熱を発生させる。その結果、こうした機器では熱管理の必要性が高まっています。

北米が大きなシェアを占める

  • 北米地域が最大の市場シェアを占めると予想されますが、これは技術革新への投資が増加していることと、さまざまな領域で熱管理技術が採用されていることが要因です。Parker-Hannifin Corp.、Advanced Cooling Technologies Inc.、Honeywell International Inc.、Gentherm Inc.など、同市場における著名なプレーヤーはこの地域に本社を置いています。
  • 同地域におけるコンシューマーエレクトロニクス産業の成長は、市場の成長を促進する主な要因のひとつです。CTAの最近の予測によると、米国の消費者技術産業は、小売販売収入が初めて5,050億米ドルを超えると予測されています。この予測は、2021年の2020年比9.6%増という目覚ましい成長から、2.8%の増収を意味します。同組織によれば、スマートフォン、自動車技術、健康機器、ストリーミングサービスに対する旺盛な需要が、予測収益の大部分を押し上げることになります。
  • また、自動車産業の電動化への移行も市場の需要を促進しています。バッテリーを搭載したEV(電気自動車)の熱管理は、これらの自動車の性能、信頼性、堅牢性に影響するため不可欠です。
  • 米国は電気自動車の最大市場のひとつであり、近年EVの販売台数も急成長を記録しています。例えば、米国エネルギー省の発表によると、EVの販売台数は2020年から2021年にかけて85%増加し、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)は2021年に前年比138%と2倍以上に増加しました。
  • また、近年、国内では電気自動車の普及を促進するために多くの規制が実施されています。例えば、2021年4月、ニューヨーク州議会は、2035年までに同州で販売されるすべての新型乗用車を電力で走行させることを実質的に義務付ける法案を可決しました。さらに米国は、2030年までに国内で販売される自動車の半分を電気自動車にするという目標を掲げています。

熱管理技術産業の概要

熱管理技術市場は著しく断片化されており、大きな市場シェアを占めるプレーヤーはいないです。また、同市場ではローカルプレーヤーの数が増加しており、競合が激化しています。

2022年1月、Parker Hannifinの一部門であるParker Lordは、電気自動車メーカー向けの製品ポートフォリオを拡大し、新しい熱伝導性接着剤と一液(1K)低密度ギャップフィラーを追加して、熱管理封止剤、接着剤、ギャップフィラーの製品提供をサポートしました。

2021年6月、ジェントサームは、電気モビリティ市場向けの高度な熱管理システムの技術開発企業であるイスラエルのCarrar社のシードラウンド融資のリードインベスターになったと発表しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果 と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • 市場促進要因
    • 自動車のエネルギー効率と性能の向上
    • 熱管理技術の普及
  • 市場の課題
    • 部品設計の複雑さ
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • ソフトウェア
    • ハードウェア
    • 基質
    • インターフェース
  • 用途別
    • コンピューター
    • コンシューマーエレクトロニクス
    • カーエレクトロニクス
    • 通信
    • 再生可能エネルギー
    • その他
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Parker-Hannifin Corp.
    • Advanced Cooling Technologies Inc.
    • Honeywell International Inc.
    • Gentherm Inc.
    • Autoneum Holding AG
    • Sapa Extrusions Inc.
    • AllCell Technologies
    • Thermacore Inc.
    • Laird Technologies Inc.
    • Pentair Thermal Management
    • Outlast Technologies LLC

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 65351

The Thermal Management Technologies Market size is estimated at USD 12.62 billion in 2024, and is expected to reach USD 18.80 billion by 2029, growing at a CAGR of 8.30% during the forecast period (2024-2029).

Thermal Management Technologies - Market

The electronic packaging trend has resulted in increased performance and reduced product sizing. This has led to a significant increase in power consumption, which, in turn, demands thermal management for good system performance and reliability by removing the high heat flux generated by electronic devices.

Key Highlights

  • Significant growth in the electronics industry worldwide is one of the key factors driving market growth. There is an increasing demand for miniaturized devices with enhanced power densities, with improvements in the manufacturing technologies of consumer electronics. This, in turn, positively impacts the demand for thermal management technologies to minimize the high heat flux generated by these devices.
  • Over the past few years, chip-cooling solutions have evolved to accommodate the increase in heat flux. Many manufacturers are working on the development of advanced cooling solutions based on multi-phase heat transfer technologies. Technologies like jet impingement mechanisms, cold plates, and heat vapor chambers have transformed the future of these systems.
  • Also, the increasing adoption of renewable energy resources is the major factor driving the thermal energy storage market. In addition, rapid industrialization across the world has increased the need for continuous power supply, which positively leads to the overall thermal energy storage market growth during the forecast period.
  • However, due to the use of various transistors, the design complexities in components used in thermal management, specifically in electronic devices, are restraining the market's growth.
  • One of the most common applications of thermal management technologies is in consumer electronics. At the onset of the pandemic, the consumer electronics industry faced a heavy headwind due to supply chain disruptions. However, with an increase in demand for virtual learning, remote work, and media consumption brought about by the pandemic, the demand for many consumer electronics devices, such as tablets and laptops, has experienced significant growth in recent times, which is expected to accelerate the market demand.

Thermal Management Technologies Market Trends

Increasing Demand for Consumer Electronics will Enhance the Market Growth

  • Due to developments in the electronics industry, the introduction of smaller and smarter products are increasing. These advancements in the industry have led to an increased need for innovative thermal management technologies to improve system performance and reliability by eliminating the heat generated by devices.
  • The smartphone and tablet material market has witnessed considerable growth in the past decade. Due to the sensitivity toward weight and costs, the said market is expected to rely mostly on advanced materials for cooling solutions rather than secondary heat sinks.
  • Further, owing to the increasing adoption of the Internet of things (IoT), the technology that enables the communication between things or between things and people using the Internet and IP-enabled protocols, the number of connected devices has been rising rapidly in recent years. For instance, as per Cisco, there will be 29.3 billion networked devices by 2023.
  • Most IoT devices (wearables, smart home systems, etc.) carry such small form factors that active thermal management strategies (cooling fans or liquid cooling) cannot be implemented. In these products, implementing passive thermal management techniques at the board level alongside circuit optimization is key to preventing overheating of critical components.
  • Further, with the increasing penetration of 5G in recent years, the demand for 5G-enabled devices, such as smartphones, is increasing. Such devices contain a greater density of high-power components in smaller spaces. This increased power requires more energy consumption, which generates more heat. As a consequence, there is an increased need for thermal management in such devices.

North America to Hold Major Share

  • The North American region is expected to account for the largest market share, attributed to the increasing investments in technological innovation and adoption of thermal management technologies by various domains. Some of the prominent players in the market, such as Parker-Hannifin Corp, Advanced Cooling Technologies Inc., Honeywell International Inc., and Gentherm Inc., are headquartered in this region.
  • The proliferating consumer electronics industry in the region is one of the primary factors driving the market's growth. According to a recent forecast from CTA, the consumer technology industry in the United States is projected to generate over USD 505 billion in retail sales revenue for the first time. The projection represents a 2.8% revenue increase from the impressive growth of 9.6% in 2021 over 2020. As per the organization, strong demand for smartphones, automotive tech, health devices, and streaming services will help propel a significant portion of the projected revenue.
  • The automotive industry's transition toward electrification is also fueling the demand for the market. Thermal management in EVs (electric vehicles) powered by batteries is essential as it affects the performance, reliability, and robustness of these vehicles.
  • The United States is one of the largest markets for electric vehicles, and the country has also recorded rapid growth in EV sales in recent years. For instance, as per the United States Department of Energy, EV sales grew by 85% from 2020 to 2021, while plug-in hybrid electric vehicles (PHEVs) more than doubled in 2021, with an increase of 138% over the previous year.
  • Many regulations have also been implemented in recent years to promote the use of electric vehicles in the country. For instance, in April 2021, New York state lawmakers passed a bill that would essentially mandate that all new passenger cars sold in the state run on electric power by 2035. Moreover, the United States has set a target to ensure half of the vehicles sold in the country are electric by 2030.

Thermal Management Technologies Industry Overview

The thermal management technologies market is significantly fragmented, with no player accounting for a significant market share. Also, the number of local players is increasing in this market, resulting in increasing competition.

In January 2022 - Parker Lord, a division of Parker Hannifin, expanded its portfolio of products for electric vehicle manufacturers to include new thermally conductive adhesives and one-component (1K) low-density gap fillers to support their product offering of thermal management encapsulants, adhesives, and gap fillers.

In June 2021 - Gentherm announced that it had emerged as the lead investor in a seed round of financing in Israel-based Carrar, a technology developer of advanced thermal management systems for the electric mobility market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter Five Forces
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Increase in Vehicle Energy Efficiency and Performance
    • 4.3.2 Thermal Management Technology Proliferation
  • 4.4 Market Challenges
    • 4.4.1 Design Complexities in Components
  • 4.5 Industry Value Chain Analysis
  • 4.6 Assessment of COVID-19 Impact on the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Software
    • 5.1.2 Hardware
    • 5.1.3 Substrate
    • 5.1.4 Interface
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Computers
    • 5.2.2 Consumer Electronics
    • 5.2.3 Automotive Electronics
    • 5.2.4 Telecommunication
    • 5.2.5 Renewable Energy
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Parker-Hannifin Corp.
    • 6.1.2 Advanced Cooling Technologies Inc.
    • 6.1.3 Honeywell International Inc.
    • 6.1.4 Gentherm Inc.
    • 6.1.5 Autoneum Holding AG
    • 6.1.6 Sapa Extrusions Inc.
    • 6.1.7 AllCell Technologies
    • 6.1.8 Thermacore Inc.
    • 6.1.9 Laird Technologies Inc.
    • 6.1.10 Pentair Thermal Management
    • 6.1.11 Outlast Technologies LLC

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET