デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433005

医療文書管理システム- 世界の市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Global Medical Document Management Systems - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 114 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
医療文書管理システム- 世界の市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 114 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

医療文書管理システムの世界市場規模は、2024年に6億6,000万米ドルと推定され、2029年には11億5,000万米ドルに達すると予測され、予測期間(2024-2029年)のCAGRは11.84%で成長すると予測されます。

Global Medical Document Management Systems-Market

COVID-19パンデミックは医療文書管理システム市場に大きな影響を与えています。2021年2月に発表された「文書管理とCOVID-19:危機がチャンスになるとき」と題された2021年2月発表の記事によると、COVID-19はすべての企業に文書管理を含む事業の抜本的な見直しを迫った。企業が危機から脱出するためのソリューションを導入し始めることができるのは、まさに文書管理からです。COVID-19によって膨大な量のデータが生成されるようになったため、複数の企業が電子カルテベースの新製品を提供しています。例えば、2020年3月、臨床データ相互運用性のリーダーであるヘルスゴリラは、COVID-19検査オーダーが同社のプラットフォームを通じて利用可能になったと報告しました。ゴリラのウェブ・アプリケーション、ヘルスゴリラと提携したデベロッパー、またはヘルスゴリラと統合されたEMRを使用しているヘルスケア・プロバイダーは、COVID-19検査オーダーを行い、LabCorpとQuestから検査結果を受け取ることができます。このように、COVID-19の大流行は調査対象市場の成長にプラスの影響を与えています。

市場成長を促進する要因としては、ヘルスケアITの導入の増加、医療記録保持の必要性、政府の取り組みなどが挙げられます。

ヘルスケア慣行の変化、医療情報管理システムや電子カルテシステムの導入拡大が、医療文書管理システム市場を牽引しています。電子カルテ(EMR)、医療情報管理(HIM)、放射線情報システム(RIS)、画像保存通信システム(PACS)などの医療情報管理システムの導入が増加していることも、医療用電子文書管理システム市場の成長に貢献しています。例えば、電子カルテ(EMR)システムは、ヘルスケア業界がデジタル化に向かうにつれ、ますます普及しています。

電子カルテの導入を医師に奨励し、医療情報技術者の育成に投資し、技術やその他のアドバイスを提供する地域普及センターを設立するなど、多くの政府の取り組みがEMR市場の成長を後押ししています。例えば、欧州委員会は2021年3月、国境を越えた医療データの流れを解き放つための欧州電子医療記録交換フォーマットに関する勧告を採択しました。この政策は、欧州市民が欧州のどこにいても自分の健康データに安全にアクセスし、交換できるようにするものです。

さらに、2022年4月には、食品医薬品局のニュースがEU管理報告書で電子文書管理システムの選択と導入を報告しました。さらに2022年3月、退役軍人省は4月30日、オハイオ州コロンバスのVAセントラル・オハイオ・ヘルスケア・システムで新しい電子カルテを開始しました。

しかし、セキュリティ上の懸念やデータセキュリティ侵害の増加、熟練した専門家の不足が市場成長を阻害する要因となっています。

医療文書管理システムの市場動向

予測期間中、ウェブベースとクラウドベースのセグメントが市場で有利な成長を示す見込み

Webベースおよびクラウドベースのシステムは、インストール、実装、セットアップのコストが低いことから、急成長が見込まれる分野です。

同分野の成長を後押ししている主な要因は、製薬企業によるクラウドベースのシステム採用の増加と革新的な製品の発売です。例えば、2022年3月、Google HealthはMeditechと協業し、Google HealthのCare Studioの検索、コンテキスト化、データ整合化機能と、ベンダーのWebベースEHRプラットフォームであるMeditech Expanseを融合させた、深く統合されたソリューションを開発しました。

また、パンデミックの発生により、クラウドベースの医療記録の利用が増加しています。例えば、2020年4月、オールスクリプツは病院向けのCOVID-19ソリューションのパッケージを発表しました。オールスクリプツ病院管理パッケージは、SunriseTM EHR、ParagoN EHR、Allscripts Care Director内で疾患固有のニーズに対応する一連のCOVID-19ワークフローを提供します。

さらに、COVID-19によるデータ量の増加やクラウドストレージの需要の高まりにより、世界の需要の拡大が見込まれています。2020年7月、オールスクリプツとマイクロソフト社は、クラウドベースの医療ITソリューションの開発と提供の拡大を可能にするため、長年にわたる戦略的提携を延長しました。この5年間の延長は、オールスクリプツのクラウドベースの電子カルテ「Sunrise」をサポートします。

したがって、上記の要因によって、予測期間中のセグメントの成長を促進することが期待されます。

北米が市場を独占、予測期間中も同様と予測

北米では米国が大きなシェアを占めています。同国の市場成長を後押ししている主な要因は、ヘルスケア現場における電子カルテ(EMR)の利用拡大、製品発売数の増加、同国の技術進歩の高まりです。

同国のヘルスケア情報技術市場は、他の地域と比べて最も確立された市場の1つです。そのため、米国では人口の大部分が電子カルテを使用しています。北米地域では、各国政府が病院や診療所に対し、患者データの保存を改善するため、従来の医療記録を電子化するよう勧告しています。例えば、米国退役軍人省の2020年10月の更新によると、連邦電子カルテ近代化(FEHRM)プログラムオフィスは、退役軍人省(VA)、国防総省(DOD)、国土安全保障省の米国沿岸警備隊(USCG)が共同の医療情報交換(HIE)ネットワークを拡大したと発表しました。共同HIEは、VA、DOD、USCGが参加する地域の医療提供者と電子カルテ(EHR)データを迅速かつ安全に双方向で共有する能力を強化する、近代化された医療データ共有機能です。

そのため、こうした莫大な出費を抑えるために、ここ数年、国や地域で医療文書管理システムの導入が急増しています。さらに、経済的および臨床的健康のための医療情報技術(HITECH)法は医療ITの導入を促進し、病院や診療所における医療データ整理ツールの導入も促しています。この要因も市場の成長を後押しすると予想されます。

さらに、新製品の発売も市場の成長を後押ししています。例えば、2020年1月、印刷・ドキュメントソリューションの総合サービスプロバイダーであるEmprint社は、ヘルスケアフォームをデジタル管理する強力なシステムEmprintWebを発売しました。EmprintWebは、システムのダウンタイム中にケア文書へのアクセスを合理化します。直感的なインターフェイスにより、権限のあるユーザーはダウンロード、印刷、共有に必要なものを簡単に見つけることができます。フォームは電子的または手動で記入し、リアルタイムの患者データを埋め込むことができます。

このように、上記の要因により、市場は予測期間中に大きな成長を遂げることが期待されています。

医療文書管理システム業界概要

医療文書管理システム市場の競争は中程度であり、少数の大手企業で構成されています。3M、Allscripts Healthcare Solutions Inc.、Cerner Corporation、Hyland Software Inc.、Kofax Ltd.、McKesson、Nextgen Healthcare Information Systems LLC、Siemens AGなどの企業が、この市場で大きなシェアを占めています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • ヘルスケアITの普及とカルテ保存のニーズの高まり
    • 政府の奨励策
  • 市場抑制要因
    • セキュリティへの懸念とデータセキュリティ侵害の増加
    • 熟練した専門家の不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • ソリューション
    • サービス別
  • 用途別
    • 患者カルテ管理
    • 入院・登録書類管理
    • 患者請求書類管理
    • その他用途
  • 提供形態別
    • ウェブベースおよびクラウドベース
    • オンプレミス
  • エンドユーザー別
    • 病院・クリニック
    • 保険プロバイダー
    • その他ヘルスケア機関
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • 3M
    • Allscripts Healthcare Solutions Inc.
    • Cerner Corporation
    • EPIC Systems Corporation
    • GE Healthcare
    • Hyland Software Inc.
    • Kofax Ltd.
    • McKesson Corporation
    • Nextgen Healthcare Information Systems LLC
    • Siemens Healthineers AG
    • Athenahealth
    • PERICENT-The Automation Company

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 60488

The Global Medical Document Management Systems Market size is estimated at USD 0.66 billion in 2024, and is expected to reach USD 1.15 billion by 2029, growing at a CAGR of 11.84% during the forecast period (2024-2029).

Global Medical Document Management Systems - Market

The COVID-19 pandemic has significantly impacted the medical document management systems market. As per a February 2021 published article titled, "Document management and Covid-19: When a crisis can become an opportunity", COVID-19 has forced all companies to radically rethink their business, including document management. It is precisely from document management that companies can start to implement solutions that can help us emerge from the crisis. As COVID-19 has led to a huge amount of generation of data, several companies are offering new electronic medical records-based products. For instance, in March 2020, Health Gorilla, a leader in clinical data interoperability, reported that COVID-19 test ordering is now available through its platform. Healthcare providers using Gorilla's web application, a Health Gorilla-partnered developer, or a Health Gorilla-integrated EMR can place COVID-19 test orders and receive test results from LabCorp and Quest. Thus, the COVID-19 pandemic has had a positive impact on the growth of the studied market.

Factors driving the market growth include the rising adoption of healthcare IT and the need for medical records retention and government initiatives.

The changing healthcare practices and increasing adoption of health information management systems and electronic medical records systems have driven the market for medical document management systems. There has been an increasing adoption of health information management systems, such as electronic medical record (EMR), health information management (HIM), radiology information system (RIS), and picture archiving and communication system (PACS), which have also helped in the growth of the medical electronic document management systems market. For instance, Electronic medical record (EMR) systems are becoming increasingly popular as the healthcare industry is moving toward digitization.

A lot of government initiatives, such as encouraging physicians to adopt electronic health records, investing in training the healthcare information technology workers, and establishing regional extension centers to provide technical and other advice, are triggering the EMR market's growth. For instance, in March 2021, the European Commission adopted a recommendation on a European electronic health record exchange format to unlock the flow of health data across borders. This policy helps European citizens securely access and exchange their health data wherever they are in Europe.

Moreover, in April 2022, Food and Drug Administration news reported selecting and implementing Electronic Document Management Systems in the EU Management Report. Furthermore, in March 2022, the Department of Veterans Affairs launched its new electronic health record on April 30 at the VA Central Ohio Healthcare System in Columbus, Ohio, marking the third rollout in VA's modernization effort to replace the more than 30-year-old software that tracks and stores patient information.

However, security concerns and rising incidences of data security breaches, and a lack of skilled professionals are the factors impeding the market growth.

Medical Document Management Systems Market Trends

The Web-based and Cloud-based Segment is Expected to Show Lucrative Growth in the Market Over the Forecast Period

The web-based and cloud-based system is anticipated to be the fastest-growing segment due to the low cost of installation, implementation, and setting up these systems.

The major factors propelling the growth of the segment are the increasing adoption of cloud-based systems by pharmaceutical companies and the launch of innovative products. For instance, In addition, in March 2022, Google Health entered into a collaboration with Meditech to develop a deeply integrated solution that marries the search, contextualization, and data harmonization capabilities of Google Health's Care Studio with Meditech Expanse, the vendor's web-based EHR platform.

Also, the onset of the pandemic has increased the usage of cloud-based medical records. For instance, in April 2020, Allscripts introduced a package of COVID-19 solutions for hospitals. The Allscripts Hospital Management Package provides a series of COVID-19 workflows that addresses disease-specific needs within SunriseTM EHR, ParagoN EHR, and Allscripts Care Director.

Additionally, the increasing volume of data and growing demand for cloud storage due to COVID-19 are expected to augment the demand globally. In July 2020, Allscripts and Microsoft Corp. extended their long-standing strategic alliance to enable the expanded development and delivery of cloud-based health IT solutions. The five-year extension will support Allscripts' cloud-based Sunrise electronic health record.

Hence, owing to the above-mentioned factors, it is expected to drive segment growth over the forecast period.

North America Dominates the Market and Expected to do Same Over the Forecast Period

Within North America, the United States has held a major share of the market. The major factors fueling the market growth in the country are the growing usage of electronic medical records (EMRs) in healthcare settings, the increasing number of product launches, and rising technological advancements in the country.

The healthcare information technology market in the country is one of the most established markets compared to the other geographical regions. Thus, a major proportion of the population uses electronic medical records in the United States. In the North American region, governments have advised hospitals and clinics to change conventional medical records into an electronic format for better storage of patient data. For instance, as per an October 2020 update by the United States Department of Veteran Affairs, the Federal Electronic Health Record Modernization (FEHRM) program office announced the Department of Veterans Affairs (VA), Department of Defense (DOD), and Department of Homeland Security's United States Coast Guard (USCG) expanded their joint health information exchange (HIE) network. The joint HIE is a modernized health data sharing capability that enhances the ability of VA, DOD, and USCG to quickly and securely share electronic health record (EHR) data bidirectionally with participating community health care providers.

Therefore, there has been a surge in the adoption of medical document management systems over the past few years in the country, and the region, to curb these huge expenses. In addition, the Health Information Technology for Economic and Clinical Health (HITECH) Act promotes the adoption of health IT, which also encourages the implementation of medical data organization tools in hospitals and clinics. This factor is also anticipated to boost the growth of the market.

Moreover, the launch of new products is also boosting the market growth. For instance, in January 2020, Emprint, a full-service provider of printing and document solutions, launched EmprintWeb, a powerful system that digitally governs healthcare forms. EmprintWeb streamlines access to care documents during system downtime. Its intuitive interface makes it easy for authorized users to find exactly what they need to download, print or share. Forms can be completed electronically or manually, then embedded with real-time patient data.

Thus, due to the above-mentioned factors, the market is expected to witness significant growth over the forecast period.

Medical Document Management Systems Industry Overview

The medical document management systems market is moderately competitive and consists of a few major players. Companies like 3M, Allscripts Healthcare Solutions Inc., Cerner Corporation, Hyland Software Inc., Kofax Ltd, McKesson, Nextgen Healthcare Information Systems LLC, and Siemens AG, among others, hold a substantial share in the market studied.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Adoption of Healthcare IT and Need for Medical Records Retention
    • 4.2.2 Government Incentives
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Security Concerns and Rising Incidences of Data Security Breach
    • 4.3.2 Lack of Skilled Professionals
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Solutions
    • 5.1.2 Services
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Patient Medical Records Management
    • 5.2.2 Admission and Registration Documents Management
    • 5.2.3 Patient Billing Documents Management
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 By Mode of Delivery
    • 5.3.1 Web-based and Cloud-based
    • 5.3.2 On-premise
  • 5.4 By End Users
    • 5.4.1 Hospitals and Clinics
    • 5.4.2 Insurance Providers
    • 5.4.3 Other Healthcare Institutions
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle-East and Africa
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 3M
    • 6.1.2 Allscripts Healthcare Solutions Inc.
    • 6.1.3 Cerner Corporation
    • 6.1.4 EPIC Systems Corporation
    • 6.1.5 GE Healthcare
    • 6.1.6 Hyland Software Inc.
    • 6.1.7 Kofax Ltd.
    • 6.1.8 McKesson Corporation
    • 6.1.9 Nextgen Healthcare Information Systems LLC
    • 6.1.10 Siemens Healthineers AG
    • 6.1.11 Athenahealth
    • 6.1.12 PERICENT - The Automation Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS