デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1432779

防錆コーティング:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Anti-Corrosion Coatings - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
防錆コーティング:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

防錆コーティングの市場規模は、2024年に258億米ドルと推定され、2029年までに320億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に4.41%のCAGRで成長する見込みです。

防錆コーティング-市場

主なハイライト

  • COVID-19のパンデミックは、防錆コーティング分野に悪影響を及ぼしました。世界のロックダウンと各国政府による厳格な規制により、ほとんどの生産拠点が閉鎖され、壊滅的な打撃を被りました。それにもかかわらず、ビジネスは2021年以降回復しており、今後数年間で大幅に増加すると予想されています。
  • 市場を牽引する主な要因は、インフラ産業の大幅な成長、海洋産業からの需要の増加、アジア太平洋および北米における石油・ガス活動の拡大です。
  • 揮発性有機化合物(VOC)に関連する規制は、調査対象の市場の成長を妨げると予想されます。
  • 新興経済国におけるインフラ産業への多額の投資と水性塗料の採用増加により、将来的に防食塗料市場に顕著な成長機会がもたらされると予想されます。
  • アジア太平洋は、予測期間中にこの地域のさまざまなエンドユーザー産業への投資が増加するため、防錆コーティング市場を独占すると予想されます。

防錆コーティング市場動向

インフラ業界からの需要の増加

  • インフラセグメントは市場で最大のシェアを占めており、最も急成長しているセグメントでもあると推定されています。鉄道、橋、道路はインフラの主要部分として貢献しました。人口の急速な増加とインフラプロジェクトの成長により、防錆コーティングの需要が高まることが予想されます。
  • アジア太平洋と北米にまたがるさまざまな小規模プロジェクトが存在します。中国は世界で最も人口の多い国であることに加えて、鉄道の乗客数も最も多い国です。
  • さらに、アジア太平洋の道路プロジェクトでも防錆コーティングの消費量が増加すると予想されます。例えば、道路交通・高速道路省によると、現在進行中のBharatmala Pariyojnaは、貨物輸送の大部分を道路で運ぶために、全長約26,000kmの経済回廊を開発中です。経済回廊、GQ回廊、NS-EW回廊の改善は、8,000 kmの中間回廊と7,500 kmの支線を建設することによって行われました。
  • China Briefingsによると、2021年末、中国財政省(MoF)は、追加流動性がインフラ開発への投資を促進することを期待して、第1四半期に使用される2022年の割り当て枠のうち2,296億米ドルを事前に割り当てました。年初には、資本ニーズが高い州や地域により多くの割り当てが割り当てられます。
  • 2023年4月、世界銀行のデータによると、インフラへの民間参加(PPI)は約263のプロジェクトで約917億米ドルに達し、これは2021年から23%の成長を占めています。これは低中所得国で、インフラへの投資が2022年には回復したことが観察されました。
  • 米国運輸省(USDoT)と連邦道路局(FHWA)によると、2022年から2030年にかけて約1,200億米ドルが高速道路と橋に割り当てられ、そのうち約2,800の橋がすでに開通しています。 USDOTは、持続可能性と公平性によるアメリカのインフラの再構築(RAISE)補助金の166プロジェクトに22億米ドルを投資しました。これにより、鉄道、港湾、道路、橋梁、複合一貫輸送の近代化が促進され、より手頃な価格で、より安全で、持続可能なものになります。
  • 前述の要因により、予測期間中に防錆コーティングの需要が増加すると予想されます。

アジア太平洋が市場を独占

  • アジア太平洋では、中国、日本、韓国が造船業界をリードしていますが、ベトナム、インド、フィリピンにも新たな海運拠点が出現しています。
  • オーストラリアとニュージーランドはどちらも島国であり、オーストラリアの海岸線と水路の地理的規模により、レクリエーション用、商業用、防衛用の船舶が多数運航されています。
  • 中国は世界有数の原油輸出入国です。したがって、石油・ガス部門に関連する拡大活動に影響を与える変化は、中国の防錆コーティング市場に重大な影響を与える可能性があります。
  • 米国エネルギー情報局によると、中国は2022年に、それぞれピーク炭素排出量とカーボンニュートラルという2030年と2060年の気候目標を達成するために、低炭素とカーボンニュートラルの取り組みを優先しています。この計画では、天然ガスの年間生産量を8兆1,000億立方フィート(Tcf)に増加し、設置された発電容量を3.0テラワット(TW)に増加するという目標を設定しています。
  • 防錆コーティングはインフラ用途や世界的開発においても重要な役割を果たしており、インフラへの投資の増加により防錆コーティングの需要が高まっています。アジア開発銀行(ADB)によると、アジア太平洋が成長の勢いを維持し、気候変動に対応し、貧困をなくす必要がある場合、この地域は2030年までに年間1兆7,000億米ドルをインフラ開発に投資する必要があります。
  • したがって、上記の要因は、予測期間に防錆コーティング市場を推進すると予想されます。

防錆コーティング業界の概要

防錆コーティング市場は統合されており、主要企業にはPPG Industries, Inc.、Akzo Nobel NV、日本ペイントホールディングス、RPM International Inc.、Sherwin-Williams Companyが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • インフラ産業の著しい成長
    • 海洋産業からの需要増加
    • アジア太平洋と北米における石油・ガス活動の拡大
  • 抑制要因
    • 揮発性有機化合物(VOC)関連の政府規制
    • その他の抑制要因
  • 業界バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:金額)

  • 樹脂タイプ別
    • エポキシ
    • アルキド
    • ポリエステル
    • ポリウレタン
    • ビニルエステル
    • その他の樹脂タイプ
  • 技術別
    • 水系
    • 溶剤型
    • パウダー
    • UV硬化型
  • エンドユーザー産業別
    • 石油・ガス
    • 海洋
    • 電力
    • インフラ
    • 産業
    • 航空宇宙・防衛
    • 運輸
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア分析/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Akzo Nobel N.V.
    • Axalta Coating Systems, LLC
    • BASF SE
    • H.B. Fuller Company
    • Hempel A/S
    • Jotun
    • Kansai Paint Co.,Ltd
    • Nippon Paint Holdings Co., Ltd.
    • PPG Industries, Inc.
    • RPM International Inc.
    • Sika AG
    • The Sherwin-Williams Company

第7章 市場機会と今後の動向

  • 新興国におけるインフラ産業への大規模投資
  • 水性コーティングの採用増加
目次
Product Code: 52574

The Anti-Corrosion Coatings Market size is estimated at USD 25.80 billion in 2024, and is expected to reach USD 32.01 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.41% during the forecast period (2024-2029).

Anti-Corrosion Coatings - Market

Key Highlights

  • The COVID-19 pandemic had a negative impact on the anti-corrosion coatings sector. Global lockdowns and severe rules enforced by governments resulted in a catastrophic setback as most production hubs were shut down. Nonetheless, the business has been recovering since 2021 and is expected to rise significantly in the coming years.
  • Major factors driving the market are significant growth in the infrastructure industry, an increase in demand from the marine industry, and expansion of oil and gas activities in Asia-Pacific and North America.
  • Regulations related to volatile organic compounds (VOCs) and is expected to hinder the growth of the market studied.
  • Significant investments in the infrastructure industry in emerging economies and increased adoption of water-borne coatings are expected to provide remarkable growth opportunities in the anti-corrosion coatings market in the future.
  • Asia-Pacific region is expected to dominate the anti-corrosion coatings markets due to the increase in investments in various end-user industries in the region during the forecast period.

Anti-Corrosion Coatings Market Trends

Increasing Demand from the Infrastructure Industry

  • The infrastructure segment accounts for the largest share of the market and is also estimated to be the fastest-growing segment. Rails, bridges, and roads contributed as the major segments of the infrastructure. The rapid increase in population and growth in infrastructure projects are expected to boost the demand for anti-corrosion coatings.
  • There are various small-scale projects spread across Asia-Pacific and North America. Apart from being the most populous nation in the world, China also has the largest number of railroad passengers.
  • Moreover, road projects in Asia-pacific are also expected to increase the consumption of anti-corrosion coatings. For instance, according to the Ministry of Road Transport and Highways, the ongoing Bharatmala Pariyojna is developing around 26,000 km length of Economic Corridors in order to carry most of the freight traffic on roads. The improvement of Economic Corridors, GQ, and NS-EW Corridoors has been done by building 8.000 km of Inter Corridors and 7,500 km of Feeder Routes.
  • For infrastructure development, according to China Briefings, At the end of 2021, China's Ministry of Finance (MoF) pre-allocated USD 229.6 billion of the 2022 quota to be used in the first quarter in the hopes that the extra liquidity would spur investment at the beginning of the year, with higher quotas allocated to provinces and regions with higher capital needs.
  • In April 2023, World Bank data stated that private participation in infrastructure (PPI) reached around USD 91.7 billion with around 263 projects, which accounts for 23% growth from 2021. It is observed in low and middle-income countries, the investment in infrastructure has rebounded in 2022.
  • According to the US Department of Transportation (USDoT) and Federal Highway Administration (FHWA), in the years 2022 and 2030, around USD 120 billion has been allocated for highways and bridges, of which nearly 2,800 bridges have already been launched. USDOT invested USD 2.2 billion for 166 projects in Rebuilding American Infrastructure with Sustainability and Equity (RAISE) grants. It will facilitate the modernization of rail, ports, roads, bridges, and intermodal transportation to be more affordable, safer, and sustainable.
  • The aforementioned factors are expected to increase the demand for anti-corrosion coatings in the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • In Asia-Pacific, though China, Japan, and South Korea lead the shipbuilding industry, new shipping hubs are appearing in Vietnam, India, and the Philippines.
  • Australia and New Zealand are both island nations, and the geographical scale of Australia's coastline and waterways has resulted in a large number of recreational, commercial, and defense vessels.
  • China is the leading importer and exporter of crude oil in the world. Thus, any changes affecting the expansion activities related to the oil and gas sector are likely to have a significant impact on the anti-corrosion coatings market in China.
  • According to US Energy Information Administration, in 2022, China has prioritized low-carbon and carbon-neutral initiatives in order to meet the country's 2030 and 2060 climate targets of peak carbon emissions and carbon neutrality, respectively. The plan has set a goal for natural gas annual production to increase to 8.1 trillion cubic feet (Tcf) and installed generation capacity to increase to 3.0 terawatts (TW).
  • Anti-corrosion coatings also play a significant role in infrastructure applications and global development, and an increase in investment in infrastructure is boosting the demand for anti-corrosion coatings. According to the Asian Development Bank (ADB), if Asia- Pacific has to maintain its growth momentum, respond to climate change, and remove poverty, then the region has to invest USD 1.7 trillion per year by 2030 in infrastructure development.
  • Thus, the above-mentioned factors are expected to drive the anti-corrosion coatings market in the forecast period.

Anti-Corrosion Coatings Industry Overview

The anti-corrosion coatings market is consolidated and the major companies include PPG Industries, Inc., Akzo Nobel N.V., Nippon Paint Holdings Co., Ltd., RPM International Inc., and the Sherwin-Williams Company.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Significant Growth in the Infrastructure Industry
    • 4.1.2 Increase in Demand from the Marine Industry
    • 4.1.3 Expansion of Oil and Gas Activities in Asia-Pacific and North America
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Government Regulations Related to Volatile Organic Compounds (VOCs)
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 By Resin Type
    • 5.1.1 Epoxy
    • 5.1.2 Alkyds
    • 5.1.3 Polyester
    • 5.1.4 Polyurethane
    • 5.1.5 Vinyl Ester
    • 5.1.6 Other Resin Types
  • 5.2 By Technology
    • 5.2.1 Water-borne
    • 5.2.2 Solvent-borne
    • 5.2.3 Powder
    • 5.2.4 UV-cured
  • 5.3 By End-user Industry
    • 5.3.1 Oil and Gas
    • 5.3.2 Marine
    • 5.3.3 Power
    • 5.3.4 Infrastructure
    • 5.3.5 Industrial
    • 5.3.6 Aerospace and Defense
    • 5.3.7 Transportation
    • 5.3.8 Other End-user Industries
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 Italy
      • 5.4.3.4 France
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle East & Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Akzo Nobel N.V.
    • 6.4.2 Axalta Coating Systems, LLC
    • 6.4.3 BASF SE
    • 6.4.4 H.B. Fuller Company
    • 6.4.5 Hempel A/S
    • 6.4.6 Jotun
    • 6.4.7 Kansai Paint Co.,Ltd
    • 6.4.8 Nippon Paint Holdings Co., Ltd.
    • 6.4.9 PPG Industries, Inc.
    • 6.4.10 RPM International Inc.
    • 6.4.11 Sika AG
    • 6.4.12 The Sherwin-Williams Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Significant Investments in the Infrastructure Industry in the Emerging Economies
  • 7.2 Increased Adoption of Water-borne Coatings