デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1432656

日本の避妊具:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Japan Contraceptive Devices - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
日本の避妊具:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本の避妊具市場規模は2024年に6億3,827万米ドルと推定され、2029年には8億5,094万米ドルに達すると予測され、予測期間(2024~2029年)のCAGRは5.92%で成長すると予測されます。

Japan Contraceptive Devices-Market

市場成長を促進する要因としては、性感染症(STD)に対する意識の高まりや、意図しない妊娠率の上昇などが挙げられます。

COVID-19の発生は避妊具市場の価値に大きな影響を与えました。COVID-19の発生は、経済に影響を与えた財政的逆境とともに、かなりの疾病負担を与えました。コロナウイルスの大流行中、世界中の何百万人もの女性と女児が避妊と中絶のサービスを受けられなくなった。ロックダウン、渡航制限、サプライチェーンの途絶、COVID-19対策への保健資源の大規模なシフト、感染への恐怖のすべてが、国内で意図しない妊娠の数を増加させる原因となっていました。渡航制限の結果、同国では安全でない人工妊娠中絶が多発し、避妊具の不足から妊娠が急激に増加しました。コンドーム・アライアンス2020の報告によると、同国におけるコンドームの売上は、2020年の封鎖期間中に52%減少し、2021年度通年では31%の減少が予測されています。このように、COVID-19は避妊具市場に大きな影響を与えています。

国連経済社会局によると、2020年の日本の女性人口の避妊率は約56.6%で、この割合は2030年には62.5%に達すると推定されています。さらに、政府による避妊や家族計画に関する意識向上への取り組みも、市場の成長を後押ししています。このように、上記のような要因によって、市場の成長が促進されると予想されます。一方、日本では性感染症の負担が増加しており、市場の成長をさらに後押ししています。例えば、2020年4月に日本の医療機関から報告されたクラミジアの患者数は約2万8,400人で、過去10年間で最も多く、同時に日本で最も一般的な性病となっています。同年、性器ヘルペスの患者数はちょうど9,000人でした。

このように、前述の理由が市場の成長を牽引しています。

日本の避妊具市場動向

予測期間中、コンドームが市場を独占する見込み

コンドームは、妊娠や性感染症(STI)の可能性を減らすために性交渉の際に使用されるシース状のバリア装置です。市場には男性用と女性用のコンドームがあります。コンドームの使用は、淋病、クラミジア、トリコモナス、B型肝炎、HIV/AIDSのリスクを大幅に減少させます。また、性器ヘルペス、ヒトパピローマウイルス(HPV)、梅毒の予防にも多少効果があります。

さらに、日本では岡本産業が最も幅広いコンドームのラインナップを有しています。2020年には、オカモトはコンドマニアと共同で、日本をテーマにしたコンドームや、医学的研究でHIV、HSV、HPVを最大99.9%不活性化することが示されている特殊な殺微生物剤を塗布した世界初のコンドームもデビューさせる予定です。したがって、上記の要因を考慮すると、まもなく大きな成長を示すと予想されます。

日本政府は、青少年の意識を向上させ、性病対策や望まない妊娠を防ぐために避妊具の使用を奨励するため、さまざまなキャンペーンや包括的な性教育プログラムを導入しています。日本では、厚生省がコンドームを調達し、NACO/SACSがHIV/AIDS予防のためにTI NGO/ICTC/ARTセンターを通じてハイリスクグループ(HRG)に配布しています。一方、国立保健省(NDOH)は、男性用コンドームが地域全体のすべてのコミュニティで容易に入手できるように取り組んでいます。

このように、前述の要因が市場の成長を促進しています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 性感染症(STD)に対する意識の高まり
    • 意図しない妊娠率の上昇
  • 市場抑制要因
    • 避妊具使用に伴う副作用
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • コンドーム
    • ダイアフラム
    • 子宮頸管キャップ
    • スポンジ
    • 膣リング
    • 子宮内避妊具(IUD)
    • その他のタイプ
  • 性別
    • 男性
    • 女性

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Reckitt Benckiser
    • Cooper Surgical Inc.
    • Abbvie Inc(Allergan PLC)
    • Merck & Co., Inc
    • Bayer AG
    • Mylan Laboratories
    • Okamoto Industries, Inc
    • Pfizer Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 52229

The Japan Contraceptive Devices Market size is estimated at USD 638.27 million in 2024, and is expected to reach USD 850.94 million by 2029, growing at a CAGR of 5.92% during the forecast period (2024-2029).

Japan Contraceptive Devices - Market

Certain factors that are driving the market growth include the increasing awareness about sexually transmitted diseases (STDs) and the rising rate of unintended pregnancies.

The outbreak of COVID-19 has significantly impacted the contraceptives market value. The outbreak inflicted a substantial disease burden along with financial adversities that have impacted the economy. While during the coronavirus pandemic, millions of women and girls worldwide lost access to contraception and abortion services. Lockdowns, travel restrictions, supply chain disruptions, a massive shift of health resources to combat COVID-19, and the fear of infection had all contributed to an increase in the number of unintended pregnancies in the country. As a result of travel restrictions, the incidence of unsafe abortions in the country had led to rising pregnancy exponentially due to a lack of contraceptives. According to a report by the Condom Alliance 2020, condom sales in the country fell 52 percent during the lockdown period in 2020, with a projected full-year decline of 31 percent for FY2021. Thus, Covid-19 has had a significant impact on the market for contraceptive devices.

According to the United Nations Department of Economic and Social Affairs, estimated that in 2020, the contraception usage among the female Japanese population stood at around 56.6 percent and this percentage is expected to reach 62.5 percent by 2030. Moreover, initiatives by the government to raise awareness regarding contraceptives and family planning have also helped the growth of the market. Thus, owing to the above-mentioned factors it is expected to drive market growth. While the increasing burden of sexually transmitted diseases in Japan is further propelling the market growth. For instance , In April 2020, around 28.4 thousand cases of chlamydia were reported by medical institutions in Japan, representing the highest number in the last decade, and at the same time making it the most common STD of Japan. In the same year, the recorded cases of herpes genitalis amounted to exactly nine thousand.

Thus, the aforementioned reasons are driving the market growth.

Japan Contraceptive Devices Market Trends

Condoms are Expected to Dominate the Market Over the Forecast Period

A condom is a sheath-shaped barrier device that is being used during sexual intercourse to reduce the probability of pregnancy or a sexually transmitted infection (STI). There are both male and female condoms available in the market. Their use greatly decreases the risk of gonorrhea, chlamydia, trichomoniasis, hepatitis B, and HIV/AIDS. They also to a lesser extent protect against genital herpes, human papillomavirus (HPV), and syphilis.

Moreover, in Japan, Okamoto Industries has the widest condom range. In 2020, Okamoto in collaboration with Condomania is also debuting Japanese-themed condoms, as well as the world's first condoms coated with a special microbicide that has been shown in medical studies to inactivate up to 99.9 percent of HIV, HSV, and HPV. Thus, considering the above-mentioned factors it is expected to show significant growth shortly.

The government in Japan is introducing different campaigns and comprehensive sex education programs to improve awareness among youth and encourage them to use contraceptives in order to combat STDs and prevent unwanted pregnancies. In Japan, the Ministry of Health and Family Welfare procures condoms that are distributed by NACO/SACS to high-risk groups (HRGs) via TI NGOs/ICTC/ART centres for HIV/AIDS prevention. Whereas, in the National Department of Health (NDOH) is working to ensure that male condoms are readily available in all communities throughout the region.

Thus, the aforementioned factors are propelling the growth of the market.

Japan Contraceptive Devices Industry Overview

The Japan Contraceptive Devices Market is fragmented in nature. Moreover, Japan has been witnessing the emergence of some small players due to presence of high awareness. This has also helped the studied market to grow. Some of the market players include Reckitt Benckiser, Cooper Surgical Inc., Abbvie Inc (Allergan PLC), Merck & Co., Inc, Mylan Laboratories, Okamoto Industries, Inc, Pfizer Inc., and Bayer AG.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Awareness about Sexually Transmitted Diseases (STDs)
    • 4.2.2 Rising Rate of Unintended Pregnancies
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Side Effects Associated with the Use of Contraceptive Devices
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Condoms
    • 5.1.2 Diaphragms
    • 5.1.3 Cervical Caps
    • 5.1.4 Sponges
    • 5.1.5 Vaginal Rings
    • 5.1.6 Intra Uterine Device (IUD)
    • 5.1.7 Other Types
  • 5.2 By Gender
    • 5.2.1 Male
    • 5.2.2 Female

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Reckitt Benckiser
    • 6.1.2 Cooper Surgical Inc.
    • 6.1.3 Abbvie Inc (Allergan PLC)
    • 6.1.4 Merck & Co., Inc
    • 6.1.5 Bayer AG
    • 6.1.6 Mylan Laboratories
    • 6.1.7 Okamoto Industries, Inc
    • 6.1.8 Pfizer Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS