市場調査レポート
商品コード
1432410

世界の神経機器の世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Global Neurology Devices - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 116 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
世界の神経機器の世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 116 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の神経機器の市場規模は、2024年に144億米ドルと推定され、2029年には182億6,000万米ドルに達し、予測期間中(2024年~2029年)にCAGR4.86%で成長すると予測されています。

Global Neurology Devices-Market

COVID-19のパンデミックは世界のヘルスケアシステムに大きな影響を及ぼし、COVID-19感染患者だけでなく、その他の患者にも大きな影響を及ぼし、リソースの管理と備蓄のために治療や外科手術がキャンセルされる結果となりました。例えば、2020年6月、世界保健機関(WHO)は、155カ国が2020年5月に3週間実施した調査結果を発表しましたが、それによると、パーキンソン病、アルツハイマー病、認知症などの各種神経変性疾患を含む各種慢性疾患の予防・治療サービスが著しく中断しており、慢性疾患を抱える人々はCOVID-19に関連した重症化や死亡のリスクが高いことから、大きな懸念となっています。さらに、53%の国が、サービスの一部または全部が中断していると報告しています。さまざまな神経疾患の管理におけるこの混乱は、患者の生活に影響を及ぼしています。さらに、パンデミックは新製品の上市にも悪影響を及ぼす可能性があり、これは調査した市場の成長において最も顕著な要因であると推定されます。例えば、2020年4月、バイオジェンは、データ分析の複雑さとCOVID-19が研究開発リソースに与える影響を理由にしながら、食品医薬品局(FDA)へのアルツハイマー病および認知症治療薬の申請を延期しました。サービス再開に伴い、治療や外科的処置、通院の増加により、神経機器や様々な神経疾患の治療に対する需要が増加し、市場成長に影響を与える可能性が高いです。

市場の成長を後押しする要因は、神経疾患の発生率の増加、神経機器への民間企業による巨額の投資、神経治療分野の研究開発の増加です。

人々の間で神経障害の負担が増加していることが、予測期間中に神経機器の需要を促進する主な要因です。例えば、国連が発表したデータによると、2021年2月には、世界人口のほぼ6人に1人にあたる約10億人が、2020年にはアルツハイマー病やパーキンソン病、脳卒中、多発性硬化症、てんかん片頭痛、脳損傷、神経感染症などの神経障害に苦しんでいます。さらに、同じ情報源によれば、2019年には6,200万人が脳血管疾患に、5,000万人がてんかんに、3億2,600万人が片頭痛に、2,400万人がアルツハイマー病やその他の認知症に罹患しています。このように、人々の間で神経疾患の有病率が上昇していることから、聴覚や視覚を回復させ、四肢の欠損や先天性四肢障害に機能向上を提供する神経機器に対する需要が増加し、それによって市場の成長が増大すると予想されます。

さらに、神経学的疾患とその治療オプションに関する人々の意識の高まりが、市場成長を促進すると予想されています。例えば、世界保健機関(WHO)が2022年4月に発表した報告書「Draft Intersectoral Global Action Plan on Epilepsy and Other Neurological Disorders 2022-2031(てんかんおよびその他の神経疾患に関するセクター間世界行動計画草案2022~2031年)」によると、2031年までに100%の国が神経疾患に関する啓発キャンペーンやアドボカシープログラムを少なくとも1つ機能させる見込みです。有名機関によるこのような取り組みが、今後の市場を牽引していくと予想されます。

しかし、機器のコストが高いことや、新しい機器に対する食品医薬品局の検証やガイドラインが厳しいことが、市場の成長を抑制する可能性が高いと思われます。

神経機器市場の動向

神経刺激装置セグメントは予測期間に高いCAGRで推移する見込み

神経刺激装置セグメントは、高齢化やうつ病、慢性疼痛などの生活習慣病と相まって神経疾患の有病率が増加していること、技術的に先進的な製品の採用が増加していることなどの要因から、予測期間中に大きな成長が見込まれます。

また、IEEE Engineering in Medicine and Biology Societyが2021年2月に発表した「New Advances in Neurostimulation for Chronic Pain」というタイトルの研究によると、Mainstay Medical社が難治性の慢性腰痛の治療に使用するReActiv8植込み型回復神経刺激システムを設計したことが判明しています。このように、製品の進歩は、これらのデバイスの採用を増加させ、それによって市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、疼痛管理における製品の発売や技術進歩の増加は、神経刺激装置の需要を増加させ、市場成長を促進すると予想されます。例えば、2021年7月、Medtronic社はPercept PC Deep Brain Stimulation(DBS)システムを発売しました。BrainSense技術と統合されたこのシステムは、脳信号を同時に取り込みながら、クリニックの内外で治療刺激を投与できるように作られています。パーセプトPCは、パーキンソン病、振戦、ジストニア、てんかんの患者を対象としており、快適性が向上しています。

このように、製品の進歩や製品発売の増加は、研究セグメントの需要を増加させ、市場成長を押し上げると予想されます。

北米が大きな市場シェアを占める見込み

北米は、神経疾患の有病率の上昇、神経変性疾患の治療開発に関する様々な団体からの資金提供の増加、同地域における研究開発活動の活発化などの要因により、神経機器市場において大きなシェアを占めると予想されます。

パーキンソン病、アルツハイマー病、てんかん、神経筋障害などの神経疾患の負担増は、市場の成長を促進する主要因です。例えば、Alzheimers.orgのデータによると、米国では2021年に65歳以上の620万人の米国人がアルツハイマー病関連の認知症に罹患すると考えられています。また、パーキンソン財団は、2020年には100万人近くのアメリカ人がパーキンソン病(PD)を患っていると推定しています。同資料によると、毎年6万人近くのアメリカ人がパーキンソン病と診断されています。同様に、カナダ政府の統計報告によると、2021年7月現在、カナダ人口の約18.5%が65歳以上であり、2020年7月の17.5%から増加しています。このように、人々の間で神経疾患の負担が増加していることから、早期診断と早期治療に対する需要が高まり、神経機器に対する需要がさらに増加し、それによって市場の成長が促進されると予想されます。

さらに、高齢者人口の増加や神経診断・治療のための強固なヘルスケアインフラの存在も、予測期間における神経機器市場の成長に寄与しています。例えば、World Population Ageing 2021レポートによると、メキシコの65歳以上の人口は2030年までに931万人に達すると予測されています。このように、高齢者人口の増加は神経疾患を発症しやすくなり、その診断や治療のための様々な神経機器に対する需要が増加すると予想され、市場の成長を促進すると期待されています。

さらに、同地域で神経機器を開発する企業の取り組みが活発化していることも、市場の成長に寄与しています。例えば、2021年1月、米国食品医薬品局はClearMind Biomedical社の神経内視鏡「Axonpen System」に認可を与えました。このシステムは、頭蓋内組織や体液を照らして可視化させたり、手術中の制御された組織や体液の吸引に使用できます。

このように、神経疾患の有病率の増加、高齢者人口の増加、この地域における企業活動の増加は、予測期間中の市場成長を増大させると予想されます。

神経機器産業の概要

市場参入企業の中には、患者にとって好都合な低侵襲処置を伴う高度なシミュレーションや神経調節技術の開発のための研究開発に携わっている企業もあります。さらに、多くの非公開企業が莫大な利益を得るために新しい神経機器の開発に大きな関心を示しています。神経機器市場の主要企業には、B. Braun Melsungen AG、Boston Scientific Corporation、Stryker Corporation、Medtronic PLC、Abbott Laboratories、Smith &Nephewなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 神経疾患の発生率の増加
    • 民間企業による神経機器への巨額投資
    • 神経治療分野における研究開発の増加
  • 市場抑制要因
    • 機器の高コスト
    • 新しい機器に対するFDAの厳しい検証とガイドライン
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 機器タイプ別
    • 脳脊髄液管理機器
    • インターベンショナル神経機器
      • インターベンション/手術シミュレーター
      • 神経血栓除去装置
      • 頸動脈ステント
      • 塞栓用コイル
      • サポート機器
    • 脳神経外科用機器
      • 神経内視鏡
      • 定位システム
      • 動脈瘤クリップ
      • その他の脳神経外科用機器
    • 神経刺激装置
      • 脊髄刺激装置
      • 脳深部刺激装置
      • 仙骨神経刺激装置
      • その他の神経刺激装置
    • その他のタイプの機器
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC諸国
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • B. Braun Melsungen AG
    • Boston Scientific Corporation
    • Stryker Corporation
    • Medtronic PLC
    • Abbott Laboratories
    • Johnson and Johnson
    • Smith & Nephew
    • MicroPort Scientific Corporation
    • Nihon Kohden Corporation
    • Penumbra Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 49129

The Global Neurology Devices Market size is estimated at USD 14.40 billion in 2024, and is expected to reach USD 18.26 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.86% during the forecast period (2024-2029).

Global Neurology Devices - Market

The COVID-19 pandemic had a significant impact on the global healthcare systems, with significant consequences not only for COVID-19-infected patients but also for others, resulting in the cancellation of treatment and surgical procedures to manage and reserve resources. For instance, in June 2020, the World Health Organization issued the results of a survey conducted by 155 countries for three weeks in May 2020, which showed that the prevention and treatment services of various chronic diseases, including various neurodegenerative disorders, such as Parkinson's, Alzheimer, and dementia, had been severely disrupted, and this has become a significant concern because people living with chronic diseases are at higher risk of severe COVID-19-related illness and death. In addition, 53% of the countries reported partial or complete disruption of services. This disruption in the management of different neurological conditions has impacted the lives of the patients. Moreover, the pandemic can also have a negative impact on new product launches, which are estimated to be the most prominent factor in the growth of the market studied. For instance, in April 2020, Biogen delayed Alzheimer's and dementia drug filing to Food and Drug Administration (FDA) while citing the complexity of data analysis and the impact of COVID-19 on its R&D resources. With the resumed services, treatment and surgical procedures and increased hospital visits are likely to increase the demand for neurology devices and treatment for various neurological disorders, thereby impacting the market growth.

The factors propelling the growth of the market are an increase in the incidence of neurological disorders, huge investments by private players in neurology devices, increase in research and development in the field of Neurotherapy.

The increasing burden of neurological disorders among the population is the key factor driving the demand for neurology devices over the forecast period. For instance, according to data published by the United Nations, in February 2021, about 1 billion people, nearly one in six of the world's population, suffer from neurological disorders, such as Alzheimer's and Parkinson's disease, strokes, multiple sclerosis, epilepsy migraine, brain injuries, and neuro infections in 2020. Additionally, as per the same source 62 million suffered from cerebrovascular disease, 50 million people suffered from epilepsy, 326 million from migraine, and 24 million from Alzheimer's disease and other dementias in 2019. Thus, the rising prevalence of neurological disorders among the population is expected to increase the demand for neurology devices to restore hearing and sight and provide an increased function for limb loss or congenital limb differences, thereby expected to augment the market growth.

Furthermore, the rising awareness among the population about neurological diseases and their treatment options is expected to drive market growth. For instance, as per a report published by World Health Organization (WHO), in April 2022, titled 'Draft Intersectoral Global Action Plan on Epilepsy and Other Neurological Disorders 2022-2031' 100% of countries are expected to have at least one functioning awareness campaign or advocacy program for neurological disorders by 2031. Such initiatives by the renowned organization are expected to drive the market in the coming future.

However, the high cost of equipment and stringent Food and Drug Administration validation and guidelines for new devices are likely to restrain the growth of the market.

Neurology Devices Market Trends

Neurostimulation Devices Segment Expects to Register a High CAGR in the Forecast Period

The neurostimulation devices segment is expected to witness significant growth over the forecast period owing to the factors such as the increasing prevalence of neurological disorders coupled with an increase in the aging population and lifestyle-related disorders such as depression and chronic pain and increasing adoption of technologically advanced products.

In addition, according to a study published by IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, in February 2021, titled "New Advances in Neurostimulation for Chronic Pain", it has been found that Mainstay Medical designed a ReActiv8 implantable restorative neurostimulation system, which is used to treat intractable chronic lower back pain. Thus, the increasing advances in the products are expected to rise the adoption of these devices, thereby propelling the market growth.

Moreover, the increasing product launches and technological advancements in pain management are expected to increase the demand for neurostimulation devices, thereby fueling market growth. For instance, In July 2021, Medtronic launched the Percept PC Deep Brain Stimulation (DBS) system. The system integrated with BrainSense technology is made to administer therapeutic stimulation both inside and outside of the clinic while simultaneously capturing brain signals. The Percept PC device is indicated for individuals with Parkinson's disease, tremor, dystonia, and epilepsy and provides enhanced comfort.

Thus, rising product advancements and increasing product launches are expected to increase the demand for the studied segment, thereby boosting the market growth.

North America is Expected to Have the Significant Market Share

North America is expected to have a significant major market share in the neurology devices market owing to the factors such as the rising prevalence of neurological disorders, increasing funding from various organizations regarding the development for the treatment of neurodegenerative diseases, and rising research and development activities in the region.

The increasing burden of neurological disorders such as Parkinson's diseases, Alzheimer's diseases, epilepsy, neuromuscular disorders, and others is the key factor driving the growth of the market. For instance, according to data from Alzheimers.org, 6.2 million Americans aged 65 and older were thought to have Alzheimer's-related dementia in the United States in 2021. Also, the Parkinson's Foundation estimated that nearly 1 million Americans were living with Parkinson's disease (PD) in 2020. As per the same source, nearly 60,000 Americans are diagnosed with Parkinson's disease every year. Similarly, as per the Government of Canada Statistics report, as of July 2021, around 18.5% of the Canadian population was aged above 65 years which is an increase from 17.5% in July 2020. Thus, the rising burden of neurological diseases among the population is expected to increase the demand for early diagnosis and treatment, further increasing the demand for neurology devices, thereby propelling the market growth.

In addition, the growing geriatric population and the presence of robust healthcare infrastructure for neurological diagnostics and treatment are also contributing to the growth of the neurology devices market over the forecast period. For instance, according to the World Population Ageing 2021 report, the Mexican population aged 65 years and older is projected to reach 9.31 million by 2030. Thus, the increasing aging population is more prone to develop neurological disorders which are expected to increase the demand for various neurology devices for diagnosing and treatment of the conditions, which is expected to fuel the market growth.

Moreover, the rising company initiatives to develop neurology devices in the region are also contributing to the growth of the market. For instance, in January 2021, the United States Food and Drug Administration granted clearance to ClearMind Biomedical's neuro endoscope, the Axonpen System. This system can be used to illuminate and visualize intracranial tissue and fluids as well as the controlled tissue and/or fluid aspiration during surgery.

Thus, the increasing prevalence of neurological disorders, growing geriatric population, and increasing company activities in the region are expected to augment the market growth over the forecast period.

Neurology Devices Industry Overview

There are market participants involved in research and development for the development of advanced simulation and neuromodulation techniques with minimally invasive procedures that are preferable to the patients. Furthermore, many private companies are showing great interest in developing novel neurological devices to earn huge profits. Some of the key players in the neurology devices market are B. Braun Melsungen AG, Boston Scientific Corporation, Stryker Corporation, Medtronic PLC, Abbott Laboratories, and Smith & Nephew.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increase in Incidence of Neurological Disorders
    • 4.2.2 Huge Investments by Private Players in Neurology Devices
    • 4.2.3 Increase in R&D in the Field of Neurotherapies
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Equipment
    • 4.3.2 Stringent FDA Validation and Guidelines for New Devices
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Type of Device
    • 5.1.1 Cerebrospinal Fluid Management Devices
    • 5.1.2 Interventional Neurology Devices
      • 5.1.2.1 Interventional/Surgical Simulators
      • 5.1.2.2 Neurothrombectomy Devices
      • 5.1.2.3 Carotid Artery Stents
      • 5.1.2.4 Embolic Coils
      • 5.1.2.5 Support Devices
    • 5.1.3 Neurosurgery Devices
      • 5.1.3.1 Neuroendoscopes
      • 5.1.3.2 Stereotactic Systems
      • 5.1.3.3 Aneurysm Clips
      • 5.1.3.4 Other Neurosurgery Devices
    • 5.1.4 Neurostimulation Devices
      • 5.1.4.1 Spinal Cord Stimulation Devices
      • 5.1.4.2 Deep Brain Stimulation Devices
      • 5.1.4.3 Sacral Nerve Stimulation Devices
      • 5.1.4.4 Other Neurostimulation Devices
    • 5.1.5 Other Types of Devices
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Mexico
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Italy
      • 5.2.2.5 Spain
      • 5.2.2.6 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 South korea
      • 5.2.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Middle-East and Africa
      • 5.2.4.1 GCC
      • 5.2.4.2 South Africa
      • 5.2.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.2.5 South America
      • 5.2.5.1 Brazil
      • 5.2.5.2 Argentina
      • 5.2.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 B. Braun Melsungen AG
    • 6.1.2 Boston Scientific Corporation
    • 6.1.3 Stryker Corporation
    • 6.1.4 Medtronic PLC
    • 6.1.5 Abbott Laboratories
    • 6.1.6 Johnson and Johnson
    • 6.1.7 Smith & Nephew
    • 6.1.8 MicroPort Scientific Corporation
    • 6.1.9 Nihon Kohden Corporation
    • 6.1.10 Penumbra Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS