デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1431461

環境コンサルティング:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)

Environmental Consulting - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 167 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
環境コンサルティング:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 167 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の環境コンサルティングの市場規模は、2024年に438億6,000万米ドルに達し、2024~2029年の予測期間中にCAGR 6.01%で成長し、2029年には616億2,000万米ドルに達すると予測されます。

Environmental Consulting-Market

主なハイライト

  • 世界の環境コンサルティング市場は、世界の環境問題への関心の高まりや厳しい環境基準の遵守の必要性など、さまざまな要因から近年大きく成長しています。環境コンサルティング会社は、環境影響評価、持続可能性報告、環境管理システム、コンプライアンス監査など、さまざまなサービスを提供しています。これらのサービスは、企業が環境影響を削減し、法規制を確実に遵守できるよう支援するものです。
  • 人間活動が環境に与える影響に対する意識の高まりにより、様々な分野で持続可能な実践に対する需要が高まっています。このため、環境コンサルティング会社は、持続可能な慣行の実施について企業に助言を行う機会を得ています。
  • 環境コンサルティングサービスは、世界における汚染レベルの上昇によって必要とされています。これらのサービスは、環境問題を解決し、規則を遵守し、環境への影響を軽減するための政府や企業の取り組みを支援するものです。汚染や環境破壊を管理する差し迫った必要性が、世界の環境コンサルティング市場の急成長を後押ししています。
  • 世界の環境コンサルティング市場を牽引しているのは、規制状況の変化と、企業の環境への配慮に対する重視の高まりです。世界的に、各国政府はより厳しい環境基準を制定しており、企業はそれに従い、持続可能性へのコミットメントを示すことをより強く求められています。環境コンサルティング会社は、このような規則を乗り越え、持続可能性の目標を達成するために企業を支援する上で不可欠な存在です。
  • 急成長する経済諸国では持続可能性の導入が遅れており、環境コンサルティングの世界市場にとって課題となっています。中国やインドのように、これらの経済は急速に工業化し、劣化しています。しかし、これらの国々における持続可能性技術の採用率の遅れは、持続可能性の向上を目指す環境コンサルティング会社にとって問題です。
  • COVID-19の出現は、産業部門に旧来の製造方法の再考を促し、主に生産ライン全体のデジタルトランスフォーメーションとスマート製造技術の推進を促しました。メーカーはまた、さまざまな斬新で俊敏な製品・品質管理手法の開発と実行に駆り立てられました。
  • パンデミック後の世界における激しい競合は、環境コンサルティングにおける最も困難な課題のひとつです。顧客は、ネットで環境コンサルティングを調べれば、幅広い専門知識からコンサルタントを選ぶことができます。最後に、市場でのリードを維持するためには、企業は新たな競争意識を導入し、独自の資質をアピールする必要があります。

環境コンサルティング市場の動向

エンドユーザー産業の公共部門が大きな市場シェアを占める見込み

  • 公共部門とは、政府が所有・運営するあらゆる事業体を含む経済部門です。これには、学校や病院から高速道路や橋まで、あらゆるものが含まれます。公共部門の主な目的は、社会の福祉に必要とみなされるサービスを提供することです。これらのサービスは多くの場合、無料または割引料金で提供されます。
  • 公共部門の環境コンサルティングは、地方自治体、州政府、連邦政府、政府機関と連携する経営コンサルティングの一種です。大手の経営コンサルティング会社(BCG、McKinsey、Monitor、Booz&Co.、PA Consulting Group)の中には、事業全体の一環として公共部門を担当するところもあります。
  • 公共部門は、社会の効率的な運営に不可欠です。地域社会の福祉に必要不可欠なサービスを提供しています。さらに、公共部門は経済成長と安定を促進するためにも不可欠です。
  • 政府は通常、エンジニアリング、情報技術、戦略などの専門サービスを一時的に提供するためにコンサルタントを雇用します。政府関係者によれば、コンサルティング・ビジネスは、公共部門ではしばしば利用できない専門的な専門知識やスキルを提供し、プロジェクトベースの契約を通じてより効果的に供給されるといいます。
  • さらに、世界中のさまざまな公共部門の政府が、全体的な開発目標を達成するためにコンサルタントを利用するケースが増えています。これらすべての要因の結果として、コンサルティングビジネスは今後数年間で大きく拡大すると予想されます。例えば、2022年5月、LufthansaはBCGと提携し、事業回復計画を支援するための戦略コンサルティングサービスを受けました。ドイツ政府は同社の株式20%を取得し、経営難に陥った航空会社の当面の存続を守るために90億ユーロ(約97億9,000万米ドル)の資金を確保しました。
  • 環境コンサルティングは、土地や水の汚染、廃棄物管理方針、環境管理システム、大気アセスメント、環境影響アセスメント、環境監査、クライアントのための法的問題の管理、概念モデルの開発(潜在的な汚染源の特定と検討)、クライアント、検査官、規制当局との継続的なコミュニケーション、財産を評価する際の過去の活動や汚染の特定などの問題に取り組みます。人口増加と世界化により、世界の廃棄物量は増加しています。世界銀行グループの報告書によると、近年、世界では20億1,000万トンの都市固形廃棄物(MSW)が発生しており、控えめに言っても、その少なくとも33%は生態学的に持続可能な形で管理されていないです。
  • 世界全体では、1人1日あたりのゴミの量は平均0.74キログラムだが、0.11キログラムから4.54キログラムまで、大きなばらつきがあります。世界人口の16%しかいないにもかかわらず、高所得国は世界のゴミの約34%、6億8,300万トンを排出しており、2050年までに34億4,000万トンに増加すると予想されています。米国とデンマークは、一人当たりの都市ごみ排出量が世界で最も多い国のひとつです。これらの国の住民は、平均して年間800キログラム以上のゴミを排出しています。

北米が大きな市場シェアを占める見込み

  • 環境に配慮した企業慣行が重視されるようになり、気候変動に対する懸念が高まり、環境コンプライアンスに対する規制要件が米国の環境コンサルティング市場を後押ししている主な理由です。また、廃棄物、汚染、天然資源を効果的かつ効率的に管理する必要性も、環境コンサルティングサービスの需要を促進しています。さらに、産業分野の拡大が、コンサルティング会社に環境アセスメントや修復サービスを提供する機会を与えています。米国における環境コンサルティング市場は、同部門の合併・買収の結果、拡大しています。
  • 企業が環境上の危険を管理する必要性、規制当局の監視強化、持続可能性の重要性は、米国の環境コンサルティング市場を牽引する要因のひとつです。規制による監視の強化は、米国の環境コンサルティング産業の成長における重要な要因です。連邦政府と州政府は、環境と公衆衛生を守るためにいくつかの環境規制を実施しています。
  • これらの規制は、廃棄物管理、有害物質、大気や水質など多くの分野をカバーしています。これらの基準を無視する組織には、罰金や法的措置などの厳しい罰則が課されるリスクがあります。複雑な規制状況を乗り切り、環境基準を確実に遵守するために、多くの企業が環境コンサルティング会社を利用しています。
  • カナダには、持続可能性と環境保全を規制する連邦法および州法が数多く存在します。これらの法律は、有害廃棄物の管理や温室効果ガス排出量の削減など、環境に配慮した厳しい要件を企業に課しています。環境コンサルティング会社は、こうした規則を遵守するためのスキルを頻繁に必要としています。カナダ政府は最近、2050年までにネットゼロエミッションを達成するための戦略を発表しました。これにより、企業の事業運営に大幅な調整が必要となり、環境コンサルティングサービスの需要が高まります。
  • カナダ政府は2030年までに、電力の90%を再生可能エネルギーで賄うことを目標としています。このため、風力発電所や太陽光発電所などの再生可能エネルギーを利用したプロジェクトが増加しています。こうしたプロジェクトでは、環境影響分析の実施や規制遵守の保証のために、環境コンサルティング会社が頻繁に採用されています。

環境コンサルティング産業の概要

環境コンサルティング市場は非常に細分化されており、Jacobs Solutions Inc.、AECOM、WSP Global Inc.、Stantec Inc.、Ramboll Group ASといった大手企業が存在します。市場のプレーヤーは、製品提供を強化し、持続可能な競争優位性を獲得するために、提携や買収などの戦略を採用しています。

  • 2022年9月 - Tetra TechはRPS Group PLCを買収。この買収は、Tetra Techが世界のプレゼンスを拡大することを目的としています。RPSグループは、英国におけるTetra Techの水事業を大幅に拡大し、再生可能エネルギーと環境管理におけるTetra Techのリーダー的地位を強化します。この合併により、英国、欧州連合、オーストラリアにおける地理的な足跡が拡大します。
  • 2022年8月 - Arupは様々な契約や協定を締結し、既存事業を拡大し、市場での地位を強化。同社はMatidor.comと提携し、土木技師が複数の都市計画シナリオをモデル化し、リアルタイムでエネルギー効率を計算・最適化することで、最大限の環境影響を達成するための最適なモデルを開発できるようにしました。同月、同社は英国ヴェリンドレ大学NHSトラストからヴェリンドレがんセンターの開発契約を獲得しました。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 産業の魅力度 - ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • 市場におけるCOVID-19の影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 世界的に憂慮すべき汚染レベル
    • 規制状況の変化と組織の環境配慮に対するストレスの高まり
  • 市場抑制要因
    • 成長著しい経済圏における持続可能性に向けた動きの低さ
  • 各種サービスにおける主要動向分析
    • サステナビリティ戦略
    • 代替エネルギー開発とエネルギー効率
    • 環境デューデリジェンス
    • EHS管理とコンプライアンス
    • 地下水コンサルティング、洪水対策コンサルティング、水理・水文地質学
    • 大気質および有害物質管理
    • 廃棄物管理

第6章 市場セグメンテーション

  • エンドユーザー産業別
    • エネルギー・電力
    • 鉱業
    • 公共部門
    • 製造業
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • スペイン
      • イタリア
      • フランス
      • ベネルクス
      • ポーランド
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • オーストラリア
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Jacobs Solutions Inc.
    • AECOM
    • WSP Global Inc.
    • Stantec Inc.
    • Ramboll Group AS
    • Tetra Tech Inc.
    • The Erm International Group Limited
    • Arup
    • GHD
    • Sweco AB

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 5000086

The Environmental Consulting Market size is estimated at USD 43.86 billion in 2024, and is expected to reach USD 61.62 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.01% during the forecast period (2024-2029).

Environmental Consulting - Market

Key Highlights

  • The global environmental consulting market has grown significantly in recent years due to various factors, including increased global environmental concern and the need to comply with severe environmental standards. Environmental consulting companies offer various services, including environmental impact assessments, sustainability reporting, environmental management systems, and compliance auditing. These services assist firms in reducing their environmental effect and ensuring compliance with legislation.
  • Growing awareness of the environmental impact of human activities has increased the demand for sustainable practices in various sectors. This has generated opportunities for environmental consulting firms to advise businesses on implementing sustainable practices.
  • Environmental consulting services are required due to the rising pollution levels in the world. These services support government and commercial efforts to resolve environmental issues, adhere to rules, and lessen environmental effects. The pressing need to manage pollution and environmental harm drives the global environmental consulting market's rapid growth.
  • The global environmental consulting market is driven by the shifting regulatory landscape and increased emphasis on firms' environmental friendliness. Globally, governments are enacting stricter environmental standards, and businesses are under more pressure to follow them and show their commitment to sustainability. Environmental consulting companies are essential in assisting businesses in navigating these rules and achieving their sustainability objectives.
  • The sluggish adoption of sustainability across fast-growing economies presents a challenge for the global market for environmental consultancy. Like China and India, these economies are rapidly industrializing and degrading. However, the slow adoption rate of sustainability techniques in these nations presents a problem for environmental consulting companies looking to advance sustainability.
  • The emergence of COVID-19 prompted the industrial sector to reconsider its old manufacturing methods, primarily driving digital transformation and smart manufacturing techniques throughout production lines. Manufacturers were also driven to develop and execute various novel and agile product and quality control approaches.
  • Intense competition in the post-pandemic world is one of the most challenging problems in environmental consulting. Customers can choose an environmental consultant from a wide range of expertise by looking them up online. Lastly, to maintain their lead in the market, businesses must adopt a new competitive mindset and show off their unique qualities.

Environmental Consulting Market Trends

Public Sector End-user Industry is Expected to Hold Significant Market Share

  • The public sector is a segment of the economy that includes all government-owned and operated entities. This encompasses everything from schools and hospitals to highways and bridges. The primary goal of the public sector is to provide services deemed necessary for societal well-being. These services are often given for free or at a reduced fee.
  • Public sector environmental consulting is a type of management consulting that works with municipal, state, and federal governments and government agencies. Some large management consulting companies (BCG, McKinsey, Monitor, Booz&Co., and PA Consulting Group) do public sector engagements as part of their overall business.
  • The public sector is critical to the efficient running of society. It delivers essential services that are required for the communities' well-being. Furthermore, the public sector is essential to promoting economic growth and stability.
  • Governments typically employ consultants to provide temporary expert services in engineering, information technology, or strategy. Government officials state that consulting businesses provide specialized expertise and skills often unavailable to the public sector and are more effectively supplied through project-based contracts.
  • Furthermore, governments in various public sectors worldwide are increasingly turning to consultants to help them meet their overall development goals. As a result of all these causes, the consulting business is expected to expand significantly in the coming years. For instance, in May 2022, Lufthansa partnered with BCG for strategy consulting services to assist their business recovery plan. The German government acquired a 20% interest in the firm, freeing up EUR 9 billion (USD 9.79 billion) to safeguard the troubled airline's immediate survival.
  • An environmental consultant addresses issues, such as contamination of the land and water, waste management policies, environmental management systems, air assessment, environmental impact assessment, environmental audit, the management of legislative issues for clients, the development of conceptual models (identifying and considering potential contaminant sources), ongoing communication with clients, inspectors, and regulators identifying previous activities and any contamination when assessing property. The population and globalization have increased global waste volume. In recent years, according to a World Bank Group Report, the world has created 2.01 billion tonnes of municipal solid waste (MSW), with at least 33% of that-to put it mildly-not being managed ecologically sustainably.
  • Worldwide, trash created per person per day averages 0.74 kilograms but varies greatly, ranging from 0.11 to 4.54 kilos. Despite having just 16% of the world's population, high-income nations create around 34% of the world's garbage or 683 million tonnes, and it is expected to grow to 3.40 billion tonnes by 2050. The United States and Denmark are two of the global highest per capita producers of municipal solid garbage. These nations' residents generate more than 800 kilograms of garbage annually on average.

North America is Expected to Hold the Significant Market Share

  • Growing emphasis on environmentally friendly company practices, rising concerns about climate change, and regulatory requirements for environmental compliance are the key reasons propelling the environmental consulting market in the United States. The need for effective and efficient management of waste, pollution, and natural resources is also driving demand for environmental consulting services. In addition, expanding industrial sectors has given consulting companies a chance to offer environmental assessments and remedial services. The market for environmental consulting in the United States is increasing as a result of mergers and acquisitions within the sector.
  • The necessity for enterprises to manage environmental hazards, as well as greater regulatory scrutiny and the importance of sustainability, are some of the factors driving the environmental consulting market in the United States. Increased regulatory scrutiny is a significant factor in the growth of the environmental consulting industry in the United States. The federal and state governments have implemented several environmental rules to safeguard the environment and public health.
  • These regulations cover many areas, such as waste management, hazardous materials, and air and water quality. Organizations disregarding these standards risk severe penalties, such as fines and legal action. For assistance navigating the complicated regulatory landscape and ensuring compliance with environmental standards, many enterprises turn to environmental consulting firms.
  • Numerous federal and provincial laws and regulations in Canada regulate sustainability and environmental preservation. These laws impose strict ecological requirements on businesses, such as controlling hazardous waste and reducing greenhouse gas emissions. Environmental consulting companies frequently need their skills to comply with these rules. The Canadian government recently unveiled its strategy for achieving net zero emissions by 2050. It will necessitate significant adjustments in how firms run their operations and boost demand for environmental consulting services.
  • By 2030, the Canadian government wants to generate 90% of its electricity from renewable resources. Projects using renewable energy, such as wind and solar farms, have grown due to this. For these projects, environmental consulting companies are frequently hired to conduct environmental impact analyses and guarantee regulatory compliance.

Environmental Consulting Industry Overview

The environmental consulting market is highly fragmented, with the presence of major players like Jacobs Solutions Inc., AECOM, WSP Global Inc., Stantec Inc., and Ramboll Group AS. Players in the market are adopting strategies such as partnerships and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

  • September 2022 - Tetra Tech acquired RPS Group PLC. This acquisition aims to help the company to expand its global presence. The RPS Group significantly extends Tetra Tech's water practice in the United Kingdom and strengthens Tetra Tech's leadership position in renewable energy and environmental management. The merger expands the geographic footprint in the United Kingdom, the European Union, and Australia.
  • August 2022 - Arup entered various contracts and agreements, expanding its existing operations and strengthening its market position. The company partnered with Matidor.com to enable civil engineers to model multiple urban planning scenarios and calculate and optimize energy efficiency in real-time to develop the best-performing model to achieve maximum environmental impact. In the same month, the company secured a contract from Velindre University NHS Trust to develop Velindre Cancer Centre in the United Kingdom.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Alarming Levels of Pollution Globally
    • 5.1.2 Changing Regulatory Landscape With Enhanced Stress on Environmental Friendliness of Organizations
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Low Movement Toward Sustainability Across Aggressively Growing Economies
  • 5.3 Key Trend Analysis Within Various Services
    • 5.3.1 Sustainability Strategy
    • 5.3.2 Alternative Energy Development and Energy Efficiency
    • 5.3.3 Environmental Due Diligence
    • 5.3.4 EHS Management and Compliance
    • 5.3.5 Groundwater Consultancy, Flood Protection Consultancy, Hydraulic and Hydrogeology
    • 5.3.6 Air Quality and Hazardous Materials Management
    • 5.3.7 Waste Management

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By End-user Industry
    • 6.1.1 Energy and Power
    • 6.1.2 Mining
    • 6.1.3 Public Sector
    • 6.1.4 Manufacturing
    • 6.1.5 Other End-user Industries
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
      • 6.2.1.1 United States
      • 6.2.1.2 Canada
    • 6.2.2 Europe
      • 6.2.2.1 United Kingdom
      • 6.2.2.2 Germany
      • 6.2.2.3 Spain
      • 6.2.2.4 Italy
      • 6.2.2.5 France
      • 6.2.2.6 Benelux
      • 6.2.2.7 Poland
      • 6.2.2.8 Rest of Europe
    • 6.2.3 Asia-Pacific
      • 6.2.3.1 China
      • 6.2.3.2 Australia
      • 6.2.3.3 Rest of Asia-Pacific
    • 6.2.4 Latin America
      • 6.2.4.1 Brazil
      • 6.2.4.2 Rest of Latin America
    • 6.2.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Jacobs Solutions Inc.
    • 7.1.2 AECOM
    • 7.1.3 WSP Global Inc.
    • 7.1.4 Stantec Inc.
    • 7.1.5 Ramboll Group AS
    • 7.1.6 Tetra Tech Inc.
    • 7.1.7 The Erm International Group Limited
    • 7.1.8 Arup
    • 7.1.9 GHD
    • 7.1.10 Sweco AB

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET