デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1431018

消費者向けスマートウェアラブルの世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)

Global Consumer Smart Wearable - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 200 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
消費者向けスマートウェアラブルの世界市場:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 200 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

消費者向けスマートウェアラブルの世界市場規模は2024年に5億台と推計され、2029年には12億2,000万台に達し、予測期間(2024-2029年)のCAGRは19.58%で成長すると予測されます。

Global Consumer Smart Wearable-Market

新たな動向であるウェアラブル技術は、エレクトロニクスを日常活動に統合し、身体のどの部分にも装着できる機能でライフスタイルの変化に対応します。インターネットへの接続や、ネットワークとデバイス間のデータ交換オプションの提供といった動向が、ウェアラブル技術の動向につながっています。

主なハイライト

  • 世界各地で都市化の浸透率が上昇していることから、1つのデバイスで複数の機能を利用できたり、タイムスケジュールを利用できたりするなど、消費者の要求に応える能力を備えた、先進的で審美的に魅力的な製品に対する需要が高まっています。さらに、世界中の膨大なミレニアル世代は、通常の勤務時間の追跡や贅沢な基準への支出能力の増加により、スマートウォッチをいち早く採用しています。
  • 機械学習とAI機能は、特に現在のヘルスケア業界において、スキルを次のレベルに引き上げます。これを裏付けるように、IoT互換性のあるスマート・ウェアラブル・センサーの価格も低下しており、これはメーカーがスマート・ウェアラブル・デバイスをより手頃な価格で提供することにつながるため、さまざまな業界が自社のシステムや業務に合わせた製品を採用することを促しています。さらに、ここ数年、消費者向けスマート・ウェアラブル・デバイスの販売台数が大幅に増加しています。さらに、ウェアラブル・センサ・デバイスはスポーツ産業で重要な役割を果たすようになり、それによって顧客は毎日のルーチンを守り、監視するようにプログラムされたさまざまなパラメータに関する重要な情報を提供できるようになった。
  • スマート・ウェアラブルは、アップルやフィットビットなどのウェアラブル・メーカーが、高齢者にアピールする健康モニター機能を追加し、健康状態をリアルタイムで更新しているため、高齢者層を含む新規ユーザー数の急増をさらに目の当たりにしています。
  • ウェアラブルの採用はここ数年で広く浸透してきたが、データのプライバシーに対する懸念は根強いです。スマート・ウェアラブルからのデータは攻撃者にとってはほとんど価値がないとしても、スマートウォッチのようなスマート・ウェアラブルではリスクが高まる。ペアリングされたデバイスから離れて操作できるため、デバイスにLTE接続が付属している場合、リスクはさらに高まる可能性が高いです。
  • COVID-19の発生と世界各地でのロックダウン規制は、世界中の消費者に影響を及ぼしています。ロックダウンの影響には、サプライチェーンの混乱、製造工程で使用される原材料の入手不足、労働力不足、最終製品の生産が膨らみ予算を超える可能性のある価格の変動、出荷の問題などがあります。

消費者向けスマートウェアラブル市場の動向

技術的進歩の増大が市場成長を後押し

  • 可処分所得の増加とライフスタイルの変化により、ウェアラブル技術への需要が高まっています。また、IoT時代にウェアラブルが提供する機能の増加により、軍事、スポーツ・フィットネス、ヘルスケア、エンターテインメントなどの業界からの需要も増加しています。
  • この需要は、新製品の発売や市場への新規参入によって支えられてきました。消費者向けスマート・ウェアラブル市場に参入する企業が増えるにつれ、提供する製品の差別化が不可欠になります。例えば、2022年6月、AmbraneはWise Roamスマートウォッチシリーズの発売によるポートフォリオの拡充を発表しました。このスマートウォッチはブルートゥース通話機能付きで、100種類以上のクラウドベースのウォッチフェイスを提供し、IP68の防水機能を備えています。
  • Wise Roamスマートウォッチには、心拍数、血圧、SpO2、月経の健康状態、睡眠、その他の健康指標のセンサーが搭載されています。さらに、呼吸トレーニング、天気予報、ハイARアラート、座りがちリマインダーを提供します。このスマートウォッチには60種類以上のスポーツモードがあり、AndroidとiOSの両方のデバイスで動作するDa Fitソフトウェアが用意されています。さらに、この腕時計はApple HealthやGoogle Fitと連動させることができます。
  • LG化学やパナソニックのような企業は、ウェアラブル・デバイスに電力を供給できる、印刷可能でフレキシブルなバッテリーの開発に貢献してきました。このようなフレキシブルで洗練されたデザインのバッテリーを使用することで、市場のベンダーは、より多くのコンポーネントを追加し、バッテリー容量を向上させるために、余分なスペースを活用することができるようになった。
  • センサー、特に圧力センサーやアクティベーターの進歩や小型化が進んだことも、消費者向けスマート・ウェアラブル市場の範囲を拡大しました。多くの企業が先進的なMEMSセンサーやデジタルセンサーの開発に投資しており、これらのセンサーはさらに小型化されているため、市場の幅広い用途をカバーしています。

アジア太平洋地域が最速の成長を記録する見込み

  • 多くの中国企業が研究開発に多大な投資を行っているため、中国を低コストの製造拠点と比較して突出した技術革新のリーダーにするための政府の支援も市場を牽引しています。例えば、KUMIは40万台のスマートウォッチの供給に成功し、インド、米国、欧州、多くの東南アジア諸国を含む様々な市場で競争するために国際的に進出しました。
  • 中国企業は、フィットネス・バンドやスマートウォッチなど、接続機能を内蔵したウェアラブル・デバイスの新興市場向けに先進技術を開発しています。シャオミやファーウェイなどのデバイス・メーカーはこの市場に積極的で、WeChatなどのオンライン・サービス・プロバイダーや携帯電話会社と提携しています。
  • 日本では、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)がさらに進化しています。HMDはゴーグルのように装着し、ユーザーの目の前に直接映像を映し出します。日本企業は、3D機能を備えたHMDビデオ・エンターテインメント・システムを次々と製造しています。これらのシステムは、日本が得意とするコンピューターグラフィックス(CG)と高精細フラットパネル・ディスプレイ技術を組み合わせたものです。
  • インド・ブランド・エクイティ財団(IBEF)によると、インドの家電・コンシューマー・エレクトロニクス(ACE)市場はCAGR9%を記録し、2022年には3兆1,500億インドルピー(約483億7,000万米ドル)に達すると予想されています。これは、予測期間中に消費者向けスマートウェアラブル市場の成長を促進すると予想されます。
  • さらに、Asiatic FiberCorporationはiQmaxブランドのスマートテキスタイルを提供しており、繊維とエレクトロニクスを組み合わせることで、様々な市場向けにアパレル用の機能的で革新的な製品を提供することを目指しています。iQmax製品ラインは、照明モジュールとともに開発され、LEDヤーン、DCジャック、電源バッテリーとコントローラーが一体化した2つの機能を備えています。この製品ラインは、折り曲げ可能で、柔らかく、軽量で、防水性があり、洗濯可能な衣類のためのテキスタイルを提供します。

消費者向けスマートウェアラブル産業の概要

世界の消費者向けスマート・ウェアラブル市場は競争が激しいです。近年、市場は競争力を増しています。さらに、この急成長市場で競争優位に立つために、主にミレニアル世代からの需要に対応するプレーヤーが登場しています。各社は新しい製品を投入し、市場開拓のために製品開発とともに提携や買収に継続的に投資しています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • バリューチェーン分析
  • COVID-19が消費者向けスマートウェアラブル市場に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 市場成長を後押しする技術進歩の増加
  • 市場の課題
    • 高コストとデータセキュリティへの懸念

第6章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • スマートウォッチ
    • ヘッドマウントディスプレイ
    • スマートウェア
    • 耳掛け型
    • フィットネス・トラッカー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Vuzix Corporation
    • Lenovo
    • Transcend Information Inc.
    • GoPro Inc.
    • Sensoria Inc.
    • AIQ Smart Clothing Inc.
    • Axon Enterprise Inc.
    • Withings
    • Huami Corporation
    • Omron Healthcare Inc.
    • Nuheara Limited
    • Polar Electro Oy
    • Microsoft Corporation
    • Sony Corporation
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Fitbit LLC
    • Fossil Group Inc.
    • Garmin Ltd
    • Samsung Electronics Co. Ltd
    • Apple Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 91376

The Global Consumer Smart Wearable Market size is estimated at 0.5 Billion units in 2024, and is expected to reach 1.22 Billion units by 2029, growing at a CAGR of 19.58% during the forecast period (2024-2029).

Global Consumer Smart Wearable - Market

Wearable technology, an emerging trend, integrates electronics into daily activities and addresses the changing lifestyles with the ability to be worn on any part of the body. Factors such as the ability to connect to the internet and provide data exchange options between a network and a device are leading to the trend of wearable technology.

Key Highlights

  • The rising penetration rates of urbanization in various parts of the world have driven the demand for advanced, aesthetically appealing products that possess the ability to serve the consumers' requirements better, such as multiple features in one device and time schedules. Moreover, the vast millennial population across the globe has been quick to adopt smartwatches, owing to the increased spending ability on their regular work hours tracking and luxury standards.
  • Machine learning and AI capabilities take skills to the next level, especially in the current healthcare industry. In support of this, IoT compatibles smart wearable sensors are also witnessing a decline in pricing, which leads to manufacturers offering smart wearable devices at a more affordable rate, thus, encouraging various industries to adopt products catered to their systems and operations. Additionally, there has been a significant increase in consumer smart wearable devices being sold over the past few years. Additionally, wearable sensor devices have emerged to be a significant part of the sports industry, thereby helping customers to stick to daily routines and providing crucial information regarding the different parameters it is programmed to monitor.
  • Smart wearables are further witnessing a surge in the number of new users, including the older age population, owing to the fact that wearable makers, such as Apple and Fitbit, among others, are adding health-monitoring features that appeal to old age people and keep them updated about their health status in real-time.
  • Although the adoption of wearables has been widely gaining traction over the past few years, the concern over data privacy persists. Even though data from smart wearables may be of little value to attackers, the risk increases for smart wearables like smartwatches. Risks are likely to increase further if the device comes with an LTE connection, as they can be operated away from the paired device.
  • The COVID-19 outbreak and the lockdown restrictions across the globe have affected the consumer across the world. Some of the effects of lockdown include supply chain disruptions, lack of availability of raw materials used in the manufacturing process, labor shortages, fluctuating prices that could cause the production of the final product to inflate and go beyond budget, and shipping problems, among others.

Consumer Smart Wearable Market Trends

Incremental Technological Advancements Aiding the Market Growth

  • Increasing disposable incomes and changing lifestyles have led to the demand for wearable technology. Demand from industries like military, sports and fitness, healthcare, and entertainment, among others., have also increased due to the increased functionality wearables offer in the era of IoT.
  • This demand has been supported by new product launches and new entrants into the market. As more companies venture into the consumer smart wearables market, the need for differentiating their product offerings becomes essential. For instance, in June 2022, Ambraneannounced its portfolio expansion with the Wise Roam smartwatch series launch. The smartwatch is offered with Bluetooth calling and provides 100+ cloud-based watch faces and is IP68 water-resistant.
  • The Wise Roam smartwatch has sensors for heart rate, blood pressure, SpO2, menstrual health, sleep, and other wellness metrics. Additionally, it offers breath training, weather forecasts, High AR Alert, and sedentary reminders. The smartwatch offers more than 60 different sports modes and the Da Fit software, which works with both Android and iOS devices. Additionally, the wristwatch can be linked to Apple Health and Google Fit.
  • Companies like LG Chem and Panasonic have been instrumental in developing printable and flexible batteries that can power wearable devices. Using these flexible and sleek designs of the batteries, vendors in the market were able to utilize the additional space to add more components and improve battery capacity, which translates into longer battery life.
  • The growing advancement and reduction in the size of sensors, especially pressure sensors and activators, also expanded the scope of the consumer smart wearables market. Many companies are investing in developing advanced MEMS and digital sensors, which are further decreasing their sizes, hence covering a wide range of market applications.

Asia Pacific is Expected to Register the Fastest Growth

  • The government's support for making China one of the prominent innovation leaders compared to a low-cost manufacturing hub is also driving the market, as many Chinese companies are investing tremendously in research and development. For instance, KUMI successfully supplied 400 thousand smartwatches and moved internationally to compete in various markets, including India, the United States, Europe, and many Southeast Asian nations.
  • Chinese companies are developing advanced technologies for the emerging market of wearable devices, such as fitness bands and smartwatches, with built-in connectivity. Device manufacturers, such as Xiaomi and Huawei, are very active in the market and are partnering with, as are online service providers, such as WeChat and mobile operators.
  • In Japan, head-mounted displays (HMD) are becoming more advanced. An HMD, worn like a pair of goggles, projects video pictures directly in front of the user. Japanese firms have been producing HMD video entertainment systems with 3D capabilities one after the other. These systems combine computer graphics (CG), which Japan specializes in, with high-definition flat-panel display technology.
  • According to the India Brand Equity Foundation (IBEF), the Indian appliances and consumer electronics (ACE) market is expected to register a 9% CAGR to reach INR 3.15 trillion (USD 48.37 billion) in 2022. This is expected to boost the consumer smart wearable market growth over the forecast period.
  • Further, Asiatic FiberCorporation offers the iQmaxbrand of smart textiles, which aims to combine fiber with electronics to offer a functional, innovative product for use in apparel for a variety of markets. The iQmaxproduct line was developed with a lighting module, and it features an LED Yarn, a DC jack, and a two-in-one power battery and controller. The product line offers a textile for bendable, soft, lightweight, waterproof, and washable clothing that is also designed to endure folding over time.

Consumer Smart Wearable Industry Overview

The Global Consumer Smart Wearable Market is highly competitive. The market has gained a competitive edge in recent years. Additionally, the players are being taken to gain a competitive edge in this fast-growing market, mainly catering to the demand from the millennial generation population. The companies are introducing new offerings and continuously investing in making partnerships and acquisitions along with product development to increase the market share.

  • April 2022 - VuzixCorporation signed a distribution agreement with RobotiquesCyborg, a France-based multi-national distributor of high-technology solutions. As a part of the agreement, Vuzixhas received and shipped against an initial USD 300,000 order from the new partner for its smart glasses.
  • August 2021 - Lenovo and RealWearannounced an international collaboration to bring assisted reality solutions to enterprise customers. The combination of resources and technologies of both companies will enable customers to select, deploy and scale the required extended reality (XR) technologies globally. According to the collaboration, Lenovo has certified the RealWearHMT-1 devices to utilize its ThinkRealityplatform to expand frontline workers' access to optimized, hands-free 2D applications. Further, the company will offer RealWear'sHMT-1 family of assisted reality wearable devices through its international sales network.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHT

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness-Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Value Chain Analysis
  • 4.4 Impact of COVID-19 on the Consumer Smart Wearable Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Incremental Technological Advancements Aiding the Market Growth
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Cost and Data Security Concerns

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Product
    • 6.1.1 Smartwatches
    • 6.1.2 Head-mounted Displays
    • 6.1.3 Smart Clothing
    • 6.1.4 Ear Worn
    • 6.1.5 Fitness Trackers
    • 6.1.6 Body-worn Cameras
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
      • 6.2.1.1 United States
      • 6.2.1.2 Canada
    • 6.2.2 Europe
      • 6.2.2.1 United Kingdom
      • 6.2.2.2 Germany
      • 6.2.2.3 France
      • 6.2.2.4 Rest of Europe
    • 6.2.3 Asia Pacific
      • 6.2.3.1 China
      • 6.2.3.2 Japan
      • 6.2.3.3 India
      • 6.2.3.4 South Korea
      • 6.2.3.5 Rest of Asia Pacific
    • 6.2.4 Latin America
    • 6.2.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Vuzix Corporation
    • 7.1.2 Lenovo
    • 7.1.3 Transcend Information Inc.
    • 7.1.4 GoPro Inc.
    • 7.1.5 Sensoria Inc.
    • 7.1.6 AIQ Smart Clothing Inc.
    • 7.1.7 Axon Enterprise Inc.
    • 7.1.8 Withings
    • 7.1.9 Huami Corporation
    • 7.1.10 Omron Healthcare Inc.
    • 7.1.11 Nuheara Limited
    • 7.1.12 Polar Electro Oy
    • 7.1.13 Microsoft Corporation
    • 7.1.14 Sony Corporation
    • 7.1.15 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 7.1.16 Fitbit LLC
    • 7.1.17 Fossil Group Inc.
    • 7.1.18 Garmin Ltd
    • 7.1.19 Samsung Electronics Co. Ltd
    • 7.1.20 Apple Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET