デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1429998

ヘルスケアIT:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Healthcare IT - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.45円
ヘルスケアIT:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ヘルスケアIT市場規模は2024年に3,585億米ドルと推定され、2029年には7,286億3,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは15.24%で成長する見込みです。

Healthcare IT-Market-IMG1

ヘルスケアIT市場は、COVID-19のパンデミックの間に段階的な成長を示しました。SARS-CoV-2ウイルスに感染することを恐れて病院や診療所を訪れたがらない人々とともに、非選択的で緊急性のない処置のための渡航や通院が世界的に封鎖され制限されたことで、デジタルヘルスケアがヘルスケアシステム内で急増しました。パンデミックの間、対面での診察の代わりに遠隔診察の採用が増加したことが、調査対象市場を押し上げました。さらに、世界のCOVID-19患者数の増加に伴い、患者情報、医療報告書、財務分析などに関連するビッグデータの維持と保存に対する大規模な需要が存在しました。ヘルスケアITソリューションは、COVID-19患者の医療報告書の保管とアクセスを容易にしました。例えば、2021年4月にJournal of the American Pharmacists Associationに掲載された研究によると、パンデミックの間、医療情報技術(HIT)の利用は急速に増加しました。HITは、遠隔医療サービスの提供、SARS-CoV-2ウイルスに関する情報、疫学や治療法に関する最新情報、そして最近では、パンデミック中のCOVID-19ワクチンのスケジューリングシステムへのアクセスに活用されました。さらに、パンデミック後は、ヘルスケアITサービスやソリューションの大規模な導入が進み、ヘルスケアに不可欠なものとなっています。このように、分析によれば、COVID-19はパンデミック期を通じて調査市場の成長に直接大きな影響を及ぼし、パンデミック後もその傾向は続くと予想されます。

インターネットの使用とヘルスケアプロセスのデジタル化は、ヘルスケア情報技術とそれらがヘルスコミュニケーションに与える影響について理解を深めるために不可欠となっています。さらに、病院によるヘルスケアITの高い採用率は、使いやすさや時間、労力、スペースの節約といった利点が原動力となっています。また、市場各社が提供するソリューションの継続的なアップグレードにより、ユーザーの利便性が向上していることも、市場の成長を後押ししています。例えば、2021年8月、Change Healthcareは、放射線診療所向けの新しい包括的なクラウドSaaSソリューションであるChange Healthcare Stratus Imaging PACSをベータテストで発表し、将来的には病院にも拡大する計画です。Stratus Imaging PACSは、急成長するChange Healthcareのクラウド・イメージング事業が導入する最新ソリューションの1つで、画像アーカイブ、分析、ユニバーサル・ビューワ、共有ソリューションなどが含まれます。

さらに、デジタルヘルスを推進するための各国政府の取り組みも市場の成長に寄与しています。例えば、2021年9月、インド首相はPradhan Mantri Digital Health Missionを展開しました。これは、国全体でヘルスケアの実践をデジタル化し、患者が健康記録の保存、アクセス、共有への同意を可能にする国全体のデジタルヘルスエコシステムを構築することを目的としています。

また、世界的に慢性疾患の負担が増加していることも、調査対象市場の成長に重要な役割を果たしています。ヘルスケアITソリューションは、医療記録の置き忘れのリスクを最小限に抑え、患者の健康報告書へのリモートアクセスを世界的に支援します。このように、上記の要因は、予測期間中のヘルスケアIT市場の成長を促進すると予想されます。しかし、熟練した専門家の不足と高いメンテナンスコストが市場の成長を妨げる可能性があります。

ヘルスケアIT市場の動向

予測期間中、構成セグメントではサービスセグメントが大きな市場シェアを占める見込み

ヘルスケアIT市場の構成セグメントでは、予測期間中、サービスが大きな市場シェアを占めるとみられます。パンデミックは、正しい患者データ、リンクされた患者記録、患者の健康記録の相互運用性が、パンデミック発生中の主要な懸念事項のいくつかであったため、遠隔医療とmヘルス技術がヘルスケア専門職において現実のものとなる必要性を高めました。

サービス分野には、サポート・メンテナンスとプロフェッショナル・サービスの両方が含まれます。ヘルスケアにITが導入されるようになったことで、生成されるデータ量は飛躍的に増加し、その保管やメンテナンスにかかるコストは10年以上にわたって増大しています。さらに、ヘルスケア機関には、この膨大なデータを扱う熟練したIT専門家の専門知識が不足しています。したがって、コストの増大と熟練した専門家の不足により、複数の医療機関はヘルスケアIT企業が提供する保守・サポートサービスを選択せざるを得なくなり、これがサービス分野の成長を促進すると予想されています。

さらに、ヘルスケアにおけるクラウドベースやその他の先進技術プラットフォームの出現と導入に伴い、ヘルスケアITソリューション全体のサービスに対するニーズが非常に高まっています。例えば、2022年8月、Happiest Minds Tech社はヘルスケア向けのサイバーセキュリティサービスを開始しました。AI、ビッグデータ、行動分析などの最先端技術の助けを借りて、これらのサービスは、変化する政府の政策に対応し、ヘルスケアのセキュリティ態勢を強化するクライアントを支援します。したがって、このようなヘルスケアITサービスの開始は、このセグメントの成長を促進すると予想されます。

2022年3月、EpicはGarden Plotを発表しました。これは、Epic EHRツールの利用を検討している独立系医療グループ向けに設計されたSaaSです。このサービス開始は、アプリケーションベースのEHRツールへの医師のアクセスを合理化することを目的としています。そのため、このような電子記録を管理するサービスの立ち上げは、これらのサービスの採用増加により、セグメントの成長を促進すると予想されます。したがって、上記の要因により、このセグメントは予測期間中に大きな成長を示すと予想されます。

Healthcare IT-Market-IMG2

北米が市場の主要シェアを占め、予測期間中も同様と予測

先進地域である北米は、現在ヘルスケアIT市場を独占しており、今後数年間は大きな市場シェアを維持すると予想されます。同地域の市場シェアが最大である主な要因は、ヘルスケア産業が確立されていることと、ヘルスケア環境全体でITサービスが早くから採用されていることです。

米国は北米地域の主要市場であるが、これは同国においてデジタルヘルスケアの導入が進んでいることに加え、主要市場プレーヤーが集中していること、ヘルスケアサービスやインフラに対する政府からの資金援助が増加していることによる。

さらに、2021年4月には、Microsoft Corp.とNuance Communications, Inc.との間で拘束力のある契約が締結されました。これによりMicrosoft Corp.は、ヘルスケアにおける混乱や新たな機会に対応する顧客やパートナーをサポートするため、業界に特化したクラウド製品を提供する取り組みを加速させています。このようなパートナーシップは、これらのオファリングの採用増加により、北米市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、2021年11月、InsiteOne LLCは、米国ドイルスタウン・ヘルスでの試験運用を成功させた後、プラットフォーム(V11)を一般向けにリリースしました。この新プラットフォームは、技術的に大きな前進を意味し、臨床ワークフローへの様々なツールの統合をサポートし、企業向けVNA画像データを活用するために設計された自動化ツールをヘルスケア機関に提供します。このようなプラットフォームの発売は、先進的なプラットフォームの採用増加により、この地域の市場成長を促進すると予想されます。

このように、上記の要因から、北米地域は予測期間中に成長すると予測されています。

Healthcare IT-Market-IMG3

ヘルスケアIT産業の概要

ヘルスケアIT市場は競争が激しく、複数の大手企業が参入しています。市場シェアの面では、現在、少数の大手企業が市場を独占しています。しかし、技術の進歩や製品の革新に伴い、中堅・中小企業は手頃な価格で新しいサービスを導入することで、市場での存在感を高めています。この市場に参入している企業には、GE Healthcare、Koninklijke Philips NV、Siemens Healthineers、Oracle(Cerner Corporation)、Allscripts Healthcare Solutions Inc.(Altera Digital Health Inc.)などがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • ペーパーレス技術に対する需要の高まり
    • ヘルスケアサービスとインフラに対する政府予算の増加
  • 市場抑制要因
    • 熟練した人材の不足
    • 高いメンテナンスコスト
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 事業セグメント別
    • 検査情報システム(LIS)
    • 画像保存通信システム(PACS)およびベンダーニュートラルアーカイブ(VNA)
    • 放射線情報システム(RIS)
    • 循環器情報システム(CVIS)
    • 電子カルテ(EHR)
    • 遠隔医療
    • 臨床判断支援システム(CDSS)
    • 請求管理ソリューション
    • 人口健康管理ソリューション
    • 不正分析
    • プロバイダー管理サービス
    • 請求管理サービス
    • その他の事業セグメント
  • 構成別
    • ソフトウェア
    • ハードウェア
    • サービス別
  • 提供形態別
    • オンプレミス
    • クラウドベース
  • エンドユーザー別
    • 支払者
    • プロバイダー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • GE Healthcare
    • Koninklijke Philips NV
    • Siemens Healthineers
    • Oracle(Cerner Corporation)
    • Allscripts Healthcare Solutions Inc.(Altera Digital Health Inc)
    • Wipro
    • Oracle Corporation
    • IBM
    • SAS Institute Inc.
    • Dell Technologies Inc.
    • Mckesson Corporation
    • Optum Inc.
    • Cognizant Corporation
    • Change Healthcare
    • Conduent Inc.
    • Conifer Health Solutions LLC
    • 3M

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 55507

The Healthcare IT Market size is estimated at USD 358.5 billion in 2024, and is expected to reach USD 728.63 billion by 2029, growing at a CAGR of 15.24% during the forecast period (2024-2029).

Healthcare IT - Market - IMG1

The healthcare IT market witnessed incremental growth during the COVID-19 pandemic. With the global lockdown and restrictions on travel and hospital visits for nonelective and non-urgent procedures, along with the reluctance of people to visit hospitals and clinics in fear of being contacted with the SARS-CoV-2 virus, digital healthcare witnessed a spike within the healthcare system. The increasing adoption of teleconsultation instead of face-to-face physician consultations during the pandemic boosted the studied market. Additionally, with the growth in the number of COVID-19 patients worldwide, a massive demand existed for the maintenance and storage of big data related to patient information, medical reports, financial analytics, and many others. Healthcare IT solutions eased the storage and access of COVID-19 patients' medical reports. For instance, according to the study published in the Journal of the American Pharmacists Association in April 2021, during the pandemic, the usage of health information technology (HIT) increased rapidly. HIT has been utilized to deliver telemedicine services, information on the SARS-CoV-2 virus, updates on epidemiology and therapies, and most recently, access to scheduling systems for the COVID-19 vaccines during the pandemic. Furthermore, post-pandemic, the huge adoption of healthcare IT services and solutions is making them indispensable to healthcare, which will ultimately drive the market's growth. Thus, as per the analysis, COVID-19 had a significant direct impact on the growth of the studied market throughout the pandemic phase and is expected to continue its trend over the post-pandemic era.

The usage of the internet and the digitalization of healthcare processes have become essential for developing a better understanding of healthcare information technologies and their impact on health communication. Additionally, the high adoption of healthcare IT by hospitals is driven by the advantages, such as ease of use and saving time, labor, and space. The continuous upgradation of the solutions provided by the market players to better benefit the users is also propelling the growth of the market. For instance, in August 2021, Change Healthcare introduced Change Healthcare Stratus Imaging PACS, a new, comprehensive cloud SaaS solution for radiology practices in beta testing with plans to extend to hospitals in the future. Stratus Imaging PACS is one of the latest solutions to be introduced by Change Healthcare's rapidly growing cloud imaging business, which includes image archiving, analytics, universal viewers, and sharing solutions.

Furthermore, initiatives taken by the governments of various nations to promote digital health are also contributing to the growth of the market. For instance, in September 2021, the Indian Prime Minister rolled out the Pradhan Mantri Digital Health Mission. It is aimed at digitalizing healthcare practices across the nation, creating a country-wide digital health ecosystem that will enable patients to store, access, and consent to share health records.

Also, the growing burden of chronic diseases globally plays a vital role in the growth of the studied market. Healthcare IT solutions minimize the risk of misplacing medical records and help in the remote access of patients' health reports globally. Thus, the above-mentioned factors are expected to aid the growth of the healthcare IT market over the forecast period. However, a lack of skilled professionals and high maintenance costs may hinder the growth of the market.

Healthcare Information Technology Market Trends

The Services Segment is Expected to Hold a Significant Market Share in the Component Segment Over the Forecast Period

In the component segment of the healthcare IT market, services are believed to have a significant market share over the forecast period. The pandemic has heightened the need for telemedicine and mHealth technologies to become a reality in the healthcare profession, as correct patient data, linked patient records, and interoperability of the patient's health records were a few of the major concerns amid the outbreak.

The services segment includes both support and maintenance and professional services. With the onset of the implementation of IT in healthcare, the amount of data generated has witnessed an exponentioal growth and the storage and maintenance costs of this data have bolstered over the decade, resulting in additional cost burden to the healthcare settings. Additionally, healthcare institutions lack the expertise of skilled IT professionals to handle this huge amount of data. Hence, the increasing cost and lack of skilled professionals have compelled several institutions to opt for the maintenance and support services provided by healthcare IT companies, which is in turn expected to drive the segmental growth for services.

Furthermore, with the emergence and introduction of cloud-based and other advanced technology platforms in healthcare, the need for services across healthcare IT solutions is in great demand. For instance, in August 2022, Happiest Minds Tech launched cyber security services for healthcare. With the aid of cutting-edge technologies such as AI, big data, behavioral analytics, and others, these services will assist clients in keeping up with changing government policies and strengthening their healthcare security posture. Thus, the launch of such healthcare IT services is expected to drive this segment's growth.

In March 2022, Epic launched Garden Plot. It is a SaaS designed for independent medical groups looking to use Epic EHR tools. This launch aims to streamline physician access to application-based EHR tools. Therefore, such launches of services for maintaining electronic records are expected to drive segment growth due to the rise in the adoption of these services. Therefore, owing to the above-mentioned factors, this segment is expected to show significant growth over the forecast period.

Healthcare IT - Market - IMG2

North America Expected to Hold a Major Share in the Market and is Expected to do the Same in the Forecast Period

North America, being the developed region, is currently dominating the healthcare IT market and is expected to hold a significant market share for a few more years. The major factors responsible for the region's largest market share are the well-established healthcare industry and the early adoption of IT services across healthcare settings.

The United States is a major market in the North American region due to the higher adoption of digital healthcare in the country, along with the high concentration of key market players and increased government funding for healthcare services and infrastructure.

Moreover, in April 2021, a binding contract was signed between Microsoft Corp. and Nuance Communications, Inc. With this, Microsoft has accelerated its efforts to provide industry-specific cloud offerings to support customers and partners as they respond to disruption and new opportunities in healthcare. Such partnerships are expected to drive market growth in North America due to the rise in the adoption of these offerings.

Additionally, in November 2021, InsiteOne LLC released the platform (V11) for general availability after a successful pilot at Doylestown Health, Doylestown, United States. The new platform represents a major technological step forward and supports the integration of various tools into clinical workflow and provides healthcare institutions with automation tools designed to put their enterprise VNA imaging data to work. The launch of such platforms is expected to drive market growth in this region due to the rise in the adoption of advanced platforms.

Thus, owing to the abovementioned factors, the North American region is expected to project growth over the forecast period.

Healthcare IT - Market - IMG3

Healthcare Information Technology Industry Overview

The healthcare IT market is highly competitive and consists of several major players. In terms of market share, a few major players currently dominate the market. However, with technological advancements and product innovations, midsize to smaller companies are increasing their market presence by introducing new services at affordable prices. Some of the companies in this market include GE Healthcare, Koninklijke Philips NV, Siemens Healthineers, Oracle (Cerner Corporation), and Allscripts Healthcare Solutions Inc. (Altera Digital Health Inc.), among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rise in the Demand for Paper-less Technology
    • 4.2.2 Increased Government Funding on Healthcare Services and Infrastructure
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Skilled Personnel
    • 4.3.2 High Maintenance Costs
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Business Segment
    • 5.1.1 Laboratory Information Systems (LIS)
    • 5.1.2 Picture Archiving and Communication System (PACS) and Vendor Neutral Archive (VNA)
    • 5.1.3 Radiology Information Systems (RIS)
    • 5.1.4 Cardiovascular Information System (CVIS)
    • 5.1.5 Electronic Health Records (EHR)
    • 5.1.6 Telemedicine
    • 5.1.7 Clinical Decision Support System (CDSS)
    • 5.1.8 Claims Management Solutions
    • 5.1.9 Population Health Management Solutions
    • 5.1.10 Fraud Analytics
    • 5.1.11 Provider Management Services
    • 5.1.12 Billing and Accounts Management Services
    • 5.1.13 Other Business Segments
  • 5.2 By Component
    • 5.2.1 Software
    • 5.2.2 Hardware
    • 5.2.3 Services
  • 5.3 By Delivery Mode
    • 5.3.1 On-premise
    • 5.3.2 Cloud-based
  • 5.4 By End User
    • 5.4.1 Payers
    • 5.4.2 Providers
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle-East and Africa
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 GE Healthcare
    • 6.1.2 Koninklijke Philips NV
    • 6.1.3 Siemens Healthineers
    • 6.1.4 Oracle (Cerner Corporation)
    • 6.1.5 Allscripts Healthcare Solutions Inc. (Altera Digital Health Inc)
    • 6.1.6 Wipro
    • 6.1.7 Oracle Corporation
    • 6.1.8 IBM
    • 6.1.9 SAS Institute Inc.
    • 6.1.10 Dell Technologies Inc.
    • 6.1.11 Mckesson Corporation
    • 6.1.12 Optum Inc.
    • 6.1.13 Cognizant Corporation
    • 6.1.14 Change Healthcare
    • 6.1.15 Conduent Inc.
    • 6.1.16 Conifer Health Solutions LLC
    • 6.1.17 3M

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS