デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1408570

統合施設管理:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Integrated Facility Management - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
統合施設管理:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

総合施設管理市場の現在の市場規模は1,109億米ドルです。

予測期間中にCAGR 6.26%を記録し、今後5年間で1,502億3,000万米ドルに達すると予想されます。

Integrated Facility Management-Market-IMG1

主要ハイライト

  • 統合施設管理は主に、すべての施設管理契約を単一のサービスの下にまとめるものです。統合施設管理は、複雑な施設管理と、警備、清掃、廃棄物管理などのソフトFMを組み合わせたものです。これらの異なるサービスを1つの傘下にまとめることで、顧客サービスの向上、施設管理サービス間の調整の改善、予算内ですべてを行うためのコストの統合が可能になります。
  • 国内における統合施設管理の重要な動向のひとつは、費用対効果の高いソリューションに対する需要の高まりです。企業がコスト削減の方法を模索している中、統合施設管理プロバイダーはコスト削減につながるサービスを提供しています。清掃、メンテナンス、セキュリティーなどのサービスを1つの契約にまとめることで、統合施設管理プロバイダーはスケールメリットを提供し、全体的なビジネスコストを削減することができます。業務効率化の必要性も、統合施設管理の需要を促進する要因の一つです。企業は業務を合理化し、効率を向上させる方法を模索しており、統合施設管理プロバイダーは、企業の目標達成を支援する統合ソリューションを提供することでその一助となることができます。
  • 鉱業では、採掘作業の物理的リソースの計画、組織化、管理が必要であるため、鉱業関連プロジェクトがイタリアにおける統合施設管理サービスの台頭を支えることが予想されます。例えば、2022年7月、Vulcan Energy Resourcesは、イタリアのローマ近郊にあるヴァルカンのチェザーノ・ライセンスを探鉱・開発するため、イタリアの地熱エネルギー生産会社Enel Green Power(EGP)との提携を発表しました。それぞれのリチウム抽出と地熱の専門知識を活用することで、ヴァルカンとEGPは、この地域における地熱リチウムプロジェクトの開発の可能性を探る。
  • 世界銀行が2023年5月に発表したデータによると、ポーランドの都市人口はほぼ横ばいの約60.0%でした。さらに2021年、チェコ共和国の都市人口は約75.21%でほぼ横ばいだった。都市の人口密度が高まり、都市部が拡大するにつれ、効率的な建物の維持管理の必要性が高まる。統合施設管理・サービスには、建物と関連インフラを円滑に運営するためのメンテナンス支援、利用者管理、その他のサポート・サービスが含まれます。このような巨大な都市化率は、調査対象市場の原動力となると思われます。
  • さらに、施設管理者は常にエネルギー消費を意識し、エネルギー使用を最適化し、無駄を省く方法を模索しなければならないです。これは、適切なツールや専門知識がなければ困難な作業であり、エネルギー管理コンサルタントの助けが必要になることもあります。さらに、施設管理チームは、自然災害、機器の故障、サプライチェーンの混乱などの潜在的なリスクや混乱を予測し、緩和する上で課題に直面する可能性があります。
  • さらに、パンデミックは衛生に対する新たな見方を呼び起こし、清掃、消毒、除菌といった施設管理サービスの必要性を浮き彫りにしました。したがって、施設管理は差別化されたサービスを通じて新たな課題に適応していくことが期待されます。同様に、複数の支払者が技術への支出を増やしていると報告しています。世界的に規制が緩和されつつあるため、施設管理参入企業は、さまざまな政府当局の指示に従い、営利団体から専門的な除菌・消毒サービスへの需要が大幅に増加していることを目の当たりにしています。

統合施設管理市場の動向

商業セグメントが大きなシェアを占める見込み

  • 商業ビル業界では、さまざまな国で大規模な投資が行われており、施設管理ビジネスを後押ししています。さまざまな投資会社が、不動産投資案件の処理を不動産管理事業者に依頼しています。CBRE Italyによると、2022年のイタリアの投資額は117億ユーロ(約138億600万米ドル)で、過去2番目の実績となります。
  • 施設管理市場はまた、ベンダーと営利団体間の複数の提携活動も確認しています。例えば、最近Siemens AGから分離独立したSiemens Energyは、約38万5,000平方メートルに及ぶSiemensのオフィスと生産スペースの技術的施設管理を確保するため、Societe Parisienne pour l 'Industrie Electriqueとの提携を3年間延長しました。さらに、このパートナーシップにより、SIPEは、建物の換気、空調、電気、暖房、衛生システム、計装、制御技術の検査、保守、修理を視野に入れています。これにより、同社は市場で確固たる地位を確立し、欧州での顧客基盤を拡大することができます。
  • 経済成長、継続的な多様化、富裕層(HNI)を中心とした人口の増加により、各国の小売売上高は増加しています。例えば、民間と政府機関の総力を結集して、アラブ首長国連邦(アラブ首長国連邦)の小売はここ数年、大規模な変貌を遂げています。何千平方フィートもの小売スペースを持つドバイやアブダビといった観光地は、その資源を活用して世界中の観光客を引きつけています。ドバイは「ショッピングモール」の女王と称され、世界で最も重要な市場のひとつとみなされています。これらはすべて、この地域に初めて進出しようとするほとんどのブランドにとって、ドバイが確実な目的地であることを示す信頼できる指標であり、この分野の総合施設管理にプラスの影響を与えると予想されます。
  • インドでは、ITブームとスマートシティ開発計画により、商業セクターが勢いを増しています。同国は商業投資を誘致しており、それがFMサービスの必要性を高めています。例えば、2022年4月、TATA Realty and Infrastructure Limitedは、インド全土で商業オフィススペースを開発するため、Canada Pension Plan Investment Boardとのジョイントベンチャーを発表しました。両社によると、このジョイント・ベンチャーは、デリー首都圏のインテリオン・エッジ・グルガオン(延べ床面積180万平方フィート)とインテリオン・パーク・チェンナイ(延べ床面積460万平方フィート)の2つの資産から成る。
  • 欧州公的不動産協会によると、2023年3月現在、世界のさまざまな上場不動産市場の規模には大きな差があります。北米は、1兆3,000億米ドルに相当する最大の上場不動産市場の本拠地でした。上場不動産とは、証券取引所に上場し、不動産資産から収益を得ている企業を指します。このような不動産の増加は商業セクターを牽引し、調査された市場が成長する機会をさらに生み出すと思われます。
Integrated Facility Management-Market-IMG2

欧州が市場で大きなシェアを占めると予想される

  • 欧州地域では、統合施設管理を推進する様々な動向があります。例えば、モノのインターネット(IoT)は、インターネットを利用して統合FMチームと接続する物理的機器やセンサーを指します。これらは、施設管理者に潜在的な問題を警告するパフォーマンスデータを生成します。
  • 統合施設管理は、あらゆる場所から設備を監視・制御することができます。施設管理チームはモノのインターネット(IoT)を利用して、オペレーションに関するリアルタイム洞察を提供します。IoTは、コンピュータ化された保守管理システム(CMMS)などの施設管理ソフトウェアと組み合わされ、問題(例えば、不快なオフィスの温度)を特定し、人の介入なしに自動的に作業指示を作成し、割り当て、その実行を追跡します。
  • 例えば、中欧・東欧の各地域で独立した欧州の参入企業は、SPIEグループの子会社であるSPIE ICSとSPIE Facilitiesです。SPIE ICSがモノのインターネット・ポートフォリオの一部として開発したこのユニークなソリューションは、COVID-19に感染するリスクと空気中のCO2濃度との相関関係に基づいています。これにより、データ収集からSPIEチームの物理的な現場運営管理まで、あらゆることが処理されます。
  • このソリューションは、保護されたLoRaWAN遠隔組織基盤に依存しており、構造物内部から直接収集された情報を、ポータブルで独立した多機能センサーによって送信することができます。SPIE Facilitiesチームは、これらのセンサーによって収集されたデータを取得、分析、解釈し、クライアントの職場の安全性を高めるための一連の具体的なステップに役立てます。
  • 多くの国際機関や政府が建築物のライフサイクルにおけるBIMを推進する中、建築情報モデリング(BIM)の需要は近年高まっています。BIMは、施設管理における効率的な情報管理(IM)のメリットを約束します。場所、人、プロセス、技術を統合することによって、建築環境のより高い機能性を確保するために、複数の分野を包含するFMにおけるBIMを採用することで、職場における生活の質(QOL)が向上します。
  • 例えば、2023年2月、ハンガリーを拠点とするStudio IN-EXとRoyal HaskoningDHVは、情報豊富な3Dモデルに基づく世界の設計・施工技術であるBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)コンピテンスセンターを拡大するために協力します。IN-EX Studioは、建築物の計画、建設、施工、維持管理の方法に根本的な革命をもたらしたBIMベースの設計をいち早く導入した企業です。BIMは、建設・設計チームがより効率的に業務を遂行し、運用・保守のためのデータを収集することを可能にします。
  • 同市場の参入企業は、市場でのプレゼンスを拡大するため、さまざまなアウトソーシング施設管理サービスプロバイダーを買収しています。例えば、2022年2月、B+N Referencia Zrt.は、2021年春にスロバキア、ルーマニア、チェコ共和国、ハンガリーにおけるISSグループの持分を買収しました。続いて、ISSグループのスロベニア子会社を買収しました。B+Nは、今回の買収と同様、これらの企業の株式を100%保有しています。今回の買収により、B+N Referencia Zrt.の非常に広範なサービスポートフォリオは中欧地域をカバーすることになります。同社は、ハンガリーにおけるこの市場競争の激しい分野で、市場をリードする地位を確立するのに20年を要しました。

総合施設管理業界概要

世界の総合施設管理市場は、Jones Lang LaSalle、IP, Inc.、Sodexo Inc.、ISS Facility Service、CBRE Group Inc.、Compass Group PLCなど複数の主要企業を擁し、緩やかな統合を示しています。これらの企業は、市場でのプレゼンスを拡大するため、戦略的パートナーシップやサービスの強化に常に投資しています。業界における注目すべき最近の動きは以下の通りです。

2023年6月、大手総合施設管理会社のBMF Grupは、ルーマニアとその近隣地域を専門とする非公開投資ファンド、SARMIS Capitalと戦略的提携を結びました。この提携は、BMF Grupが総合施設管理セクターのフロントランナーとしての地位を強化することを目的としています。

2022年10月、JLLは革新的なパフォーマンス最適化プログラム(POP)を導入し、総合施設管理医療ソリューションを強化しました。このデータ主導のアプローチは、急性期、非急性期、外来施設に関する洞察を提供します。施設管理チームと密接に連携し、患者、来訪者、従業員の体験を測定可能な形で向上させます。さらに、リスクを削減し、財務パフォーマンスを向上させることができます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 商業活動の回復が成長の原動力になると予想される
    • エコで持続可能な建築慣行の重視
  • 市場の抑制要因
    • コスト最適化の問題、専門人材の不足

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ハード
    • ソフト
  • エンドユーザー別
    • 公共/インフラ用
    • 商用
    • 産業用
    • 施設用
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競争環境

  • 企業プロファイル
    • Jones Lang LaSalle, IP, Inc.
    • Sodexo Inc
    • ISS Facility Service
    • CBRE Group Inc
    • Compass Group PLC
    • Cushman & Wakefield
    • AHI Facility Services Inc
    • EMCOR Facility Services
    • Facilicom
    • CBM Qatar LLC.

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 50001206
Integrated Facility Management - Market - IMG1

The integrated facility management market is valued at USD 110.9 billion in the current year. It is expected to register a CAGR of 6.26% during the forecast period to reach a value of USD 150.23 billion by the next five years.

Key Highlights

  • An integrated facilities management (IFM) primarily brings all the facility management contracts under a single service. IFM combines complex facilities management and soft FM such as security, cleaning, and waste management. Bringing all these different services together under a single umbrella can result in better customer service, better coordination between FM services, and consolidated costs to bring everything in under budget.
  • One of the significant trends driving integrated FM in the country is the increasing demand for cost-effective solutions. With businesses looking for ways to reduce costs, IFM providers offer services that can save money. By combining services such as cleaning, maintenance, security, and other services under one contract, IFM providers can offer economies of scale and reduce overall business costs. The need for operational efficiency is another factor driving integrated FM demand. Firms are looking for ways to streamline operations and improve efficiency, and Integrated FM providers can help by offering integrated solutions that can help companies achieve their goals.
  • The mining-related projects are expected to support the rise of integrated facility management services in Italy, as the mining industry requires planning, organizing, and managing the physical resources of a mining operation. For instance, in July 2022, Vulcan Energy Resources announced its partnership with Italy's geothermal energy producer Enel Green Power (EGP) to explore and develop Vulcan's Cesano license near Rome, Italy. By leveraging their respective lithium extraction and geothermal expertise, Vulcan and EGP will explore the potential development of geothermal lithium projects in the area.
  • According to the World Bank published data in May 2023 2021, Poland's urban population remained nearly unchanged at around 60.0%. Further, In 2021, the Czech Republic's urban population remained roughly unchanged at about 75.21%. As cities become more densely populated and urban areas expand, the need for efficient building maintenance and management increases. Integrated Facility management services include maintenance assistance, user management, and other support services to ensure the smooth operation of buildings and their associated infrastructure. Such a huge rate of urbanization would drive the studied market.
  • Furthermore, facilities managers must constantly be aware of energy consumption and seek ways to optimize energy usage and reduce waste. This can be a difficult task without the right tools and expertise and may require the help of energy management consultants. Additionally, facility management teams may face challenges in predicting and mitigating potential risks and disruptions, such as natural disasters, equipment failures, or supply chain disruptions, which can impact the budget and result in unexpected expenses.
  • Moreover, the pandemic has also called for a renewed view on hygiene and has highlighted the need for FM services, such as cleaning, disinfecting, and sanitization. Hence, FM is expected to adapt to the new challenges through differentiated services. Likewise, multiple payers have reported increasing their spending on tech. As restrictions are being eased globally, FM players witness a significant rise in demand for professional sanitization and disinfection services from commercial entities, as directed by the various government authorities.

Integrated Facility Management Market Trends

Commercial segment is Expected to hold a Significant Share

  • The commercial building industry has seen significant investments in various countries, propelling the facility management business. Various investment firms have hired real estate management businesses to handle their real estate investments. According to CBRE Italy, the volume of investments in Italy in 2022 will be Euro11.7 billion (USD 13.806 billion), the second-best outcome ever, owing to a robust post-COVID rebound powered by exceptional Logistics performance and revived interest in Offices.
  • The facility management market has also witnessed multiple partnership activities between vendors and commercial entities. For instance, Siemens Energy, which recently spun off from Siemens AG to operate as a separate company, extended its partnership with Societe Parisienne pour l 'Industrie Electrique for three years to ensure technical facility management for Siemens office and production space that covers around 385,000 square meters. Moreover, with the partnership, SIPE's are looking into inspecting, maintaining, and repairing ventilation, air conditioning, electrical, heating, sanitary systems, instrumentation, and control technology in buildings. This will enable the company to establish a strong position in the market and expand its customer base in Europe.
  • Economic growth, ongoing diversification, and a growing population, especially among high-worth individuals (HNIs), have increased retail sales in various countries. For instance, with the collective effort of the private and government institutions, UAE's retail has seen a massive transformation in the last few years. With thousands of square feet in retail space, destinations like Dubai and Abu Dhabi have utilized their resources to draw visitors worldwide. Dubai is hailed as the queen of "Shopping Malls" and is considered one of the world's most important markets. All these are reliable indicators that it remains a definite destination for most brands looking to enter the region for the first time, which is expected to impact Integrated facility management in the sector positively.
  • The commercial sector is gaining momentum in India due to the IT boom and smart city development plans. The country is attracting commercial investments that drive the need for FM services. For instance, in April 2022, TATA Realty and Infrastructure Limited announced a joint venture with Canada Pension Plan Investment Board to develop its commercial office space across India. According to the companies, the joint venture will be seeded with two assets the Intellion Edge Gurgaon, National Capital Region of Delhi (Gross Living Area: 1.8 million sq. ft), and Intellion Park Chennai (Gross Living Area: 4.6 million sq. ft).
  • According to the European Public Real Estate Association, as of March 2023, there were significant differences between the size of various listed real estate markets worldwide. North America was home to the largest listed real estate market worth USD 1.3 trillion. Listed real estate refers to companies quoted on stock exchanges and receiving income from real estate assets. Such a rise in real estate would drive the commercial sector, further creating an opportunity for the studied market to grow.
Integrated Facility Management - Market - IMG2

Europe is Expected to Hold Significant Share of the Market

  • There are various trends that may propel integrated facility management in the European region. For example, the Internet of Things (IoT) refers to physical equipment and sensors that use the Internet to connect with integrated FM teams. They generate performance data that alerts facility managers to potential problems.
  • Integrated facilities management (FM) can monitor and control equipment from any location. FM teams use the Internet of Things (IoT) to deliver real-time insights into their operations. IoT paired with FM software, such as a computerized maintenance management system (CMMS), identifies problems (e.g., uncomfortable office temperatures), automatically prepares and assigns work orders without human intervention, and tracks their execution.
  • For instance, the independent European player in various Central and Eastern European regions is SPIE ICS and SPIE Facilities, both subsidiaries of the SPIE group. This unique solution, developed by SPIE ICS as part of their Internet of Things portfolio, is based on the correlation between the risk of contracting COVID-19 and the concentration of CO2 in the air. This will handle everything from data collection to SPIE teams' physical on-site operations management.
  • The solution depends on the protected LoRaWAN remote organization foundation, which permits information gathered straightforwardly from inside the structure to be sent in by portable and independent multifunction sensors. SPIE Facilities teams retrieve, analyze, and interpret the data collected by these sensors as part of a series of concrete steps to increase the client's workplace safety.
  • The demand for building information modeling (BIM) has recently increased as many international organizations and governments promote BIM in the building life cycle. BIM promises the benefits of efficient information management (IM) in FM. There will be improved quality of life (QOL) in the workplace when embracing BIM in FM that encompasses multiple disciplines to ensure higher functionality of the built environment by integrating places, people, processes, and technology.
  • For instance, in February 2023, Studio IN-EX, a Hungary-based firm, and Royal HaskoningDHV will collaborate to expand their building information modeling (BIM) competence center, a global design and construction technique based on information-rich 3D models. IN-EX Studio was an early user of BIM-based design, which has radically revolutionized how buildings are planned, constructed, built, and maintained. BIM enables construction and design teams to operate more effectively and collects data for operations and maintenance.
  • The players in the market are acquiring various outsourcing FM service providers to expand their market presence. For instance, in February 2022, B+N Referencia Zrt. took over the company interests of the ISS Group in Slovakia, Romania, the Czech Republic, and Hungary in the spring of 2021. This was followed by acquiring the Slovenian subsidiary of the ISS Group. B+N has 100% ownership in these companies, just like in the new addition. With this recent acquisition, B+N Referencia Zrt.'s highly extensive service portfolio covers the Central European region. It took the company two decades to establish its market-leading position in this highly competitive segment in Hungary.

Integrated Facility Management Industry Overview

The global integrated facility management market exhibits moderate consolidation, featuring several key players, including Jones Lang LaSalle, IP, Inc., Sodexo Inc., ISS Facility Service, CBRE Group Inc., and Compass Group PLC. These companies consistently invest in strategic partnerships and service enhancements to expand their market presence. Notable recent developments in the industry include:

In June 2023, BMF Grup, a leading integrated facility management company, forged a strategic alliance with SARMIS Capital, a private equity fund specializing in Romania and neighboring regions. This partnership aimed to reinforce BMF Grup's position as a frontrunner in the integrated facility management sector.

In October 2022, JLL introduced an innovative performance optimization program (POP) to enhance its integrated facilities management healthcare solutions. This data-driven approach offers insights into acute care, non-acute care, and ambulatory facilities. It collaborates closely with in-house facilities management teams to measurably enhance the experiences of patients, visitors, and employees. Additionally, it reduces risks and improves financial performance, all achieved without the need for additional outsourcing.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rebounding commercial activity expected to drive growth ?
    • 5.1.2 Emphasis on Green and Sustainable Building Practices
  • 5.2 Market Restrains
    • 5.2.1 Cost Optimization Problems, and Lack of Specialized Talents ?

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Hard FM
    • 6.1.2 Soft FM
  • 6.2 By End -User
    • 6.2.1 Public/Infrastructure
    • 6.2.2 Commercial
    • 6.2.3 Industrial
    • 6.2.4 Institutional
    • 6.2.5 Other End-Users
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETETIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Jones Lang LaSalle, IP, Inc.
    • 7.1.2 Sodexo Inc
    • 7.1.3 ISS Facility Service
    • 7.1.4 CBRE Group Inc
    • 7.1.5 Compass Group PLC
    • 7.1.6 Cushman & Wakefield
    • 7.1.7 AHI Facility Services Inc
    • 7.1.8 EMCOR Facility Services
    • 7.1.9 Facilicom
    • 7.1.10 CBM Qatar LLC.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS