市場調査レポート
商品コード
1408236

5G基地局-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

5G Base Station - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
5G基地局-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

5G基地局の世界市場規模は、今年度411億2,000万米ドルでした。

予測期間中のCAGRは28.01%で、予測年度末には1,413億5,000万米ドルに達すると予測されています。

5G Base Station-Market-IMG1

主要ハイライト

  • 低遅延の高速データに対するニーズが高まっているため、5G基地局市場は調査期間を通じて大きく発展すると思われます。さらに、5Gモノのインターネットのエコシステムと堅牢な通信サービスの成長は、5G基地局市場の発展に有利な展望を提供すると予想されます。さらに、市場拡大を後押しする主要理由の1つは、ネットワーク化されたデバイスを採用する傾向が強まっていることです。
  • 5Gネットワークの大半はスモールセルで構成される可能性が高いです。スモールセルは、5Gが要求するデータ容量の向上を実現するため、5Gネットワークの機能にとって極めて重要です。また、プロバイダーは高価な屋上システムや設置コストを省くことでコスト削減が可能になり、携帯端末の性能やバッテリー寿命の向上も期待できます。今日の環境では、スモールセルは帯域幅の拡大と接続デバイスの増加を必要とするアプリケーションに必要とされています。例えば、Cisco Systems Inc.によると、2030年までに5,000億台のデバイスがインターネットに接続されます。さらに、5G通信事業者は、低周波数帯域の下にスモールセルを配備し、顧客に強化された帯域幅サービスを提供することに注力しています。
  • さらに、エリクソンによると、5Gの契約数は2022年から2023年にかけて世界的に増加し、5億5,000万件超から16億7,000万件超に増加すると予想されています。さらに、GSMAによると、GCC諸国における5Gの利用率は、2025年までに世界平均(15%)よりも若干高くなる(顧客の5G導入率は16%)。さらに、中東・北アフリカ地域の5G契約数は1億2,962万件に達する展望です。このような5G契約数の大幅な増加は、市場を牽引すると思われます。
  • 中国工業情報化省によると、2022年末時点で、中国の5G基地局数は231万に達します。大規模なインフラ投資と野心的な展開計画により、中国は5Gの大幅な普及を達成しました。基本推定によると、基地局数は2024年までに600万以上に達する見込みです。さらに、総務省(日本)によると、2022年時点で日本における5Gの契約数は4,500万件以上と推定されています。日本の大手携帯キャリアであるKDDI、SoftBank、NTT Docomo、Rakuten Mobileによる5Gネットワークの国内展開は、当初は都市部に重点を置いて数年前に始まった。日本政府は、2024年3月までに人口の95%をカバーすることを目標としています。
  • さらに、いくつかの当局は、5Gインフラの展開に関連する周波数帯の課題への対応とコスト障壁の軽減に注力しています。例えば、2023年7月、コスタリカの通信当局であるSutelから、全国への5G展開を可能にする無線周波数オークションの要件案が発表されました。今回の計画では、以前のオークションとは対照的に、電波利用料の徴収よりもインフラの整備が優先されています。これは、Fonatel通信開発基金への拠出がこれ以上行われないことを示しています。これらのイニシアチブは、高額な初期資本支出がもたらす課題に沿ったものであり、5Gネットワークの展開に伴う制約の克服に寄与するものです。
  • COVIDパンデミックの間、5Gは、少なくともその初期バージョンでは、通信規制当局がいくつかの周波数帯域で周波数帯域を解放する動きを大いに利用し、世界中のモバイルネットワーク事業者(MNO)が、都市部と農村部の両方でネットワーク内に広く展開を開始すると予想されていました。その後、COVID-19のパンデミックが世界中で発生し、サプライチェーンに大きな支障が生じたため、5Gの拡大展開が遅くなった。

5G基地局の市場動向

スマートシティが市場を牽引する見込み

  • 世界的に、都市化が加速するにつれてスマートシティが成長しています。国連によると、インド(4億400万人)、中国(2億9,200万人)、ナイジェリアでは、2050年までにそれぞれ2億1,200万人の都市居住者が増えるといわれています。世界で最も都市化が進んでいるのは、新興大陸のラテンアメリカです。
  • さらに、世界的に多くのスマートシティプロジェクトや取り組みが実施されており、都市化に伴う世界の投資を促しています。経済協力開発機構(OECD)は、2010年から2030年の間に、スマートシティへの世界の投資は、大都市インフラ・プロジェクト全体で約1兆8,000億米ドルに達すると予測しています。このようなスマートシティに向けた動きは、顧客に中断のないサービスを提供するための5G基地局の需要を高めると予想されます。
  • 5G対応スマートシティでは、緊急事態を検知することで、災害現場への救急隊、医療チーム、消防隊の迅速な派遣など、いくつかの緊急対応手順を開始することができます。また、火災が検知された場合、適切なタイミングで防火シャッターを自動的に閉じたり、スプリンクラーのスイッチを入れたりすることもできます。ビルのセンサーも火災を検知し、ビルの管理システムに警報を送り、アクチュエーターに作動を指示することができます。火災スプリンクラーは、5Gの応答時間が速いため、火災が検知されてから1~2秒後に作動します。
  • 2022年6月、Critical Communications World Conferenceにおいて、Motorola Solutionsはいくつかのソリューションを発表し、そのミッションクリティカルで統合された技術のエコシステムが、公共安全業界にとって最も困難で不測の課題の克服をいかに支援しているかを示しました。急速に進化する技術やユーザーのニーズが近代化の必要性を後押しし続ける一方で、公共安全や軍事組織はいかなる状況にも対応できるように準備する必要があります。これには、重大な緊急事態における国境を越えた通信、人工知能(AI)による脅威の特定、遠隔操作のためのクラウド・ソリューションの導入などが含まれます。
  • 市場の参入企業は、スマートシティ市場を獲得するために新たな5Gソリューションを開発しており、それに比例して5G基地局の需要も増加すると思われます。例えば、2022年12月、ドバイ統合経済区庁(DIEZ)とDerqは、DIEZのフリーゾーンに高度な機能と競合スマートシティ・ソリューションを提供するための戦略的提携を結びました。この提携を記念する調印式には、両者の代表と従業員が出席しました。新たなパートナーシップにより、Khaznaデータセンターの5G MECサーバーまたはプラットフォームは、DIEZが5G通信とエッジコンピューティング技術を活用したスマートシティ・ソリューションの実証を可能にします。
  • 国際経営開発研究所によると、2022年現在、デンマークは世界で最もデジタル競合国としてランクされています。デジタル競合ランキングは、企業や政府組織におけるデジタル技術の導入・実装能力を分析することを目的としています。北欧諸国の多くが上位にランクされ、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーがトップ15に入った。米国は2位にランクされ、2021年に最も競合国として挙げられています。このようなデジタル化の大々的な導入は、5Gサービスの機会を生み出し、5G基地局の設置を増加させると思われます。
5G Base Station-Market-IMG2

北米が市場で大きなシェアを占める見込み

  • 米国は、5G展開への投資率が高いことから、5G基地局市場における主要なイノベーターであり投資家の1つです。同国の通信業界は、5G技術の世界消費のかなりの部分を占めています。また、米国は投資、導入、アプリケーションに関して地域の5G基地局市場を独占しています。AT&T、Verizon、T-Mobileなどの同国の通信事業者は、Ericsson、Samsung、Nokia、Huawei、ZTEなどのネットワーク機器ベンダーと10億米ドル規模の契約を結び、米国で5Gネットワークインフラを構築しています。
  • さらに、米国商務長官は2023年4月、オープンで相互運用性の高いネットワークの構築に使用される15億米ドルの公的ワイヤレス・サプライチェーン・イノベーション基金を正式に立ち上げました。ワイヤレス・ネットワークのための新しいオープン・アーキテクチャ技術の実現可能性を実証することにより、この初期予算ラウンドは、米国とその世界の同盟国とパートナーが5Gと次世代ワイヤレス技術の未来を生み出すことを確実にします。オープン・ラジオ・アクセス・ネットワークのような新しい無線技術の実現可能性を実証し、その導入に対する障壁を取り除くことを視野に入れ、NTIAの最初のNOFOは、これらのプロセスから得られたフィードバックに従って、試験の改善と拡大を目指します。
  • さらに、国内での5G展開の活況は、展開される5G機能やサービスをサポートする5G基地局の需要を増加させる。例えば、Ericssonによると、2026年までに5Gの契約数は1億9,500万を超え、米国では2029年までに5Gが米国モバイル市場全体の約71.5%を占めるようになるといわれています。CTIAによると、急速な成長は米国の5G経済の基盤を作る。2,750億米ドルの投資と300万人の新規雇用につながり、5,000億米ドルの経済成長を生み出します。
  • カナダは、調査された市場の潜在的な市場として浮上しています。ここ数年、オフショアリングが続き、米国や東アジアのメーカーとの競合が激化しているにもかかわらず、5G産業は拡大しています。2022年、Ericsson最大の消費者調査によるカナダの調査結果が公表されました。Ericssonはカナダにおける5Gネットワーク・サービスの主要プロバイダーです。データによると、カナダのスマートフォンユーザー400万人が12~15カ月以内に5Gサービスにアップグレードする意向を示しています。2020年以降、カナダのスマートフォンユーザーは5Gネットワークにアクセスできるようになった。Ericssonのコンシューマー・ラボは「5G:The Next Wave」調査を実施しました。それによると、5Gのユーザー数は過去2年間で6倍に増加しました。さらに、すでに5Gを利用しているカナダ人の10人中8人が、4Gには戻りたくないと回答しています。カナダ人の75%が5Gにアクセスしているにもかかわらず、5Gユーザーの3分の1しか5Gとよりリンクしていると考えていないです。
  • 加えて、国内の無線接続を発展させるための政府の援助が、5G基地局の需要を押し上げると分析されています。例えば、2023年5月、カナダ政府は、接続性と革新的な5Gアプリケーションを強化するための新たな枠組みを発表しました。新しいライセンシング政策がイノベーション・科学・産業大臣によって発表され、インターネットサービス事業者、イノベーション企業だけでなく、地方、辺境、先住民のコミュニティにとっても5Gのローカル周波数へのアクセスが容易になります。

5G基地局産業概要

世界の5G基地局市場は、Huawei Technologies、ZTE Corporation、Nokia Corporation、CommScope Holding Company, Inc.、Qualcomm Technologies, Inc.などの複数の参入企業が存在し、適度に統合されています。各社は戦略的パートナーシップや製品開拓に継続的に投資し、市場シェアを大幅に拡大しています。最近の市場開拓をいくつか紹介する:

2023年6月、Huawei Technologiesは、2023年から2024年にかけて通信事業者China Mobileに5G基地局の半分以上を供給するという重要な契約を獲得しました。契約は2つのプロジェクトに分割され、1つ目は2.6G Hzから4.9GHzの周波数帯を使用する6万3,800の基地局をカバーし、2つ目は700MHz帯の2万3,141をカバーします。Huaweiは、基本推定41億元(5億7,400万米ドル)相当の5G基地局を4万5,426局確保したと見られています。

2023年2月、レイヤー1の5G IPスペシャリストであるAccelerCommと、英国を拠点とする技術・製品開発企業であるTTPは、LEO(低軌道衛星)に配備する高性能5G LEO(低軌道衛星)再生基地局を開発中であると発表しました。このプロジェクトは、両社の専門知識とIP、パートナーからの追加技術を取り入れ、非地上ネットワーク(NTN)の複雑な環境で高性能5Gサービスをサポートするよう調整された、5G専用の再生型gNodeBソリューションを提案します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • スマートフォンの普及率の増加
    • 5Gが提供する先行技術に対する主要メリット
  • 市場の課題
    • 設計と運用の課題
  • 市場機会
    • 新興国での5G導入に向けた継続的な取り組み

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • スモールセル
    • マクロセル
  • エンドユーザー別
    • 商業
    • 住宅用
    • 産業用
    • 政府機関
    • スマートシティ
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競争環境

  • 企業プロファイル
    • Huawei Technologies Co., Ltd.
    • ZTE Corporation
    • Nokia Corporation
    • CommScope Holding Company, Inc.
    • Qualcomm Technologies, Inc
    • Qorvo inc
    • Alpha networks inc
    • NEC Corporation
    • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • Samsung Group

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 50000859
5G Base Station - Market - IMG1

The global 5G base station market was valued at USD 41.12 billion in the current year. It is expected to reach USD 141.35 billion by the end of the forecasted year, registering a CAGR of 28.01% during the forecast period.

Key Highlights

  • Because of the rising need for high-speed data with lower latency, the 5G base station market is likely to evolve significantly throughout the studied period. Furthermore, the growth of the 5G Internet of Things ecosystem and robust communication services is anticipated to provide lucrative prospects for the 5G base station market to develop. Furthermore, one of the primary reasons propelling market expansion is the growing trend to employ networked devices.
  • A majority of the 5G networks are feasible to be composed of small cells. Small cells are critical to the functionality of 5G networks because they provide the improved data capacity that 5G demands. They also enable providers to reduce costs by eliminating expensive rooftop systems and installation costs, and they are expected to allow improvements in the performance and battery life of mobile handsets. In today's environment, small cells are required for applications needing increased bandwidth and the increasing number of connected devices. For instance, according to Cisco Systems Inc., 500 billion devices will be connected to the internet by 2030. Moreover, 5G telecom operators are focused on deploying small cells under a low-frequency band to provide enhanced bandwidth services to the customer.
  • Further, according to Ericsson, 5G subscriptions are expected to increase globally between 2022 and 2023, rising from over 0.55 billion to over 1.67 billion. Further, According to GSMA, The usage of 5G in GCC states will be slightly higher (16% customer 5G adoption) than the global average (15%) by 2025, mainly driven by governments and mobile operators with the support of mobile technology partners. Moreover, the number of 5G subscriptions is expected to reach 129.62 million in the Middle East and North African regions. Such a huge rise in 5g subscriptions would drive the market.
  • According to the Ministry of Industry and Information Technology China, At the end of 2022, the number of 5G base stations in China amounted to 2.31 million. With extensive infrastructure investments and ambitious rollout plans, China has achieved significant 5G coverage. According to estimates, the number of base stations is expected to reach over six million by 2024. Further, according to the Ministry of Internal Affairs and Communications (Japan), More than 45 million 5G subscriptions were estimated in Japan as of 2022. The domestic rollout of 5G networks by Japan's major mobile carriers KDDI, SoftBank, NTT Docomo, and Rakuten Mobile started a few years back with an initial focus on urban areas. The Japanese government intends to reach a coverage of 95% of the population by March 2024.
  • Moreover, several authorities are focusing on addressing the spectrum challenges and reducing the cost barriers associated with deploying 5G infrastructure. For instance, in July 2023, the draft requirements for the radio frequency auction that will enable the deployment of 5G throughout the nation were issued by Sutel, the Costa Rican telecom authority. The implementation of infrastructure is given priority above collecting fees for spectrum rights in the current plan, in contrast to earlier auctions. This indicates that no further contributions will be made to the Fonatel Telecommunications Development Fund. These initiatives align with the challenges posed by high initial capital expenditure and contribute to overcoming the restraints associated with deploying 5G networks.
  • During the Covid pandemic, it was expected that 5G, at least in its earliest version, would see mobile network operators (MNOs) globally launch deployment widely within their networks in both urban and rural areas, taking considerable advantage of the move by telecom regulators to free up spectrum in few frequency bands. Then the COVID-19 pandemic hit worldwide, causing significant supply chain interruptions that slowed down the expanded rollout of 5G at the beginning of covid.

5G Base Station Market Trends

Smart Cities are Expected to Drive the Market

  • Globally, smart cities are growing as urbanization picks up speed. According to the United Nations, India (404 million), China (292 million), and Nigeria will each have an extra 212 million urban dwellers by the year 2050. The highest pace of urbanization in the globe is observed in the emerging continent of Latin America.
  • Further, Globally, many smart city projects and efforts are being implemented, encouraging global investments owing to urbanization. The Organization for Economic Co-operation and Development (OECD) predicts that between 2010 and 2030, worldwide investments in smart city endeavors will total around USD 1.8 trillion for all metropolitan city infrastructure projects. Such developments towards smart cities are expected to raise the demand for the 5G base stations to provide uninterrupted services to its customers.
  • In a 5G-enabled Smart City, detecting an emergency can start several emergency response procedures, such as a quicker dispatch of first responders, medical teams, and firefighters to the disaster scene. The device may also automatically close fire shutters and switch on fire sprinklers when appropriate when a fire is detected. Building sensors can also detect fires, sending an alarm to the building's management system and instructing the actuators to act. Fire sprinklers are activated 1 to 2 seconds after a fire is detected because of 5G's faster response times.
  • In June 2022, At Critical Communications World Conference, Motorola Solutions launched several solutions to demonstrate how its mission-critical, integrated ecosystem of technologies is assisting the public safety industry in overcoming some of its most difficult and unforeseen challenges. While rapidly evolving technologies and user needs to continue to drive the need for modernization, public safety and military organizations must be prepared to handle any situation. This includes cross-border communication in significant emergencies, identifying threats with artificial intelligence (AI), and deploying cloud solutions for remote operations.
  • The players in the market are developing new 5G solutions to capture the smart cities market, which would proportionately increase the demand for the 5G base stations. For instance, in December 2022, a strategic alliance was established between, Dubai Integrated Economic Zones Authority (DIEZ) and Derq to provide advanced capabilities and competitive smart city solutions to DIEZ's Freezones. Top representatives and employees from both parties attended a signing ceremony to mark the partnership. With the new partnership, a 5G MEC server or platform from the Khazna Data Centre will enable DIEZ to demonstrate smart city solutions powered by 5G communication and edge computing technologies.
  • According to International Institute for Management Development, as of 2022, Denmark ranked as the most digitally competitive country in the world. Digital competitiveness rankings aim to analyze a country's ability to adopt and implement digital technologies within enterprises and government organizations. Many Nordic countries ranked high, with Sweden, Finland, and Norway in the top fifteen. The United States was ranked second, listed as the most competitive country in 2021. Such huge adoption of digitalization would create an opportunity for the 5G services, which would increase the installation of 5G base stations.
5G Base Station - Market - IMG2

North America is Expected to Hold Significant Share of the Market

  • The United States is one of the major innovators and investors in the 5G Base station market, owing to a high investment rate for 5G deployment. The telecom industry in the country accounts for a significant portion of the global consumption of 5G technology. Also, the United States dominates the regional 5G base station market regarding investment, adoption, and applications. Telecom operators in the country, such as AT&T, Verizon, and T-Mobile, have made billion-dollar deals with network equipment vendors, such as Ericsson, Samsung, Nokia, Huawei, and ZTE, to build up their 5G network infrastructure in the United St.
  • Moreover, in April 2023, The US Secretary of Commerce officially launched a USD 1.5 billion public wireless supply chain innovation fund, which will be used to build Open and Interoperability networks. By demonstrating the viability of new, open-architecture techniques for wireless networks, this initial budget round will ensure that the United States and its global allies and partners will produce the future of 5G and next-gen wireless technology. To demonstrate the feasibility of new wireless technologies, such as Open Radio Access Networks, with a view to removing barriers to their adoption, NTIA's first NOFO will seek to improve and extend tests in accordance with feedback received from these processes.
  • Further, the booming 5G deployments in the country will increase the demand for 5g base stations to support the 5G features and services being rolled out. For instance, according to Ericsson, there will be more than 195 million 5G subscriptions by 2026, and by 2029, in the United States, 5G will account for about 71.5% of the entire US mobile market. According to CTIA, rapid growth creates a platform for the US's 5G economy. It will lead to USD 275 billion in investment and 3 million new jobs, creating USD 500 billion in economic growth.
  • Canada is emerging as a potential market for the studied market. Over the past few years, the 5G industry has expanded, despite continued offshoring and greater competition from the US and East Asian manufacturers. In 2022, The Canadian findings from Ericsson's largest consumer survey have been made public. Ericsson is a key provider of 5G network services in Canada. According to the data, four million Canadian smartphone users intend to upgrade to 5G service in 12 to 15 months. Since 2020, Canadian smartphone users have had access to 5G networks. Ericsson's Consumer Lab performed the 5G: The Next Wave study. It demonstrates that the number of 5G users has multiplied by six over the previous two years. Additionally, eight out of ten Canadians already using 5G said they would not want to return to 4G. Only a third of 5G users believe they are linked to 5G more, despite 75% of Canadians having access to 5G.
  • In addition, the government aid in developing wireless connectivity in the nation is analyzed to boost the 5G base station demand. For instance, in May 2023, the Government of Canada launched A new framework to enhance connectivity and innovative 5G applications. A new licensing policy has been announced by the Minister of Innovation, Science and Industry that will make access to the local spectrum in 5G easier for internet service operators, innovation companies, as well as rural, frontier, or indigenous communities.

5G Base Station Industry Overview

The global 5G base station market is moderately consolidated with the presence of several players like Huawei Technologies Co., Ltd., ZTE Corporation, Nokia Corporation, CommScope Holding Company, Inc., Qualcomm Technologies, Inc., etc. The companies continuously invest in strategic partnerships and product developments to gain substantial market share. Some of the recent developments in the market are:

In June 2023, Huawei Technologies secured a significant contract that will supply over half of the 5G base stations for telco China Mobile between 2023 and 2024. The contracts have been split into two projects, with the first covering 63,800 base stations using the 2.6G Hz to 4.9 GHz spectrum, while the second covers 23,141 in the 700 MHz band. Huawei is estimated to have secured 45,426 5G base stations worth an estimated 4.1 billion yuan (USD574 million).

In February 2023, AccelerComm, the Layer 1 5G IP specialists, and TTP, an technology and product development firm based in the United Kingdom, announced they are developing a high-performance 5G LEO (low-earth orbit satellites) Regenerative - base station for deployment on LEO (low-earth orbit satellites). The project incorporates expertise and IP from the two companies and additional technology from partners to propose a dedicated 5G regenerative gNodeB solution tailored to support high-performance 5G services in a Non-Terrestrial Network (NTN) complex environment.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increase in Penetration Rate of Smartphones
    • 5.1.2 Key benefits offered by 5G over its predecessors
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Design & Operational Challenges
  • 5.3 Market Opportunities
    • 5.3.1 Ongoing efforts towards introduction of 5G in emerging countries

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Small Cell
    • 6.1.2 Macro Cell
  • 6.2 By End-User
    • 6.2.1 Commercial
    • 6.2.2 Residential
    • 6.2.3 Industrial
    • 6.2.4 Government
    • 6.2.5 Smart Cities
    • 6.2.6 Other End-Users
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETETIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Huawei Technologies Co., Ltd.
    • 7.1.2 ZTE Corporation
    • 7.1.3 Nokia Corporation
    • 7.1.4 CommScope Holding Company, Inc.
    • 7.1.5 Qualcomm Technologies, Inc
    • 7.1.6 Qorvo inc
    • 7.1.7 Alpha networks inc
    • 7.1.8 NEC Corporation
    • 7.1.9 Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • 7.1.10 Samsung Group

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET