デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1408166

クラウドコンピューティング-市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測2024年~2029年

Cloud Computing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
クラウドコンピューティング-市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測2024年~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クラウドコンピューティング市場規模は2024年に6,800億米ドルと推定・予測され、2029年には1兆4,400億米ドルに達すると予測され、予測期間(2024~2029年)のCAGRは16.40%で成長します。

Cloud Computing-Market-IMG1

企業向けルーターは、あらゆるビジネスや企業で日常的に利用される不可欠な製品です。ビッグデータ、AI、機械学習(ML)などの新たな技術により、クラウドコンピューティングに対する世界の需要が拡大しています。また、消費者の満足度を高めるために顧客中心のアプリケーションへの注目が高まっていることも、新興技術の台頭に影響を与えている要素の1つです。

主要ハイライト

  • クラウドベースのインフラは、こうした新しいデジタル・ビジネス・ソリューションの基盤となるリソースへの柔軟なオンデマンド・アクセスを提供します。この技術は、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)、オンライン・トランザクション処理(OLTP)、サプライチェーン管理(SCM)の各分野で有益です。2022年11月、Amazon Web Services Inc.は、企業が重要なネットワークデータにアクセスするために複数のシステムやベンダーを利用する必要性をなくすサプライチェーン管理アプリケーションを発表しました。AWS Supply Chainは機械学習機能を搭載したアプリケーションで、多数のサプライチェーンシステムにまたがるデータを自動的に結合・分析し、"統合データレイク"を構築します。
  • 企業はビジネス環境にハイブリッド・クラウドを導入する方向へと変化しています。ハイブリッド・クラウドの主要利点は俊敏性です。公開会社、非公開会社、オンプレミスのリソースを統合し、俊敏性と競争優位性を獲得しようとしています。そのため、IBMは2023年5月、企業がハイブリッド・マルチクラウド・インフラストラクチャの管理を容易にするために開発されたSaaS、IBM Hybrid Cloud Meshを発表しました。IBM Hybrid Cloud Meshは、「アプリケーション中心の接続性」によって、パブリッククラウドとプライベートクラウドにおけるアプリケーション接続のプロセス、管理、観測可能性を自動化し、現代の企業がハイブリッドマルチクラウドや異種環境にまたがってインフラを運用することを容易にするようにアレンジされています。
  • 市場はまた、クラウド・コンピューティングの採用を大きく後押しするいくつかの投資も確認しています。例えば、アマゾンのクラウドコンピューティング部門であるアマゾン・ウェブ・サービスは2023年5月、2030年までにインドのクラウドインフラに127億米ドルを投資する意向を明らかにしました。その目的は、クラウドサービスに対する同国の需要増に対応するためです。AWSによると、この投資により、インドの企業では年間平均13万1,700人のフルタイム相当の雇用が見込まれるといわれています。AWSは、2016年から2022年までのインドの国内総生産への貢献は、全体で約46億米ドルを上回ると評価しています。
  • 組織はますます、従業員が安全かつ生産的にリモートで作業できるソリューションを必要としています。一般従業員、コンタクトセンター・エージェント、クリエイティブ・プロフェッショナルのリモートワークを可能にするため、プロバイダーは自社のクラウドをベースにした専門的なソリューションを、安全かつタイムリーで手頃な価格で提供しています。しかし、クラウド・コンピューティングは、プラットフォーム、ソフトウェア、インフラをオンデマンドで提供する技術であるため、さまざまな種類のデータ侵害が起こりやすいです。セキュリティ対策が万全であれば、顧客はパブリック・クラウド・サービスにデータをアウトソースすることにセキュリティ上の懸念を抱くと思われます。クラウド・サービス・プロバイダーは顧客のデータを保護するために懸命に努力しているが、最も有名な企業でさえ問題を引き起こすようなデータ漏洩事件がいくつも起きています。例えば、ベライゾンによると、2022年、世界の金融業界で報告されたサイバー事件は1,829件だった。
  • さらに、マクロ経済の動向はクラウド・コンピューティング市場に大きな影響を与えます。インフレ圧力の高まりは、クラウド環境で事業を展開する企業のプロフェッショナル・サービスのコストを上昇させる可能性が高いです。例えば、OECDによると、経済協力開発機構(OECD)の年間月次インフレ率は、2021年2月から2022年10月まで右肩上がりで上昇し、インフレ率は前年同月比で10.7%に達しました。

クラウドコンピューティング市場動向

クラウドとのビジネス統合が業界全体のデジタル化を後押し

  • この新しいデジタル時代において、企業は新技術の統合によって機敏になることを目指しています。これは主にクラウド環境への移行によって達成されます。クラウドを利用することは、組み込まれた接続とインテリジェンスを獲得し、スマート・オペレーションの相互運用性を可能にし、クラウドとリンクしたデジタル・サービスのための強固な基盤を開発することを意味します。
  • デジタルトランスフォーメーションは、クラウドコンピューティングによって、単に新しい技術を採用することから、遠隔地の仮想環境におけるプロセス、ツール、エクスペリエンスの完全な再構築へと、さらなる次元を与えられます。クラウド・コンピューティングはセキュリティを強化し、ユーザー・エクスペリエンスを向上させ、ドキュメントを劣化から守る。このため、企業は現在、クラウド・コンピューティングを自社のエコシステムに組み込んでおり、クラウド・コンピューティング市場の成長に拍車をかけています。
  • 人間の操作に依存する時代遅れのオンプレミス・サーバー・モデルとは対照的に、クラウド・コンピューティングは自動化の膨大な機会を提供しています。Platform-as-a-Serviceモデル、Infrastructure-as-Code技術、自動バックアップ、ワークフローのバージョン管理プロビジョニング、ユーザーアクセスによるセキュリティ管理はすべて、クラウドによってシンプルになります。
  • クラウド・コンピューティングは、サプライチェーン・マネジメント(SCM)を迅速かつ成功裏に開発しようとする企業にとって、ゲームチェンジャーとして登場しました。例えば、2022年6月に開始された複数年にわたるパートナーシップの一環として、Google Cloudとコネチカット州を拠点とするXPO Logisticsは、サプライチェーン全体の商品移動を強化するために協力します。XPOはGoogle Cloudのデータ分析、機械学習、人工知能(AI)機能を活用し、可視性を向上させたより迅速で効果的なサプライチェーンを構築します。
  • 技術の導入以来、多くの銀行やフィンテック企業が徐々にクラウドに移行しています。金融セクターでは、データの生成と消費が急速に拡大しています。このソリューションは、オープン性を高めると同時に、消費者に監査手続きやデータに対するより多くのコントロールを与えます。よりスケーラブルなデータ分類方法を提供します。また、遠隔医療やバーチャル・ケア、服薬アドヒアランス、医薬品の盗難・偽造防止対策、資源の非効率性、個人データのプライバシー、医療記録の統一など、医療に関連するさまざまな機能は、クラウド・コンピューティングと医療の統合から得るものが大きいです。
  • Amazon、Google、Oracleなど複数の企業が、進化し複雑化する消費者の要求に応えるため、堅牢なクラウドインフラとサービスを提供しています。例えば、Flexera SoftwareのState of Cloud Report 2023によると、企業の回答者の75%がパブリッククラウドの利用にMicrosoft Azureを採用していると回答しています。ハイパースケーラとしても知られるAWS、Microsoft Azure、Google Cloudは、世界有数のクラウド・コンピューティング・プラットフォーム・プロバイダーです。
Cloud Computing-Market-IMG2

北米が大きな市場シェアを占める見込み

  • 過去数年間、北米がクラウド・コンピューティング市場を独占してきました。米国の企業はデジタルトランスフォーメーションを優先しています。モノのインターネット、付加製造、ビッグデータ分析、コネクテッド・インダストリー、人工知能、機械学習、仮想現実、4G、5G、LTEといった最新の通信技術など、先進技術をいち早く導入していると見られることが多いです。
  • この地域は近年、データ漏洩の増加に直面しています。例えば、Identity Theft Resource Centerによると、2022年、米国におけるデータ漏洩件数は1,802件に上った。一方、同年には約4億2,200万人がデータ漏洩、暴露、漏えいなどのデータ侵害の影響を受けました。このような事例は、同地域におけるクラウド・コンピューティングの採用を抑制する可能性が高いです。
  • 米国では、企業が一丸となって事業を成長させ、世界マーケットでの存在感を強く維持しようとしています。米国では、企業がITインフラやクラウドサービスへの投資を拡大し、同国が国境を越えたプライバシー保護規則(CBPR)を推進していることから、ビジネスチャンスが拡大すると予測されます。
  • より良い市民サービスを提供するため、政府機関はその経済モデルを見直しつつあります。米国連邦政府のクラウド・コンピューティング戦略によると、政府はクラウドの導入を加速するためにクラウドファースト政策を実施しました。クラウド・サービスとエッジ・コンピューティングの利用拡大が、米国のあらゆる規模の政府機関において、すでにさまざまなプラットフォームやベンダーで溢れかえっているデータセンターへのインフラ追加に取って代わりつつあります。
  • また、この地域では、技術的に先進的な消費者の要求に応えるいくつかの技術革新が見られます。例えば、2023年6月、Hewlett Packard Enterprise Co.は、ChatGPTに似た人工知能システムに電力を供給するよう設計されたクラウド・コンピューティング・サービスを展開すると発表しました。HPEのハイパフォーマンス・コンピューティングと人工知能部門によると、同社はスーパーコンピューターでの経験を活かし、ChatGPTのようなサービスを支える技術である大規模言語モデルと呼ばれるものに特化したサービスを提供します。

クラウド・コンピューティング業界概要

クラウド・コンピューティング市場は、現在多くの参入企業によって構成されているため、非常に断片化された段階にあります。クラウド・コンピューティング市場の主要企業は、常に進歩をもたらそうとしています。著名な企業数社は、市場での地位を固めるために、共同事業に参入し、新興国市場での足跡を拡大しています。この市場の主要企業には、Amazon Web Services, Inc、Google LLC, Ltd、Microsoft Corporation、Alibaba Cloud、Salesforce, Incなどが含まれます。

  • 2022年10月-Oracleは、南アフリカのヨハネスブルグにあるMicrosoft Azureサイトに新たなOracle Interconnectを構築し、Oracle Cloudヨハネスブルグ地域とMicrosoft Azure南アフリカ地域間の直接接続を提供すると発表しました。アフリカのユーザーは、最新のOracle Interconnectを利用して、Oracle Database Service for Microsoft Azureにアクセスできるようになりました。
  • 2022年10月-Google Cloudは、オープン・インフラストラクチャー・クラウド、データ・クラウド、Google Workspaceに対する新たなアプローチや改善など、さまざまな進化を発表しました。これは、データの意思決定者、開発者、構築者、ITチーム、サイバーセキュリティの専門家、とすべての従業員を含む組織内の個人が、実用的で重要かつ長期的な変革を達成できるよう支援することを目的としています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 世界のデジタルトランスフォーメーションへの力強いシフト
    • パンデミック後のリモートワーク関連政策がクラウド市場にポジティブな影響
  • 市場の課題
    • 規制遵守とデータ漏洩リスク
  • 市場機会
  • 業界エコシステム分析
  • COVID-19とマクロ経済動向がクラウドコンピューティングの情勢に与える影響の評価
  • 業界の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 業界の規制と標準

第5章 市場セグメンテーション

  • コンピューティングタイプ別
    • IaaS
    • SaaS
    • PaaS
  • エンドユーザー業界別
    • IT&テレコム
    • BFSI
    • 小売・消費財
    • 製造業
    • 医療
    • メディア&エンターテインメント
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • スペイン
      • 北欧
      • ベネルクス
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
    • ラテンアメリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Amazon.com, Inc.(AWS)
    • Google LLC
    • Microsoft Corporation
    • Alibaba Cloud
    • Salesforce, Inc
    • Adobe Group
    • Oracle Corporation
    • IBM Corporation
    • DXC Group
    • SAS
    • SAP SE

第7章 投資シナリオ

第8章 市場展望

目次
Product Code: 93301
Cloud Computing - Market - IMG1

The Cloud Computing Market size is estimated at USD 0.68 trillion in 2024, and is expected to reach USD 1.44 trillion by 2029, growing at a CAGR of 16.40% during the forecast period (2024-2029).

Enterprise routers are essential products that are utilized on a daily basis by any business or enterprise. The global demand for cloud computing is growing due to emerging technologies like big data, AI, and machine learning (ML). Also, increased focus on customer-centric applications to boost consumer satisfaction is one element impacting the rise of emerging technologies.

Key Highlights

  • Cloud-based infrastructure provides flexible, on-demand access to the resources underlying these new digital business solutions. The technology is beneficial for enterprise resource planning (ERP), online transaction processing (OLTP), and supply chain management (SCM) across sectors. In November 2022, Amazon Web Services Inc. launched a supply chain management application that would eliminate the requirement for businesses to utilize multiple systems and vendors to access critical network data. AWS Supply Chain is a machine learning-powered application that automatically combines and analyzes data across numerous supply chain systems, creating a "unified data lake."
  • Companies are transforming towards implementing hybrid cloud in their business environment. Agility is the hybrid cloud's main advantage. Companies are integrating public, private, and on-premises resources to acquire agility and competitive advantage. To that extent, in May 2023, IBM unveiled IBM Hybrid Cloud Mesh, a SaaS offering that is developed to facilitate enterprises to obtain management to their hybrid multi-cloud infrastructure. Driven by "Application-Centric Connectivity," IBM Hybrid Cloud Mesh is arranged to automate the process, management, and observability of application connectivity in public and private clouds to facilitate modern enterprises to operate their infrastructure across hybrid multi-cloud and heterogeneous environments.
  • The market is also witnessing several investments that significantly drive the adoption of cloud computing. For instance, in May 2023, Amazon's cloud computing unit, Amazon Web Services, revealed its intention to invest USD 12.7 billion in cloud infrastructure in India by 2030. The aim is to meet the country's increasing demand for cloud services. According to AWS, the investment is anticipated to support an average of 131,700 full-time equivalent jobs yearly in Indian businesses. AWS assesses that its overall contribution to India's gross domestic product from 2016 to 2022 surpassed approximately USD 4.6 billion.
  • Organizations increasingly need solutions that enable employees to operate remotely safely and productively. To enable remote work for normal employees, contact center agents, and creative professionals, providers offer specialized solutions based on their clouds in a secure, timely, and affordable manner. However, cloud computing is a technology that provides platforms, software, and infrastructure on demand, making it prone to various kinds of data breaches. If customers are certain that security measures are in place, they will raise security concerns about outsourcing their data to public cloud services. Although cloud service providers work hard to protect their client's data, there have been several data breach events to cause problems for even the most well-known businesses. For instance, according to Verizon, in 2022, there were 1,829 reported cyber incidents in the financial industry worldwide.
  • Further, macroeconomic trends have a significant impact on the cloud computing market. The rising inflationary pressure is likely to increase the costs of professional services for companies operating on cloud environment. For instance, according to OECD, the annual monthly inflation rate in the Organization for Economic Co-Operation and Development (OECD) increased steadily from February 2021 to October 2022, when the inflation rate reached 10.7% compared to the same month the previous year.

Cloud Computing Market Trends

Business Integration with Cloud Boosting Digitalization Across Industries

  • In this new digital era, companies are aiming to become agile with the integration of new technologies. This is mainly accomplished by moving to a cloud environment. Being in the cloud entails obtaining embedded connections and intelligence, enabling the interoperability of smart operations, and developing a solid foundation for digital services linked to the cloud.
  • Digital transformation is given an extra dimension by cloud computing, which transforms it from simply adopting new technology to a complete rebuilding of processes, tools, and experiences in a remote, virtual environment. Cloud computing boosts security, enhances user experience, and protects documents from deterioration. Because of this, businesses are now incorporating cloud computing into their ecosystem, fueling the growth of the cloud computing market.
  • In contrast to the outdated on-premises server model that relies on human operations, cloud computing offers enormous opportunities for automation. The Platform-as-a-Service model, Infrastructure-as-Code techniques, automatic backups, version control provisioning for workflows, and security control administration through user access are all made simpler by the cloud.
  • Cloud computing has emerged as a game-changer for businesses looking to develop Supply Chain Management (SCM) swiftly and successfully. For instance, as part of a multi-year partnership started in June 2022, Google Cloud and Connecticut-based XPO Logistics will work together to enhance the movement of commodities throughout supply chains. XPO will utilize Google Cloud's data analytics, machine learning, and artificial intelligence (AI) capabilities to build quicker, more effective supply chains with improved visibility.
  • Since the introduction of the technology, many banking and fintech organizations have gradually migrated to the cloud. Data generation and consumption are expanding quickly in the financial sector. The solution increases openness while granting consumers more control over auditing procedures and data. It offers a more scalable method of categorizing data. Also, a variety of healthcare-related functions, including telehealth and virtual care, medication adherence, drug anti-theft and counterfeiting measures, resource inefficiency, personal data privacy, and the uniformity of medical records, have a great deal to gain from the integration of cloud computing and healthcare.
  • Several companies like Amazon, google, and Oracle are offer robust cloud infrastructure and services to cater to the evolving and complex requirements of consumers. For intstacne, according to Flexera Software, state of cloud report 2023, 75% of enterprise respondents indicated that they were adopting Microsoft Azure for public cloud usage. AWS, Microsoft Azure, and Google Cloud, also known as hyperscalers, are among the leading cloud computing platform providers worldwide.
Cloud Computing - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Major Market Share

  • Over the past few years, North America controlled the Cloud Computing Market. Companies in the U.S. prioritize digital transformation. They are often seen as early adopters of advanced technologies like the Internet of Things, additive manufacturing, big data analytics, connected industries, artificial intelligence, machine learning, virtual reality, and the newest telecommunications technologies like 4G, 5G, and LTE.
  • The region is facing increasing data breaches in the recent years. For instance, according to Identity Theft Resource Center, in 2022, the number of data compromises in the United States totaled 1802 cases. Meanwhile, approximately 422 million individuals were affected in the same year by data compromises, including data breaches, exposure, and leakage. Such instances are likely to restrain the adoption of cloud computing in the region.
  • The United States businesses are working together to grow their operations and maintain a strong global presence a strong presence in the global marketplace. Opportunities for the United States are predicted to increase due to organizations investing more in IT infrastructure and cloud services and the country's promotion of Cross Border Privacy Rules (CBPR).
  • To provide better citizen services, government institutions are rethinking their economic models. According to the United States federal cloud computing strategy, the government implemented the CloudFirst policy to accelerate cloud adoption. Increased use of cloud services and edge computing is replacing the addition of infrastructure to data centers that are already overflowing with various platforms and vendors in U.S. government agencies of all sizes.
  • The region is also witnessing several innovations that cater to the requirements of the technologically advanced consumers. For instance, in June 2023, Hewlett Packard Enterprise Co. announced that it is rolling out a cloud computing service designed to power artificial intelligence systems similar to ChatGPT. HPE's high-performance computing and artificial intelligence unit said the company would use its experience in supercomputers to offer a service specifically for what are called large language models, the technology behind services like ChatGPT.

Cloud Computing Industry Overview

The Cloud Computing Market is at a highly fragmented stage as the market currently consists of many players. Several key players in the Cloud Computing market constantly try to bring advancements. A few prominent companies are entering into collaborations and expanding their footprint in developing regions to consolidate their positions in the market. The major player in this market includes Amazon Web Services, Inc, Google LLC, Ltd, Microsoft Corporation, Alibaba Cloud, Salesforce, Inc, and others.

  • October 2022 - Oracle announced the creation of a new Oracle Interconnect for the Microsoft Azure site in Johannesburg, South Africa, to provide direct connectivity between the Oracle Cloud Johannesburg area and the Microsoft Azure South Africa region. African users can now access the Oracle Database Service for Microsoft Azure on the back of the most recent Oracle Interconnect.
  • October 2022 - Google Cloud unveiled a variety of advancements, including fresh approaches and improvements for its open infrastructure cloud, data cloud, and Google Workspace. This aims to assist individuals within organizations - including data decision-makers, developers, builders, IT teams, cybersecurity experts, and all employees - in achieving practical, significant, and long-lasting transformation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Study Scope

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Robust Shift Towards Digital Transformation Across the World
    • 4.2.2 Post- Pandemic Remote Work-Related Policies Positively Impacting the Cloud Market
  • 4.3 Market Challenges
    • 4.3.1 Regulatory Compliance and Data Breaching Risk
  • 4.4 Market Opportunities
  • 4.5 Industry Ecosystem Analysis
  • 4.6 Assessment of the Impact of COVID-19 and Macro Economic Trends on the Cloud Computing Landscape
  • 4.7 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Threat of New Entrants
    • 4.7.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.7.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.4 Threat of Substitute Products
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.8 Industry Regulations & Standards

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Computing Type
    • 5.1.1 IaaS
    • 5.1.2 SaaS
    • 5.1.3 PaaS
  • 5.2 By End-user Verticals
    • 5.2.1 IT & Telecom
    • 5.2.2 BFSI
    • 5.2.3 Retail & Consumer Goods
    • 5.2.4 Manufacturing
    • 5.2.5 Healthcare
    • 5.2.6 Media & Entertainment
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 US
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 UK
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Spain
      • 5.3.2.5 Nordics
      • 5.3.2.6 Benelux
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 India
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of APAC
    • 5.3.4 Middle East & Africa
    • 5.3.5 Latin America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Amazon.com, Inc. (AWS)
    • 6.1.2 Google LLC
    • 6.1.3 Microsoft Corporation
    • 6.1.4 Alibaba Cloud
    • 6.1.5 Salesforce, Inc
    • 6.1.6 Adobe Group
    • 6.1.7 Oracle Corporation
    • 6.1.8 IBM Corporation
    • 6.1.9 DXC Group
    • 6.1.10 SAS
    • 6.1.11 SAP SE

7 INVESTMENT SCENARIO

8 MARKET OUTLOOK