デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1408141

治療用レンズ:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Therapeutic Lenses - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 140 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.74円
治療用レンズ:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 140 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

治療用レンズ市場は予測期間中に8.5%のCAGRで推移すると予想されています。

Therapeutic Lenses-Market-IMG1

COVID-19パンデミックの間、病院で眼科処置を受ける患者数は減少し、治療用レンズの使用を著しく妨げています。例えば、2021年6月にIndian Journal of Ophthalmologyが発表した調査研究によると、調査対象のクリニックでは7,500件の白内障手術が行われる見込みでした。しかし、パンデミックのため、2,500件しか実施できなかった。このデータは、COVID-19パンデミックの間に白内障手術が大幅に減少したことを示唆しています。さらに、Dovepressが2021年11月に発表した調査結果によると、3次医療機関における緑内障患者のパンデミック前とパンデミック期のデータを比較したところ、外来受診、視野検査、手術、投薬の総数がそれぞれ92.52%、93.84%、72.74%、19.63%減少したことが観察されました。このように、COVID-19の大流行は市場の成長に大きな影響を与えました。しかし、パンデミックは現在沈静化しているため、本調査の予測期間中、市場はパンデミック以前の成長レベルを経験すると予想されます。

市場は、眼疾患の負担の増加、糖尿病や白内障の有病率の増加、高度なプレミアム眼内レンズ(IOL)の採用率の上昇などの要因によって牽引されています。

世界保健機関(WHO)の2021年10月最新版によると、低・中所得地域では、遠方視力障害の有病率は高所得地域の4倍と推定され、近方視力障害に関しては、サハラ以南のアフリカ西部、東部、中部では未対処の近方視力障害の割合が80%を超えると推定される一方、北米、オーストラレーシア、西欧、アジア太平洋の高所得地域の割合は10%以下と報告されています。従って、これらの地域は、本調査の予測期間中、治療用レンズ市場の重要な成長地域となる可能性があります。

さらに、白内障と糖尿病の負担増が治療用レンズ市場の需要を促進すると予測されています。HelpMeSeeIndia Foundationによる2021年10月の統計によると、白内障は50~90歳の失明全体の66.2%に寄与しています。さらに、国際糖尿病連合(International Diabetes Federation)の2021年9月の報告書によると、2021年には20歳から79歳の約5億3,700万人が糖尿病に罹患しています。糖尿病患者の総数は、2030年には6億4,300万人、2045年には7億8,300万人に達すると予想されています。成人の糖尿病患者の4人に3人は低・中所得国に住んでいます。したがって、糖尿病患者は眼疾患を発症する可能性が高く、治療用レンズの需要が増加し、市場拡大が促されると予測されます。

このように、眼疾患の負担の大きさなど前述の要因はすべて、予測期間中の市場成長を後押しすると予想されます。しかし、レンズの質の低さとコストの高さは、予測期間中の市場成長を抑制すると予想されます。

治療用レンズ市場動向

多焦点眼内レンズは予測期間中に健全な成長が見込まれる

乱視用多焦点眼内レンズ(IOL)は、老眼と乱視の両方を矯正する先進的なソフトレンズで、乱視があっても40歳以降は眼鏡なしで過ごすことができます。多焦点コンタクトレンズは、老眼が他の2つ以上の屈折異常、特に近視と乱視を併発している場合に役立ちます。

2021年7月のEye and Vision誌に掲載された論文によると、この多焦点眼内レンズ(IOL)は、遠距離、中間距離、近距離での良好な視力(VA)、と許容可能なコントラスト感度を有し、高い確率で眼鏡を必要としないことが報告されました。多焦点眼内レンズ(MIOL)の移植は、遠方視力を提供し、白内障を治療する安全で効果的な方法です。このような多焦点眼内レンズの利点は、予測期間中の同分野の成長を促進すると予想されています。

さらに、老眼の有病率の増加が予測期間中の同分野の成長を支えています。2021年11月にIndian Journal of Ophthalmologyによって発表された調査研究によると、チェンナイの南インド人口における老眼の高い有病率があり、この調査では、異なる年齢層における老眼の有病率は糖尿病の状態の悪化とともに増加することが観察されており、したがって、糖尿病の有病率の増加は、調査された市場の成長にプラスの影響を与える可能性のある光学障害の負担の増加の原因となる追加の要因である可能性があります。

さらに、主要市場参入企業による製品発売の増加が市場成長を後押しすると予想されます。例えば、2021年2月、Johnson and Johnson Visionは、最新の治療用コンタクトレンズであるAcuvue OasysMultifocal with Pupil Optimized Designの欧州向けCE(Conformite Europeene)マークを取得しました。さらに2021年10月、CooperVisionは米国検眼学会(AAO)年次総会でMyDaymultifocalの発売を報告しました。この新しい1日使い捨ての多焦点軟性眼内レンズMyDayは老眼患者のために設計されました。MyDaylensesは、新しい両眼累進システムを採用した最初の製品です。この画期的なアプローチは、装着を簡素化し、すべてのレベルで最適な視力を提供します。

このように、多焦点眼内レンズの利点や様々な疾患の有病率の増加といった上述の要因は、このセグメントの成長を後押しすると予想されます。

Therapeutic Lenses-Market-IMG2

予測期間中、北米が市場で大きなシェアを占める見込み

北米は治療用レンズ市場で大きなシェアを占めており、予測期間中もその牙城を守り続けると予想されています。北米は、その先進的な医療システムにより、長年レンズに関するすべての主要な研究開発活動の拠点となっています。さらに、治療用レンズが受け入れられ、眼疾患の有病率が高まっていることも、市場の成長を促す主要要因の一つです。

視力不正確の増加は地域市場の成長を促進すると予想されます。例えば、Journal of Clinical Medicineが2023年4月に発表した論文によると、近視の高い有病率は世界的にも米国でも重要な公衆衛生上の問題と考えられており、人口の4%、1,300万人が罹患していると推定されています。このような近視の有病率は、市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、患者の需要を満たすための企業による発売など、いくつかの市場開拓により、北米地域はコンタクトレンズ市場における企業の成長にとって非常に魅力的で安定した地域となっています。2021年11月、米国検眼学会は、月1回交換のウォーターグラディエントコンタクトレンズであるAlconのTotal30を発売しました。さらに、2022年3月、Alconは、米国ニューオーリンズで開催されたSECO International 2022 Meetingにおいて、アイケアプロフェッショナル(ECP)とその患者を支援する最先端のイノベーション(乱視用DAILIES TOTAL1)を発表しました。このように、上記のすべての要因が予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

治療用レンズ産業概要

治療用レンズ市場は適度に断片化されています。治療用レンズの分野で事業を展開する主要企業は、戦略的買収、提携、製品上市、承認、イノベーションなどの重要な事業戦略を確立しており、市場参入企業が市場での確固たる地位を維持するために採用している重要な事業戦略のいくつかがあります。市場は、効率的で費用対効果の高い治療用レンズを開発するための研究開発活動に注力しています。治療用レンズ市場は、Alcon Inc.、Bausch Health Companies Inc.、Zeiss Group、Hoya Corporationなど、複数の大手企業で構成されています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 眼疾患の負担増
    • 糖尿病患者における白内障の増加
    • 高度なプレミアム眼内レンズの採用増加
  • 市場抑制要因
    • レンズの品質低下と高コスト
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:米ドルベース)

  • 製品タイプ別
    • 眼内レンズ
      • 単焦点眼内レンズ
      • 単焦点眼内レンズ
      • 多焦点眼内レンズ
      • トーリック眼内レンズ
    • 累進屈折力レンズ
    • その他
  • 用途別
    • 近視用
    • 老眼
    • 角膜手術/障害
    • 眼科手術後
    • ドラッグデリバリー
    • その他
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 外来センター
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC諸国
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Alcon Inc.
    • Bausch Health Companies Inc.
    • Carl Zeiss Meditec AG
    • EyeKon Medical Inc.
    • Hoya Corporation
    • HumanOptics AG
    • Johnson and Johnson Vision Care Inc.
    • Lenstec Inc.
    • Rayner
    • STAAR Surgical Company

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 92002
Therapeutic Lenses - Market - IMG1

The therapeutic lenses market is expected to register a CAGR of 8.5% during the forecast period.

The number of patients undergoing ophthalmology procedures at the hospital declined during the COVID-19 pandemic, significantly hampering therapeutic lens usage. For instance, according to a research study published by the Indian Journal of Ophthalmology in June 2021, the studied clinics were expected to perform 7,500 cataract procedures. Still, due to the pandemic, they could perform only 2,500 procedures. This data suggests a significant decrease in cataract procedures during the COVID-19 pandemic. Furthermore, as per the research study published by Dovepress in November 2021, on the comparison of the pre-pandemic and pandemic periods data for glaucoma patients in a tertiary centre, it was observed that the total number of outpatient clinical visits, visual field exams, surgical procedures, and medications released decreased by 92.52%, 93.84%, 72.74%, and 19.63%, respectively. Thus, the COVID-19 outbreak affected the market's growth significantly; however, as the pandemic has currently subsided, the market is expected to experience pre-pandemic growth levels during the study's forecast period.

The market is driven by factors such as the increasing burden of eye diseases, the increasing prevalence of diabetes and cataracts, and the rising adoption of advanced premium intraocular lenses (IOLs).

According to the World Health Organization October 2021 update, in low- and middle-income regions, the prevalence of distance vision impairment is estimated to be four times higher as compared to the high-income areas, while, in terms of near vision impairment, rates of unaddressed close vision impairment are estimated to be greater than 80% in western, eastern and central sub-Saharan Africa, while comparative rates in high-income regions of North America, Australasia, Western Europe, and of Asia-Pacific are reported to be lower than 10%. Thus, these regions may emerge as significant growth regions for the therapeutic lens market over the forecast period of the study.

Moreover, the growing burden of cataracts and diabetes is anticipated to drive the demand for therapeutic lenses market. According to the October 2021 statistics by the HelpMeSeeIndia Foundation, cataract contributes to 66.2% of overall blindness in people between 50-90 years of age. In Addition, as per the September 2021 report of the International Diabetes Federation, diabetes affected approximately 537 million persons aged 20 to 79 in 2021. The total number of people with diabetes was expected to reach 643 million by 2030 and 783 million by 2045. Three out of every four adults with diabetes lived in low- and middle-income nations. Therefore, people with diabetes are more likely to develop eye diseases, which is predicted to increase demand for therapeutic lenses and stimulate market expansion.

Thus, all aforementioned factors such as the high burden of eye diseases are expected to boost market growth over the forecast period. However, poor quality and high cost of the lens are expected to restrain the market growth over the forecast period.

Therapeutic Lenses Market Trends

Multifocal Intraocular Lens is Expected to Witness Healthy Growth Over the Forecast Period

A multifocal intraocular lens (IOL) for astigmatism are advanced soft lenses that correct both presbyopia and astigmatism, so one can remain glasses-free after age 40 even if have astigmatism. Multifocal contact lenses can help if a person develops presbyopia along with more than one other refractive error, most often, myopia and astigmatism together.

According to the article published in the Eye and Vision in July 2021, a study was conducted that reported that good visual acuity (VA) at far, intermediate, and close ranges, as well as acceptable contrast sensitivity, this multifocal intraocular lens (IOL) offers a high percentage of spectacle independence. MIOL implantation could provide full-distance visual acuity and is a safe, effective way to treat cataracts. These advantages of the multifocal intraocular lens are therefore anticipated to fuel the segment's growth over the forecast period.

Additionally, the growing prevalence of presbyopia supports the growth of the segment over the forecast period. According to a research study published by the Indian Journal of Ophthalmology in November 2021, there was a high prevalence of presbyopia in the South Indian population of Chennai and the study has observed that the prevalence of presbyopia in different age groups increases with worsening diabetes status and thus, the growing diabetes prevalence may be an additional factor responsible for the increase in the burden of optical disorders which may have a positive impact on the growth of the studied market.

Furthermore, growing product launches by the key market players are anticipated to boost market growth. For Instance, in February 2021, Johnson & Johnson Vision received the Conformite Europeene (CE) mark for its latest therapeutic contact lens, Acuvue OasysMultifocal with Pupil Optimized Design for Europe. Additionally, in October 2021, CooperVision reported the launch of MyDaymultifocal, at the American Academy of Optometry (AAO) annual meeting. The new, daily disposable, multifocal, soft intraocular lens, MyDay, has been designed for patients with presbyopia. MyDaylenses is the first to feature a new Binocular Progressive System- a breakthrough approach that simplifies fit and provides optimal visual acuity at all levels.

Thus, the factors mentioned above such as the advantages of multifocal intraocular lenses and the increasing prevalence of various diseases are expected to boost the segment growth.

Therapeutic Lenses - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market Over the Forecast Period

North America holds a significant share of the market for therapeutic lenses and is expected to continue its stronghold over the forecast period. North America has been the hub of all major research and development activities related to lenses for many years due to its advanced healthcare system. Furthermore, the growing acceptance of therapeutic lenses and the growing prevalence of eye diseases is also one of the major factors driving the growth of the market.

The rise in visual inaccuracies is expected to drive regional market growth. For instance, according to an article published by the Journal of Clinical Medicine in April 2023, a high prevalence of myopia is considered a significant public health issue globally and in the United States, and it is estimated to affect 4% of the population or 13 million people. Such a prevalence of myopia is expected to drive the growth of the market.

Moreover, with several developments, such as launches by companies to meet the demand of patients, the North American region is a highly attractive and stable region for the growth of companies in the contact lenses market. In November 2021, the American Academy of Optometry launched the Alcon's Total30, a monthly replacement Water Gradient contact lens. Additionally, in March 2022, Alcon debuted leading innovations (DAILIES TOTAL1 for Astigmatism) that are helping Eye Care Professionals (ECPs) and their patients see brilliantly during the SECO International 2022 Meeting in New Orleans, United States. Thus, all factors above are anticipated to drive market growth over the forecast period.

Therapeutic Lenses Industry Overview

The therapeutic lens market is moderately fragmented. Key companies operating in the therapeutic lens arena have established vital business strategies such as strategic acquisitions, collaborations, product launches, approvals, and innovations, some of the significant business strategies that market participants adopt to maintain a strong market position. The market is focusing on research and development activities to develop efficient and cost-effective therapeutic lenses. The therapeutic lens market consists of several major players, such as Alcon Inc., Bausch Health Companies Inc., Zeiss Group, and Hoya Corporation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Burden of Eye Diseases
    • 4.2.2 Increasing Cases of Cataracts in the Diabetic Population
    • 4.2.3 Rising Adoption of Advanced Premium IOLs
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Poor Quality and High Cost of Lens
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value USD)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Intraocular Lenses
      • 5.1.1.1 Monofocal Intraocular Lens
      • 5.1.1.2 Accommodative Intraocular Lens
      • 5.1.1.3 Multifocal Intraocular Lens
      • 5.1.1.4 Toric Intraocular Lens
    • 5.1.2 Progressive Lenses
    • 5.1.3 Others
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Myopia
    • 5.2.2 Presbyopia
    • 5.2.3 Corneal Surgery/Disorders
    • 5.2.4 Post Ocular Surgery
    • 5.2.5 Drug Delivery
    • 5.2.6 Others
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Ambulatory Centers
    • 5.3.3 Other End Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Alcon Inc.
    • 6.1.2 Bausch Health Companies Inc.
    • 6.1.3 Carl Zeiss Meditec AG
    • 6.1.4 EyeKon Medical Inc.
    • 6.1.5 Hoya Corporation
    • 6.1.6 HumanOptics AG
    • 6.1.7 Johnson and Johnson Vision Care Inc.
    • 6.1.8 Lenstec Inc.
    • 6.1.9 Rayner
    • 6.1.10 STAAR Surgical Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS