デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1408022

五酸化ニオブ-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

Niobium Pentoxide - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 160 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
五酸化ニオブ-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 160 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

五酸化ニオブ市場は、今年末までに6,374.07トンになると推定されます。

今後5年間で1万306.82トンに達すると予測され、予測期間中のCAGRは10.09%を超えます。

Niobium Pentoxide-Market-IMG1

COVID-19は五酸化ニオブセクターにマイナスの影響を与えました。世界のロックダウンと各国政府による厳しい規則により、ほとんどの生産拠点が閉鎖され、壊滅的な打撃を受けました。それにもかかわらず、2021年以降事業は回復しており、今後数年で大幅に上昇すると予想されます。

主要ハイライト

  • 短期的には、電気自動車分野からの需要拡大と製造部門からの高品質鋼材が市場需要を牽引する要因となっています。
  • 五酸化ニオブの急性暴露による健康問題への懸念が市場成長の妨げとなっています。
  • バイオメディカル分野からの需要の増加は、予測期間中、五酸化ニオブ市場の成長機会として作用しそうです。
  • アジア太平洋が市場を独占し、予測期間中に最も高いCAGRを示すと予想されます。

五酸化ニオブの市場動向

金属ニオブの生産における用途の増加

  • 五酸化ニオブ、特に工業グレードは、主にニオブ金属の生産に使用されます。さらに、五酸化ニオブ(99.9%)は、より高い品質を要求されるニオブ金属の生産にも使用されます。技術品質の五酸化ニオブ(98-99%)は、ニオブ金属の電熱と金属熱製造に適しています。
  • ニオブ金属は、耐高温性、耐食性、耐酸化性、耐クリープ性の向上、高温での浸食の低減を提供します。
  • ニオブ金属は、高温でも腐食性化学物質に対して優れた耐性を持つ。そのため、ニオブ金属は化学装置の製造に使用されます。具体的には、金属ニオブの板、板、線、棒、管は、スパッタリング対象、大型鋼構造物の陰極保護システム、化学処理装置に使用されています。さらに、医療用インプラントにも使用されています。
  • 世界鉄鋼協会の最新の短期展望によると、世界の鉄鋼需要は2022年には前年比2.3%減になると予測されています。しかし、2023年には1%回復すると予想されています。業界はインフレ、米国の金融引き締め、中国の減速、ロシアのウクライナ侵攻によって打撃を受け、エネルギー価格の高騰、金利上昇、信頼感の低下が需要予測を押し下げ、鉄鋼製造部門の減速につながった。
  • さらに、世界鉄鋼協会によると、2023年1~7月の世界の鉄鋼生産量は11億320万トンで、前年比0.1%減となった。この減少は主に欧州の生産が10.3%減少したことによる。しかし、アジア太平洋、アフリカ、中東はそれぞれ1.7%、7.0%、2.3%の伸びを記録し、2023年1~7月の生産能力は828.4トン、9トン、26.2トンでした。
  • 国際自動車製造者機構(OICA)によると、2022年には世界中で約8,501万台の自動車が生産され、2021年の8,020万5,000台と比較して5.99%の成長率を示しています。2022年には、世界中で約6,000万台の乗用車が生産され、2021年と比較して7.35%近く増加しました。
  • 最近、航空機メーカーは受注残を埋めるために生産を加速する方法を模索しています。例えば、Boeing Commercial Outlook 2023-2042によると、新型航空機の世界総納入数は2042年までに42,595機になると推定されています。このような莫大な納入が予想されるため、航空宇宙用の金属ニオブと合金を生産するための五酸化ニオブの需要は、世界的に増加する可能性が高いです。
  • 上記のすべての要因は、市場の成長を著しく高めると思われます。
Niobium Pentoxide-Market-IMG2

アジア太平洋が市場を独占すると予想される

  • 中国はアジア太平洋最大のGDP経済国です。同国は、米国との貿易戦争による貿易障害の後でも、2022年にはGDPが約3%成長しました。
  • 五酸化ニオブとその誘導体は、鉄鋼生産において重要な用途を見出します。ニオブを添加すると鉄鋼の強度が増します。さらに、ニオブは鋼の高温耐酸化性と耐食性を向上させ、延性脆性遷移温度を下げ、鋼に良好な溶接特性と成形性を提供します。具体的には、ニオブは高級構造用鋼や高強度低合金(HSLA)鋼、ステンレス鋼の製造に使用されます。
  • ニオブを主成分とするHSLA鋼は、主に自動車や建設分野で使用されています。具体的には、全自動車用薄板鋼種の約80%が、定期的にニオブで微細合金化されています。HSLA鋼は、燃費が良く、安全で長持ちする自動車の製造に使用されています。
  • OICA(Organisation Internationale des Constructeurs d'Automobiles)によると、2022年の中国の自動車生産台数は2,702万1,000台、自動車販売台数は2,686万4,000台に達し、それぞれ前年比3.4%増、2.1%増となった。
  • 中国政府は、経済成長全体を押し上げるため、国内の建設部門全体の投資拡大に注力しています。例えば、インフラ建設への融資を増やすための最近の動きには、政策銀行の融資比率を1,200億米ドル引き上げることが含まれます。政府はまた、地方政府がインフラ建設資金を調達するための特別債券枠のうち、最大約2,200億米ドルを地方政府が使用できるようにすることも検討しています。
  • さらに、インドは2025年までに5兆米ドルの経済大国になることを目指しています。その結果、インフラ整備が重要な役割を果たすことになります。政府は、インフラセクターの成長を後押しするため、Make in IndiaやProduction-Linked Incentives(PLI)スキームなどの他のイニシアチブとともに、National Infrastructure Pipeline(NIP)を立ち上げました。歴史的に、国のインフラ支出の80%以上は、交通、電力、水、灌漑の分野に費やされてきました。
  • また、建設分野では、ニオブ合金は構造部品や耐荷重部品の製造に使用されています。国土交通省によると、2022年には日本で約85万9,500千件の住宅開発が開始され、前年比0.4%増となった。
  • Boeing Commercial Outlook 2023-2042によると、中国では2042年までに約8,560件の新規引き渡しが行われると予測されています。中国では、2042年までに約8,560件の新規納入が予想されており、航空機部品、特にエンジンブレードの製造による五酸化ニオブの需要が増加するとみられます。
  • さらに、インドの航空宇宙産業は、民間航空セクターの活動の高まりとともに著しく増加しています。インドの航空宇宙製造事業の多くは、スパイスジェットやインディゴのようなインドの航空会社による大型航空機の需要の高まりと、パワード・バイ・アワー契約(PBH)への注力の結果として実施されると予想されています。
  • ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、日本は2022年に460億米ドルを軍事費に充て、2021年比5.9%増となります。さらに、南シナ海や東シナ海周辺での中国の主張の高まりは、日本などの国々における軍事費の主要な原動力となっています。
  • 以上のような要因から、この地域の五酸化ニオブ市場は予測期間中に安定した成長が見込まれます。

五酸化ニオブ産業概要

五酸化ニオブ市場は、上位5社が世界供給量の大半のシェアを支配している統合型市場です。主要参入企業(順不同)には、CBMM、Ximei Resources Holding Limited、Solikamsk Magnesium Plant OJSC、AMGなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 電気自動車セグメントからの需要拡大
    • 製造業からの高品質鋼材需要の拡大
  • 抑制要因
    • 急性暴露による健康問題への懸念
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量ベース))

  • グレード別
    • 工業用グレード(純度99.0%~99.8)
    • 3N
    • 4N
  • 用途別
    • ニオブ金属
    • 光学ガラス
    • スーパーキャパシタ
    • 超合金
    • セラミックス
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併、買収、合弁事業、提携、協定
  • 市場ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • AMG
    • CBMM
    • F&X Electro-Materials Limited
    • JX Nippon Mining & Metals Corporation
    • King-Tan Tantalum Industry Ltd
    • Mitsui Mining & Smelting Co. Ltd
    • MPIL
    • Solikamsk Magnesium Plant OJSC
    • Taki Chemical Co., Ltd.
    • XIMEI Resources Holding Limited

第7章 市場機会と今後の動向

  • バイオメディカル分野からの需要拡大
目次
Product Code: 91695
Niobium Pentoxide - Market - IMG1

The niobium pentoxide market is estimated to be at 6,374.07 tons by the end of this year. It is projected to reach 10,306.82 tons in the next five years, registering a CAGR of over 10.09% during the forecast period.

COVID-19 had a negative impact on the niobium pentoxide sector. Global lockdowns and severe rules enforced by governments resulted in a catastrophic setback as most production hubs were shut down. Nonetheless, the business has been recovering since 2021 and is expected to rise significantly in the coming years.

Key Highlights

  • Over the short term, the growing demands from the electric vehicles segment and high-quality steel from the manufacturing sector are some factors driving market demand.
  • Concerns about health issues on acute exposure to niobium pentoxide are hindering the growth of the market studied.
  • The increasing demand from the biomedical sector is likely to act as a growth opportunity for the niobium pentoxide market during the forecast period.
  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market and witness the highest CAGR during the forecast period.

Niobium Pentoxide Market Trends

Increasing Usage in the Production of Niobium Metal

  • Niobium pentoxide, especially industrial grade, is used mainly in producing niobium metal. In addition, niobium pentoxide (99.9%) is also used to produce niobium metal for higher quality requirements. Technical quality niobium pentoxide (98-99%) is suitable for the electrothermic and metallothermic manufacture of niobium metal.
  • Niobium metal offers high-temperature resistance, corrosion resistance, oxidation resistance, improved creep resistance, and reduced erosion at high temperatures.
  • Niobium metal has good resistance to corrosive chemicals, even at high temperatures. It is, therefore, used to construct chemical equipment. Specifically, niobium metal plates, sheets, wires, rods, and tubings are used in sputtering targets, cathode protection systems for large steel structures, and chemical processing equipment. Moreover, it is also used for medical implants.
  • According to the World Steel Association's latest short-term outlook, the global steel demand is estimated to drop by 2.3% year-on-year in 2022. However, it is expected to recover by 1% in 2023. The industry was hit by inflation, US monetary tightening, China's slowdown, and Russia's invasion of Ukraine, while high energy prices, rising interest rates, and declining confidence pushed demand forecasts down, leading to a slowdown in the steel manufacturing sector.
  • Furthermore, according to the World Steel Association, the global steel production for January to July 2023 stood at 1,103.2 million tons, a decline of 0.1% compared to the previous year. This decline is majorly due to the 10.3% decline in European production. However, Asia-Pacific, Africa, and the Middle East registered a growth of 1.7%, 7.0%, and 2.3%, respectively, with a production capacity of 828.4 MT, 9 MT, and 26.2 MT in the first seven months of 2023.
  • According to the Organisation Internationale des Constructeurs d'Automobiles(OICA), in 2022, around 85.01 million vehicles were produced across the world, witnessing a growth rate of 5.99% compared to 80.205 million vehicles in 2021, thereby indicating an increased demand for metal hoses from the automotive industry. In 2022, around 60 million passenger cars were manufactured worldwide, up nearly 7.35% compared to 2021.
  • Recently, aircraft manufacturers have been looking for ways to accelerate production to fill order backlogs. For instance, according to the Boeing Commercial Outlook 2023-2042, the total global deliveries of new airplanes are estimated to be 42,595 by 2042. Owing to such huge expected deliveries, the demand for niobium pentoxide to produce niobium metal and alloys for aerospace is likely to rise globally.
  • All factors mentioned above are likely to enhance the market's growth significantly.
Niobium Pentoxide - Market - IMG2

The Asia Pacific Region is Expected to Dominate the Market

  • China is the largest economy in terms of GDP in the Asia Pacific region. The country witnessed about 3% growth in its GDP in 2022, even after the trade disturbance caused due to its trade war with the United States.
  • Niobium pentoxide and its derivatives find their key applications in iron and steel production. The strength of steel increases upon adding niobium to it. Moreover, niobium also improves the high-temperature oxidation resistance and corrosion resistance of steel, reduces its ductile-brittle transition temperature, and offers good welding properties and formability to steel. Specifically, niobium is used in the production of high-grade structural steel or high-strength low alloy (HSLA) steels and stainless steel.
  • Niobium-based HSLA steels are mainly used in automotive and construction activities. Specifically, about 80% of all automotive sheet steel grades are regularly micro-alloyed with niobium. HSLA steels are used to manufacture fuel-efficient, safe, and long-lasting vehicles.
  • According to the OICA (Organisation Internationale des Constructeurs d'Automobiles), automobile production and sales in China reached 27.021 million units and 26.864 million units in 2022, up by 3.4% and 2.1% from the previous year, respectively.
  • The Chinese government is focusing on boosting investments across the construction sector in the country to boost overall economic growth. For instance, recent moves to increase financing for infrastructure construction include a USD 120 billion increase in the lending ratio of policy banks. The government is also considering allowing local governments to spend up to about USD 220 billion of the special bond quota, through which local governments fund infrastructure construction.
  • Furthermore, India aims to become a USD 5 trillion economy by 2025. As a result, infrastructure development will play a critical role. The government has launched the National Infrastructure Pipeline (NIP) along with other initiatives, such as the Make in India and Production-Linked Incentives (PLI) schemes, to boost the growth of the infrastructure sector. Historically, more than 80% of the nation's infrastructure spending has been spent in the areas of transportation, power, water, and irrigation.
  • Additionally, in construction, niobium alloys are used for producing structural and load-bearing parts. According to the Ministry of Land, Infrastructure, Transport, and Tourism (MLIT), Japan, in 2022, approximately 859.5 thousand housing developments were initiated in Japan, which represented an increase of 0.4% compared to the previous year.
  • According to the Boeing Commercial Outlook 2023-2042, in China, around 8,560 new deliveries are projected to be made by 2042. Owing to such new deliveries in the country, the demand for niobium pentoxide from manufacturing aircraft components, especially engine blades, is likely to rise.
  • Moreover, the aerospace industry in India is increasing significantly with the rising activities from the civil aviation sector. Many of India's aerospace manufacturing operations are anticipated to be carried out as a result of the rising demand for big aircraft from Indian carriers like SpiceJet and Indigo and the focus on Powered by Hour Contracts (PBH).
  • According to the Stockholm International Peace Research Institute (SIPRI), Japan allocated USD 46.0 billion to its military in 2022, up 5.9% from 2021. Moreover, China's growing assertiveness in and around the South and the East China Seas has become a major driver of military spending in countries such as Japan.
  • Due to the above-mentioned factors, the market for niobium pentoxide in the region is expected to have steady growth during the forecast period.

Niobium Pentoxide Industry Overview

The niobium pentoxide market is consolidated in nature, with the top five players controlling the majority of the share of the global supply. Some of the major players (not in any particular order) include CBMM, Ximei Resources Holding Limited, Solikamsk Magnesium Plant OJSC, and AMG, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Report

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand from the Electric Vehicles Segment
    • 4.1.2 Growing Demand for High-Quality Steel from the Manufacturing Sector
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Concerns About Health Issues on Acute Exposure
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 By Grade
    • 5.1.1 Industrial Grade (purity: 99.0% to 99.8%)
    • 5.1.2 3N
    • 5.1.3 4N
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Niobium Metal
    • 5.2.2 Optical Glass
    • 5.2.3 Supercapacitors
    • 5.2.4 Superalloys
    • 5.2.5 Ceramics
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers, Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 AMG
    • 6.4.2 CBMM
    • 6.4.3 F&X Electro-Materials Limited
    • 6.4.4 JX Nippon Mining & Metals Corporation
    • 6.4.5 King-Tan Tantalum Industry Ltd
    • 6.4.6 Mitsui Mining & Smelting Co. Ltd
    • 6.4.7 MPIL
    • 6.4.8 Solikamsk Magnesium Plant OJSC
    • 6.4.9 Taki Chemical Co., Ltd.
    • 6.4.10 XIMEI Resources Holding Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growing Demand from the Biomedical Sector