デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1407015

細胞バンキングアウトソーシング - 市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)

Cell Banking Outsourcing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
細胞バンキングアウトソーシング - 市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の細胞バンキングアウトソーシングの市場規模は、予測期間中にCAGR 16.9%で成長すると予測されています。

Cell Banking Outsourcing - Market - IMG1

COVID-19は細胞バンキングアウトソーシング市場の成長に大きな影響を与えました。閉鎖措置により、世界中で幹細胞の調達と提供が制限されました。例えば、Bone Marrow Transplantation誌(2021年10月号)に掲載された研究によると、各国の封鎖措置の実施、国際国境の閉鎖、航空機や列車の運行制限のため、細胞バンキングの閉鎖によって、国内外のドナーから幹細胞を入手することがより困難になったことが観察されました。しかし、コロナウイルス感染者の増加に伴い、パンデミックの間、肺組織の治療や回復のために幹細胞の使用が増加しました。例えば、2022年2月にMolecular Biomedical誌に掲載された論文によると、間葉系幹細胞は免疫系を調節することによってCOVID-19疾患を治療する臨床試験で有望な結果を示したことが観察されました。さらに、ヒト羊膜上皮細胞(hAECs)とヒト間葉系間質細胞(hAMSCs)が、呼吸器疾患に対する前臨床研究と臨床試験で使用されました。これらは、in vivoの肺損傷モデルにおいて、炎症反応を抑え、肺組織を回復させることが示されました。幹細胞の使用は、細胞バンキングサービスの需要を増加させました。このように、調査された市場は成長を目の当たりにし、予測期間中にその潜在能力をフルに発揮することが期待されています。

細胞治療に対する需要の高まり、幹細胞バンキングに対する認知度の向上、慢性疾患の負担増などの要因が、予測期間中の市場成長を後押しすると予想されます。

人口の慢性疾患罹患率の増加は、効果的なバイオテクノロジーベースの製品や再生医療の必要性を高めています。これは、幹細胞を保存するための細胞バンキングサービスの需要を押し上げ、市場成長を促進すると予想されます。例えば、アルツハイマー病協会(Alzheimer's Association)が発表した2022年の統計によると、アメリカでは2022年に約650万人がアルツハイマー病を患い、2060年には1,380万人に達すると予測されています。また、2022年1月に発表されたBHSイングランドのファクトシートによると、2021年のイングランドでは約640万人が心血管疾患を患っていました。2022年3月にBMJ Global Healthに掲載された記事によると、脊髄性筋萎縮症(SMA)はブラジルで年間約250~300人の新生児が罹患しています。このように、国民の間で心臓病やアルツハイマーの負担が大きいことから、先進的な細胞療法の開発に注力する企業が増え、市場開拓が進むと予想されます。

さらに、幹細胞の利用や将来のために幹細胞を保存することの利点に関する人々の意識の高まりが、幹細胞バンキングへの需要をさらに押し上げ、市場の成長に寄与しています。例えば、2021年5月にAnnals of the Romanian Society of Cell Biology誌に掲載された論文によると、デリー-NCRにおいて、幹細胞バンキングに関する知識、認識、受容の基礎について、両親を対象とした横断的なアンケートが実施されました。その結果、96.4%の親が幹細胞バンキングについて知っており、84.5%の親が臍帯血の保存について完全に理解していることが確認されました。また、約45%の親が、幹細胞バンキングは将来の深刻な病気の治療に役立つため、必要不可欠であると考えています。これに対し、68%の人が幹細胞バンキングに興味を持ち、幹細胞がどのように利用されるのかもっと知りたいと考えています。

さらに、幹細胞治療の研究開発を加速させるための政府の取り組みが活発化していることから、幹細胞を将来の使用のために保存するための幹細胞バンキングアウトソーシングの需要が増加すると予想されます。例えば、2022年2月、インド政府は国内の再生医療の研究開発を促進するため、40の一流医療研究・教育機関に最先端の幹細胞研究施設を設立する支援を行った。

したがって、上記の要因から、調査対象市場は予測期間中に成長すると予想されます。しかし、治療費の高騰や採取時の法的・倫理的問題の変化が、予測期間中の細胞バンキングアウトソーシング市場の成長を阻害する可能性が高いです。

細胞バンキングアウトソーシング市場の動向

人工多能性幹細胞バンキングセグメントが調査対象市場で主要シェアを占める見込みです。

人工多能性幹細胞(iPSC)のようなヒト多能性幹細胞は、難治性の疾患や傷害を治療するための細胞療法に前例のない機会を提供します。治療応用に必要なあらゆるヒト細胞を無限に作り出すことができます。

多能性幹細胞バンキング分野は、がん治療へのiPSC採用の増加や製品上市の増加などの要因から、予測期間中に細胞バンキングアウトソーシング市場で大きな成長が見込まれます。

2021年2月にStem Cell Research誌に掲載された記事によると、多能性幹細胞研究とイノベーションは、研究開発と疾病のモデル化、薬物試験と毒物学的分析の実施、細胞治療ソリューションの生成にますます採用されています。さらに、2021年1月にDovepressに掲載された論文によると、がん幹細胞が細胞表面のシグナルを沈黙させる能力は、免疫システムを助ける可能性があることが観察されました。腫瘍の位置を認識し、腫瘍の積荷が健康な細胞に付着するのを防ぐことができるため、腫瘍の形質転換を防ぐことができます。さらに、同じ情報源によれば、人工多能性幹細胞(iPSC)は、iPSCとがん細胞との間の表面抗原の類似性により、将来、腫瘍細胞に対する免疫やワクチン接種に使用される可能性があります。このように、iPSCに関連する調査研究が増加していることから、予測期間中に同分野の成長が拡大すると予想されます。

さらに、iPSC調査への資金提供の増加も、同分野の成長を促進すると予想されています。例えば、NIHが発表したデータによると、2022年5月、政府は米国における人工多能性幹細胞の研究開発を支援するために、2021年の7億1,300万米ドルに対し、2022年には推定7億4,000万米ドルの資金を提供しました。iPSCへのこのような巨額の投資は、その採用を増加させ、それによってバンキングサービスの需要を促進すると予想されます。

さらに、成長企業は臨床研究のために人工多能性幹細胞サービスを企業や他の研究機関に提供し、セグメント成長に貢献しています。例えば、2021年9月、株式会社アイピースは米国で臨床グレードの個別化iPSCバンキングサービスを開始する予定です。このサービス開始は、同社の新しいシステム技術による幹細胞バンキングサービスの拡大を支援するものです。これは、1つの施設で多数のドナーから臨床グレードのiPS細胞を大量かつ同時に生産する方法です。さらに、同社は2025年までに1年間に数千ラインの臨床グレードiPS細胞を生産する計画も立てています。

したがって、上記の要因により、研究セグメントは予測期間中に成長すると予想されます。

Cell Banking Outsourcing-Market-IMG2

予測期間中、北米が大きな市場シェアを占める見込みです。

北米は予測期間中に大きな市場シェアを占めると予想されます。これは、慢性疾患の有病率の上昇、細胞治療や遺伝子治療をベースとした製品開発の増加、幹細胞に関する研究資金の増加、主要市場企業の存在といった要因によるものです。

1型糖尿病(T1DM)、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病、心臓病など、様々な慢性疾患の治療を目的とした幹細胞を用いた研究件数の増加が、このセグメントの成長を促進する主要因となっています。例えば、2022年7月にStem Cell Research and Therapyに掲載された論文によると、間葉系幹細胞(MSC)が最も有望であることが観察されています。これはドーパミン作動性ニューロンに成長し、神経栄養因子を放出することができるため、神経変性疾患を治療することができます。また、2022年3月に『Frontiers in Endocrinology』に掲載された論文によると、幹細胞は免疫寛容を回復させ、膵島細胞の活性を維持することによって、T1DMを効果的に治療できることが観察されました。幹細胞移植は、T1DM治療の最も有望な選択肢の一つです。従って、このような調査研究により、様々な疾患の治療に幹細胞を用いた治療法や薬剤の採用が増加すると予想されます。その結果、細胞バンキングサービスへの需要が高まり、市場の成長が促進されると予想されます。

幹細胞研究の増加やそれに関連する資金調達も、同分野の成長に寄与しています。例えば、NIHが発表したデータによると、2022年5月、米国では幹細胞研究のために約22億7,900万米ドルが政府から資金提供されたが、2021年には21億8,600万米ドルでした。このような資金提供によって、様々な慢性疾患の治療に有効な幹細胞医薬品の市場開拓が進み、市場の成長が促進されると予想されます。

さらに、同地域でバンキングサービスセンターを製造し、細胞バンキングアウトソーシングサービスを提供する企業が増加していることも、市場成長に寄与しています。例えば、2021年9月、STEMCELL Technologies社はWiCell社との提携により、ヒト多能性幹細胞(hPSC)の特性評価とバンキングサービスを開始しました。これらのサービスは、研究者に包括的な細胞の品質評価を提供し、標準化された手法で細胞バンキングを作成することを可能にします。

したがって、上記の要因により、調査対象市場は予測期間中に成長すると予想されます。

細胞バンキングアウトソーシング業界の概要

細胞バンキングアウトソーシングの市場競争は緩やかです。この市場を牽引しているのは、細胞バンキングサービスの採用の増加、バイオ医薬品の新薬上市の増加、主要企業間の提携の増加です。市場の主要企業としては、Charles River Laboratories, Inc.、Merck KGaA、Cryo-Cell International Inc.、Clean Biologics、GBI、LifeCell International Pvt. Ltd、SGS Life Sciencesなどが挙げられます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 細胞治療に対する需要の高まり
    • 幹細胞バンキングに対する意識の高まり
    • 慢性疾患の増加
  • 市場抑制要因
    • 治療費の高騰
    • 採取時の法的・倫理的問題の変化
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション - 市場規模:金額別(米ドル)

  • バンクタイプ別
    • マスター細胞バンキング
    • ワーキング細胞バンキング
    • ウイルス細胞バンキング
  • 細胞タイプ別
    • 幹細胞バンキング
      • 臍帯幹細胞バンキング
      • 胚性幹細胞バンキング
      • 成人幹細胞バンキング
      • 歯科幹細胞バンキング
      • 人工多能性幹細胞バンキング
    • 非幹細胞バンキング
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Charles River Laboratories, Inc.
    • Merck KGaA
    • Cryo-Cell International Inc.
    • Clean Biologics
    • Cordlife Group Limited
    • Cryoviva India
    • GBI
    • LifeCell International Pvt. Ltd
    • Lonza
    • Reliance Life Sciences
    • SGS Life Sciences
    • Texcell
    • Wuxi Apptec

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 90616
Cell Banking Outsourcing - Market - IMG1

The cell banking outsourcing market is expected to register a CAGR of 16.9% over the forecast period.

COVID-19 significantly impacted the growth of the cell banking outsourcing market. The lockdown measures restricted stem cell procurement and donation across the globe. For instance, according to the study published in Bone Marrow Transplantation, October 2021, it was observed that due to the implementation of national lockdowns, international border closures, and aircraft and train circulation limitations, shutting down of cell banks made it more challenging to obtain stem cells from foreign and domestic donors. However, with the increased coronavirus cases, the use of stem cells increased during the pandemic for treating and restoring lung tissues. For instance, according to an article published in Molecular Biomedical in February 2022, it was observed that mesenchymal stem cells showed promising results in clinical trials for treating COVID-19 disease by modulating the immune system. In addition, human amniotic epithelial cells (hAECs) and human mesenchymal stromal cells (hAMSCs) were used in preclinical studies and clinical trials against respiratory diseases. They were shown to reduce the inflammatory response and restore the pulmonary tissue in lung injury in vivo models. The use of stem cells increased the demand for cell banking services. Thus, the studied market witnessed growth and is expected to gain its full potential over the forecast period.

Factors such as the growing demand for cell therapies, increasing awareness of stem cell banking, and the rising burden of chronic diseases are expected to boost market growth over the forecast period.

The increasing incidence of chronic diseases among the population raises the need for effective biotechnology-based products or regenerative medicines. It is anticipated to boost the demand for cell banking services for storing stem cells, propelling the market growth. For instance, according to the 2022 statistics published by the Alzheimer's Association, about 6.5 million people were living with Alzheimer's in America in 2022, projected to reach 13.8 million by 2060. Also, according to the BHS England Factsheet, published in January 2022, about 6.4 million people were living with cardiovascular diseases in England in 2021. According to an article published in BMJ Global Health in March 2022, spinal muscular atrophy (SMA) affects approximately 250-300 newborns annually in Brazil. Thus, the high burden of heart disease and Alzheimer's among the population is anticipated to increase the company's focus on developing advanced cell therapy, thereby bolstering market growth.

Furthermore, the increasing awareness among the population regarding the use of stem cells and the benefits of storing them for the future further propelled the demand for stem cell banking, contributing to market growth. For instance, according to an article published in the Annals of the Romanian Society of Cell Biology in May 2021, a cross-sectional questionnaire was asked to the parents on the basics of their knowledge, awareness, and acceptance regarding stem cell banking in Delhi-NCR. It was observed that 96.4% of parents were aware of stem cell banking, and 84.5% were completely familiar with the storage of umbilical cord blood. Also, about 45% of parents believe that stem cell banking is vital as it will aid in treating serious diseases in the future. In comparison, 68% of individuals were interested in stem cell banking and wanted to know more about how stem cells are used.

Moreover, the growing government initiatives to accelerate the research and development of stem cell therapy are expected to increase the demand for stem cell banking outsourcing to preserve stem cells for future use. For instance, in February 2022, the Government of India assisted in establishing state-of-the-art stem cell research facilities in 40 premier medical research and educational institutes to promote the study and development of regenerative medicine in the nation.

Therefore, owing to the factors above, the studied market is expected to grow over the forecast period. However, the high cost of therapies and legal and changing ethical issues during collection will likely impede the growth of the cell banking outsourcing market over the forecast period.

Cell Banking Outsourcing Market Trends

Induced Pluripotent Stem Cell Banking Segment is Expected to Hold a Major Share in the Market Studied.

Human pluripotent stem cells, such as induced pluripotent stem cells (iPSCs), provide unprecedented opportunities for cell therapies to treat intractable diseases and injuries. iPSC is created from skin or blood cells reprogrammed into an embryonic-like pluripotent state. It allows the generation of an infinite supply of any human cell required for therapeutic applications.

The pluripotent stem cell banking segment is expected to witness significant growth in the cell banking outsourcing market over the forecast period owing to factors such as the rising adoption of iPSC for treating cancers and growing product launches.

According to an article published in Stem Cell Research in February 2021, pluripotent stem cell research and innovation are increasingly employed to model development and disease, conduct drug testing and toxicological analyses, and generate cellular therapeutic solutions. Additionally, as per an article published in Dovepress in January 2021, it was observed that the ability of cancer stem cells to silence cell surface signals could help the immune system. It can recognize tumor locations and prevent tumor cargo from adhering to healthy cells, thus preventing their transformation. In addition, as per the same source, induced pluripotent stem cells (iPSCs) can be used to immunize and vaccinate people against tumor cells in the future due to surface-antigen similarity between iPSCs and cancer cells. Thus, increasing research studies related to iPSCs are expected to increase segment growth over the forecast period.

Furthermore, the rise in funding for iPSC research is also expected to propel the segment growth. For instance, according to the data published by NIH, in May 2022, the government funded an estimated USD 740 million to support the research and development of induced pluripotent stem cells in the United States in 2022, compared to USD 713 million in 2021. Such a huge investment in iPSC is anticipated to increase its adoption, thereby driving the demand for banking services.

Moreover, the growing company provides induced pluripotent stem cell services to companies and other research institutes for clinical research, contributing to the segment growth. For instance, in September 2021, I Peace, Inc. is planning to launch its clinical-grade personalized iPSC banking service in the United States. This launch assists the company in expanding its stem cell banking services with its novel system technology. It is how to massively and simultaneously produce clinical-grade iPSCs from many donors in a single facility. In addition, the company is also planning to produce up to a few thousand lines of clinical-grade iPSCs in a year by 2025.

Therefore, owing to the factors above, the studied segment is expected to grow over the forecast period.

Cell Banking Outsourcing - Market - IMG2

North America is Expected to Hold the Significant Market Share Over the Forecast Period

North America is expected to hold a significant market share over the forecast period. It is due to factors such as the rising prevalence of chronic diseases, increasing development of cell therapy or gene therapy-based products, growing research funding for stem cells, and the presence of key market players.

The rising number of stem cell-based research studies for treating various chronic diseases, such as type 1 diabetes (T1DM), Parkinson's disease, amyotrophic lateral sclerosis, Alzheimer's disease, heart disease, and others, is the key factor driving the segment's growth. For instance, as per an article published in Stem Cell Research and Therapy in July 2022, it was observed that mesenchymal stem cells (MSCs) are the most promising. It can develop into dopaminergic neurons and release neurotrophic factors, thus treating neurodegenerative illnesses. Also, according to an article published in Frontiers in Endocrinology in March 2022, it was observed that stem cells could effectively cure T1DM by restoring immunotolerance and maintaining islet-cell activity. Stem cell transplantation is one of the most promising alternatives for treating T1DM. Thus, such research studies are anticipated to increase the adoption of stem cell-based therapies and drugs for treating various diseases. It, in turn, is anticipated to fuel the demand for cell banking services, bolstering the market growth.

The increasing number of stem cell research studies and their related funding are also contributing to the segment's growth. For instance, according to the data published by NIH, in May 2022, about USD 2,279 million was funded by the government for stem cell research in 2022 in the United States, compared to USD 2,186 million in 2021. These types of funding are anticipated to increase the development and availability of effective stem cell medicines for treating various chronic diseases among the population, thereby propelling market growth.

Furthermore, the growing number of companies manufacturing banking services centers and providing cell banking outsourcing services in the region is also contributing to the market growth. For instance, in September 2021, STEMCELL Technologies launched human pluripotent stem cell (hPSC) characterization and banking services in partnership with WiCell. These services provide researchers with comprehensive cell quality assessments and enable them to generate cell banks using standardized practices.

Therefore, owing to the factors above, the studied market is expected to grow over the forecast period.

Cell Banking Outsourcing Industry Overview

The market for cell banking outsourcing is moderately competitive. The market is driven by the rise in the adoption of cell banking services, the rise in the launch of new biopharmaceutical drugs, and the rise in partnerships between key players. Some of the key companies in the market are Charles River Laboratories, Inc., Merck KGaA, Cryo-Cell International Inc., Clean Biologics, GBI, and LifeCell International Pvt. Ltd, SGS Life Sciences, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Demand For Cell Therapies
    • 4.2.2 Increasing Awareness for Stem Cell Banking
    • 4.2.3 Rise in Burden of Chronic Diseases
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Therapies
    • 4.3.2 Legal and Changing Ethical Issues During Collection
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD)

  • 5.1 By Bank Type
    • 5.1.1 Master Cell Banking
    • 5.1.2 Working Cell Banking
    • 5.1.3 Viral Cell Banking
  • 5.2 By Cell Type
    • 5.2.1 Stem Cell Banking
      • 5.2.1.1 Cord Stem Cell Banking
      • 5.2.1.2 Embryonic Stem Cell Banking
      • 5.2.1.3 Adult Stem Cell Banking
      • 5.2.1.4 Dental Stem Cell Banking
      • 5.2.1.5 Induced Pluripotent Stem cell Banking
    • 5.2.2 Non-stem Cell Banking
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Charles River Laboratories, Inc.
    • 6.1.2 Merck KGaA
    • 6.1.3 Cryo-Cell International Inc.
    • 6.1.4 Clean Biologics
    • 6.1.5 Cordlife Group Limited
    • 6.1.6 Cryoviva India
    • 6.1.7 GBI
    • 6.1.8 LifeCell International Pvt. Ltd
    • 6.1.9 Lonza
    • 6.1.10 Reliance Life Sciences
    • 6.1.11 SGS Life Sciences
    • 6.1.12 Texcell
    • 6.1.13 Wuxi Apptec

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS