デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1407005

放出制御型ドラッグデリバリー-市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年

Controlled Release Drug Delivery - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.45円
放出制御型ドラッグデリバリー-市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

放出制御型ドラッグデリバリー市場は、予測期間中にCAGR 8%を記録すると予測されます。

Controlled Release Drug Delivery-Market-IMG1

主なハイライト

  • COVID-19パンデミックは、市場プレイヤーの大半がCOVID-19ワクチン開発に注力しており、パンデミックの初期段階では封鎖規制により製薬・バイオ医薬品工場の製造が制限されたため、調査した市場成長に影響を与えました。しかし、パンデミックの後期には、COVID-19の放出制御型ドラッグデリバリーを採用した調査活動が行われました。
  • 例えば、2022年1月にElsevier Public Health Emergency Collectionに掲載された論文によると、研究者たちはSARS-CoV-2抑制のために抗ウイルス薬を充填した標的ナノ粒子を開発していました。したがって、上記の要因のおかげで、調査した市場に大きな影響を与えました。しかし、COVID-19の症例が制圧されたことで、研究開発用の放出制御型ドラッグデリバリー技術の需要という点で、市場は再び流行前の性質を取り戻しつつあります。
  • さらに、慢性疾患の有病率の上昇は、治療の有効性を最大化し副作用を最小化することから、放出制御型ドラッグデリバリー技術の需要を押し上げ、市場の成長に拍車をかけると予想されます。
  • American Cancer Society Cancer Statistics 2023によると、2023年には米国で新たに190万人のがん患者が診断されると予測されています。がんの負担が大きいことから、市場関係者は、放出制御型ドラッグデリバリー技術の利用を促進する革新的な医薬品を開発する機会を得ており、これが市場の成長を拡大させています。
  • さらに、National Health Scienceが発表した2022年の統計によると、イングランドでは2021年に約117万人が慢性閉塞性肺疾患(COPD)と診断され、総人口の1.9%を占めました。また、2022年に更新されたオーストラリア統計局によると、2021年には全年齢で37万5,800人(1.5%)が慢性閉塞性肺疾患に罹患していました。COPDの世界の高負担は、様々なタイプの吸入器に使用できる放出制御薬の需要を押し上げ、予測期間中の市場成長を増大させると予測されています。
  • さらに、既存製品の革新や上市に向けた市場プレイヤーの戦略的取り組みも、市場成長に大きく寄与しています。例えば、2021年11月、AMW GmbHとAdhexPharma SASは、AMWの経皮デリバリーシステム(TDS)の拡大のため、両社の強みを組み合わせた戦略的パートナーシップを締結しました。
  • また、2022年2月、 AstraZenecaはHoneywellと提携し、次世代呼吸器吸入器の開発に向けた「アンビション・ゼロ・カーボン・プログラム」を開始しました。この提携により、両社は喘息やCOPD患者用の定量噴霧式吸入器に従来使用されていた推進剤を廃止します。したがって、この提携は先進的な定量吸入器の開発を後押しし、予測期間中の市場成長をさらに加速させると予測されます。
  • したがって、慢性疾患の有病率の上昇や市場プレイヤーの戦略的イニシアチブの増加といった要因が、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。しかし、従来の方法に比べてコストが高いため、予測期間中の市場成長は抑制されると予測されます。

放出制御型ドラッグデリバリー市場動向

放出制御型ドラッグデリバリー市場では、標的化デリバリー・セグメントが大きな市場シェアを占めると予測されます。

  • 標的化ドラッグデリバリーは、予測期間中に調査された市場を押し上げると予想されます。この動向は主に、高齢者人口や小児人口の増加と相まって需要が高まっていることに起因しています。従来のデリバリーシステムと比較して、標的化デリバリーシステムは、予測可能な薬物放出速度論であらかじめ決められた速度で標的部位に薬物を送達し、治療効果の延長を達成します。
  • さらに、標的化デリバリーによってもたらされる利点の増大による製品上市の増加も、このセグメントの成長を促進すると予想されます。例えば、2021年10月、NanoString Technologies, Inc.は、急速に拡大する抗体薬物複合体(ADC)分野で使用するための特殊な遺伝子発現ツールであるカウンターADC開発パネルを発売しました。これらのADCは、がんを治療するための非常に強力な細胞毒性化合物の標的化デリバリーを可能にしました。このような標的化ドラッグデリバリーの革新的な上市により、この分野は大きな成長を遂げると考えられています。
  • さらに、革新的な標的ドラッグデリバリー製品に対する需要の高まりに対応するため、主要メーカーによる研究開発が活発化していることも、同分野の成長を後押しするとみられます。例えば、2022年3月、 AstraZenecaは、患者に対する潜在的な利益を最適化するために、組織や細胞における新規分子の標的化された制御放出のための高度なドラッグデリバリーシステムを開発していると発表しました。したがって、上記の要因から、予測期間中は研究セグメントが大きなシェアを占めて市場を独占すると予想されます。
Controlled Release Drug Delivery-Market-IMG2

北米が市場で大きなシェアを占めると予想され、予測期間中も同様と予想される

  • 北米地域は、がんやHIVのような慢性疾患の罹患率の上昇と製品上市の増加により、放出制御型ドラッグデリバリー市場で大きな市場シェアを占めると予想されます。
  • カナダがん協会の記事によると、2022年11月には23万3,900人ががんと診断されると予測されています。また、カナダ公衆衛生局が発表したHIV in Canada 2021統計によると、2021年には1,722人が新たにHIV感染者と診断されました。したがって、がんやHIVなどの慢性疾患の負担が大きいことから、効果的なドラッグデリバリーと治療のための放出制御型ドラッグデリバリーデバイスの需要が高まり、市場成長が加速すると予想されます。
  • また、放出制御型ドラッグデリバリーの需要拡大に対応するために市場各社が行っている取り組みも、この地域における市場成長の原動力になると予想されます。例えば、2021年1月、TapemarkaとBiottsは、皮膚を通して医薬品有効成分(API)を輸送するように設計された新しい高分子経皮技術であるMacroPermを商業化するために提携しました。こうした要因により、放出制御型ドラッグデリバリーの経皮技術の有用性が拡大し、市場の成長が加速しています。
  • したがって、慢性疾患の負担の増加や市場参入企業による発売により、予測期間中、この地域の市場は成長すると予想されます。

ドラッグデリバリー業界の概要

放出制御型ドラッグデリバリー市場の競争は中程度で、複数の大手企業が存在します。現在、数社の大手企業が市場シェアで市場を独占しています。現在市場を独占している企業には、Adare Pharma Solutions、 Merck and Co., Inc.、Colorcon、Johnson and Johnson、Coating Place、Corium Interenational Inc.、GlaxoSmithKline、Bayer Healthcare LLC、Lonzaなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 慢性疾患の増加
    • 高齢者人口と小児人口の増加
  • 市場抑制要因
    • 従来法に比べてコストが高い
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 技術別
    • マイクロカプセル化
    • 経皮
    • 標的化デリバリー
    • その他の技術
  • 用途別
    • 定量吸入器
    • 注射剤
    • 経皮・眼用パッチ
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Adare Pharma Solutions
    • Merck and Co., Inc
    • Colorcon
    • Johnson and Johnson
    • Coating Place
    • Corium International Inc.
    • GlaxoSmithKline PLC
    • Lonza
    • Bayer Healthcare LLC

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 90560
Controlled Release Drug Delivery - Market - IMG1

The controlled-release drug delivery market is projected to register a CAGR of 8% during the forecast period.

Key Highlights

  • The COVID-19 pandemic impacted the studied market growth since the majority of the market players were focusing on COVID-19 vaccine development, and there were manufacturing restrictions in pharmaceutical and biopharmaceutical plants due to lockdown restrictions in the initial phase of the pandemic. However, the later stage of the pandemic was associated with research activities employing the control release drug delivery for COVID-19.
  • For instance, according to an article published in Elsevier Public Health Emergency Collection in January 2022, researchers were developing targeted nanoparticles loaded with antiviral drugs for SARS-CoV-2 inhibition. Hence, owing to the above-mentioned factors, the market studied had a significant impact on the market studied. However, with the COVID-19 cases in control, the market is re-gaining its pre-pandemic nature in terms of demand for controlled-release drug delivery technologies for research and development.
  • Furthermore, the rising prevalence of chronic diseases is expected to boost the demand for controlled-release drug delivery technology as it maximizes the efficacy of the therapeutic and minimizes the side effects, which adds to the market's growth.
  • According to the American Cancer Society Cancer Statistics 2023, 1.9 million new cancer cases are predicted to be diagnosed in the United States in 2023. The high burden of cancer creates an opportunity for market players to develop innovative drugs that boost the utilization of controlled-release drug delivery technologies, which in turn expand the market growth.
  • Additionally, according to 2022 statistics published by National Health Science, about 1.17 million people in England were diagnosed with chronic obstructive pulmonary disorder (COPD) in 2021, accounting for 1.9% of the total population. Also, as per the Australian Bureau of Statistics, updated in 2022, 375.8 thousand individuals (1.5%) of all ages had chronic obstructive pulmonary disease in 2021. The high burden of COPD worldwide boosts the demand for controlled-release drugs that can be used in various types of inhalers, which is projected to augment the market growth during the forecast period.
  • Furthermore, the strategic initiatives by market players for innovation and launches in existing products also contribute significantly to market growth. For instance, in November 2021, AMW GmbH and AdhexPharma SAS entered into a strategic partnership for the expansion of AMW's transdermal delivery systems (TDS), combining the strengths of both companies.
  • Also, in February 2022, AstraZeneca launched the Ambition Zero Carbon Program in partnership with Honeywell to develop next-generation respiratory inhalers. Under the partnership, the companies will eliminate the propellent that was earlier used in metered dose inhalers for patients with asthma and COPD. Therefore, the partnership will boost the development of advanced metered dose inhalers, which is further projected to accelerate the market growth during the forecast period.
  • Therefore, factors such as the rising prevalence of chronic disease and increasing strategic initiatives by market players are expected to drive market growth during the forecast period. However, the higher cost compared to the conventional method is projected to restrain the market growth during the forecast period.

Controlled Release Drug Delivery Market Trends

The Targeted Delivery Segment is Expected to Hold a Major Market Share in the Controlled Release Drug Delivery Market.

  • The targeted drug delivery is expected to boost the studied market during the forecast period. This trend is primarily due to its rising demand coupled with the increasing geriatric and pediatric population. Compared to traditional delivery systems, the targeted delivery systems achieve a prolonged therapeutic effect, delivering drugs at the target site at a pre-determined rate at predictable drug release kinetics.
  • Furthermore, the increasing product launches owing to the growing benefits offered by the targeted delivery are also expected to drive the segment's growth. For instance, in October 2021, NanoString Technologies, Inc. launched the Counter ADC Development Panel, a specialized gene expression tool for use in the rapidly expanding antibody-drug conjugates (ADCs) field. These ADCs enabled the targeted delivery of highly potent cytotoxic compounds to treat cancers. Due to such innovative launches in targeted drug delivery, the segment is believed to witness significant growth.
  • In addition, the increasing research and development by the key manufacturers to meet the growing demand for innovative targeted drug delivery products are expected to drive the segment's growth. For instance, in March 2022, AstraZeneca announced that they were developing advanced drug delivery systems for targeted and controlled release of their novel molecules in tissues and cells to optimize their potential benefits for patients. Thus, due to the factors mentioned above, the studied segment is expected to dominate the market with a major share during the forecast period.
Controlled Release Drug Delivery - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market and is expected to do the Same in the Forecast Period

  • The North American region is expected to hold a significant market share in the controlled-release drug delivery market due to rising incidences of chronic diseases like cancer and HIV and increased product launches.
  • According to the article by the Canadian Cancer Society, in November 2022, 233.9 thousand people were predicted to be diagnosed with cancer in 2022. Also, per the HIV in Canada 2021 statistics published by the Public Health Agency of Canada, 1,722 new cases of HIV were diagnosed in 2021. Therefore, the high burden of chronic diseases such as cancer and HIV is expected to boost the demand for controlled-release drug delivery devices for effective drug delivery and treatment, which is expected to accelerate market growth.
  • The initiatives taken by market players to meet the growing demand for controlled-release drug delivery are also expected to drive the market's growth in this region. For instance, in January 2021, Tapemarka and Biotts partnered to commercialize MacroPerm, a new large-molecule transdermal technology designed to transport Active Pharmaceutical Ingredients (API) through the skin. Such factors expand the utility of transdermal technology of controlled release drug delivery, accelerating the market growth.
  • Therefore, owing to the rising burden of chronic diseases and launches by market players, the studied market is expected to grow in this region during the forecast period.

Controlled Release Drug Delivery Industry Overview

The controlled-release drug delivery market is moderately competitive and has several major players. A few of the major players are currently dominating the market in terms of market share. Some companies currently dominating the market are Adare Pharma Solutions, Merck and Co., Inc., Colorcon, Johnson and Johnson, Coating Place, Corium Interenational Inc., GlaxoSmithKline, Bayer Healthcare LLC, and Lonza, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rise in Incidence of Chronic diseases
    • 4.2.2 Growing Geriatric and Pediatric Population
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Higher Cost Compared to the Conventional Method
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Technology
    • 5.1.1 Micro Encapsulation
    • 5.1.2 Transdermal
    • 5.1.3 Targeted delivery
    • 5.1.4 Other Technologies
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Metered Dose Inhalers
    • 5.2.2 Injectable
    • 5.2.3 Transdermal and Ocular Patches
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Adare Pharma Solutions
    • 6.1.2 Merck and Co., Inc
    • 6.1.3 Colorcon
    • 6.1.4 Johnson and Johnson
    • 6.1.5 Coating Place
    • 6.1.6 Corium International Inc.
    • 6.1.7 GlaxoSmithKline PLC
    • 6.1.8 Lonza
    • 6.1.9 Bayer Healthcare LLC

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS