表紙:放出制御型ドラッグデリバリー市場 2023年から2028年までの予測
市場調査レポート
商品コード
1410091

放出制御型ドラッグデリバリー市場 2023年から2028年までの予測

Controlled Release Drug Delivery Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 144 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.45円
放出制御型ドラッグデリバリー市場 2023年から2028年までの予測
出版日: 2023年12月18日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 144 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の放出制御型ドラッグデリバリー市場は、予測期間中にCAGR 6.93%で成長すると推定されます。

有効医薬品成分(API)の長期間の制御放出を可能にする管理放出型薬剤投与は、ドラッグデリバリーと呼ばれています。放出制御型ドラッグデリバリーに関連する多くの利点と慢性疾患の負担増が、放出制御型ドラッグデリバリー市場の主な成長促進要因です。さらに、管理された薬剤を必要とする高齢化社会、有利な政府規制、様々な科学研究による技術開拓も、放出制御型ドラッグデリバリー市場を強化すると予想されています。

放出制御型ドラッグデリバリーの複数の利点

放出制御型ドラッグデリバリーシステムを使用することで、治療目的の薬物濃度を長時間適切な範囲に保つことができます。体内の薬物濃度を一定に保つことで、薬物の放出制御は薬物療法を向上させる。放出制御型薬物送達システムによって投与回数が減ることで、患者のコンプライアンスが向上します。薬剤の使用頻度が減ることは、一般的に患者にとってより便利であり、治療成績の向上につながります。そのため、薬剤を持続的に放出し、頻繁な投薬の必要性をなくす放出制御製剤のニーズが高まっており、放出制御薬物送達市場を促進するものと考えられています。

慢性疾患の有病率の増加

放出制御型ドラッグデリバリーは、特に慢性疾患において、より良い治療効果、投薬量のばらつきの少なさ、より高い有効性をもたらします。そのため、慢性疾患の患者数の増加が放出制御薬物送達市場を押し上げると考えられています。世界保健機関(WHO)は、2019年の世界の死亡者の71%が慢性疾患によって引き起こされたと推定しています。これには、糖尿病、がん、慢性呼吸器疾患、心血管疾患などの疾患が含まれます。心血管疾患(CVD)は、世界中で大きな割合を占める主要な慢性疾患です。WHOの推計によると、2019年の世界の死亡者数は1,790万人で、死亡者数全体の32%を占めています。

成長するジェネリック医薬品市場

放出制御されたジェネリック製剤は、ブランド薬の同等品に匹敵する長期放出特性を提供します。市場を拡大するため、ジェネリック医薬品メーカーは有名な医薬品の放出制御型製剤の開発に投資しています。ジェネリック医薬品の費用対効果とヘルスケアコストの上昇が、ジェネリック医薬品の需要を押し上げています。世界各国の政府は、ジェネリック医薬品の創出と利用を促進するために規制の枠組みを導入しました。米国食品医薬品局(FDA)と欧州医薬品庁(EMA)は、ジェネリック医薬品がブランド医薬品と同様の厳格な品質、安全性、有効性基準を遵守することを保証するため、ジェネリック医薬品のライセンシングのためのパスを策定しました。

研究開発費の増加

さまざまな科学的調査研究が、当該分野における有利な資金提供プログラムとともに、放出制御型ドラッグデリバリー市場を後押ししています。ドラッグデリバリーシステムを含むバイオメディカルイメージングとバイオエンジニアリングの研究開発は、NIBIBによって支援されています。NIBIBは、新規ドラッグデリバリーシステムの開発、治療効果と安全性の促進、患者のコンプライアンス向上を目的とした取り組みに資金を提供しています。さらに、世界のヘルスケア支出の増加が、放出制御型ドラッグデリバリー市場の成長を促進しています。例えば、WHOは、2020年には世界の総医療費は世界のGDPのほぼ10%を占めると予測しています。さらに、調査アメリカ機構によると、米国のヘルスケア研究開発費は2019年と比較して2020年には約11%増加しました。

人口の高齢化

市場拡大の主な要因の1つは、世界の老年人口と小児人口の増加であり、これらの年齢層が処方された投薬スケジュールを遵守しない割合が高いことが一因となっています。例えば、国連の報告書「World Population Prospects 2019」によると、60歳以上の人口は2050年までに2倍以上に増加し、世界人口の20%以上にあたる21億人に達すると予測されています。老年人口では、身体的、精神的、生物学的能力が低下しているため、薬の摂取に影響が出る。さらに、彼らの身体は不快な副作用や過剰な投薬量に耐えることができないです。そのため、放出制御型ドラッグデリバリー市場は、患者人口の急増と高齢化により拡大が見込まれています。

北米が大きく成長する見込み

北米地域は、予測期間中に放出制御型ドラッグデリバリー市場で大きなシェアを占めると予測されています。このようなシェアの要因としては、慢性疾患の有病率の高さ、ヘルスケア支出の増加、政府の規制、高齢者人口の増加、技術の進歩などが挙げられます。例えば、米国疾病予防管理センター(CDC)によると、2020年までに成人米国人の約10人に6人が少なくとも1つの慢性疾患に罹患し、10人に4人が2つ以上の慢性疾患を抱えています。さらに、米国でジェネリック医薬品産業が拡大していることも、放出制御型ドラッグデリバリー市場の主要因となっています。

主要市場プレイヤー

アデア・ファーマ・ソリューションズは、放出制御型製剤を含む経口剤型の開発・製造を専門とする多国籍の開発・製造受託機関(CDMO)です。多粒子製剤、マトリックスシステム、浸透圧システム、コーティングペレットなどが同社の技術です。これらの技術により、持続的な薬物放出から生じる薬物放出プロファイルの制御と拡張が可能になります。カラコンは、医薬品・栄養補助食品分野に最先端のソリューションと技術サポートを提供する世界的リーダーです。同社のオパドライ(R)フィルムコーティングは、放出制御製剤を含む経口固形製剤の耐久性と外観を改善するために使用されています。米国に本社を置く世界的製薬企業。は、米国に本社を置く世界の製薬企業であり、ブランド化された処方薬や一般用医薬品を含む幅広い医薬品を製造・販売しています。同社が提供する製品には、キイトルーダ(R)(ペムブロリズマブ)、ジャヌビア(R)(シタグリプチン)、ガーダシル(R)(ヒトパピローマウイルスワクチン)、プロクワッド(R)(麻疹・水痘ワクチン)などがあります。

市場の主な発展

2022年3月、FDAはコリウム社のADLARITY(ドネペジル経皮吸収型製剤)を軽度、中等度、重度のアルツハイマー型認知症の治療薬として承認しました。2020年1月、医療技術企業のメドトロニック社が脊髄刺激用のインテリス・プラットフォームを開発しました。慢性疼痛を治療するために、このプラットフォームは放出制御型ドラッグデリバリーを利用します。電気刺激装置と埋め込み型薬物ポンプを組み合わせ、時間をかけて標的の疼痛治療を行う。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 前提条件

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 放出制御型ドラッグデリバリー市場:技術別

  • イントロダクション
  • マイクロカプセル化
  • 経皮
  • ターゲットを絞った配信
  • その他

第6章 放出制御型ドラッグデリバリー市場:リリースメカニズム別

  • イントロダクション
  • ポリマーベースのシステム
  • マイクロリザーバーパーティション制御ドラッグデリバリーシステム
  • フィードバック規制されたドラッグデリバリーシステム
  • 活性化調節されたドラッグデリバリーシステム
  • 化学的に活性化

第7章 放出制御型ドラッグデリバリー市場:用途別

  • イントロダクション
  • 定量吸入器
  • 注射可能
  • 経皮パッチおよび眼パッチ
  • その他

第8章 放出制御型ドラッグデリバリー市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • 英国
    • ドイツ
    • フランス
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • イスラエル
    • その他
  • アジア太平洋
    • 日本
    • 中国
    • インド
    • 韓国
    • インドネシア
    • タイ
    • その他

第9章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 新興企業と市場収益性
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第10章 企業プロファイル

  • Adare Pharma Solutions
  • Merck and Co., Inc
  • Colorcon
  • Coating Place
  • GlaxoSmithKline PLC
  • Lonza
  • Bayer Healthcare LLC
  • Orbis Biosciences Inc.
  • Alkermes PLC
  • Pfizer Inc.
目次
Product Code: KSI061615754

The global controlled release drug delivery market is estimated to grow at a CAGR of 6.93% during the forecast period.

Managed release drug administration that allows for a prolonged, controlled release of the active pharmaceutical ingredient (API) is referred to as controlled drug delivery. Numerous benefits associated with controlled drug delivery and the growing burden of chronic diseases are major growth drivers in the controlled-release drug delivery market. Moreover, the ageing population with the requirement for controlled drugs, favourable government regulations, and technological developments owing to various scientific research are also expected to bolster the controlled release drug delivery market.

Multiple Associated Benefits of Controlled Release Drug Delivery

Drug levels intended for therapeutic use are kept within the proper range for a longer length of time using controlled-release drug delivery systems. By guaranteeing a constant drug concentration in the body, this controlled release of medication might enhance drug therapy. Reduced dose frequency provided by controlled-release medication delivery systems enhances patient compliance. Less frequent drug use is typically more convenient for patients, which can improve treatment outcomes. The need for controlled-release formulations that offer continuous medication release and eliminate the requirement for frequent dosing is thus on the rise and thereby contemplated to propel the controlled-release drug delivery market.

Increasing Prevalence of Chronic Disease

Controlled-release drug delivery can lead to better treatment results, fewer medication level variations, and greater efficacy, especially in chronic diseases. Thus, the rising cases of chronic illness are contemplated to boost the controlled-release drug delivery market. The World Health Organisation (WHO) estimates that 71% of deaths worldwide in 2019 were caused by chronic diseases. This covers conditions like diabetes, cancer, chronic respiratory conditions, and cardiovascular illnesses. Cardiovascular disease (CVD) is a major chronic disease contributing significant portions worldwide. The WHO estimates that 17.9 million deaths worldwide in 2019 were caused by CVDs, accounting for 32% of all fatalities.

Growing Generic Drug Market

Generic formulations with controlled release provide prolonged release properties comparable to those of their branded equivalents. To expand the market, generic drug producers are making investments in the creation of controlled-release versions of well-known medications. The cost-effectiveness of generic medications and rising healthcare costs are driving up demand for them. Governments all over the world implemented regulatory frameworks to encourage the creation and utilization of generic medications. The U.S. Food and Drug Administration (FDA) and the European Medicines Agency (EMA) developed paths for the licensing of generic medications, ensuring that they adhere to the same exacting quality, safety, and efficacy criteria as name-brand medications.

Rising Research and Development Expenditure

Various scientific research studies along with the favourable funding programs in the concerned field are propelling the controlled-release drug delivery market. Research and development in biomedical imaging and bioengineering which covers topics including drug delivery systems, is supported by NIBIB. They provide funding for initiatives aimed at creating novel drug delivery systems, promoting therapeutic efficacy and safety, and raising patient compliance. Additionally, the global rising healthcare expenditure is augmenting the controlled-release drug delivery market growth. For instance, WHO predicted that in 2020, total global healthcare spending accounted for almost 10% of the world's GDP. Moreover, the healthcare R&D expenditure in the USA increased by around 11% in 2020 as compared to 2019 according to the Research America Organization.

Aging Population

One of the key drivers of market expansion is the growing worldwide geriatric and pediatric population, which is partly attributable to these age groups' high rates of non-adherence to prescribed medication schedules. For instance, according to the World Population Prospects 2019 report from the United Nations, the number of persons 60 and older is predicted to more than double by 2050, reaching 2.1 billion, or more than 20% of the world's population. Intake of medications is impacted in geriatric populations due to impaired physical, mental, and biological capabilities. Additionally, their body is unable to withstand the unpleasant side effects and excessive doses of medication. Therefore, the controlled-release drug delivery market is contemplated to bolster due to a sharp increase in the patient population and aging population.

North America is Expected to Grow Significantly

The North American region is projected to hold a significant share of the controlled release drug delivery market during the forecasted period. Various factors attributed to such a share are the higher prevalence of chronic disease, increasing healthcare expenditures, government regulation, growing geriatric population, and technological advancements. For instance, approximately 6 in 10 adult Americans were suffering from at least one chronic disease by 2020, and 4 in 10 were having two or more chronic disorders, according to the Centres for Disease Control and Prevention (CDC). Additionally, the widening generic medicine industry in the USA is another major factor in the controlled-release drug delivery market.

Major Market Players

  • Adare Pharma Solutions is a multinational contract development and manufacturing organization (CDMO) that specializes in the creation and production of oral dosage forms, including formulations with controlled release. Multiparticulates, matrix systems, osmotic systems, and coated pellets are technologies used by to company. These technologies allow for the controlled and extended drug release profiles that result from sustained drug release.
  • Colorcon is a world leader in terms of providing cutting-edge solutions and technical support to the pharmaceutical and dietary supplement sectors. The company's Opadry® film coatings are used to improve the durability and appearance of oral solid dosage forms, including controlled-release formulations.
  • Merck & Co., Inc. is a global pharmaceutical corporation with its corporate headquarters in the United States. Merck manufactures and distributes a wide selection of pharmaceutical goods, including both branded prescription drugs and over-the-counter (OTC) items. Products offered by the company are Keytruda® (pembrolizumab), Januvia® (sitagliptin), Gardasil® (human papillomavirus vaccination), and ProQuad® (measles, and varicella vaccine).

Key Market Developments

  • In March 2022, the FDA approved Corium's ADLARITY (donepezil transdermal system) as a treatment for those with mild, moderate, or severe Alzheimer's-related dementia, according to Corium, Inc.
  • In January 2020, the Intellis platform for spinal cord stimulation was developed by the medical technology company Medtronic. To treat chronic pain, this platform makes use of controlled-release drug delivery. It combines an electrical stimulation device with an implanted medication pump to deliver targeted pain treatment over time.

Segmentation:

By Technology

  • Micro Encapsulation
  • Transdermal
  • Targeted delivery
  • Others

By Release Mechanism

  • Polymer Based Systems
  • Micro Reservoir Partition Controlled Drug Delivery Systems
  • Feedback Regulated Drug Delivery Systems
  • Activation-modulated Drug Delivery Systems
  • Chemically Activated

By Application

  • Metered Dose Inhalers
  • Injectable
  • Transdermal and Ocular Patches
  • Others

By Geography

  • North America
  • United States
  • Canada
  • Mexico
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Others
  • Europe
  • United Kingdom
  • Germany
  • France
  • Spain
  • Others
  • Middle East and Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Israel
  • Others
  • Asia Pacific
  • Japan
  • China
  • India
  • South Korea
  • Indonesia
  • Thailand
  • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Assumptions

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Force Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. CONTROLLED RELEASE DRUG DELIVERY MARKET, BY TECHNOLOGY

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Micro Encapsulation
  • 5.3. Transdermal
  • 5.4. Targeted delivery
  • 5.5. Others

6. CONTROLLED RELEASE DRUG DELIVERY MARKET, BY RELEASE MECHANISM

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Polymer Based Systems
  • 6.3. Micro Reservoir Partition Controlled Drug Delivery Systems
  • 6.4. Feedback Regulated Drug Delivery Systems
  • 6.5. Activation-modulated Drug Delivery Systems
  • 6.6. Chemically Activated

7. CONTROLLED RELEASE DRUG DELIVERY MARKET, BY APPLICATION

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. Metered Dose Inhalers
  • 7.3. Injectable
  • 7.4. Transdermal and Ocular Patches
  • 7.5. Others

8. CONTROLLED RELEASE DRUG DELIVERY MARKET, BY GEOGRAPHY

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. North America
    • 8.2.1. United States
    • 8.2.2. Canada
    • 8.2.3. Mexico
  • 8.3. South America
    • 8.3.1. Brazil
    • 8.3.2. Argentina
    • 8.3.3. Others
  • 8.4. Europe
    • 8.4.1. United Kingdom
    • 8.4.2. Germany
    • 8.4.3. France
    • 8.4.4. Spain
    • 8.4.5. Others
  • 8.5. The Middle East and Africa
    • 8.5.1. Saudi Arabia
    • 8.5.2. UAE
    • 8.5.3. Israel
    • 8.5.4. Others
  • 8.6. Asia Pacific
    • 8.6.1. Japan
    • 8.6.2. China
    • 8.6.3. India
    • 8.6.4. South Korea
    • 8.6.5. Indonesia
    • 8.6.6. Thailand
    • 8.6.7. Others

9. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 9.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 9.2. Emerging Players and Market Lucrativeness
  • 9.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 9.4. Vendor Competitiveness Matrix

10. COMPANY PROFILES

  • 10.1. Adare Pharma Solutions
  • 10.2. Merck and Co., Inc
  • 10.3. Colorcon
  • 10.4. Coating Place
  • 10.5. GlaxoSmithKline PLC
  • 10.6. Lonza
  • 10.7. Bayer Healthcare LLC
  • 10.8. Orbis Biosciences Inc.
  • 10.9. Alkermes PLC
  • 10.10. Pfizer Inc.