デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406577

5G IoT - 市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年の成長予測

5G IoT - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
5G IoT - 市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

5G IoT市場規模は今年度95億4,000万米ドル。

同市場は、予測期間中に34.08%のCAGRを記録し、5年後には558億6,000万米ドルに達すると予測されています。5Gはモノのインターネットにとって不可欠であり、その理由は接続ニーズに対応できる大容量で高速なネットワークが必要だからです。5Gスペクトラムは、セルラー技術がデータを転送する周波数を増加させる。この幅広い周波数帯域の利用により、モバイルネットワーク全体の帯域幅が拡大し、さらに多くのデバイスが接続できるようになります。

5G IoT-Market-IMG1

主なハイライト

  • 5G IoTネットワークは、多数の接続デバイスを同時にサポートするように設計されています。この機能は、多くのセンサー、カメラ、その他のデバイスが効率的に通信し、データを交換する必要があるIoTアプリケーションでは非常に重要です。シスコシステムズによると、北米におけるウェアラブルデバイスの接続台数は、2021年の3億7,880万台から2022年には4億3,900万台に達すると予想されています。さらに、エリクソンによると、スマートフォンのモバイルネットワーク契約数は2022年に世界でほぼ66億に達し、2028年には78億を超えると予測されています。
  • モノのインターネットが拡大し、より多くのデバイスが相互接続されるようになるにつれて、この大規模な接続をサポートする信頼性の高い堅牢な通信インフラに対するニーズが高まっています。その結果、5G IoT市場は大幅な成長が見込まれ、IoTの野望を実現するために5Gの可能性を活用する業界やセクターが増えています。
  • 低遅延でクリティカルなアプリケーションではLTEより5Gの方が有利なため、リアルタイムのデータ処理と信頼性の高い接続性を必要とする産業や部門にとって、5Gは魅力的な選択肢となります。低遅延でクリティカルなIoTアプリケーションの需要が高まる中、このような使用事例に5Gが採用されれば、5G IoT市場の成長が促進され、さまざまな産業が変革され、新たな革新的サービスやソリューションが実現します。
  • インフラをLTEから5Gにアップグレードするコストが市場の成長を抑制しています。5GはIoTアプリケーションに低遅延、大容量化、データ高速化など数多くの利点を提供するが、5Gネットワークの展開や既存インフラのアップグレードに伴う費用は、特に特定の産業や地域にとって課題となる可能性があります。
  • COVID-19の大流行は、公共の安全と都市管理のためのスマートシティ・ソリューションの重要性を浮き彫りにしました。接触トレース、群衆モニタリング、スマートインフラなどの5G IoTアプリケーションが注目を集めました。パンデミックの間、多くの企業が新たな常態に適応するためにデジタルトランスフォーメーションの取り組みを加速させました。これには、効率性、生産性、自動化を改善するために5Gで実現されるIoTソリューションを採用することも含まれます。

5Gモノのインターネット(IoT)市場動向

自動車産業は大幅な成長率が見込まれる

  • 自動車産業は、5G IoT市場で最も重要なセグメントの1つです。5Gの超高速・低遅延機能は、自動車とクラウド間のシームレスな接続を可能にし、リアルタイムのデータ交換を可能にします。コネクテッド・カーは、交通状況、天候、道路上の危険に関する情報を収集し、安全性の向上、ナビゲーションの改善、運転支援システムの改善を図ることができます。
  • 5G IoTは、車両が他の車両(V2V)、インフラ(V2I)、歩行者(V2P)、ネットワーク(V2N)と通信できるV2X通信を可能にします。この接続性により、交通安全と交通管理が改善され、自律走行の基盤が構築されます。
  • 5G IoTは、車両部品やコンポーネントのリアルタイムの追跡と監視を可能にすることで、サプライチェーン管理を改善し、在庫管理の改善とダウンタイムの削減につながります。
  • 自律走行車の導入の成功は、堅牢で信頼性の高いネットワーク・インフラに大きく依存しています。5Gの低遅延と高データ転送速度は、自律走行車と他の接続機器間のリアルタイム通信に不可欠であり、自動運転車にとって重要なイネーブラとなります。
  • エリクソンによると、世界のコネクテッドデバイスの数は5年以内に約2倍に増加します。この成長は、近距離IoT(モノのインターネット)機器の増加によって牽引されると予想され、5年後には287億2,000万台がそのような機器になると予測されています。コネクテッドデバイスには、ウェアラブル、コネクテッドカー、スマートセンサーなどが含まれます。
5G IoT-Market-IMG2

北米が大きな市場シェアを占める見込み

  • 北米は5Gネットワークを商業的に展開した最初の地域のひとつであり、大手通信会社が5Gインフラに多額の投資を行っています。5Gの早期展開により、この地域は様々なIoTアプリケーションのための強固なエコシステムを開発することができました。活況を呈している
  • 国内での5G展開は、展開される5G機能やサービスをサポートするための5Gインフラに対する需要を増加させると思われます。例えば、エリクソンによると、3年後の5G契約数は1億9,500万を超え、6年後の米国では、5Gが米国モバイル市場全体の約71.5%を占めるようになります。
  • 同地域では、製造業、エネルギー、公益事業などさまざまな分野で産業用IoT(IIoT)ソリューションの導入が進んでいます。5Gの高速・低遅延接続はIIoTの機能を強化し、リアルタイムのデータ分析や遠隔監視を可能にします。CTIAによると、急速な成長は米国の5G経済のプラットフォームを生み出します。これにより、2,750億米ドルの投資と300万人の新規雇用が創出され、5,000億米ドルの経済成長が見込まれます。
  • 北米のいくつかの都市はスマートシティ構想に着手しており、5G IoT技術を利用して都市インフラ、交通、治安、市民サービスを改善しています。
  • 北米は自動車産業の中心地であり、コネクテッド・ビークル・ソリューションが急成長しています。5G IoTは高度なV2X(Vehicle-to-Everything)通信を可能にし、より安全で効率的な輸送を促進します。

5Gモノのインターネット(IoT)産業の概要

5G IoT市場は、Nokia Corporation、AT&T Inc.、Huawei Technologies、Telefonaktiebolaget LM Ericsson、ZTE Corporationなどの主要企業が参入しており、非常に細分化されています。同市場のプレーヤーは、製品ラインナップを強化し、持続可能な競争優位性を獲得するため、提携や買収などの戦略を採用しています。

2023年6月、エリクソンとOoredoo Qatarは、Ooredoo Qatarがスウェーデンのキスタにあるエリクソン本社を訪問した際に、無線アクセスネットワーク(RAN)製品とサービスに関する協力関係を強化するため、5G契約の5年延長に調印しました。エリクソンは、より高速なデータ通信を可能にする先進的な5G RANソリューションとサービスを提供することで、オレドゥー・カタールは、加入者向けの新たな5Gユースケースと接続機会の開拓、モノのインターネット(IoT)アプリケーションの可能性の活用、ネットワーク・パフォーマンスとユーザー体験を最適化するための人工知能(AI)、機械学習(ML)などの新技術の探求を可能にします。

2023年2月、シスコとNECは、5G xHaulやプライベート5Gにおけるシステム統合ソリューションや潜在的なビジネスチャンスを含め、協業を拡大する計画を発表しました。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 技術スナップショット

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 数百万台のIoT接続デバイスを処理する5G技術の能力
    • 低遅延かつクリティカルなアプリケーションにおけるLTEを超える5Gの優位性
  • 市場抑制要因
    • 既存の4G LTE技術は特定のIoT使用事例に十分です。
    • LTEから5Gへのインフラのアップグレードにかかるコスト

第6章 市場セグメンテーション

  • 技術別
    • 超高信頼低遅延通信(URLLC)
    • 低消費電力広域ネットワーク(LPWAN)
  • エンドユーザー産業別
    • 製造業
    • サプライチェーン
    • ヘルスケア
    • 小売
    • スマートシティ
    • 自動車
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他の北米
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • ロシア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他のアジア太平洋
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Nokia Corporation
    • AT&T Inc.
    • Huawei Technologies Co Ltd
    • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • ZTE Corporation
    • Cisco Systems Inc
    • Deutsche Telekom AG(T-Mobile)
    • Verizon Communication Inc
    • Sprint Corp
    • Vodafone Group PLC

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 72076
5G IoT - Market - IMG1

The 5G IoT Market was valued at USD 9.54 billion in the current year. The market is expected to reach USD 55.86 billion in five years, registering a CAGR of 34.08% during the forecast period. 5G is essential to the Internet of Things because of the need for a faster network with higher capacity that can serve connectivity needs. The 5G spectrum increases the frequencies on which cellular technologies will transfer data. This broader spectrum for use increases the overall bandwidth of mobile networks, allowing additional devices to connect.

Key Highlights

  • 5G IoT networks are designed to support many connected devices simultaneously. This capability is critical in IoT applications, where many sensors, cameras, and other devices need to communicate and exchange data efficiently. According to Cisco Systems, the number of connected wearable devices in North America is expected to reach 439 million by 2022 from 378.8 million in 2021. Moreover, Ericsson says the number of smartphone mobile network subscriptions globally reached almost 6.6 billion in 2022 and is forecast to exceed 7.8 billion by 2028. this is expected to drive the market further.
  • As the Internet of Things expands and more devices become interconnected, there is a growing need for reliable and robust communication infrastructure to support this massive scale of connectivity. As a result, the 5G IoT market is expected to experience substantial growth, with an increasing number of industries and sectors leveraging the potential of 5G to realize their IoT ambitions.
  • The advantage of 5G over LTE for low latency and critical applications makes it a compelling choice for industries and sectors that require real-time data processing and reliable connectivity. As the demand for low latency and critical IoT applications increases, the adoption of 5G for such use cases will drive the growth of the 5G IoT market, transforming various industries and enabling new innovative services and solutions.
  • The cost of upgrading infrastructure from LTE to 5G restrains the market growth. While 5G offers numerous advantages for IoT applications, including low latency, increased capacity, and higher data speeds, the expenses associated with deploying 5G networks and upgrading existing infrastructure can pose challenges, especially for certain industries and regions.
  • The COVID-19 pandemic underscored the importance of smart city solutions for public safety and urban management. 5G IoT applications like contact tracing, crowd monitoring, and smart infrastructure gained attention. Many businesses accelerated digital transformation initiatives during the pandemic to adapt to the new normal. This includes adopting IoT solutions enabled by 5G for improved efficiency, productivity, and automation.

5G Internet of Things (IoT) Market Trends

Automotive Industry is Expected to Witness Significant Growth Rate

  • The Automotive industry was one of the most significant segments in the 5G IoT market. 5G's ultra-fast and low-latency capabilities allow for seamless connectivity between vehicles and the cloud, enabling real-time data exchange. Connected cars can gather information on traffic conditions, weather, and road hazards, enhancing safety, better navigation, and improved driver assistance systems.
  • 5G IoT enables V2X communication, which allows vehicles to communicate with other vehicles (V2V), infrastructure (V2I), pedestrians (V2P), and network (V2N). This connectivity improves road safety and traffic management, creating a foundation for autonomous driving.
  • 5G IoT can improve supply chain management by enabling real-time tracking and monitoring of vehicle components and parts, leading to better inventory management and reduced downtime.
  • The successful deployment of autonomous vehicles heavily relies on a robust and reliable network infrastructure. 5G's low latency and high data transfer rates are crucial for real-time communication between autonomous vehicles and other connected devices, making it a key enabler for self-driving cars.
  • According to Ericsson, the number of connected devices globally is set to approximately double within five years. This growth is expected to be driven by an increase in short-range IoT (Internet of Things) devices, with 28.72 billion such devices forecast in five years. Connected devices include wearables, connected cars, and smart sensors.
5G IoT - Market - IMG2

North America is Expected to Hold Significant Market Share

  • North America was among the first regions to deploy 5G networks commercially, with significant telecommunication companies investing heavily in 5G infrastructure. The early rollout of 5G has enabled the region to develop a robust ecosystem for various IoT applications. The booming
  • 5G deployments in the country will increase the demand for 5g infrastructure to support the 5G features and services being rolled out. For instance, according to Ericsson, there will be more than 195 million 5G subscriptions in three years, and in six years, in the United States, 5G will account for about 71.5% of the entire U.S. mobile market.
  • The region has seen significant adoption of Industrial IoT (IIoT) solutions in various sectors, including manufacturing, energy, and utilities. 5G's high-speed, low-latency connectivity enhances the capabilities of IIoT, enabling real-time data analytics and remote monitoring. According to CTIA, rapid growth creates a platform for the United States' 5G economy. It will lead to USD 275 billion in investment and 3 million new jobs, creating USD 500 billion in economic growth.
  • Several cities in North America have embarked on smart city initiatives, using 5G IoT technologies to improve urban infrastructure, transportation, public safety, and citizen services.
  • North America is a hub for the automotive industry and has witnessed rapid growth in connected vehicle solutions. 5G IoT enables advanced V2X (Vehicle-to-Everything) communication, facilitating safer and more efficient transportation.

5G Internet of Things (IoT) Industry Overview

The 5G IoT Market is highly fragmented, with major players like Nokia Corporation, AT&T Inc., Huawei Technologies Co Ltd, Telefonaktiebolaget LM Ericsson, and ZTE Corporation. Players in the market are adopting strategies such as partnerships and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

In June 2023, Ericsson and Ooredoo Qatar signed a five-year extension of their 5G deal during Ooredoo Qatar's visit to Ericsson's headquarters in Kista, Sweden, to increase collaboration on radio access network (RAN) products and services. Ericsson will deliver advanced 5G RAN solutions and services that enable faster data speeds, allowing Ooredoo Qatar to explore new 5G use cases and connectivity opportunities for subscribers, leverage the potential of Internet of Things (IoT) applications, and explore emerging technologies like artificial intelligence (AI), and machine learning (ML) for optimizing network performance and user experience.

In February 2023, Cisco and NEC Corporation announced plans to expand their collaboration efforts to include system integration solutions and potential opportunities in 5G xHaul and private 5G to help consumer transform their architecture and connect more people and things.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Defnition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Technology Snapshot

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 The Ability of 5G Technology to Handle Millions of IoT Connected Devices
    • 5.1.2 Advantages of 5G over LTE for Low Latency and Critical Applications
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Existing 4G LTE Technology is Sufficient for Certain IoT Use Cases
    • 5.2.2 Costs Involved in the up-gradation of the Infrastructure from LTE to 5G

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Technology
    • 6.1.1 Ultra-Reliable Low-Latency Communications (URLLC)
    • 6.1.2 Low-Power Wide-Area Network (LPWAN)
  • 6.2 By End-User Industry
    • 6.2.1 Manufacturing
    • 6.2.2 Supply Chain
    • 6.2.3 Healthcare
    • 6.2.4 Retail
    • 6.2.5 Smart Cities
    • 6.2.6 Automotive
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
      • 6.3.1.3 Mexico
      • 6.3.1.4 Rest of North America
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 Germany
      • 6.3.2.2 United Kingdom
      • 6.3.2.3 France
      • 6.3.2.4 Russia
      • 6.3.2.5 Spain
      • 6.3.2.6 Rest of Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
      • 6.3.3.1 India
      • 6.3.3.2 China
      • 6.3.3.3 Japan
      • 6.3.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 6.3.4 South America
      • 6.3.4.1 Brazil
      • 6.3.4.2 Argentina
      • 6.3.4.3 Rest of South America
    • 6.3.5 Middle East and Africa
      • 6.3.5.1 UAE
      • 6.3.5.2 Saudi Arabia
      • 6.3.5.3 Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Nokia Corporation
    • 7.1.2 AT&T Inc.
    • 7.1.3 Huawei Technologies Co Ltd
    • 7.1.4 Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • 7.1.5 ZTE Corporation
    • 7.1.6 Cisco Systems Inc
    • 7.1.7 Deutsche Telekom AG (T-Mobile)
    • 7.1.8 Verizon Communication Inc
    • 7.1.9 Sprint Corp
    • 7.1.10 Vodafone Group PLC

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS