デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406207

EaaS(Energy-as-a-Service): 市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測

Energy As A Service - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
EaaS(Energy-as-a-Service): 市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

EaaS(Energy-as-a-Service)市場規模は2024年に941億6,000万米ドルと推定され、2029年には1,695億2,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは12.48%で成長すると予測されます。

Energy As A Service-Market-IMG1

主なハイライト

  • 中期的には、商業・産業部門における分散型エネルギー発電の導入拡大、厳しいエネルギー効率規制、政府の支援策が予測期間中の市場を牽引するとみられます。
  • 一方、発展途上国諸国における認識不足や技術コストの高さが、予測期間中の市場成長の妨げになると思われます。
  • とはいえ、EaaSという概念は、特に発展途上国ではまだ始まったばかりです。しかし、先進諸国ではサービスはオンデマンドです。エネルギー消費量の多いインド、ベトナム、インドネシアのような発展途上国は、予測期間中、EaaS市場に十分な機会を創出すると思われます。
  • 北米が市場を独占しており、予測期間中に最も高いCAGRで推移する可能性が高いです。

EaaS(Energy-as-a-Service)市場動向

市場を独占する商業セグメント

  • 世界の商業ビル部門における電力使用量は、一人当たり所得の増加、人口の増加、電化製品の増加により急速に増加しています。住宅および商業部門でのエネルギー使用は、省エネキャンペーンに不可欠です。
  • 商業分野には、EaaS産業の商業エンドユーザーとして、教育機関、企業オフィス、データセンター、病院、空港、銀行などが含まれます。
  • さまざまな商業ビルには、地域エネルギー・システムや商業・サービスなどのエネルギー・アプリケーションが含まれており、エネルギー消費量が多いです。電力需要は世界中で大幅に増加しています。2022年には、約26,662.7 TWhが発電されました。商業部門全体の電力需要も世界的に増加しています。
  • これまで、エネルギー効率の取り組みは、商業セクターにとって大きな課題となっていました。認識不足と高い資本要件は、商業部門におけるエネルギー効率イニシアチブの広範な採用にとって、しばしば実質的な障壁となります。
  • EaaSのような様々なエネルギーモデルは、資本の障壁を取り除き、エネルギーとコストを節約するための複数の方法を提供します。このサービスは、電気部品の設置からマイクログリッドの構築まで、効率的な商業空間のセットアップ一式を提供します。
  • EaaSは、オーナーや企業がエネルギーシステムを屋上太陽光発電のようなクリーンで持続可能な技術にアップグレードすることを可能にします。消費者は電力会社からの電気代を節約することができます。
  • 2022年1月、フランスの通信会社Orange SAは、電力会社Engie SAとEaaS契約を結び、西アフリカのコートジボワールにある同社のデータセンターに355kWの太陽光パネルを設置しました。Engieは契約の一環として、屋根とカーポートにパネルを設置し、Orangeのアフリカの主要データセンターの年間発電量527MWhを支援します。
  • さらに2021年12月、シュナイダーエレクトリックはGREENextの立ち上げを発表しました。この合弁会社は、太陽光とバッテリーのハイブリッド・マイクログリッド技術を通じて、商業・工業分野の顧客にエネルギー・アズ・ア・サービスを提供します。
  • 人口の増加に伴い、持続可能性を長期間維持するためには、エネルギー需要と省エネルギーが不可欠です。民間の事業体は、政府の支援を受けながら、将来的にサービスを拡大するために商業分野に注力しています。
Energy As A Service-Market-IMG2

著しい成長を遂げる北米

  • 北米は、さまざまな分野でEaaSを導入している著名な地域のひとつです。特に商業分野では、エネルギー効率を高め、運営費の削減に貢献する様々なプロジェクトが採用されています。
  • 米国は、エネルギー効率を達成するために成果報酬型のアプローチを導入しました。このアプローチは、エネルギー消費を15%近く削減するのに役立つと推定されています。このアプローチにより、さまざまなエネルギー会社や公益事業会社が、節電のためのサービスを提供できるサービスラインを拡張する機会が生まれました。
  • 例えば、カリフォルニア州では、エネルギー効率化政策により、義務スキームで達成された節電の少なくとも60%は、第三者サービスプロバイダーによって提供される必要があることが義務付けられました。このため、同地域でのこうした測定は、予測期間中の市場の成長を後押しする可能性が高いです。
  • さらに、米国とカナダのエネルギー・サービス・プロバイダーは、消費者がエネルギー消費を最適化できるようにするために高度なデータ分析を使用するため、スマートグリッドとスマートメータリングシステムに投資しています。Institute of Energy Efficiencyによると、2021年には米国で推定1億1,500万台のスマートメーターが設置され、2018年と比較して27.7%増加しました。したがって、同地域におけるスマートメーターへの投資の増加は、より分散化されデジタル化されたグリッドネットワークに向けて市場を牽引し、同地域におけるEaaS市場の成長を助長する可能性があります。
  • 以上のことから、北米は今後、EaaS市場で大きな成長を遂げる可能性が高いです。

EaaS(Energy-as-a-Service)産業概要

EaaS市場は統合されています。同市場の主要企業(順不同)には、Schneider Electric SE、Engie SA、Honeywell International Inc.、Veolia Environnement SA、Electricite de France(EDF)SAなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場概要

  • イントロダクション
  • 2028年までの市場規模および需要予測
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 市場力学
    • 促進要因
      • EaaS需要の高まり
      • 商業・産業部門における分散型エネルギー発電の採用増加
    • 抑制要因
      • 発展途上国諸国における認識不足と高い技術コスト
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • エンドユーザー
    • 商業用
    • 産業用
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • フランス
      • 英国
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Schneider Electric SE
    • Engie SA
    • Honeywell International Inc.
    • Veolia Environnement SA
    • Electricite de France(EDF)SA
    • Johnson Controls International PLC
    • Bernhard
    • Enel SpA
    • Spark Community Investment Co.

第7章 市場機会と今後の動向

  • エネルギー消費量の多いインド、ベトナム、インドネシアなどの発展途上国におけるEaaS需要の高まり
目次
Product Code: 70377
Energy As A Service - Market - IMG1

The Energy As A Service Market size is estimated at USD 94.16 billion in 2024, and is expected to reach USD 169.52 billion by 2029, growing at a CAGR of 12.48% during the forecast period (2024-2029).

Key Highlights

  • Over the medium term, the increasing adoption of distributed energy generation in commercial and industrial sectors, stringent energy efficiency regulations, and supportive government initiatives are expected to drive the market during the forecast period.
  • On the other hand, the lack of awareness in developing economies and high technological costs will likely hinder the market's growth during the forecast period.
  • Nevertheless, the Energy as a service concept is still nascent, especially in developing countries. However, in developed countries, the service is on-demand. Developing countries like India, Vietnam, and Indonesia with high energy consumption will likely create ample opportunities for the Energy as a service market during the forecast period.
  • North America dominates the market and will likely witness the highest CAGR during the forecast period, with most of the demand coming from countries like the United States and Canada.

Energy as a Service (EaaS) Market Trends

Commercial Segment to Dominate the Market

  • Electricity use in the global commercial building sector is increasing rapidly due to increasing per capita income, the growing population, and the increasing number of electrical appliances. Energy use in the residential and commercial sectors is essential for energy conservation campaigns.
  • The commercial segment includes educational institutions, corporate offices, data centers, hospitals, airports, and banks as commercial end users of the energy as a service (EaaS) industry.
  • Different commercial buildings include energy applications, such as district energy systems and mercantile and service, with higher energy consumption. The electricity demand is increasing significantly across the world. In 2022, around 26,662.7 TWh was generated. The demand for electricity across the commercial sector is also increasing worldwide.
  • Historically, energy-efficiency initiatives posed a significant challenge for the commercial sector. Lack of awareness and high capital requirements are often substantial barriers to the widespread adoption of energy-efficiency initiatives in the commercial sector.
  • Various energy models like the energy as a service (EaaS) removed the capital barrier and provided multiple methods to save energy and costs. The service offers the complete set-up for efficient commercial space, from installing electrical components to building microgrids.
  • EaaS allows owners and companies to upgrade their energy systems to clean and sustainable technologies such as rooftop solar PV. The consumers may save electricity bills from the utility company.
  • In January 2022, French telecommunications company Orange SA signed an EaaS contract with utility Engie SA to install 355 kW solar panels at its data center in Cote d'Ivoire, West Africa. Engie will install the panels on rooftops and carports as part of the agreement to help Orange's main African data center generate 527 MWh of electricity annually.
  • Moreover, in December 2021, Schneider Electric announced the launch of GREENext. This joint venture will provide energy-as-a-service to commercial and industrial customers through solar and battery hybrid microgrid technology.
  • With a growing population, energy requirements and energy conservation are essential to maintain sustainability for a longer duration. Private entities, with government support, are concentrating on the commercial segment to expand their services in the future.
Energy As A Service - Market - IMG2

North America to Witness Significant Growth

  • North America is one of the prominent regions implementing EaaS in various sectors. Especially in the commercial industry, the region adopted various projects to increase energy efficiency and help reduce operating expenses.
  • The United States inducted a pay-for-performance approach to achieve energy efficiency. The approach is estimated to help reduce energy consumption by nearly 15%. This approach created an opportunity for various energy or utility companies to extend a service line that can provide services to save electricity.
  • For instance, in California, energy efficiency policies mandated that at least 60% of the savings achieved in obligation schemes need to be delivered by third-party service providers. Thus, such measurement in the region will likely help the market grow during the forecast period.
  • Furthermore, energy service providers in the United States and Canada are investing in smart grid and smart metering systems, as they use advanced data analytics to enable consumers to optimize energy consumption. According to the Institute of Energy Efficiency, in 2021, an estimated 115 million units of smart meters were installed in the United States, an increase of 27.7% compared to 2018. Thus, increasing investments in smart meters in the region may drive the market toward a more decentralized and digitalized grid network, which may aid the growth of the EaaS market in the region.
  • Owing to the points mentioned above, North America is likely to witness significant growth in the energy as a service market in the future.

Energy as a Service (EaaS) Industry Overview

The energy as a service market is consolidated. Some of the key players in the market (in no particular order) include Schneider Electric SE, Engie SA, Honeywell International Inc., Veolia Environnement SA, and Electricite de France (EDF) SA., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD million, till 2028
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
      • 4.5.1.1 Growing Demand for Energy As A Service
      • 4.5.1.2 Increasing Adoption of Distributed Energy Generation in Commercial and Industrial Sectors
    • 4.5.2 Restraints
      • 4.5.2.1 Lack of Awareness in Developing Economies and High Technological Costs
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 End User
    • 5.1.1 Commercial
    • 5.1.2 Industrial
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Rest of North America
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 France
      • 5.2.2.3 United Kingdom
      • 5.2.2.4 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 India
      • 5.2.3.3 Japan
      • 5.2.3.4 South Korea
      • 5.2.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 United Arab Emirates
      • 5.2.5.3 South Africa
      • 5.2.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Schneider Electric SE
    • 6.3.2 Engie SA
    • 6.3.3 Honeywell International Inc.
    • 6.3.4 Veolia Environnement SA
    • 6.3.5 Electricite de France (EDF) SA
    • 6.3.6 Johnson Controls International PLC
    • 6.3.7 Bernhard
    • 6.3.8 Enel SpA
    • 6.3.9 Spark Community Investment Co.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Rising Demand for EaaS in Developing countries like India, Vietnam, and Indonesia with High Energy Consumption