デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406122

ナローバンドIoT - 市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年成長予測

Narrowband IoT - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 140 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
ナローバンドIoT - 市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 140 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ナローバンドIoT市場は、前年度に45億5,000万米ドルと評価され、今後5年間でCAGR 31.82%を記録し、240億6,000万米ドルに達すると予想されています。

比較的新しい技術であるNB-IoTは、まだ普及の初期段階にあります。しかし、今後数年で急速に普及が進むと予想されます。

Narrowband IoT-Market-IMG1

主なハイライト

  • NB-IoT(NarrowBand-Internet of Things)は、さまざまな革新的IoT製品やサービスをサポートするために設計された標準ベースの低消費電力広域通信(LPWA)技術です。NB-IoTは、特にディープカバレッジにおいて、システム容量、スペクトラム効率、ユーザー機器の消費電力を劇的に向上させます。
  • NB-IoTは、LTEのような4G規格や5G NRのような5G規格を含む、すべての重要なモバイル通信規格を担当する世界の標準化団体である3GPPによって策定された無線通信技術規格です。NB-IoTモジュールの信号処理時の低消費電力は、10年間のバッテリー寿命に貢献しています。
  • モバイル機器、チップセット、モジュールの主要メーカーはすべてNB-IoTをサポートしており、2G、3G、4Gモバイル・ネットワークと共存できます。さらに、ユーザー・アイデンティティの機密性、エンティティの認証、機密性、データの完全性、モバイル機器の識別のサポートなど、すべてのモバイル・ネットワークのセキュリティとプライバシー特性の利点を得ることができます。
  • 特にNB-IoTは、低データレート、長バッテリー寿命、広域カバレッジを必要とするスマートシティ、スマート農業、資産追跡アプリケーションで使用されています。NB-IoTは、一般に数百から数百万の多数のデバイスの接続を可能にするため、大規模な接続性を必要とするIoTアプリケーションに最適です。
  • ウェアラブル分野も、スポーツ、フィットネス、パーソナルケアや診断のためのヘルスケアガジェットの需要が急速に拡大していることから、市場の大部分を占めると予測されています。可処分所得水準の上昇やフィットネスの利点に関する知識の増加により、若年層がスポーツバンドやフィットネスバンドの使用を奨励される一方で、ヘルスケアバンドの使用は先進国で増加しています。
  • NB-IoT技術の用途が急速に拡大した結果、NB-IoTデバイスを開発し、関連サービスを展開するテクノロジー企業や通信サービスプロバイダーが増加し、予測期間を通じて市場成長が加速すると予測されます。ビッグデータ分析、人工知能(AI)、機械学習(ML)の進歩により、企業はIoTネットワークを通じて活動を監視・モニタリングすることで得られる膨大な量のデータを研究できるようになると思われます。
  • 自動車メーカーは、より安全で、より便利で、費用対効果の高い輸送を間違いなく提供する新技術を導入することで、乗客の安全性への懸念に対応しています。その結果、車両を正確に追跡し、大渋滞を特定して回避し、効率的な交通管理に貢献するNB-IoTの能力により、自動車業界での利用が増加しています。
  • さらに、NB-IoTネットワークは地下深くや密閉された場所にも到達できるため、屋内や地下へのIoT機器の展開が可能になります。しかし、標準化された手頃な価格のネットワーク価格モデルや、大幅に拡大するIoT展開をサポートする十分なネットワークカバレッジの不足が差し迫っていることが、業界の成長を制限しています。

ナローバンドIoT市場の動向

スマートシティが市場を牽引する見込み

  • 移動体通信事業者によるNb-IoTなどのモバイルIoTネットワークソリューションの進歩は、特にスマートシティのニーズを満たすように設計されているため、多種多様なサービスを持続的に提供するスマートシティ資産を接続するためのスケーラブルでセキュアかつ標準化された方法を提供し、このような技術を使用する経済性は、ネットワークとコンポーネントを中心に標準化されたバリューチェーンの改善につながります。
  • さらに、人口密度の高い都市部では、セルラーネットワークは、ネットワーク容量にほとんど悪影響を与えることなく、多数のIoTデバイスからのトラフィックを管理できます。例えば、ナローバンドIoT技術は、1km2あたり1万世帯が存在し、数万台のIoTデバイスが設置されているような密集した大都市環境であっても、ネットワーク容量にほとんど影響を与えることなく、膨大な数のIoTデバイスを処理することができます。
  • スマートシティ開発に向けた政府の取り組みは、研究市場の成長を可能にすると思われます。例えば、2022年11月、スマートシティ組織であるSmart Cities Councilが英国で運営を開始しました。スマート・シティ・カウンシルとそれに関連する世界・インパクト・プログラム「Everyone」は、政府、企業、学術界、慈善団体、慈善団体を結集し、都市やコミュニティが今日直面している重要な課題と可能性に対して行動を起こし、影響を与えることを目的としています。人、安全、美、持続可能性、レジリエンス、公平性、インクルージョンは、英国の場所とインフラから「スマート」を拡大することに含まれます。
  • さらに、連邦住宅都市省によると、これらのスマートシティは最近、6,452件、総額1,84,998カロールインドルピーのプロジェクトを入札しました。5,809件、総額1,56,571カロールインドルピーの工事発注が行われ、3,131件、総額53,175カロールインドルピーの工事が完了しました。同期間中、中央政府はスマートシティプロジェクトのために27,235カロールインドルピーを州と連合準州に提供しました。
  • エコノミスト・グループによると、2022年の世界デジタル都市ランキングでは、コペンハーゲンが80.3点でトップだった。ソウル、北京、アムステルダム、シンガポールがベスト・デジタル・シティのトップ5を占めました。スマートシティへの取り組みに伴い、IoTやコネクテッドデバイスの増加傾向は予測期間中も続くとみられます。スマートメーター、スマートホーム、スマート照明、スマート交通など、IoTを利用して接続するコネクテッドデバイスの採用が拡大していることが、調査対象市場の成長を促進する可能性が高いです。
  • サウジアラビアは2030年までに、世界で最も住みやすく、最も優秀な頭脳と才能ある人々を引き寄せることのできる大都市にしたいと考えています。スマートシティを建設するため、サウジアラビアはすでに285の自治体に5,000億米ドルを投資しています。同国はまた、AIとIoTを最大限に活用した最先端技術をふんだんに盛り込んだ全長200kmの未来型都市、NEOMシティの建設も進めています。
Narrowband IoT-Market-IMG2

北米が主要市場シェアを占める

  • 北米には、産業・商業アプリケーション向けソリューションのテストと商業展開に注力する主要デバイスメーカーやネットワークサービスプロバイダーが複数存在し、業界に大きな需要を生み出しています。さらに、特に米国、カナダ、ブラジル、その他の地域の国々では、インターネット普及率の上昇、高速インターネットインフラネットワークの継続的な展開、スマートシティ構想の高まり、可処分所得水準の上昇により、同市場は大きなシェアを占めると予想されています。
  • 米国やカナダは新興経済諸国であり、研究開発に多額の投資を行うことができます。産業重点分野全体におけるデジタル化の進展、着実な技術進歩、スマート・コネクテッド・デバイスの普及率の上昇が、北米のナローバンドIoT市場の成長に寄与しています。コネクテッドデバイスと関連ネットワークインフラの利用増加、ネットワーク、ハードウェア、ソフトウェアプロバイダーの連携強化が、北米地域のIoT市場拡大を後押しする主な要因となっています。
  • シスコによると、米国とカナダは2022年までに一人当たりの平均デバイス数と接続数が最も高くなると予想されています。さらに、産業界におけるIoTデバイスの認知度は、他地域に比べて著しく高いです。Mendix社の調査によると、米国の製造業労働者の78%はデジタル化を歓迎しており、製造業労働者の10人に8人は新しいデジタルスキルの習得に関心を持っています。このようなIoTデバイスの増加は、研究市場の需要を促進すると思われます。
  • 2022年9月、米国国立標準技術研究所(NIST)は、米国におけるIoTデバイスのセキュリティ勧告案を発表しました。IoTは定期的にハッキングやデータ漏洩によるサイバーセキュリティ・リスクをもたらすため、NISTのコア・ベースラインは、メーカーがIoTデバイスに組み込むべき推奨セキュリティ機能と、消費者がショッピング中にデバイスの箱やオンライン説明文に目を通すべきガイドラインを強調しています。
  • AT&Tのような企業は、顧客のビジネス・ニーズに応えるためにNarrowBand IoT Networkを立ち上げ、スマート照明ソリューションなど、さまざまなIoT製品を提供しています。今後20年間で、国内の都市はスマートシティ、スマートエネルギー、スマート照明を含むその他のコネクテッド・テクノロジーを開発するために約41兆米ドルを投資する予定です。連邦政府によると、Climate Smart Buildings Initiativeは、2021年度の2億5,100万米ドルから、2030年までに年間12億米ドルと、5倍の支出増を計画しています。このようなスマートビルディングへの大規模な支出増加は、スマート照明プレーヤーが市場シェアを獲得するために新製品を開発するためのいくつかの機会を作り出すと思われます。
  • 長期的な目標を念頭に置いてスマート照明計画を開始した政府も多いです。カナダのモントリオール市サン・ローラン区は、スマート照明システムを構築する取り組みを開始しました。同市は、エネルギー支出を50%節約し、維持費を55%近く削減し、光害を減少させました。サン・ローラン市の道路の街灯の約90%がLEDに交換されました。この交換工事は、モントリオール市とサン・ローラン区が行っている数多くの設備投資の一環として行われました。モントリオール市は、19の市町村にある13万2,000の街灯をLEDに交換するプロジェクトに約1億1,000万米ドルを支払った。このようなスマート照明の増加は、調査された市場の成長機会を生み出すと期待されています。

ナローバンドIoT産業の概要

世界のナローバンドIoT市場は、少数の大手企業の存在により、適度に統合されています。各社はより多くの市場シェアを獲得するため、戦略的パートナーシップや製品開拓に継続的に投資しています。最近の市場開拓は以下の通り:

  • 2022年9月- 衛星通信事業者のSateliotは、低軌道(LEO)衛星を利用した衛星間直接狭帯域IoT(NB-IoT)接続を開発していると発表しました。今週、同社はアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)との協業を発表し、NB-IoTサービス向けに完全に仮想化されたクラウドネイティブの5Gコアを開発しました。サテリオットは、サービス自体を販売するのではなく、ローミング契約を通じて携帯電話事業者にシームレスなカバレッジを提供する意向です。
  • 2022年9月- ニュージーランドのIoT接続プロバイダーであるVodafone NZは、GPSとIoT資産追跡ハードウェアおよびソフトウェアの世界的企業であるDigital Matterと協力し、ニュージーランド企業向けに完全なIoT資産追跡ソリューションを提供します。Vodafone NZは、Digital Matterの多数のバッテリー駆動型IoT資産監視デバイスと、ホワイトラベルの資産追跡ソフトウェア、クラス最高のLTE-M(Cat-M1)、NB-IoT接続、社内技術サポートを組み合わせることで、完全に管理されたエンドツーエンドの資産管理ソリューションを構築しました。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント
    • ネットワーク
    • モジュール
  • 展開
    • スタンドアロン
    • インバンド
    • ガードバンド
  • デバイスタイプ
    • ウェアラブル
    • トラッカー
    • スマートメーター
    • スマート照明
    • アラーム&検知器
    • その他
  • 用途
    • スマートシティ
    • 交通・物流
    • エネルギー&ユーティリティ
    • 小売
    • 農業
    • その他
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他の中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Huawei Technologies Co., Ltd
    • Ericsson Corporation
    • Qualcomm Technologies
    • AT&T Inc
    • Verizon Wireless
    • Nokia Corporation
    • Vodafone Group
    • SEQUANS Communications
    • Intel Corporation
    • Intel Corporation
    • Deutsche Telekom
    • Twilio
    • SEQUANS Communications

第7章 投資分析

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 69689
Narrowband IoT - Market - IMG1

Narrowband IoT Market was valued at USD 4.55 billion in the previous year and is expected to register a CAGR of 31.82%, reaching USD 24.06 billion by the next five years. As a relatively new technology, NB-IoT is still in the early phases of adoption. However, in the upcoming years, it is anticipated to increase quickly.

Key Highlights

  • The NarrowBand-Internet of Things (NB-IoT) is a standards-based low-power wide area (LPWA) technology designed to support a variety of innovative IoT products and services. NB-IoT dramatically increases system capacity, spectrum efficiency, and user device power consumption, especially in deep coverage.
  • NB-IoT is a wireless telecommunications technology standard created by 3GPP, the worldwide standards body responsible for all significant mobile telecommunications standards, including 4G standards like LTE and 5G standards like 5G NR. The NB-IoT modules' low power consumption during signal processing contributes to a ten-year battery life.
  • All significant manufacturers of mobile devices, chipsets, and modules support NB-IoT, which can coexist alongside 2G, 3G, and 4G mobile networks. Additionally, it gains the advantages of all mobile networks' security and privacy characteristics, including support for user identity confidentiality, entity authentication, confidentiality, data integrity, and mobile equipment identification.
  • In particular, NB-IoT is used in smart cities, smart agricultural, and asset-tracking applications that need low data rates, long battery life, and wide-area coverage. It is ideal for IoT applications that demand massive connectivity since it enables the connection of many devices, generally in hundreds or even millions.
  • The wearables sector is also predicted to contribute a major portion of the market due to the fast expanding demand for sports, fitness, and healthcare gadgets for personal care and diagnostics. While the younger population is encouraged to use sports and fitness bands due to rising disposable income levels and increased knowledge of the benefits of physical fitness, the use of healthcare bands is rising in developed nations.
  • As a result of the NB-IoT technology's fast-expanding uses, an increasing number of technology firms and telecommunications service providers are projected to develop NB-IoT devices and roll out related services, accelerating market growth throughout the projection period. Big data analytics, artificial intelligence (AI), and machine learning (ML) advancements would allow firms to study enormous volumes of data obtained by watching and monitoring activities via IoT networks.
  • Automobile manufacturers are responding to passenger safety concerns by implementing new technology that will undoubtedly provide safer, more convenient, and cost-effective transportation. As a result, NB-IoT is increasingly being used in the automobile industry due to its ability to precisely track vehicles, identify and avoid major traffic jams, and contribute to efficient traffic management.
  • Additionally, the capacity of the NB-IoT network to reach deep underground and enclosed locations would allow for the deployment of IoT devices indoors and underground. However, the impending lack of standardized and affordable network pricing models and sufficient network coverage to support the vastly expanded IoT deployments limits industry growth.

Narrowband IoT Market Trends

Smart Cities is Expected to Drive the Market

  • Advancements in mobile IoT networks solutions such as Nb-IoT from mobile operators offer a scalable, secure, and standardized way to connect smart city assets that offer a wide variety of services sustainably as they are particularly designed to meet the needs of smart city, the economics of using such technology is leading to improvement in value chain standardizes around networks and components.
  • Additionally, in densely populated urban areas, cellular networks can manage traffic from a sizable number of IoT devices with little negative influence on network capacity. For instance, narrow band-IoT technology can handle a huge number of enormous IoT devices with little impact on network capacity, even in a dense metropolitan environment with 10,000 households per km2 and tens of thousands of installed IoT devices.
  • The government's initiatives towards developing smart cities would allow the studied market to grow. For instance, in November 2022, the Smart Cities Council, a smart cities organization, began operations in the United Kingdom. The Smart Cities Council and its associated global impact program, "Everyone," bring together government, business, academia, philanthropy, and charity to take action and have an impact on the key challenges and possibilities that cities and communities face today. People, safety, beauty, sustainability, resilience, equity, and inclusion will be included in expanding "smart" from place and infrastructure in the United Kingdom.
  • Further, According to the Union Housing and Urban Affairs Ministry, these Smart Cities recently bid out 6,452 projects totaling INR 1,84,998 crore. Work orders have been issued for 5,809 projects totaling INR 1,56,571 crore, with 3,131 projects totaling INR 53,175 crore completed. During the same period, the Central government provided INR 27,235 crore to states and union territories for smart city projects.
  • According to the Economist group, Copenhagen was the leading worldwide digital city in 2022, according to the index rating above, with a score of 80.3. Seoul, Beijing, Amsterdam, and Singapore completed the top five list of best digital cities. With smart city initiatives, the trend of an increasing number of IoT and connected devices is expected to continue over the forecast period. The growing adoption of connected devices that include smart meters, smart homes, smart lighting, and smart transportation, among others that use IoT to connect, is likely to propel the growth of the studied market.
  • By 2030, Saudi Arabia wants to have the most livable metropolis in the world, one that can draw the brightest brains and most talented people. To construct smart cities, the Kingdom has already set up USD 500 billion to invest across 285 municipalities. The nation is also constructing NEOM City, a futuristic 200 km long city with a wealth of cutting-edge technology that utilizes AI and IoT to the maximum.
Narrowband IoT - Market - IMG2

North America Holds Major Market Share

  • North America is home to several significant device makers and network service providers who focus on testing and commercial deployment of solutions for industrial and commercial applications, creating a massive demand for the industry. Additionally, the market is anticipated to contribute a sizeable share due to rising internet penetration, the continued rollout of high-speed internet infrastructure networks, the rise in smart city initiatives, and rising levels of disposable income, especially in economies like the United States, Canada, Brazil, and other nations in the region.
  • The United States and Canada have developed economies that enable them to invest heavily in R&D. Rising digitization throughout the industrial emphasis areas, steady technological advancements, and rising penetration of smart connected devices have all contributed to the growth of the North American Narrowband IoT market. The increased usage of connected devices and associated network infrastructure, as well as the increased collaboration of network, hardware, and software providers, are the primary drivers that assist in expanding the IoT market in the North American region.
  • According to Cisco, the United States and Canada are expected to have the highest average per capita devices and connections by 2022. Moreover, awareness about IoT devices in industries is significantly higher in the region compared to others. According to a study by Mendix, 78% of US manufacturing workers welcome digitalization; eight in ten manufacturing workers are interested in learning new digital skills. Such a rise in IoT devices would drive the demand for the studied market.
  • In September 2022, The National Institute of Standards and Technology (NIST) issued Draft Security Recommendations for IoT Devices in the United States. Because IoT regularly poses a cybersecurity risk through hacks and data breaches, the NIST's Core Baseline highlights recommended security features for manufacturers to incorporate into their IoT devices and guidelines for consumers to look for on a device's box or online description while shopping.
  • Companies like AT&T had launched NarrowBand IoT Network to cater to customers' business needs, providing them with a range of IoT offerings, including smart lighting solutions. Over the next 20 years, the cities in the country are planning to invest about USD 41 trillion to develop smart cities, smart energy, and other connected technologies, including smart lighting. According to the federal government, the Climate Smart Buildings Initiative is planned to boost performance contract spending from USD 251 million in FY2021 to USD 1.2 billion per year by 2030, a fivefold increase. Such a massive rise in spending on smart buildings would create several opportunities for the smart lighting players to develop new products to capture the market share.
  • Many governments initiated smart lighting schemes with long-term goals in mind. Saint-Laurent, a borough of Montreal, Canada, launched an initiative to create a smart lighting system. The city saved 50% on energy expenditures, nearly 55% on maintenance costs, and reduced light pollution. Around 90% of the streetlamps on Saint-Laurent's roads have been replaced with LEDs. This replacement work was completed as part of numerous capital investment initiatives that the Ville de Montreal and the Arrondissement de Saint-Laurent run. The City of Montreal paid about USD 110 million in a project to replace 132,000 street lighting in 19 municipalities with LEDs. Such a rise in smart lighting is expected to create opportunities for the studied market to grow.

Narrowband IoT Industry Overview

The Global Narrowband IoT Market is moderately consolidated, with the presence of a few major companies. The companies continuously invest in strategic partnerships and product developments to gain more market share. Some of the recent developments in the market are:

  • September 2022 - Sateliot, a satellite communication operator, announced that it is developing direct-to-satellite narrowband IoT (NB-IoT) connectivity using Low Earth Orbiting (LEO) satellites. This week, the business announced a collaboration with Amazon Web Services (AWS) to develop a completely virtualized cloud-native 5G core for its NB-IoT service, which is slated to be commercially operational in the second half of 2023. Rather than selling the service itself, Sateliot intends to provide seamless coverage for cell operators through roaming agreements.
  • September 2022 - Vodafone NZ, New Zealand's IoT connection provider, has worked with Digital Matter, a global player in GPS and IoT asset tracking hardware and software, to provide complete IoT asset tracking solutions for New Zealand businesses. Vodafone NZ has created a fully managed, end-to-end asset management solution by combining numerous battery-powered IoT asset monitoring devices from Digital Matter with white-label asset tracking software, best-in-class LTE-M (Cat-M1), NB-IoT connection, and in-house technical support.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Value Chain Analysis
  • 4.5 Porters Five Force Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.6 Assestment of the Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Component
    • 5.1.1 Network
    • 5.1.2 Module
  • 5.2 Deployment
    • 5.2.1 Standalone
    • 5.2.2 In-band
    • 5.2.3 Guard-band
  • 5.3 Device Type
    • 5.3.1 Wearables
    • 5.3.2 Tracker
    • 5.3.3 Smart Meter
    • 5.3.4 Smart Lighting
    • 5.3.5 Alarm & Detector
    • 5.3.6 Others
  • 5.4 Application
    • 5.4.1 Smart Cities
    • 5.4.2 Transportation & Logistics
    • 5.4.3 Energy & Utilities
    • 5.4.4 Retail
    • 5.4.5 Agriculture
    • 5.4.6 Others
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 India
      • 5.5.3.2 China
      • 5.5.3.3 Japan
      • 5.5.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Latin America
      • 5.5.4.1 Brazil
      • 5.5.4.2 Argentina
      • 5.5.4.3 Rest of Latin America
    • 5.5.5 Middle East and Africa
      • 5.5.5.1 United Arab Emirates
      • 5.5.5.2 Saudi Arabia
      • 5.5.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Huawei Technologies Co., Ltd
    • 6.1.2 Ericsson Corporation
    • 6.1.3 Qualcomm Technologies
    • 6.1.4 AT&T Inc
    • 6.1.5 Verizon Wireless
    • 6.1.6 Nokia Corporation
    • 6.1.7 Vodafone Group
    • 6.1.8 SEQUANS Communications
    • 6.1.9 Intel Corporation
    • 6.1.10 Intel Corporation
    • 6.1.11 Deutsche Telekom
    • 6.1.12 Twilio
    • 6.1.13 SEQUANS Communications

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS