市場調査レポート
商品コード
1406021

ニューロフィードバックシステム - 市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年成長予測

Neurofeedback Systems - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
ニューロフィードバックシステム - 市場シェア分析、産業動向・統計、2024年~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ニューロフィードバックシステム市場規模は、2024年の13億米ドルから2029年には18億米ドルに成長し、予測期間(2024年~2029年)のCAGRは7.72%になると予測されています。

Neurofeedback Systems-Market-IMG1

COVID-19の大流行中、個人の精神状態は大きな影響を受け、その結果、多くの人がさまざまな精神疾患や神経精神疾患に苦みました。例えば、WHOの最新情報によると、2022年3月、COVID-19パンデミックの最初の年に、不安と抑うつの世界的有病率は25%増加しました。さらに、アインシュタインが2022年4月に発表した論文によると、パンデミックによるメンタルヘルスへの有害な影響は、パンデミック中だけでなく、パンデミック後にも存在しました。COVID後の合併症によるこれらの神経学的症状は、リハビリテーション、酸素療法、免疫療法によって治療され、それによって不安や抑うつが有意に減少しました。その上、COVID-19パンデミックは、増加する神経学的症状の世界の負担に対処する革新的な方法を開発する機会となった。例えば、2022年7月にPLoS Oneが発表した論文によると、ニューロフィードバックはCOVID後の神経学的合併症の治療だけでなく、それらの相互関連性を研究するためにも実行可能でした。したがって、COVID-19の流行は市場の成長に大きな影響を与えました。

脳機能障害の負担増と脳モニタリングに向けた技術進歩の増加が市場成長を促進する要因です。例えば、WHOのアップデートによると、2022年9月には世界で5,500万人以上が認知症を患っており、毎年1,000万人近くが新たに発症しています。また、アルツハイマー病は認知症の最も一般的な形態であり、症例の60%~70%に寄与している可能性があるとしています。さらに、Global Burden of Diseases, Injuries, and Risk Factorsが発表した論文によると、2022年1月、世界の認知症患者数は、2019年の約5,740万人から2050年には1億5,280万人と166%増加する可能性があります。したがって、このような脳機能障害の世界の有病率の増加は、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

そのほか、この領域におけるさまざまな技術の進歩や革新的な製品の発売も市場成長を後押しします。例えば、2021年10月、Interaxon Inc.は、人気の高いEEG瞑想・睡眠ヘッドバンド「Muse S」の第2世代を発売しました。この更新されたぬいぐるみのような脳感知ヘッドバンドは、リアルタイムのニューロフィードバックを使用して、入眠のための瞑想術の習得を支援します。このような市場開拓は、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

したがって、ニューロフィードバックシステム市場は、予測期間中、上記の要因によって成長すると予想されます。しかし、コスト高と時間のかかるプロセスが市場の成長を抑制する可能性が高いです。

ニューロフィードバックシステム市場動向

注意欠陥多動性障害(ADHD)は予測期間中に重要な市場貢献者になる見込み

注意欠陥多動性障害(ADHD)セグメントは、小児期の最も一般的な神経発達障害の1つです。通常、最初に診断されるのは小児期で、成人期まで続くことが多いです。ADHDの患者、特に小児は、注意力が低下したり、衝動的な行動をコントロールできなくなったり、過度に活動的になったりすることがあります。同分野の成長に拍車をかけている主な要因は、ニューロフィードバック療法や機器の研究開発への注目が高まっていることと、世界的にADHDの負担が増加していることです。例えば、CDCの更新によると、2021年9月、過去数年間にADHDと診断された人は8.8%でした。さらに、上記の一次情報によれば、1,360万人が注意欠陥障害を主な診断として医師の診察室を訪れています。したがって、このような有病率は、ADHDの調査と治療のためのニューロフィードバックシステムに対する需要が市場成長に寄与する可能性が高いことを示しています。

さらに、研究開発への注目の高まりは、効果的なニューロフィードバックシステムの開拓につながり、市場の成長を支えています。例えば、国立医療介護研究所(NIHR)Maudsley生物医学研究センター(BRC)2022年10月の更新によると、医学研究評議会は、ADHDの子ども100人を対象に、fMRI-ニューロフィードバックを脳活動に関係のないプラセボと比較する大規模試験に159万米ドルを資金提供しました。この研究はまた、地元や国立精神衛生研究所、ドレスデン大学との新たな共同研究にもつながった。研究チームは、経頭蓋直流電流刺激や顔の感覚をつかさどる三叉神経への刺激など、さまざまな種類の非侵襲的脳刺激治療を含む、ADHDにおける他の脳ベースの治療法を試験するための資金(NIHR、Action Medical Researchから約245万米ドル)を確保しました。

したがって、上記の要因が予測期間中の同分野の成長を促進すると考えられます。

Neurofeedback Systems-Market-IMG2

北米は予測期間中同様の動向で市場において大きなシェアを占める見込み

北米は、この地域で対象疾患の有病率が上昇していることが主な原因であるこの市場の大きな成長を保持すると予想されます。例えば、Alzheimer's Disease Facts And Figures 2023レポートによると、65歳以上のアメリカ人の人口は2021年の5,800万人から2050年には8,800万人に増加すると予測されています。また、上記の情報源によれば、2023年には約240万人のアルツハイマー型認知症患者が85歳以上になる可能性があり、アルツハイマー型認知症患者全体の33%を占めると予測されており、この数は2060年には670万人に達し、65歳以上のアルツハイマー型認知症患者全体の約48%を占めると予測されています。認知症のリスクは加齢とともに上昇するため、アルツハイマー型認知症やその他の認知症患者の数も割合も今後増加することが予想されます。したがって、このアルツハイマー病の高い負担は、ニューロフィードバックシステムに対する需要を生み出し、それによってこの地域の市場成長に貢献すると予測されます。

さらに、頻繁な戦略的イニシアティブも市場を牽引すると予想されます。例えば、2022年6月、New Beginnings Sexual Assault Support Services社は、Kentucky Colonels Grant 2022を受賞し、オフィス拠点で使用するNeurOptimal Advanced Brain Training Systemマシンの購入につながった。NeurOptimalのニューロフィードバックトレーニングは、脳波(EEG)モニタリングとフィードバックにより、ユーザーが無意識のうちに脳の活動をリアルタイムで自己調節できるようにします。このような取り組みは、同地域の市場成長を促進すると予想されます。

したがって、上記のすべての要因は、予測期間にわたって北米のmakretの成長に貢献する可能性が高いです。

ニューロフィードバックシステム産業概要

ニューロフィードバックシステム市場は、世界的および地域的に事業を展開する企業が存在するため、その競争は緩やかです。競合情勢には、Brainmaster Technologies Inc.、Mind Media、NeuroCare Group GmbH、Neurobit Systems、BEE Medicなど、市場シェアを持ち知名度の高い国際企業や地元企業の分析が含まれます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 脳障害の負担増
    • 脳モニタリングに向けた技術進歩の増加
  • 市場抑制要因
    • 高コストと時間のかかるニューロフィードバックセッション
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途別
    • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
    • 疼痛管理
    • 不眠症
    • 不安障害
    • その他の用途
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Brainmaster Technologies Inc.
    • BEE Medic
    • Neurobit Systems
    • NeuroCare Group GmbH
    • Thought Technology Ltd
    • Mind Media BV
    • Wearable Sensing
    • Mitsar Co. Ltd
    • Myndlift

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68351
Neurofeedback Systems - Market - IMG1

The Neurofeedback Systems Market size is expected to grow from USD 1.3 billion in 2024 to USD 1.8 billion by 2029, at a CAGR of 7.72% during the forecast period (2024-2029).

During the COVID-19 pandemic, the mental state of individuals was significantly affected, and consequently, many suffered from different psychiatric and neuropsychiatric disorders. For instance, according to the WHO update, in March 2022, in the first year of the COVID-19 pandemic, the global prevalence of anxiety and depression increased by 25%. Furthermore, according to an article published by Einstein in April 2022, the harmful effect of the pandemic on mental health not only existed during the pandemic but also in the post-pandemic era. These neurological manifestations of post-COVID complications were treated by rehabilitation, oxygen therapy, and immunotherapy, and that significantly reduced anxiety and depression. Besides, the COVID-19 pandemic provided an opportunity to develop innovative methods to address the global burden of the increasing number of neurological manifestations. For instance, according to an article published by PLoS One, in July 2022, neurofeedback was feasible for the treatment of post-COVID neurological complications as well as for studying their inter-relatedness. Hence, the COVID-19 pandemic had a significant impact on the market growth.

The increasing burden of brain dysfunctions and increasing technological advancements towards brain monitoring are the factors that drive market growth. For instance, according to the WHO update, in September 2022, more than 55 million people were living with dementia worldwide, and there are nearly 10 million new cases every year. It also stated that Alzheimer's disease is the most common form of dementia and may contribute to 60%-70% of the cases. Furthermore, according to an article published by Global Burden of Diseases, Injuries, and Risk Factors, in January 2022, the number of people with dementia worldwide are likely to increase by 166%, from about 57.4 million in 2019 to 152.8 million people by 2050. Therefore, the increasing prevalence of such brain dysfunction across the global population is expected to drive market growth over the forecast period.

Besides, various technological advancements and innovative product launches in this domain also boost market growth. For instance, in October 2021, Interaxon Inc. launched the second generation of its popular EEG meditation and sleep headband, Muse S. This updated plush brain-sensing headband uses real-time neurofeedback to help learn the art of meditation for falling asleep. Such development is expected to drive market growth over the forecast period.

Hence, the neurofeedback systems market is anticipated to grow due to the abovementioned factors over the forecast period. However, high costs and time-consuming processes will likely restrain the market growth.

Neurofeedback Systems Market Trends

Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) is Expected to be a Significant Market Contributor Over the Forecast Period

Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) segment is one of childhood's most common neurodevelopmental disorders. It is usually first diagnosed in childhood and often lasts into adulthood. Patients who have ADHD, particularly children, may have trouble paying attention, controlling impulsive behaviors, or maybe being overly active. The major factors fueling the segment's growth are the increasing focus on the R&D of neurofeedback therapies and devices along with the growing burden of ADHD worldwide. For instance, according to the CDC update, in September 2021, 8.8% of people had been diagnosed with ADHD in the past few years. Moreover, as per the above source, 13.6 million visits to doctors' offices were made with attention deficit disorder as the primary diagnosis. Thus, such prevalence indicates that the demand for neurofeedback systems for the research and treatment of ADHD is likely to contribute to market growth.

Moreover, the increasing focus on R&D is leading to the development of effective neurofeedback systems, thereby supporting market growth. For instance, as per an October 2021 update by the National Institute for Health and Care (NIHR) Maudsley Biomedical Research Centre (BRC) 2022, the Medical Research Council funded USD 1.59 million for a larger trial of 100 children with ADHD to compare fMRI-neurofeedback to a placebo that is not related to their brain activity. The work also led to new collaborations locally and with the National Institute of Mental Health and Dresden University. The team secured funding (approximately USD 2.45 million from NIHR, Action Medical Research) to trial other brain-based therapies in ADHD, including different types of non-invasive brain stimulation treatments such as transcranial direct current stimulation and stimulation of the trigeminal nerve, which is responsible for sensations in the face.

Thus, the above-mentioned factors are likely to drive the segment growth during the forecast period.

Neurofeedback Systems - Market - IMG2

North America Expected to Hold a Significant Share in the Market with Similar Trends over the Forecast Period

North America is expected to hold a significant growth of this market which is largely attributed to the rising prevalence of target diseases in this region. For instance, as per the Alzheimer's Disease Facts And Figures 2023 report, the population of Americans aged 65 years and older is projected to grow from 58 million in 2021 to 88 million by 2050. The above source also stated that in 2023 about 2.4 million people with Alzheimer's dementia are likely to be 85 years of age or older and are projected to account for 33% of all people with Alzheimer's dementia, and this number is projected to reach to 6.7 million people by 2060, accounting for about 48% of all people 65 years of age and older with Alzheimer's dementia. As the risk of dementia rises with age, it is anticipated that both the number and percentage of people with Alzheimer's or other dementias is likley to increase in the coming years. Thus, this high burden of Alzheimer's disease is projected to create demand for neurofeedback systems, thereby contributing to the market growth of the market in the region.

Moreover, frequent strategic initiatives are also expected to drive the market. For instance, in June 2022, New Beginnings Sexual Assault Support Services received the Kentucky Colonels Grant 2022, which led to the purchase of NeurOptimal Advanced Brain Training System machines for use in office locations. NeurOptimal neurofeedback training allows users to unconsciously self-regulate brain activity in real-time using electroencephalography (EEG) monitoring and feedback. Such an initiative is expected to drive market growth in the region.

Hence, all the above factors are likely to contribute to makret growth in North America Over the Forecast Period.

Neurofeedback Systems Industry Overview

The neurofeedback systems market is moderately competitive in nature due to the presence of companies operating globally and regionally. The competitive landscape includes an analysis of a few international and local companies that hold market shares and are well-known, including Brainmaster Technologies Inc., Mind Media, NeuroCare Group GmbH, Neurobit Systems, and BEE Medic, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Burden of Brain Disorders
    • 4.2.2 Increasing Technological Advancements Towards Brain Monitoring
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High-Cost and Time-Consuming Neurofeedback Sessions
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Application
    • 5.1.1 Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD)
    • 5.1.2 Pain Management
    • 5.1.3 Insomnia
    • 5.1.4 Anxiety Disorder
    • 5.1.5 Other Applications
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Mexico
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Italy
      • 5.2.2.5 Spain
      • 5.2.2.6 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 South Korea
      • 5.2.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Middle East and Africa
      • 5.2.4.1 GCC
      • 5.2.4.2 South Africa
      • 5.2.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.2.5 South America
      • 5.2.5.1 Brazil
      • 5.2.5.2 Argentina
      • 5.2.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Brainmaster Technologies Inc.
    • 6.1.2 BEE Medic
    • 6.1.3 Neurobit Systems
    • 6.1.4 NeuroCare Group GmbH
    • 6.1.5 Thought Technology Ltd
    • 6.1.6 Mind Media BV
    • 6.1.7 Wearable Sensing
    • 6.1.8 Mitsar Co. Ltd
    • 6.1.9 Myndlift

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS