デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404532

電気試験装置:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Electrical Test Equipment - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 136 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
電気試験装置:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 136 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電気・電子試験装置市場は前年度138億1,000万米ドルで、予測期間にはCAGR 4.29%を記録し174億8,000万米ドルに達すると予測されます。

Electrical Test Equipment-Market-IMG1

主要ハイライト

  • 電気・電子試験装置は、電気・電子システムの様々な側面の測定、試験、診断、トラブルシューティングに使用されるツールです。これらの機器は、電子デバイス、回路、コンポーネントの適切な機能、安全性、性能を保証するのに役立ちます。テスト機器は、被試験デバイス(DUT)を検証するために、リアルタイムの環境を可能な限り忠実にシミュレートするのに役立ちます。
  • テスト機器は、デバイスそのものと同じくらい重要です。すべての電子機器は、加熱、湿気、衝撃、振動などにより、時間の経過とともに摩耗する傾向があります。これは性能劣化につながります。そのため、すべての電子試験設備は、シンプルなマルチメーターであれ、複雑なオシロスコープであれ、必要な機器を備えていなければなりません。
  • 電子製品の設計、製造、修理における精度とスピードへのニーズの高まりは、業界を問わず電気・電子試験装置の需要を促進する主要要因の一つです。また、電気自動車、自律走行、5Gなど、新しい電子機器や接続された電子機器、新興先端技術の採用が増加していることも、調査対象市場の需要を促進しています。
  • 例えば、バッテリー電気自動車に関連するリスクは、バッテリーの損傷が制御不能な過熱につながる熱暴走による発火です。さらに、火災が発生した電気自動車(EV)の多くは、NMCと呼ばれる、より温度に敏感な電池化学を使用していました。より温度に敏感なバッテリーを使用するため、バッテリーパックレベルで適切に熱冷却されるような設計上の対策は取られていなかった。厳格な電気・電子試験を実施することで、メーカーとエンジニアは電気自動車の性能と安全性を最適化することができます。
  • さらに、自律走行の導入が進むにつれて、自律走行システムの信頼性、安全性、複雑な環境での瞬時の判断能力を確保するための試験装置の使用が求められます。こうした試験プロセスは、自律走行車の性能と安全性に高い信頼性をもって道路に導入するために不可欠です。
  • 他の市場と同様、電気・電子試験装置市場にも克服すべき課題があり、熾烈な価格競争は相手先商標製品メーカー(OEM)にとって重要な課題の一つとなっています。インドのような発展途上国の大半は、価格に非常に敏感であるため、試験サービスの価格を著しく低く抑えています。そのため、市場では、不正確な測定を行う、古く、改修され、較正されていない検査機器が数多く流通しています。さらに、新製品の開発には莫大な資本が必要であるため、コストアップや新製品に対する抵抗感も問題であり、調達となると、顧客はそのような機器にあまりお金を払いたがらないことが観察されており、時には優先順位の最後の項目とみなされることもあります。
  • COVID-19の流行は、半導体製造市場全体に需要と供給の両面から影響を与えました。加えて、世界の半導体工場の操業停止と閉鎖も供給不足に拍車をかけた。その影響は調査した市場にも反映されました。しかし、これらの影響の多くは短期的なものでした。自動車と半導体セクターを支援するための世界各国政府による予防措置が、業界の成長を復活させるのに役立った。

電気テスト装置市場の動向

半導体とコンピューティングが最大のエンドユーザー産業に

  • 半導体製造企業による自動試験装置(ATE)の採用は、半導体デバイスの性能運用速度の向上とコスト削減を目的としており、市場成長に好影響を与えると予想されます。
  • 半導体自動試験装置(ATE)は、抵抗器、コンデンサ、インダクタなどの必須部品から、複雑な集積回路(IC)、プリント回路基板(PCB)、完全に組み立てられた電子システムまで、多様な電子機器やシステムを試験することができます。ATEは、電子部品やシステムのポストファブリケーションを検査するために、電子機器製造分野で広く採用されています。半導体産業の勃興を考えると、ATEに対する需要はかなり高まると予想されます。
  • 半導体産業は急速な拡大を経験しており、半導体は現代技術の基本的な構成要素となっています。SIAによると、半導体の世界売上高は2023年第2四半期に1,245億米ドルに達し、2023年第1四半期から4.7%増加しました。さらに、2030年までに半導体製造能力に対する世界需要が56%急増すると予測しています。このような近未来的な発展は、電子試験装置に対する大きなニーズを生み出すと予想されます。
  • 同市場では、IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などの技術の出現により、チップの電力性能、効率、コスト、面積、市場投入までの時間を迅速かつ大幅に改善する需要が増加しています。このような顧客の要求や嗜好の変化は、半導体試験装置市場の成長を促す重要な要因の一つになると予想されます。
  • さらにSIAは、2023年6月にWSTS Spring 2023世界半導体販売予測を正式に支持しました。同予測によると、2023年の世界年間売上高は5,151億米ドルとなり、2022年の5,741億米ドルから減少します。2024年の世界売上高は5,760億米ドルに達し、業界史上最高となる見込みです。政府の好意的な取り組みや半導体チップに対する需要の高まりと相まって、半導体設備への支出が増加しており、世界中でファウンドリーの新設に対する関心が高まっていることを示しています。このようなチップ生産の増加は、電子試験装置の需要を促進すると予想されます。
Electrical Test Equipment-Market-IMG2

アジア太平洋が市場を独占する見込み

  • アジア太平洋は、主に中国、日本、韓国、インドの広範な製造拠点によって、半導体・エレクトロニクス産業を大きく支配しています。
  • Foxconn Technology GroupやMegatron Asia Pacific Ltdのような大企業がインドに工場を設立中です。IBEFによると、インドは2025~26年までに3,000億米ドル相当のエレクトロニクス製造と1,200億米ドルの輸出を達成することを約束しました。また、2023-24年度連邦予算では、電子情報技術省に1,654億9,000万インドルピー(20億米ドル)が割り当てられており、これは毎年約40%増の高騰となっています。
  • この地域の試験・検査活動の活発化により、電気試験装置に対するかなりの需要が見込まれます。以前は、ほとんどの地域企業が試験と認証業務を社内で行っていました。しかし、中国の強制認証規制により、厳格な規制基準の必要性がより重視されるようになった。このため、試験サービスのアウトソーシングが増加し、試験サービス会社における試験装置の需要が高まっています。
  • コンシューマー・エレクトロニクス業界を除けば、この地域では格安航空会社が圧倒的なシェアを占めています。そのため、検査・サービス業務の大半はアウトソーシングされています。このため、シンガポールは保守・検査サービスの地域ハブとして台頭してきました。シンガポールを拠点とする航空会社は、20年以上にわたってこの地域での優位性を維持してきました。しかし、インドネシア、ベトナム、タイといった国々がシンガポールの優位性に課題しています。
  • さらに、同地域はYokogawa(日本)、Advantest Corp.(日本)、Anritsu Corporation(日本)、Rigol Technologies(中国)、 ScienceTech Technologies(インド)など複数の主要企業の拠点となっています。これらの企業は、この地域の他のさまざまな企業とともに、製品イノベーションに継続的に取り組んでおり、業界のアプリケーション全体にソリューションを提供しています。
  • 2022年8月、Advantest Corp.は、高速SoCテスタの量産展示評価において、Rohde & Schwarzの高性能オシロスコープ「RTP」と協業しました。この提携に伴い、同社は最新要件に沿った品質向上を目指しています。地域企業によるこのような取り組みは、市場の成長を促進すると期待されます。
  • さらに、高圧線や発電所の建設など複数のインフラプロジェクトが、この地域の電気試験機需要を促進すると予想されています。例えば、2022年8月、中国の国家電網は、2022年下半期に1,500億元(220億米ドル)以上の資金をUHV送電線に投入する計画です。太陽光発電所、風力発電所、水力発電所が主に立地する中国の極西部地域と主要都市を結ぶために、新たに8つのUHVプロジェクトの建設が計画されており、市場の成長をさらに後押しすることになります。

電気試験装置産業概要

電気・電子試験装置市場は、Fortive Corporation、Keysight Technologies Inc、Rohde &Schwarz GmbH & Co.KG、National Instruments Corporation、Anritsu Corporationなどです。市場参入企業は、製品ポートフォリオを強化し、持続可能な競合を確立するために、パートナーシップや買収を戦略的に活用しています。

2023年8月、Yokogawa Electric Corporationの子会社であるYokogawa Test & Measurement Corporationは、精密オシロスコープDLM5000HDシリーズを発表しました。DLM5000HDシリーズは、DLM5000シリーズをさらに進化させたもので、周波数帯域幅500MHzと350MHzのオシロスコープです。これらのモデルは、高分解能による高精度な波形解析が可能で、セットアップや操作を効率化する使いやすい機能を搭載しています。

2023年6月、Advantest Corp.は、アリゾナ州立大学(ASU)と共同で、NXPと共同で新しいテスト・エンジニアリング・プログラムを設立することを発表しました。同プログラムのカリキュラムは、ASUのアイラ工科大学とフルトン工科大学の教授陣によって開発されたもので、Advantestが考案した実験を通じて、より充実したものとなっています。これらの実験は、AdvantestとNXPが共同で実施するもので、教育上の重要なマイルストーンとなります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度
  • 産業バリューチェーン分析
  • 主要マクロ経済動向の影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 試験計測機器の必要性をもたらす技術の進歩
    • 電気自動車とハイブリッド車の新興動向
  • 市場の課題/抑制要因
    • 価格への敏感さとレンタルサービスへの嗜好の高まり

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 半導体自動試験装置(ATE)
    • 無線周波数(RF)テスト機器
    • デジタル・テスト機器
    • 電気・環境テスト
    • データ収集(DAQ)
  • エンドユーザー産業別
    • 通信
    • 半導体とコンピューティング
    • 航空宇宙・防衛
    • コンシューマー・エレクトロニクス
    • 電気自動車(EV)
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 ベンダー市場シェア分析

第8章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Fortive Corporation
    • Keysight Technologies Inc.
    • Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG
    • National Instruments Corporation
    • Anritsu Corporation
    • Teledyne Lecroy(Teledyne Technologies Incorporated)
    • Yokogawa Test & Measurement Corporation(Yokogawa Electric Corporation)
    • Teradyne Inc.
    • Chauvin Arnoux Group
    • Advantest Corporation

第9章 投資分析

第10章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 66673
Electrical Test Equipment - Market - IMG1

The electrical and electronic test equipment market was valued at USD 13.81 billion in the previous year and is expected to register a CAGR of 4.29%, reaching USD 17.48 billion over the forecast period.

Key Highlights

  • Electrical and electronic test equipment are tools used to measure, test, diagnose, and troubleshoot various aspects of electrical and electronic systems. These equipment help ensure the proper functioning, safety, and performance of electronic devices, circuits, and components. Test equipment helps simulate the real-time environment as closely as possible to verify the device under test (DUT).
  • Testing equipment is as important as the device itself. All electronic equipment tends to wear out over time due to heating, moisture, shock, or vibration. This can lead to performance degradation. Therefore, every electronic testing facility must have the required equipment, whether a simple multimeter or a complex oscilloscope.
  • The increasing need for accuracy and speed in designing, manufacturing, or repairing electronic products is one of the major factors driving the demand for electric and electronic test equipment across industries. The growth in adopting new and connected electronic devices and emerging advanced technologies, such as electric vehicles, autonomous driving, and 5G, is also fueling the demand in the market studied.
  • For instance, the risk associated with battery-electric vehicles is catching fire due to thermal runaway, where damage to the battery leads to uncontrollable overheating. Moreover, many electric vehicles (EVs) that caught fire used more temperature-sensitive battery chemistry called NMC. To use a more temperature-sensitive battery, no design measures were taken to ensure that it's thermally cooled properly at the battery pack level. By employing rigorous electrical and electronic testing practices, manufacturers and engineers can optimize the performance and safety of electric vehicles.
  • Moreover, the increasing deployment of autonomous driving will demand the use of test equipment to ensure that autonomous driving systems are reliable, safe, and capable of making split-second decisions in complex environments. These testing processes are essential to bring autonomous vehicles to the roads with high confidence in their performance and safety.
  • Like other markets, the electrical and electronics test equipment market also has some challenges to overcome, and fierce price competition has been one of the key issues for original equipment manufacturers (OEMs). The majority of developing nations, such as India, have been very price-sensitive, which makes them keep the prices of testing services to be significantly low. This further leads to the presence of many old, refurbished, non-calibrated instruments operating in the market that provide inaccurate measurements. Moreover, resistance towards increased cost and new products is another issue as developing a new product needs huge capital, and when it comes to procurement, it has been observed that the customers are not willing to pay well for such equipment, and sometimes it is considered as the last priority item.
  • The COVID-19 pandemic influenced the overall semiconductor manufacturing market from the demand and supply sides. In addition, the global lockdowns and closure of semiconductor plants also fueled the supply shortage. The effects were also reflected in the studied market. However, many of these effects were short-term. Precautions by governments worldwide to support automotive and semiconductor sectors helped revive industry growth.

Electrical Test Equipment Market Trends

Semiconductors and Computing to be the Largest End-user Industry

  • The adoption of Automated Test Equipment (ATE) by semiconductor manufacturing firms to improve performance operational speed and reduce costs of semiconductor devices is anticipated to have a favorable impact on market growth.
  • Semiconductor automated test equipment (ATE) is capable of testing a diverse array of electronic devices and systems, ranging from essential components such as resistors, capacitors, and inductors to complex integrated circuits (ICs), printed circuit boards (PCBs), and fully assembled electronic systems. ATE is extensively employed in the electronic manufacturing sector to examine electronic components and systems post-fabrication. Given the rising semiconductor industry, the demand for ATE is anticipated to escalate considerably.
  • The semiconductor industry is experiencing a rapid expansion, with semiconductors serving as the fundamental components of contemporary technology. According to SIA, the global sales of semiconductors amounted to USD 124.5 billion in Q2 2023, marking a 4.7% rise from Q1 2023. Additionally, it foresees a 56% surge in the worldwide demand for semiconductor manufacturing capacity by 2030. Such futuristic developments are expected to create a significant need for Electronic testing equipment.
  • The market is witnessing an increase in demand for rapid and significant improvements in chip power performance, efficiency, cost, area, and time to market due to the emergence of technologies such as the IoT, Big Data, and artificial intelligence (AI). This shift in customer demands and preferences is expected to be one of the critical drivers for the growth of the semiconductor testing equipment market.
  • Furthermore, SIA officially supported the WSTS Spring 2023 worldwide semiconductor sales forecast in June 2023. The forecast predicts that the annual global sales will amount to USD 515.1 billion in 2023, a decrease from the 2022 sales total of USD 574.1 billion. In 2024, global sales are expected to reach USD 576.0 billion, which would be the highest-ever total in the industry. The escalating demand for chips, coupled with favorable government initiatives and rising demand for semiconductor chips, has led to an increase in semiconductor equipment spending, indicating a growing interest in establishing new foundries worldwide. Such increasing chip production is expected to drive the demand for electronic testing equipment.
Electrical Test Equipment - Market - IMG2

Asia Pacific is Expected to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region significantly dominates the semiconductor and electronics industry, primarily driven by the extensive manufacturing base in China, Japan, South Korea, and India, which has also been rapidly maturing in the electronics industry final assembly.
  • Large contractors, such as Foxconn Technology Group and Megatron Asia Pacific Ltd, are in the process of setting up plants in India. According to IBEF, India committed to reach USD 300 billion worth of electronics manufacturing and exports of USD 120 billion by 2025-26. In addition, the Union Budget 2023-24 has allocated INR 16,549 crore (USD 2 billion) for the Ministry of Electronics and Information Technology, which is about 40% more elevated annually.
  • The region's increasing testing and inspection activities are expected to create a considerable demand for electrical test equipment. Previously, most regional firms conducted their testing and certification operations in-house. However, due to China's Compulsory Certification regulations, greater emphasis is now placed on the need for strict regulatory standards. This has led to increased outsourcing of testing services, thereby increasing the demand for test equipment among testing services companies.
  • Apart from the consumer electronics industry, low-cost carriers dominate the region. Thus, the majority of the inspection and service activities are outsourced. Due to this, Singapore has emerged as a regional hub for maintenance and inspection services. Allied players operating from Singapore have maintained dominance in the region for over two decades. However, countries like Indonesia, Vietnam, and Thailand are challenging the country's dominance.
  • Additionally, the region has been a base for multiple key players, including Yokogawa (Japan), Advantest Corp (Japan), Anritsu Corporation (Japan), Rigol Technologies (China), and ScienceTech Technologies (India). These companies, along with various other companies in the region, are continuously involved in product innovations, providing solutions across the industry applications.
  • In August 2022, Advantest Corp. collaborated with the Rohde & Schwarz RTP high-performance oscilloscope for mass exhibition evaluation of high-speed SoC testers. In line with this partnership, the company aims to enhance the quality as per the latest requirements. Such initiatives by the regional companies are expected to promote market growth.
  • Furthermore, multiple infrastructure projects, such as executing high voltage lines and power generation plants, are anticipated to drive the region's demand for electrical testing equipment. For instance, in August 2022, China's State Grid plans to fund more than 150 billion yuan (USD 22 billion) in UHV power transmission lines in the second half of 2022. The construction of 8 new UHV projects is planned to connect China's far western regions, where solar, wind, and hydropower plants are primarily located, to its major cities will further drive the market growth.

Electrical Test Equipment Industry Overview

The electrical and electronic test equipment market is characterized by a high degree of fragmentation, featuring key players like Fortive Corporation, Keysight Technologies Inc., Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG, National Instruments Corporation, and Anritsu Corporation. Market participants are strategically leveraging partnerships and acquisitions to bolster their product portfolios and establish a sustainable competitive edge.

In August 2023, Yokogawa Test & Measurement Corporation, a subsidiary of Yokogawa Electric Corporation, introduced the DLM5000HD series of precision oscilloscopes. Positioned as an advanced iteration of the DLM5000 series, the DLM5000HD series broadens Yokogawa's oscilloscope offerings, encompassing models with 500 MHz and 350 MHz frequency bandwidths. These models offer enhanced resolution for precise waveform analysis and incorporate user-friendly features that streamline setup and operation.

In June 2023, Advantest Corporation unveiled its collaboration with Arizona State University (ASU) to establish a novel test engineering program in partnership with NXP. The program's curriculum, initially developed by ASU's Ira and Fulton Schools of Engineering faculty, has been enriched through laboratory experiments devised by Advantest. These experiments are administered jointly by Advantest and NXP, marking a significant educational milestone.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Degree of Competition
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 An Assessment of the Impact of Key Macroeconomic Trends

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Technological Advancements Leading to the need for Test and Measurement Equipment
    • 5.1.2 Emerging Trend of Electric and Hybrid Vehicle
  • 5.2 Market Challenge/Restraint
    • 5.2.1 Price Sensitivity and Increasing Preference for Rental Services

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Semiconductor Automatic Test Equipment (ATE)
    • 6.1.2 Radio Frequency (RF) Test Equipment
    • 6.1.3 Digital Test Equipment
    • 6.1.4 Electrical and Environmental Test
    • 6.1.5 Data Acquisition (DAQ)
  • 6.2 By End-user Industry
    • 6.2.1 Communications
    • 6.2.2 Semiconductors and Computing
    • 6.2.3 Aerospace and Defense
    • 6.2.4 Consumer Electronics
    • 6.2.5 Electric Vehicles (EVs)
    • 6.2.6 Other End-user Industries
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 VENDOR MARKET SHARE ANALYSIS

8 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 8.1 Company Profiles*
    • 8.1.1 Fortive Corporation
    • 8.1.2 Keysight Technologies Inc.
    • 8.1.3 Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG
    • 8.1.4 National Instruments Corporation
    • 8.1.5 Anritsu Corporation
    • 8.1.6 Teledyne Lecroy (Teledyne Technologies Incorporated)
    • 8.1.7 Yokogawa Test & Measurement Corporation (Yokogawa Electric Corporation)
    • 8.1.8 Teradyne Inc.
    • 8.1.9 Chauvin Arnoux Group
    • 8.1.10 Advantest Corporation

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS