デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1139278

電気試験装置市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Electrical Test Equipment Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.96円
電気試験装置市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電気試験装置市場は、予測期間中に6.73%のCAGRで推移すると予想されています。

電気試験装置により、消費財メーカーは機器試験規制に対応することができます。新興国における市民の支出や所得の増加に伴い、良品の販売が急増しており、今後数年間、電気試験装置の潜在的なスペースを生み出すと予想されます。

主なハイライト

  • これらの産業における電気試験器の需要の増加により、市場のプレーヤーは競争力を得るために新製品を投入しています。例えば、2021年4月、Klein Toolsは、クランプメーター電気テストキットやデジタルマルチメーター電気テストキットなど、5つの電気テストキットを産業用途で発売しました。この装置は、4線式低抵抗測定と組み合わせた絶縁抵抗試験を保証し、インダクタンス、静電容量、温度測定を提供します。
  • さらに、2021年4月には、キーサイト・テクノロジーズ社が、自社製のダイナミック・パワー・デバイス・アナライザ/ダブルパルス・テスター(PD1500A)用にカスタマイズした窒化ガリウム・テストボードを発表しています。これにより、ティア1やOEMの電力変換器設計者は、試作サイクルを短縮し、新製品のインダクションを加速させることができます。
  • NETA(InterNational Electrical Testing Association)認定企業は、試験、分析、電力システム保守のフルサービスを提供する、第三者による独立した電気試験およびエンジニアリングサービス事業者です。さらに、2021年6月には、電力系統の電気試験、変圧器サービス、配電機器の寿命延長ソリューションの市場を担うRESA Power, LLCが、フロリダ州と南東地域で20年近く電気試験サービスを提供してきたCrews Electrical Testing, Inc.の買収を発表しています。この買収により、同社は以前からCET社をNETAサービスの高品質プロバイダーとみなしていました。
  • また、多くの政府規制により、産業用電子機器の試験が義務付けられています。例えば、ロシア連邦法では、既存の法律のギャップや不確実性を解消し、市場参入企業のリスクを軽減するために、医療機器の流通に関する新しい規則を発表しました。2022年 1月までに医療機器の製造許可は段階的に廃止され、代わりに医療機器の品質管理システムの維持、実施、評価に関する要件への準拠が義務づけられる予定です。このような取り組みや規制の変化は、ベンダーにとって市場機会を拡大するものと期待されます。
  • さらに、COVID-19関連の規制により世界中の工場がフル稼働していないため、仮想電気検査装置を開発する企業も出てきました。例えば、Eaton Corporationは、顧客に電力品質やその他の機器の仮想テストを提供するプログラムを開発しました。このプログラムでは、カメラのズームで機器に接近することができます。一方、低電圧スイッチギアを実際にテストする場合、例えば、機器には480ボルトの電圧が印加され、観察者は全員7~8フィート離れることが要求されます。

主な市場動向

エネルギーと電力が大きなシェアを占める見込み

  • 再生可能エネルギー発電の急増により、変圧器、バッテリー、電力品質、絶縁試験などの用途で試験装置の大きな需要が発生しています。British Petroleumの予測によると、2040年までに再生可能エネルギーが400%増加するとされており、再生可能エネルギーの多くは従来のAC電流よりもDC電流を発生させるため、最終的にはDC電流を測定する電気試験装置の高い需要を生み出すと考えられています。世界の人口と経済、そして人口の増加は、急速な都市化と相まって、今後数年間のエネルギー需要の大幅な増加に寄与すると予想されます。
  • エネルギー需要の増加は、原子力発電所の建設につながっています。30カ国で450基以上の原子炉が稼動していると推定されます。さらに現在、15カ国で50基の原子炉が建設されています(主に中国、インド、ロシア、アラブ首長国連邦などに集中しています)。しかし、高エネルギー条件下で重大な故障に遭遇した場合の電気試験装置の性能は複雑であると予想されます。
  • さらに、2022年4月にグラスゴーで開催されたCOP26で、インド首相は2030年までに非化石燃料の設備容量を500ギガトン(GW)、エネルギーの50%を再生可能エネルギーとし、2070年までにネットゼロの目標を掲げると発表しました。その結果、従来は石炭が中心であったエネルギーセクターの競争が激化し、再生可能エネルギーの設備容量が増加しました。その結果、再生可能エネルギーの設備増強が、現在、同郡のエネルギー供給の伸びを牽引しています。
  • COVID-19の発生に伴い、ロックダウン措置により、商業・工業部門の電力需要が大幅に減少しました。統計・計画実施省(MOSPI)の推計によると、2021年度のインドの電力生産量は-0.5%減少し、年末までに5%縮小すると予測しています。また、MOSPIによると、インドの電力生産量は2022年度には10.2%になると予測されており、市場の成長をさらに後押しするものと思われます。
  • さらに、2020年3月から4月にかけて、国際金融公社(IFC)は、取引先の多くの国で平均15%の需要減を観測しています。COVID-19の大流行により電力部門に多くの混乱が生じ、市場にネガティブな影響を与えました。

アジア太平洋地域が最も速い成長を遂げると予想される

  • 高圧線や発電所の導入など複数のインフラプロジェクトが、同地域の電気試験装置の需要を押し上げると予想されます。例えば、2022年8月、中国の国家電網は、2022年後半に超高圧(UHV)送電線に1500億元(220億米ドル)以上の資金を投入する予定です。太陽光、風力、水力発電所が主に立地する中国の極西部地域と主要都市を結ぶために、新たに8つのUHVプロジェクトの建設が計画されており、市場の成長をさらに後押しするものと思われます。
  • イートンは2022年5月、中国で低圧サーキットブレーカーを製造・販売し、2021年の売上高が3500万米ドルの江蘇慧能電気(Huineng)の株式50%を取得する契約を締結したと発表しました。これにより、高成長市場のニーズに応えるべく、さらなる事業拡大を目指します。
  • IEAによると、インドでは再生可能エネルギーの電力が他の主要経済国よりも急速に成長しており、2026年までに新規容量が倍増する勢いです。さらに、IBEFによると、2025-26年には風力発電が総エネルギー消費量の33.01%を占めると予想されています。この傾向によると、インドでは約19.4Gwの風力発電容量が追加される見込みで、中央入札が全体の76%を占め、次いで州公益市場、商業および産業部門が市場成長をさらに促進するとされています。
  • さらに、2021年5月、米国とインドは、電力供給システムの信頼性、柔軟性、効率性の向上に不可欠な2つの分野、すなわちスマートエネルギーグリッドとエネルギー貯蔵に新たな研究費を提供し、インド米国共同クリーンエネルギー研究開発センター(JCERDC)を拡大することに合意しました。このプログラムは、インドでは二国間のインド・米国科学技術フォーラム(IUSSTF)、米国ではエネルギー省によって運営されています。このような発表により、同地域における電気試験装置のニーズが高まることが予想されます。

競合情勢

電気試験装置の市場は、地域的にも世界的にも大きなプレーヤーが存在するため、かなり細分化されています。しかし、市場の有力プレイヤーは、電気試験装置市場におけるリーダー的地位を強化するために、買収やパートナーシップ、新製品開発、市場拡大など、競争力のある戦略的展開に取り組んでいます。

  • 2022年3月- アンリツ株式会社は、業界をリードする220GHz帯ベクトルネットワークアナライザ(VNA)、最先端ラボ、測定専門家チームを組み合わせた「新興技術テストソリューション」を発表しました。この構想は、アンプ、フィルター、トランジスタ、チップなどの高周波コンポーネントを新興技術で設計するメーカーに、シームレスで効率的な製品検証プロセスを提供するものです。
  • 2022年 3月- フルークでは、サービスおよびメンテナンス技術者の電気測定をより安全にする、新しいクランプ・メーター・ファミリーを発表しました。Fluke 377 FCおよび378は、非接触型電圧True-RMS AC/DCクランプメーターで、技術者は潜在的に危険なライブ部品に接触するリスクなしに迅速な電気テストを実施することが可能です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターズファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 産業バリューチェーン分析
  • COVID-19が市場に与える影響評価

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • 電気安全対策に関する政府規制
    • 新興地域の産業発展
  • 市場の課題
    • 複雑な電気機器とデバイスの構成

第6章 市場セグメンテーション

  • 機器タイプ別
    • 据え置き型
    • ポータブル
  • 試験用途別
    • 電圧試験
    • 機能試験
    • その他の試験用途
  • 産業別用途
    • エネルギー・電力
    • 航空宇宙・防衛
    • 製造業
    • 民生用電子機器
    • 石油・ガス
    • その他産業用途
  • 地域別一覧
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AEMC Instruments(Chauvin Arnoux, Inc.)
    • Beha-Amprobe GmbH
    • Electrical Test Instruments, LLC(ETI)
    • Fluke Corporation
    • Haefely Hipotronics(Hubbell Incorporated)
    • Kyoritsu Electrical Instruments Works Ltd.
    • Megger Group Limited
    • PCE Holding GmbH
    • Scientific Mes-Technik Pvt. Ltd.
    • Testo SE & Co. KGaA
    • Keysight Technologies Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 71670

The Electrical Test Equipment market is expected to register a CAGR of 6.73% over the forecast period. Electrical test equipment allows consumer goods manufacturers to comply with equipment testing regulations. With an increase in citizens' spending and income in emerging economies, the sales of good products have surged, which is expected to create a potential space for electrical test equipment in the coming years.

Key Highlights

  • Due to the increasing demand for electrical test equipment in these industries, players in the market have been launching new products to gain a competitive edge. For instance, in April 2021, Klein Tools launched five electrical test kits, such as the clamp meter electrical test kit and digital multimeter electrical test kit, among others, for industrial usage. The equipment ensures insulation resistance tests combined with four-wire low-resistance measurements and offers inductance, capacitance, and temperature measurements.
  • Moreover, in April 2021, Keysight Technologies Inc. announced a customized gallium nitride test board for the company's own dynamic power device analyzer/double-pulse tester (PD1500A). This enables Tier 1 and OEM power converter designers to reduce prototype cycles and speed up the introduction of new products.
  • NETA (InterNational Electrical Testing Association) Accredited Companies are third-party, independent electrical testing and engineering service businesses providing full-service testing, analysis, and electrical power systems maintenance. Further, in June 2021, RESA Power, LLC, a market player in power system electrical testing, transformer services, and life extension solutions for power distribution equipment, announced the acquisition of Crews Electrical Testing, Inc., a company that has provided electrical testing services in Florida and the southeast region for nearly two decades. Because of this acquisition, the company has long regarded CET as a high-quality provider of NETA services.
  • Many government regulations also mandate the testing of industrial electronic devices. For example, the Russian Federal Law announced new rules for the circulation of medical devices to close gaps and uncertainties in existing legislation and reduce the risk to market participants. By January 2022, medical device manufacturing licensing will be phased out and replaced with compliance with requirements for the maintenance, implementation, and evaluation of a quality management system for medical devices. Such initiatives and changing regulations are expected to increase market opportunities for vendors.
  • Furthermore, as factories across the world were not running at full capacity due to COVID-19-related restrictions, some companies developed virtual electrical testing equipment. For instance, Eaton Corporation developed a program to provide customers with virtual testing for power quality and other equipment. This program enables one to get closer to the equipment with camera zoom. Whereas, testing low-voltage switchgear in person, for example, the equipment is energized with 480 volts, and all observers are required to be seven to eight feet away.

Key Market Trends

Energy & Power is Expected to Hold Significant Share

  • Surging the renewable energy sector generates significant demand for testing equipment for transformer, battery, power quality, and insulating testing applications. According to British Petroleum estimates, the world will see a 400% growth in renewable energy by 2040, which will eventually create high demand for electric test equipment to measure DC current as most renewable energy generates DC current more than traditional AC current. Growth in the global population and economy and population, coupled with rapid urbanization, is anticipated to contribute to a substantial increase in energy demand over the coming years.
  • The increase in demand for energy is resulting in the construction of nuclear power plants. It is estimated that over 450 nuclear power reactors are operating in 30 countries. An additional 50 power reactors are currently being constructed in 15 countries (majorly concentrated in countries like China, India, Russia, and the United Arab Emirates). However, the electrical testing equipment's ability to perform under high energy conditions while encountering a significant fault is anticipated to be complicated.
  • Further, at COP26 in Glasgow in April 2022, India's Prime Minister announced 500 gigatonnes (GW) of non-fossil fuel capacity and 50% of energy from renewable sources by 2030, with a net zero target by 2070. The response has been encouraging, resulting in increased competition in the traditionally coal-dominated energy sector. As a result, renewable energy capacity additions are now driving the county's energy supply growth.
  • With the outbreak of COVID-19, lockdown measures have significantly reduced electricity demand in the commercial and industrial sectors. Ministry of Statistics and Programme Implementation (MOSPI) estimates that India's electricity production decreased by -0.5% in FY 2021 and forecasts a 5% contraction by the end of the year. In addition, according to MOSPI, electricity production in India is anticipated to be 10.2% by FY 2022, which will further drive market growth.
  • Additionally, in March and April 2020, International Finance Corporation (IFC) observed a 15% drop in demand, on average, in many countries where it does business. The COVID-19 pandemic has caused many dislocations to the power sector, which negatively impacted the market.

Asia Pacific is Expected to Witness Fastest Growth

  • Multiple infrastructure projects, such as implementing high voltage lines and power generation plants, are expected to drive the demand for electrical testing equipment in the region. For instance, in August 2022, China's State Grid plans to fund more than 150 billion yuan (USD 22 billion) in ultra-high voltage (UHV) power transmission lines in the second half of 2022. The construction of eight new UHV projects is planned to connect China's far western regions, where solar, wind, and hydropower plants are primarily located, to its major cities will further drive the market growth.
  • In May 2022, Eaton announced that it had signed an agreement to acquire a 50% stake in Jiangsu Huineng Electric Co., Ltd. (Huineng), which manufactures and markets low-voltage circuit breakers in China and had revenues of USD 35 million in 2021. This will allow the company to expand further to meet the needs of the high-growth market.
  • According to the IEA, renewable electricity is growing faster in India than in any other major economy, with new capacity additions on track to double by 2026. Furthermore, according to IBEF, wind power is expected to account for 33.01% of total energy consumption by 2025-26. According to this trend, India is expected to add approximately 19.4 Gw of wind capacity, with central tenders accounting for 76% of the total, followed by state utility markets; commercial and industrial segments will further drive the market growth.
  • Further, in May 2021, The United States of America and India reached an agreement to expand the Indo-US Joint Clean Energy Research and Development Centre (JCERDC) by funding new research in two areas critical to improving the reliability, flexibility, and efficiency of the electricity delivery system, namely Smart Energy Grids and Energy Storage. The program is managed in India by the bilateral Indo-US Science and Technology Forum (IUSSTF) and in the United States by the Department of Energy. Such announcements are expected to increase the need for electrical testing equipment in the region.

Competitive Landscape

With significant regional and global players, the market for electrical test equipment is quite fragmented. However, the market's prominent players are involved in competitive strategic developments such as acquisitions and partnerships, new product development, and market expansion to augment their leadership position in the electrical test equipment market.

  • March 2022 - Anritsu Company has launched its Emerging Technology Testing Solution, which combines its industry-leading 220 GHz VectorSta broadband vector network analyzers (VNAs), cutting-edge laboratory, and a team of measurement experts. The initiative provides a seamless and efficient product verification process for manufacturers designing high-frequency components such as amplifiers, filters, transistors, and chips using emerging technologies.
  • March 2022 - Fluke has introduced a new clamp meter family that makes electrical measurements much safer for servicing and maintenance technicians. The Fluke 377 FC and 378 are non-contact voltage True-RMS AC/DC clamp meters that enable technicians to conduct rapid electrical tests without the risk of coming into contact with potentially hazardous live parts.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porters Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Government Regulations for Electric Safety Measures
    • 5.1.2 Industrial Development in Emerging Regions
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Complex Electric Equipment and Configuration of Devices

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Equipment Type
    • 6.1.1 Stationary
    • 6.1.2 Portable
  • 6.2 By Testing Application
    • 6.2.1 Voltage Testing
    • 6.2.2 Functionality Testing
    • 6.2.3 Other Testing Applications
  • 6.3 By Industry Application
    • 6.3.1 Energy and Power
    • 6.3.2 Aerospace and Defense
    • 6.3.3 Manufacturing
    • 6.3.4 Consumer Electronics
    • 6.3.5 Oil and Gas
    • 6.3.6 Other Industrial Applications
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 AEMC Instruments (Chauvin Arnoux, Inc.)
    • 7.1.2 Beha-Amprobe GmbH
    • 7.1.3 Electrical Test Instruments, LLC (ETI)
    • 7.1.4 Fluke Corporation
    • 7.1.5 Haefely Hipotronics (Hubbell Incorporated)
    • 7.1.6 Kyoritsu Electrical Instruments Works Ltd.
    • 7.1.7 Megger Group Limited
    • 7.1.8 PCE Holding GmbH
    • 7.1.9 Scientific Mes-Technik Pvt. Ltd.
    • 7.1.10 Testo SE & Co. KGaA
    • 7.1.11 Keysight Technologies Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET