デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404442

ロジスティクスオートメーション:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年の成長予測

Logistics Automation - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
ロジスティクスオートメーション:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ロジスティクスオートメーション市場規模は2024年に752億4,000万米ドルと推定され、2029年には1,206億3,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは9.90%で成長する見込みです。

Logistics Automation-Market-IMG1

機械、制御システム、ソフトウェアを使用して作業の効率を高めることは、物流における自動化と呼ばれます。これは通常、倉庫や配送センターで実行される必要があるプロセスに適用され、最小限の人的介入しか必要としないです。オートメーションロジスティクスの利点には、顧客サービスの向上、拡大性とスピード、組織管理、エラーの削減などがあります。

主要ハイライト

  • eコマース産業の成長と、世界中で効率的な倉庫管理・在庫管理の必要性が市場を牽引しています。例えば、米国商務省国勢調査局によると、2022年第2四半期の米国小売eコマース売上高は2,573億米ドルで、2022年第1四半期から2.7%増加しました。また、IBEFによると、インドのeコマース市場は、2017年の385億米ドルから2026年までに2,000億米ドルに成長すると予想されています。
  • 倉庫の自動化は、企業にコスト削減に関する優れた利便性を提供し、製品配送におけるエラーを最小限に抑えるのに役立ちます。著名な3PL企業であり、ロジスティクスオートメーションソリューションの重要なエンドユーザーであるDalsey、Hillblom、Lynnによると、倉庫の約80%は、利点があるにもかかわらず、「いまだに自動化を支援することなく手動で稼働している」。
  • また、産業用モノのインターネット(IIoT)の出現は、接続されたシステムのネットワークの出現とともに、材料のバッチ処理、ピッキング、注文、包装、倉庫のセキュリティ、検査などのさまざまなタスクを実行することを可能にし、運用効率を大幅に改善するのに役立っています。
  • しかし、初期費用が高く、ROIを達成するまでの期間が長いため、ロジスティクスオートメーションソリューションの大量導入は制限されています。インドや中国のような新興経済諸国は、労働集約型フォーマットの代表です。単一のオートメーションシステムに対する単一の投資と追加的なスタッフトレーニングが、同じオートメーションシステムの採用を抑制しています。
  • COVID-19は、自動化とロボット工学を採用するためのスケジュールを早めることを検討する倉庫事業者を導いた。また、ソリューションを導入した事業者は、eコマースに対する需要の増加に対応するため、作業員間のやり取りを減らし、生産性を向上させることで、より安全な職場であることを実証しました。

ロジスティクスオートメーション市場の動向

モバイルロボット(AGVとAMR)が大きな成長を遂げる見込み

  • 物流ロボットの主要用途は、倉庫や保管施設での自動搬送車(AGV)の形態です。これらのロボットは、出荷や保管のために製品を移動させることで、事前に定義された経路で動作します。AGVは、サプライチェーンの合理化だけでなく、物流コストの削減にも重要な役割を果たしています。
  • AGVはまた、インバウンドとアウトバウンドのハンドリングのための補充とピッキングにも使用されます。例えば、AGVは在庫を補充するために、入荷場所から保管場所まで、あるいは長期保管場所から前方ピッキング場所まで搬送します。長期保管場所から前方ピッキング場所に在庫を移動させることで、ピッカーが十分な在庫にアクセスできるようになり、オーダーピッキングプロセスがより効率的になります。
  • 調査対象市場のベンダーは、ロジスティクスを含む倉庫部門向けの新しいAGVとAMRを常に革新し、発表しています。例えば、2021年4月、JBTは、-10oFから110oFまでの様々な温度で動作し、2,500ポンドのリフト容量を提供する倉庫冷凍AGVを発表しました。自動搬送車(AGV)は、サイドシフトとチルトが統合された3段油圧マストを特徴としています。さらに、フォーク最上部まで357インチ(またはそれ以下)から422インチまで、多様なリフト高を提供します。
  • さらに、自動車メーカーは生産台数と出荷台数を増やしており、AGVとAMRの利用を示しています。例えば、BMWによると、2022年、Bayerische Motoren Werke AG(BMW)は、BMW、MINI、Rolls-Royceのブランド車を含む250万台以上の自動車を世界中に顧客に出荷したが、この年は、すべての産業が供給のボトルネック、中国のパンデミックによる封鎖などの逆風に直面した年でした。
  • 2022年3月、自律移動ロボット(AMR)のプロバイダーであるLocus Roboticsは、Locus VectorとLocus Maxで倉庫用AMRの製品ラインを拡大しました。ローカスベクターは、全方位移動可能なコンパクトなAMRで、堅牢な可搬能力を備えています。ローカスマックスは、マテリアルハンドリング用途向けに重量物積載能力と柔軟性を向上させたAMRです。LocusBotsは、既存のワークフローだけでなく、新しいワークフローにも追加することができ、業務規模を拡大し、変化する市場の需要に対応することができます。
Logistics Automation-Market-IMG2

アジア太平洋が最大の市場規模を記録する見込み

  • アジア太平洋のロジスティクスオートメーション市場は、この地域の産業数の増加と、ROIを高めるための自動化との統合により、急速に拡大しています。ロボットの導入の増加、eコマースの拡大、新しい倉庫の建設により、アジア太平洋のロジスティクスオートメーション市場は支配的なものになると予想されます。
  • 世界有数の経済大国である中国は、アジア太平洋における倉庫ロボットの重要な供給国のひとつであり、特に自動車、製造、eコマースの各分野で利用されています。その結果、市場は拡大しています。IFRによる最新の統計年鑑「World Robotics」によると、中国は製造業において労働者1万人当たり322台のロボット密度を達成し、2021年には世界第5位にランクされました。
  • 日本では、「新ロボット戦略」がロボット技術革新の主要拠点としての日本の確立を目指しています。日本政府はすでに2022年に9億3,050万米ドル以上を拠出している(IFR調べ)。この製造・サービス行動計画には、自律走行、先進航空モビリティ、次世代ロボットと人工知能の基礎を形成すると予想される統合技術の創出といった取り組みが含まれています。さらに、IFRによると、2020年から2025年までの5年間の「ムーンショット研究開発プログラム」において、ロボット関連プロジェクトに4億4,000万米ドルの予算が与えられました。
  • インドの堅調なeコマース部門も市場の成長を大きく後押ししています。IBEFによると、インドのeコマース市場は2024年までに1,110億米ドル、2026年までに2,000億米ドルに達すると予想されています。中国、米国に次いで、インドは2020年に1億4,000万人という第3位のオンラインショッパー基盤を持つ。スマートフォンとインターネット利用の増加が、業界成長の大きな要因となっています。デジタル・インディア・プログラムにより、2021年のインターネット接続数は大幅に増加し、8億3,000万に達しました。政府のいくつかの政策がこの成長を加速させました。インド政府はB2B eコマースへの100%FDI(外国直接投資)を認めました。さらに、マーケットプレース・モデルのeコマースでは、自動ルートで100%のFDIが認められています。
  • 例えば、インド市場に50億米ドルを投資したeコマース大手のアマゾンは、インド全土の自動倉庫に投資しています。アマゾンは、倉庫でロボット工学を実験的に導入したインドで最初の数社のうちの1社です。同社のKivaロボットは、大規模倉庫でのピッキングと梱包作業に従事しています。さらに2022年6月、アマゾンは倉庫作業員の負担軽減を目的とした初の自律移動ロボットを発表しました。ポルテウスと名付けられた自律型ロボットは、アマゾンが開発した高度な安全技術、知覚技術、ナビゲーション技術を使ってアマゾン施設内を移動します。さらに、インドではFMCGセクターへの投資が拡大しており、ロジスティクスオートメーション市場の需要が高まっています。

ロジスティクスオートメーション産業概要

ロジスティクスオートメーション市場は断片化されています。同市場は、ハネウェル、Swisslog、Daifuku、Schaeferなど、古くから定評のある参入企業で構成されています。これらの参入企業は、製品や製造工場に多額の投資を行っています。新たな市場参入企業も緩やかな投資は必要だが、強力な競争戦略によってのみ存続できます。

2023年3月、DematicはKIONの新しい物流施設に最新のオートメーション技術を提供しました。KION Groupはこの施設を利用して、交換部品を欧州各地に出荷することになると思われます。その目的は、顧客への配送をより効率的にすることです。デマティックは、自動保管・検索用に11万カ所の保管場所と150台のシャトルを備えた、非常にダイナミックなデマティック・マルチシャトルを配備する計画です。

2023年3月、SwisslogのCarryPickmobileロボット式商品対人保管・検索システムが発表されました。新しくなったCarryPickmobileロボットプラットフォームは、作業スピードが格段に速くなりました。また、この移動ロボットは画期的なリフティングターンテーブルを採用しているため、ラックを回転させたり、回転しながらラックを静止させたりすることができ、物品対人ソリューションにおいて、より迅速で適応性の高い保管・選択プロセスを実現します。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • eコマース産業の急成長と顧客の期待
    • 製造の複雑化と技術の利用可能性の向上
    • 効率性と労働安全性の向上
  • 市場の課題
    • 高額な設備投資

第6章 市場セグメンテーション

  • ロジスティクスオートメーション市場
    • コンポーネント別
      • ハードウェア
      • 移動ロボット(AGV、AMR)
      • 自動保管・検索システム(AS/RS)
      • 自動仕分けシステム
      • デパレタイジング/パレタイジングシステム
      • コンベアシステム
      • 自動認識・データ収集(AIDC)
      • オーダーピッキング
      • ソフトウェア
      • サービス
    • エンドユーザー産業別
      • 飲食品
      • 郵便・小包
      • 食料品
      • 一般商品
      • アパレル
      • 製造業
      • その他のエンドユーザー産業
    • 地域別
      • 北米
      • 欧州
      • アジア太平洋
      • ラテンアメリカ
      • 中東・アフリカ
  • 輸送自動化の世界市場シナリオ
  • その他の世界の輸送自動化市場シナリオ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Dematic Corp.(Kion Group AG)
    • Daifuku Co. Limited
    • Swisslog Holding AG(KUKA AG)
    • Honeywell International Inc.
    • Jungheinrich AG
    • Murata Machinery Ltd
    • Knapp AG
    • TGW Logistics Group GmbH
    • Kardex Group
    • Mecalux SA
    • Beumer Group GmbH & Co. KG
    • SSI Schaefer AG
    • Vanderlande Industries BV
    • WITRON Logistik
    • Oracle Corporation
    • One Network Enterprises Inc.
    • SAP SE
  • ベンダー市場シェア分析

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来の成長

目次
Product Code: 64326
Logistics Automation - Market - IMG1

The Logistics Automation Market size is estimated at USD 75.24 billion in 2024, and is expected to reach USD 120.63 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.90% during the forecast period (2024-2029).

The use of machinery, control systems, and software to enhance the efficiency of operations is called automation in logistics. It usually applies to the processes that need to be performed in a warehouse or distribution center, requiring minimal human intervention. Some benefits of automation logistics comprise improved customer service, scalability and speed, organizational control, and reduction of errors.

Key Highlights

  • The growth in the e-commerce industry, along with the need for efficient warehousing as well as inventory management across the world, are driving the market. For instance, the retail e-commerce sales in the United States for the second quarter of 2022 was USD 257.3 billion, up 2.7% from the first quarter of 2022, as per the Census Bureau of the Department of Commerce. Also, as per IBEF, the Indian e-commerce market was expected to grow from USD 38.5 billion in 2017 to USD 200 billion by 2026.
  • Automation for warehouses provides superior convenience regarding cost-cutting for businesses and helps minimize errors in product deliveries. As per Dalsey, Hillblom, and Lynn, a prominent 3PL company and a significant end-user of warehouse automation solutions, about 80% of warehouses "still operate manually with no supporting automation" despite the advantages.
  • Also, the emergence of the Industrial Internet of Things (IIoT) along with the advent of a network of connected systems have enabled industries to perform different tasks, like material batching, picking, ordering, packaging, warehouse security, and inspection, and have helped improve the operational efficiency by huge margins.
  • However, with upfront costs being high, the long duration to achieve ROI has been limiting the mass adoption of logistic automation solutions. Developing economies like India and China have been representative of labor-intensive formats. Single investments for a single automation system with additional staff training have been restraining the adoption of the same.
  • COVID-19 led warehouse operators to consider accelerating their timelines for adopting automation and robotics. Those who deployed the solutions also demonstrated safer workplaces through the reduction of interactions among workers and enhancing productivity to meet increasing demands for e-commerce.

Logistics Automation Market Trends

Mobile Robots (AGV and AMR) are Expected to Witness Significant Growth

  • The main usage of logistics robots is in the form of automated guided vehicles (AGVs) in warehouses and storage facilities for transporting goods. These robots operate in predefined pathways by moving products for shipping and storage. AGVs play a vital role in reducing the cost of logistics as well as streamlining the supply chain.
  • AGVs are also used for replenishment and picking for inbound and outbound handling. For example, AGVs transport inventory from receiving to storage locations or long-term storage locations to forward-picking locations to replenish stock. Moving inventory from long-term storage to forward-picking locations ensures adequate inventory is accessible to pickers, making the order-picking process more efficient.
  • The vendors in the studied market are constantly innovating and launching new AGVs and AMRs for the warehouse segment of operations, including logistics. For instance, in April 2021, JBT unveiled its warehouse freezer AGV, which may operate at various temperatures, from -10 oF to 110 oF, offering operations a lift capacity of 2,500 pounds. The automatic guided vehicle (AGV) features a triple-stage hydraulic mast with an integrated side shift and tilt. In addition, it provides a variety of lift heights, from 357 inches (or less) to the top of its forks to 422 inches.
  • Further, the automakers are increasing their production and shipment units, indicating the usage of AGVs and AMRs. For instance, according to BMW, in 2022, the Bayerische Motoren Werke AG (BMW) shipped over 2.5 million autos worldwide, including brands BMW, MINI, and Rolls-Royce vehicles, to customers, a year in which all industries faced headwinds from supply bottlenecks, China's pandemic lockdowns, and others.
  • In March 2022, autonomous mobile robot (AMR) provider Locus Robotics extended its line of warehouse AMRs with the Locus Vector and Locus Max. Locus Vector is a compact AMR with omnidirectional mobility and robust payload capacity. The Locus Max AMR has a heavyweight load capacity and improved flexibility for material handling applications. The LocusBots can be added to existing as well as new workflows, enabling operations to scale and adapt to changing market demands.
Logistics Automation - Market - IMG2

Asia-Pacific is Expected to Register the Largest Market

  • The Asia-Pacific warehouse automation market is rapidly expanding due to the region's growing number of industries and their integration with automation to increase ROI. With the increasing adoption of robots, the expansion of e-commerce, and the construction of new warehouses, the Asia-Pacific warehouse automation market is expected to dominate.
  • China, one of the largest economies in the world, is one of the significant suppliers of warehouse robots in the Asia-Pacific region, particularly in the automotive, manufacturing, and e-commerce sectors. The market is growing as a result of this. China achieved a robot density of 322 units per 10,000 workers in the manufacturing industry, as per the most recent statistical yearbook, "World Robotics," by IFR, and the nation was ranked 5th globally in 2021.
  • In Japan, the "New Robot Strategy" aims to establish the country as the leading hub for robotic innovation. The Japanese government already contributed more than USD 930.5 million in 2022 (according to IFR). The manufacturing and service action plan includes initiatives like autonomous driving, advanced air mobility, and the creation of integrated technologies that are anticipated to form the basis of the next generation of robots and artificial intelligence. Additionally, according to IFR, a budget of USD 440 million was given to robotics-related projects in the "Moonshot Research and Development Program" for five years from 2020 to 2025.
  • The robust e-commerce sector in India is also significantly boosting the market's growth. According to IBEF, India's e-commerce market is expected to reach USD 111 billion by 2024 and USD 200 billion by 2026. After China and the United States, India had the third-largest online shopper base of 140 million in 2020. An increase in smartphone and internet usage is a major factor in the industry's growth. The Digital India program significantly increased the number of internet connections in 2021, reaching 830 million. Several government policies helped accelerate this growth. The Indian Government allowed 100% FDI (foreign direct investment) in B2B e-commerce. Moreover, 100% FDI is permitted under the automatic route in the marketplace model of e-commerce.
  • For instance, e-commerce giant Amazon, which invested USD 5 billion in the Indian market, is investing in automated warehouses across India. Amazon is among the first few companies in India that have experimented with and adopted robotics in their warehouses. Its Kiva robot engages in the picking and packing process at large warehouses. Further, in June 2022, Amazon announced its first autonomous mobile robot aimed at reducing warehouse workers' workload. The autonomous robot named Porteus moves through the Amazon facilities using advanced safety, perception, and navigation technology developed by Amazon. Furthermore, with the growing investment in the FMCG sector in India, the demand for the warehouse automation market is increasing.

Logistics Automation Industry Overview

The logistics automation market is fragmented. The market comprises long-standing established players, including Honeywell, Swisslog, Daifuku, and Schaefer. These players have made significant investments in products and manufacturing plants. Although the new market players require moderate investments, they can sustain themselves only through strong competitive strategies.

In March 2023, Dematic provided the most recent automation technologies for KION's new logistics facility. The KION Group will likely utilize the facility to ship replacement components around Europe. The aim is to make customer deliveries more effective. Dematic plans to deploy a highly dynamic Dematic Multishuttle with 110,000 storage places and 150 shuttles for automatic storage and retrieval.

In March 2023, Swisslog's CarryPickmobile robotic goods-to-person storage and retrieval system was released. The new, updated CarryPickmobile robotic platform offers a much faster working speed. The mobile robots also employ a revolutionary lifting turntable that allows them to turn a rack or hold the rack stationary as it turns, enabling quicker and more adaptable storage and selection processes for goods-to-person solutions.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Exponential Growth of the E-commerce Industry and Customer Expectation
    • 5.1.2 Increasing Manufacturing Complexity and Technology Availability
    • 5.1.3 Improved Efficiency and Workforce Safety
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Capital Investment

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Warehouse Automation Market
    • 6.1.1 By Component
      • 6.1.1.1 Hardware
      • 6.1.1.1.1 Mobile Robots (AGV, AMR)
      • 6.1.1.1.2 Automated Storage and Retrieval Systems (AS/RS)
      • 6.1.1.1.3 Automated Sorting Systems
      • 6.1.1.1.4 De-palletizing/Palletizing Systems
      • 6.1.1.1.5 Conveyor Systems
      • 6.1.1.1.6 Automatic Identification and Data Collection (AIDC)
      • 6.1.1.1.7 Order Picking
      • 6.1.1.2 Software
      • 6.1.1.3 Services
    • 6.1.2 By End-user Industry
      • 6.1.2.1 Food and Beverage
      • 6.1.2.2 Post and Parcel
      • 6.1.2.3 Groceries
      • 6.1.2.4 General Merchandise
      • 6.1.2.5 Apparel
      • 6.1.2.6 Manufacturing
      • 6.1.2.7 Other End-user Industries
    • 6.1.3 By Geography
      • 6.1.3.1 North America
      • 6.1.3.2 Europe
      • 6.1.3.3 Asia-Pacific
      • 6.1.3.4 Latin America
      • 6.1.3.5 Middle East and Africa
  • 6.2 Global Transportation Automation Market Scenario
  • 6.3 Other Global Transportation Automation Market Scenarios

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Dematic Corp. (Kion Group AG)
    • 7.1.2 Daifuku Co. Limited
    • 7.1.3 Swisslog Holding AG (KUKA AG)
    • 7.1.4 Honeywell International Inc.
    • 7.1.5 Jungheinrich AG
    • 7.1.6 Murata Machinery Ltd
    • 7.1.7 Knapp AG
    • 7.1.8 TGW Logistics Group GmbH
    • 7.1.9 Kardex Group
    • 7.1.10 Mecalux SA
    • 7.1.11 Beumer Group GmbH & Co. KG
    • 7.1.12 SSI Schaefer AG
    • 7.1.13 Vanderlande Industries BV
    • 7.1.14 WITRON Logistik
    • 7.1.15 Oracle Corporation
    • 7.1.16 One Network Enterprises Inc.
    • 7.1.17 SAP SE
  • 7.2 Vendor Market Share Analysis

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE GROWTH