デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404424

静電容量式センサー-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Capacitive Sensors - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
静電容量式センサー-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

静電容量式センサー市場規模は2024年に313億3,000万米ドルと推定され、2029年には398億4,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは4.92%で成長します。

Capacitive Sensors-Market-IMG1

静電容量式センシング技術は、現代の用途の高度なユーザーインターフェース要件を満たすため、急速な発展を遂げています。優れた耐久性、優れた感度、抵抗センサーや誘導センサーよりも高い測定精度により、静電容量式センサーへの選好が高まっていることが、市場の成長を促進する主要要因の1つです。

主要ハイライト

  • 複雑な生産システムの自動化が進み、生産プロセスに関連する重要なデータを提供できるコンポーネントの需要が高まっています。これらのセンサーは、金属物体の存在や位置を検出することで、工場のプロセス制御を容易にします。
  • また、消費者、産業、自動車、医療などのエンドユーザーによる人間と機械のインタラクションとしてタッチスクリーン・ディスプレイ・システムが導入されることも、静電容量式センサーの需要を促進すると予想されます。さらに、生産プロセスのファクトリーオートメーション化が進むことで、医療や自動車産業における静電容量式センサーの需要に拍車がかかると予想されます。
  • 調査対象市場の展望は明るいです。医療やマシンハンドリングといった高成長分野での用途の強化の出現により、大幅な成長が見込まれます。これらのセンサーは、スケールメリットに依存することで、他のセンサーよりも優れた価格性能を提供します。静電容量式セラミック圧力センサーの成長は、主に石油・ガス、海洋、化学産業における医療、産業、自動車用途の発展によって牽引されてきました。
  • 先進的な電子制御システムの普及は、センサーの精度、信頼性、応答時間、堅牢性、小型化、通信機能、効率の向上をセンサーユーザーに提供しました。このことがセンサー業界の研究開発に拍車をかけ、産業分野における技術進歩の機会を生み出しています。静電容量式セラミック圧力センサーメーカーは、産業界の測定技術を大幅に向上させてきました。
  • インジウムはタッチスクリーンやその他のスマートデバイスの製造に使用されるが、その供給は長期的に保証されていないです。インジウム・スズ酸化物は、タッチディスプレイ、スマートフォン、ソーラーパネル、スマートウィンドウなど、幅広いハイテク機器に利用されています。この物質は光学的透明性と導電性を併せ持ち、タッチスクリーンが正常に機能するために必要です。しかし、酸化インジウム・スズの供給不足に関連する問題は、予測期間中に調査された市場の成長に対する課題であると推定されます。
  • 静電容量式センサー市場は、パンデミック中に中程度の影響を受け、2022年にかけて急速に回復し、2022年末にはCOVID-19以前の需要に戻ると予想されます。産業用と自動車産業用需要の加速度的な伸びは、これを加速させる可能性があります。

静電容量式センサーの市場動向

自動車エンドユーザー産業が大きな市場シェアを占める見込み

  • ヒューマン・マシン・インターフェース技術は、社会と様々な自動車システム間の情報交換の増加により、パラダイムシフトを目の当たりにしています。その結果、屋内照明制御、ナビゲーション制御などのヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)用途を実装するために導入される静電容量式センサーの需要が急増しています。
  • 自動運転車には、位置センサー、湿度センサー、温度センサー、静電容量式センサーなどが入れ子になります。これらのセンサーは、インフォテインメント・システム、キーレス・エントリー・システム、3Dジェスチャー、室内照明制御などに使用されます。世界の自動車普及率の上昇に伴い、静電容量式センサーを含むこれらのセンサーの需要は予測期間中に増加します。
  • 例えば、駐車支援システムにおいて、これらのセンサーは後退する車両の進路に物体があることを検知し、警報を発してドライバーに警告することができます。これらのセンサーは駐車中の歩行者との衝突も防ぐことができ、予測期間中も需要は続くと予想されます。
  • 世界のパンデミックは、昨年の間に自動車産業と製造業に大きな影響を与えました。製造業界はパンデミックの影響で大きく縮小し、サプライチェーンや原材料の調達において前例のない課題に直面したため、製造業者にとっては大きな損失となった。
  • OICAによると、2022年には世界で約8,500万台の自動車が生産されました。この数字は、前年と比較して約6%増加したことになります。2022年には、中国、日本、ドイツが自動車と商用車の最大の生産国でした。
Capacitive Sensors-Market-IMG2

アジア太平洋が大きな市場シェアを占める見込み

  • アジア太平洋ではエレクトロニクス産業が確立され、革新的な技術が採用されているため、この地域の企業は市場競争において優位に立っています。さらに、この地域にはOmron Corporation(日本)やFujitsu Ltd(日本)など、複数の大手静電容量式センサーベンダーが存在します。
  • 電気自動車生産を促進するための戦略的協力関係の拡大は、同国の市場を後押しすることになります。Sony Group CorporationとHonda Motorは、2022年3月、モビリティとモビリティサービスの新時代を切り開くための戦略的提携の可能性について引き続き協議し、検討すると表明しました。両社は、高付加価値のバッテリー電気自動車の開発・販売と、モビリティサービスとの連携による商品化を共同で行う合弁会社を設立する意向を示す覚書に調印しました。
  • インドは、エレクトロニクスと自動車製造分野をリードする主要国のひとつです。アジア太平洋で最大の家電市場のひとつです。インド・ブランド・エクイティ財団(India Brand Equity Foundation)が述べているように、インドの家電・コンシューマーエレクトロニクス産業は、2025年までに倍増して1兆4,800億インドルピー(180億米ドル)に達すると予想されています。インド小売業協会(RAI)によると、21年度第3四半期の家電・電化製品の売上高は、前年同期比で23.5%増加しました。
  • さらに2020年、インド政府は中国を対象に、カラーテレビと携帯電話に対する新たな規制を設け、22年度には5~8%の増産を見込んでいます。さらに政府は、インドの電子機器製造業が2024-25年までに3,000億米ドルに達すると予測しています。
  • 韓国政府が策定した国家ロードマップでは、Samsung Electronics Co.とSK Hynix Inc.が、2030年までの数年間に半導体研究・生産への投資で510兆ウォン以上をリードすることになっています。Samsungは2030年までに30%増の1,510億米ドル、ハイニックスは4つの新工場への1,060億米ドルの投資に加え、現在の施設に970億米ドルを投資する計画です。

静電容量式センサー産業概要

静電容量式センサー市場は断片化されており、Fujitsu Limited、Omron Corporation、3M Company、Analog Devices Inc.、NXP Semiconductors NVなどの大手企業が存在します。市場の参入企業は、製品ラインナップを強化し、持続可能な競争優位性を獲得するために、提携や買収などの戦略を採用しています。

  • 2022年2月-Sonyは、静電容量式センサーと位置トラッキング用の指タッチ検出IR LEDを採用したPlayStation VR2 Senseコントローラーの最終デザインイメージを更新した最新のPS VR2を発表。
  • 2022年1月-TDK CorporationがSmartRobotics製品ファミリーのソリューション、TDK RoboKit1を発表。このロボット開発プラットフォームは、ROS1とROS2に準拠したドライバーとソフトウェアアルゴリズムを備えた堅牢なハードウェアプラットフォームを提供することで、ロボット設計者、愛好家、開発者のプロトタイピングと開発を可能にします。TDK RoboKit1は、スタンドアロンの開発プラットフォームと完全なロボットリファレンスデザインを提供します。このボードには、6軸IMU、静電容量式気圧センサー、デジタルIツイSマイク(x4)、温度センサー、内蔵モータコントローラ、地磁気センサーなど、TDKのさまざまな技術が搭載されています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ヒューマンマシンインタラクションシステムとしてのタッチスクリーンディスプレイの導入の増加
    • 傷のつきにくい非ガラス表面の使用増加
  • 市場抑制要因
    • 酸化インジウムスズの供給不足
  • 技術スナップショット

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • タッチセンサー
    • モーションセンサー
    • ポジションセンサー
    • その他のタイプ
  • エンドユーザー産業別
    • 家電
    • 自動車
    • 航空宇宙・防衛
    • 医療
    • 飲食品
    • 石油・ガス
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Fujitsu Limited
    • Omron Corporation
    • 3M Company
    • Analog Devices Inc.
    • NXP Semiconductors NV
    • Siemens AG
    • Infineon Technologies AG
    • Texas Instruments Inc.
    • STMicroelectronics NV
    • Microchip Technology Inc.
    • TDK Corporation
    • Sony Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 63861
Capacitive Sensors - Market - IMG1

The Capacitive Sensors Market size is estimated at USD 31.33 billion in 2024, and is expected to reach USD 39.84 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.92% during the forecast period (2024-2029).

Capacitive sensing technology is witnessing swift developments to meet modern applications' advanced user interface requirements. The increasing preference for capacitive sensors, due to their exceptional durability, superior sensitivity, and higher measurement accuracy than resistive or inductive sensors, is one of the primary factors driving the market's growth.

Key Highlights

  • The rise in automation of complex production systems has increased the demand for components capable of providing critical data related to the production process. These sensors facilitate process control in factories by detecting the presence and position of metal objects.
  • Implementing touchscreen display systems as human-machine interaction by end-users, such as consumer, industrial, automotive, and medical, is also anticipated to drive the demand for capacitive sensors. Additionally, the increasing factory automation of production processes is expected to spur the demand for capacitive sensors in the healthcare and automotive industries.
  • The outlook of the market studied is positive. It is expected to grow significantly due to the emergence of enhanced applications in high-growth sectors, such as healthcare and machine handling. These sensors offer better price-performance than other sensors by relying on economies of scale advantages. The growth of capacitive ceramic pressure sensors has been driven by the development of medical, industrial, and automotive applications, majorly in the oil and gas, marine, and chemical industries.
  • The spread of advanced electronic control systems has provided sensor users with advances in sensor accuracy, reliability, response time, robustness, miniaturization, communications capability, and efficiency. This has fueled research and development in the sensors industry, creating opportunities for technological advancements in the industrial sector. Capacitive ceramic pressure sensor manufacturers have significantly improved measurement technology for industries.
  • Indium is used to make touchscreens and other smart devices, but its supply is not guaranteed long-term. Indium tin oxide is utilized in a wide range of high-tech gadgets, including touch displays, smartphones, solar panels, and smart windows. This substance is both optically transparent and electrically conductive, which are necessary for touch screens to function correctly. However, issues related to the supply shortage of indium tin oxide are estimated to challenge the market's growth studied during the forecast period.
  • The capacitive sensors market is moderately influenced during the pandemic and is expected to recover rapidly over the course of 2022 and return to pre-COVID-19 demand by the end of 2022. The accelerated growth in industrial and automotive industry demand may speed this up.

Capacitive Sensors Market Trends

The Automotive End-user Industry is Expected to Hold Significant Market Share

  • Human-machine interface technologies have witnessed a paradigm shift due to the increasing information interchange between social and various car systems. This has resulted in a surge in demand for capacitive sensors deployed to implement human-machine interface (HMI) applications, such as indoor illumination control, navigation control, etc.
  • The automated vehicle will be nested with a position, humidity, temperature, and capacitive sensor, among others. These sensors are used in the infotainment system, keyless entry system, 3D gesture, interior lighting control, etc. With the increase in global automotive penetration, the demand for these sensors, including the capacitive sensor, will increase in the forecast period.
  • For example, in the parking assistance system, these sensors can detect the presence of objects in the pathway of the reversing vehicle and can raise the alarm to warn the driver. These sensors also prevent collisions with pedestrians while parking, and the demand is expected to continue during the forecast period.
  • The global pandemic has influenced the automotive and manufacturing industries significantly over the period of last year. The manufacturing industry shrunk significantly due to the pandemic as the industry faced unprecedented challenges in the supply chain and procurement of raw materials, which resulted in significant losses for manufacturers.
  • According to OICA, In 2022, approximately 85 million motor vehicles were produced globally. This figure translates into an increase of around six percent compared with the previous year. China, Japan, and Germany were the largest producers of cars and commercial vehicles in 2022.
Capacitive Sensors - Market - IMG2

Asia Pacific is Expected to Hold Significant Market Share

  • The established electronics industry in Asia Pacific and the adoption of innovative technologies have provided the regional organizations a competitive edge in the market studied. Moreover, the region enjoys the presence of several major capacitive sensor vendors, such as Omron Corporation (Japan) and Fujitsu Ltd (Japan), among others.
  • The growing strategic collaborations in the country to boost the electric vehicle production are set to boost the market in the country. Sony Group Corporation and Honda Motor Co., Ltd. stated in March 2022 that they would continue to discuss and explore the possibility of forging a strategic alliance to usher in a new era of mobility and mobility services. The two firms have signed a memorandum of understanding outlining their intention to form a joint venture to collaborate on the development and sale of high-value-added battery electric vehicles, as well as to commercialize them in conjunction with mobility services.
  • India is one of the major countries leading in electronics and automotive manufacturing sector. The country is one of the largest consumer electronics market in Asia pacific region. As stated by the India Brand Equity Foundation, Indian appliance and consumer electronics industry is expected to double to reach RUP 1.48 lakh crore (USD 18 Billion) by 2025. According to Retailers Association of India (RAI), sales of consumer electronics and appliances in the third quarter of FY21 increased by 23.5 percent, as compared with same period in the last fiscal year.
  • Moreover in 2020, the Indian government targeted China with new restrictions on color television and mobile phoneswhich isset to increase their production by 5-8 percent in FY22. Furthermore, the government anticipates that the Indian electronics manufacturing sector will reach USD 300 billion by 2024-25.
  • Under a national roadmap devised by the South Korean Government, Samsung Electronics Co. and SK Hynix Inc. would lead more than 510 trillion won in investment in semiconductor research and production in the years through 2030. Samsung plans to increase its spending by 30 percent to USD 151 billion by 2030, while Hynix plans to invest USD 97 billion in current facilities in addition to its USD 106 billion investment in four new factories.

Capacitive Sensors Industry Overview

The capacitive sensors market is fragmented, with the presence of major players like Fujitsu Limited, Omron Corporation, 3M Company, Analog Devices Inc., and NXP Semiconductors NV. Players in the market are adopting strategies such as partnerships and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

  • February 2022 - Sony announced the latest PS VR2 with an updated and final design image of PlayStation VR2 Sense controller that uses a capacitive sensor and finger touch detection IR LED for position tracking.
  • January 2022 - TDK Corporation announced a solution to the SmartRobotics product family, TDK RoboKit1. The robotic development platform enables prototyping and development for robotic designers, enthusiasts, and developers by offering a robust hardware platform associated with full ROS1 and ROS2-compliant drivers and software algorithms. TDK RoboKit1 will provide a stand-alone development platform and a full robot reference design. The board would consist of a range of TDK technology, having a 6-axis IMU, capacitive barometric pressure sensor, digital I²S microphone (x4), temperature sensor, embedded motor controller, and magnetometer.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Implementation of Touch Screen Displays as Human Machine Interaction Systems
    • 5.1.2 Rising Usage of Scratch-resistant Non-glass Surfaces
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Supply Shortage of Indium Tin Oxide
  • 5.3 Technology Snapshot

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Touch Sensor
    • 6.1.2 Motion Sensor
    • 6.1.3 Position Sensor
    • 6.1.4 Other Types
  • 6.2 By End-user Industry
    • 6.2.1 Consumer Electronics
    • 6.2.2 Automotive
    • 6.2.3 Aerospace and Defense
    • 6.2.4 Healthcare
    • 6.2.5 Food and Beverages
    • 6.2.6 Oil and Gas
    • 6.2.7 Other End-user Industries
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 United Kingdom
      • 6.3.2.2 Germany
      • 6.3.2.3 France
      • 6.3.2.4 Italy
    • 6.3.3 Asia Pacific
      • 6.3.3.1 China
      • 6.3.3.2 Japan
      • 6.3.3.3 India
      • 6.3.3.4 South Korea
      • 6.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
      • 6.3.4.1 Mexico
      • 6.3.4.2 Brazil
      • 6.3.4.3 Rest of Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Fujitsu Limited
    • 7.1.2 Omron Corporation
    • 7.1.3 3M Company
    • 7.1.4 Analog Devices Inc.
    • 7.1.5 NXP Semiconductors NV
    • 7.1.6 Siemens AG
    • 7.1.7 Infineon Technologies AG
    • 7.1.8 Texas Instruments Inc.
    • 7.1.9 STMicroelectronics NV
    • 7.1.10 Microchip Technology Inc.
    • 7.1.11 TDK Corporation
    • 7.1.12 Sony Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS