デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404374

道路標示材料:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Road Marking Materials - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
道路標示材料:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

道路標示材料市場規模は2024年に70億2,000万米ドルと推定され、2029年には86億3,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは4.20%で成長する見込みです。

Road Marking Materials-Market-IMG1

2020年に発生したCOVID-19パンデミックにより、主要都市で厳重な封鎖措置がとられ、道路建設活動が停止したため、市場はマイナスの影響を受けました。しかし、規制が解除されて以来、この分野は順調に回復しています。交通安全に対する支出の増加、新規プロジェクトの立ち上げ、インフラ部門からの需要増などが、過去2年間の市場回復につながった。

主要ハイライト

  • 短期的には、新興諸国における道路網開拓プロジェクトの増加や交通安全への関心の高まりが市場需要を刺激する要因となっています。
  • その反面、厳しい環境規制が市場の成長を制限する可能性もあります。
  • 舗装標示の幅の拡大は、今後数年間で市場にチャンスをもたらす可能性が高いです。
  • アジア太平洋が市場を独占すると予想され、予測期間中に最も高いCAGRで推移する可能性が高いです。

道路標示材料市場の動向

道路標示セグメントにおける用途の増加

  • 道路標示材料は、滑り止め骨材の有無やガラスビーズの有無にかかわらず、道路に塗布することで道路信号の表示に使用されます。製品には、ガラスビーズや滑り止め骨材のタイプや割合が記載されています。
  • 縦方向の標示は、一般に交通の流れに沿って設けられます。破線、一重/二重連続線、連続線は、縦方向のマーキングに分類されます。
  • 一時停止や進路変更のような、破線や一重・二重の連続線による交通整理のための横断標示は、横方向標示(TM)に分類されます。
  • 道路インフラへの世界の投資の増加は、道路標示材料の需要を押し上げると思われます。2022年1月現在、インドの高速道路新設は1日当たり40kmを記録しています。道路交通・高速道路省は、同国における高速道路建設の新記録樹立に向けて積極的に取り組みました。
  • ドイツでは、運輸・デジタルインフラ省が、電気モビリティや電気自動車充電インフラの自動運転・ネットワーク化といった将来技術に2億9,900万米ドルの投資を計画しています。その結果、駐車場や高速道路でのマーキング材料の消費量がさらに増加することが予想されます。さらにドイツは、シュヴァルムシュタットと中央ヘッセン州のオームタール・インターチェンジを結ぶA49高速道路プロジェクトに着手しました。このプロジェクトは官民パートナーシップモデルに基づいており、道路建設に6億9,800万米ドルが投資され、2024年第3四半期に完成する予定です。
  • 2023年3月、Construction Europeは、欧州が約4,480億ユーロ(4,872億3,000万米ドル)の道路建設プロジェクトに多額の投資を行っており、実行段階では1,828億ユーロ(1,988億1,000万米ドル)近くに上ると発表しました。道路建設プロジェクトへの総投資額では、ロシアが610億ユーロ(663億4,000万米ドル)でトップです。
  • このため、予測期間中、各国のこうした道路建設プロジェクトが道路標示材料の需要を牽引するとみられます。
Road Marking Materials-Market-IMG2

市場を独占するアジア太平洋

  • アジア太平洋が市場を独占すると予想され、この地域のGDPで最大の経済大国は中国です。中国とインドは世界で最も急速に台頭している経済国のひとつです。最近、道路交通安全への関心が高まっていることから、車線走行を確保するための道路標示材料の需要が増加しています。
  • 中国は広大な道路網と高速道路網を持つ世界有数の大国です。中国交通運輸省によると、中国の公道総延長は約528万kmに及ぶ。道路網は着実に増え続けています。全国の道路網は、2035年までに46万1,000kmの安全でインテリジェントな道路で構成されます。また、2035年までに29万9,000kmの高速道路と16万2,000kmの高速道路が整備される予定です。
  • 中国はまた、他の欧州諸国、アジア、中東、ラテンアメリカ、アフリカと共同で、道路と鉄道建設による地域の連結性を強化する「一帯一路構想(BRI)」を開始しました。このプロジェクトでは、2049年の完成を目標としています。BRIのコストは、2027年までに1兆2,000億~1兆3,000億米ドルに達すると予測されています。このような拡大と道路や高速道路の定期的な維持管理はすべて、国内の道路標示材料の大きな需要を引き寄せています。
  • インド政府は、今年までに約7,415億1,000万米ドルを投じて6万5000キロの国道を建設することを目指しています。アンドラ・プラデシュ州は8,970kmの道路建設に2億9,605万米ドルを費やす予定です。パンジャブ州、ハリヤナ州、ラジャスタン州では、道路インフラのさらなる変革に伴い、インド政府は14億8,000万米ドルで313kmに及ぶ道路建設を計画しています。このような取り組みとともに、政府は2022~23年度連邦予算で、道路交通・高速道路省に260億4,000万米ドルを割り当てた。
  • 日本の道路網は、その地理的人口構成により、何千もの橋やトンネルを含めて128万kmを超えます。日本の道路は経済活動に貢献し、自然災害の救援にも不可欠です。
  • このような大規模プロジェクトのため、道路標示材料の需要は今後数年間で大幅に増加すると予想されます。

道路標示材料業界概要

道路標示材料市場は、その性質上、部分的に断片化されています。市場の主要企業には、The Sherwin-Williams Company、PPG Industries、Helios TBLUS d.o.o.、BASLER LACKE AG、Ingevityなどがある(順不同)。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 新興諸国における道路網開発プロジェクトの増加
    • 交通安全への関心の高まりによる道路標示材料の需要拡大
  • 抑制要因
    • 厳しい環境規制が需要の伸びを抑制
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模)

  • タイプ
    • ポリマーベースのマーキング
      • 熱可塑性プラスチック
      • コールドプラスチック
      • 予備成形粘着テープ
      • 隆起型舗装マーカー
    • 塗料系マーキング
      • 溶剤系
      • 水性
  • 用途
    • 道路標示(道路と高速道路)
    • 工場・倉庫用マーキング
    • 駐車場マーキング
    • 空港マーキング
    • その他のマーキング(スポーツ、レジャーなど)
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • 3M
    • Automark Industries (India) Pvt. Ltd
    • BASF SE
    • BASLER LACKE AG
    • Crown US, LLC
    • Dianal America Inc.
    • Geveko Markings
    • Helios Tblus d.o.o.
    • Ingevity
    • Kataline Group
    • Kelly Bros
    • Kestrel
    • PPG Industries Inc.
    • Sealmaster
    • Swarco
    • The Sherwin-Williams Company

第7章 市場機会と今後の動向

  • 舗装マーキングの幅の拡大
目次
Product Code: 61473
Road Marking Materials - Market - IMG1

The Road Marking Materials Market size is estimated at USD 7.02 billion in 2024, and is expected to reach USD 8.63 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.20% during the forecast period (2024-2029).

The market was negatively impacted due to the COVID-19 pandemic in 2020 due to strict lockdown measures across major cities that suspended road construction activities. However, the sector is recovering well since restrictions were lifted. Increased spending on road safety, new project launches, and rising demand from the infrastructure sector all led to the market recovery over the last two years.

Key Highlights

  • Over the short term, rising road network development projects in developing countries and increasing concern for road safety are some of the factors stimulating the market demand.
  • On the flip side, strict environmental regulations may restrict the market's growth.
  • Increasing the width of pavement markings will likely create opportunities for the market in the coming years.
  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market and will likely witness the highest CAGR during the forecast period.

Road Marking Materials Market Trends

Increasing Usage in the Road Markings Segment

  • Road marking materials are used for road signalization when applied on the road with or without anti-skid aggregates and with or without dropped-on glass beads. It is mentioned on the product with indications on types and proportions of dropped-on glass beads and/or anti-skid aggregates.
  • The longitudinal marking is generally provided along the traffic movement. The broken, single/double continuous, and continuity lines are classified under longitudinal marking.
  • Marking across the carriage for traffic control with broken lines, single/double continuous lines such as Stop marking and Give Way marking are classified under Transverse Marking (TM).
  • The rising global investment in road infrastructure will likely boost the demand for road marking materials. As of January 2022, new highway construction in India was recorded at 40 km per day. The Ministry of Road Transport and Highways aggressively worked toward creating new highway construction records in the country.
  • In Germany, the Ministry of Transport and Digital Infrastructure is planning to invest USD 299 million in future technologies, such as electric mobility or automated and networked driving for electric vehicle charging infrastructure. It, in turn, is further expected to increase the consumption of marking materials from parking places and highways. Furthermore, Germany started working on the A49 highway project connecting Schwalmstadt and the Ohmtal interchange in Central Hesse. This project is based on the public-private partnership model with an investment of USD 698 million for road construction and is expected to be completed in the third quarter of 2024.
  • In March 2023, Construction Europe stated that Europe is investing significantly in road construction projects valued at around EUR 448 billion (USD 487.23 billion) and nearly EUR 182.8 billion (USD 198.81 billion) in the execution stage. Russia is leading in the total investment of road construction projects with EUR 61 billion (USD 66.34 billion).
  • Therefore, these road construction projects in various countries are expected to drive the demand for road marking materials during the forecast period.
Road Marking Materials - Market - IMG2

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market, and China is the largest economy in terms of GDP in this region. China and India are among the fastest emerging economies in the world. The increasing concerns for road traffic safety recently led to increased demand for road marking materials to ensure lane driving.
  • China is one of the largest countries in the world, with a vast network of roads and highways. As per the Ministry of Transport of China, the country's total length of public roads stretches for about 5.28 million km. The road network is constantly increasing at a steady pace. The national road network will comprise 461,000 km of safe and intelligent roads by 2035. China will also include 299,000 km of highways and 162,000 km of expressways by 2035.
  • China also initiated the Belt and Road Initiative (BRI), joining other European countries, Asia, the Middle East, Latin America, and Africa to enhance regional connectivity with road and rail constructions. The project includes a target completion date of 2049. The cost of BRI is projected to reach USD 1.2-1.3 trillion by 2027. All such expansions and the regular maintenance of roads and highways attract significant demand for road marking materials in the country.
  • The Government of India aims to construct 65,000 km of national highways costing around USD 741.51 billion by this year. Andhra Pradesh will spend USD 296.05 million to build 8,970 km of roads. With further transformations in road infrastructure in Punjab, Haryana, and Rajasthan, the Indian government plans to construct roads extending 313 km for USD 1.48 billion. Along with such initiatives, the government, under the Union Budget 2022-23, allocated USD 26.04 billion to the Ministry of Road Transport and Highways.
  • The road network in Japan adds up to a length of more than 1.28 million km, including thousands of bridges and tunnels due to its geographical demography. Roads in the country contribute to economic activities and are indispensable for natural disaster relief.
  • Due to such large-scale projects, the demand for road marking materials is expected to increase substantially in the coming years.

Road Marking Materials Industry Overview

The road marking materials market is partially fragmented in nature. Some major companies in the market include The Sherwin-Williams Company, PPG Industries, Helios TBLUS d.o.o., BASLER LACKE AG, and Ingevity (not in any particular order).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rising Road Network Development Projects in Developing Countries
    • 4.1.2 Increasing Concern For Road Safety to Augment the Demand For Road Marking Materials
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Strict Environmental Regulations to Restrict the Demand Growth
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Polymer-based Markings
      • 5.1.1.1 Thermoplastics
      • 5.1.1.2 Cold Plastics
      • 5.1.1.3 Preformed Adhesive Tapes
      • 5.1.1.4 Raised Pavement Markers
    • 5.1.2 Paint-based Markings
      • 5.1.2.1 Solvent-based
      • 5.1.2.2 Water-based
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Road Markings (Roads and Highways)
    • 5.2.2 Factory and Warehouse Markings
    • 5.2.3 Car Park Markings
    • 5.2.4 Airport Markings
    • 5.2.5 Other Markings (Sports, Leisure, Etc.)
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 3M
    • 6.4.2 Automark Industries (India) Pvt. Ltd
    • 6.4.3 BASF SE
    • 6.4.4 BASLER LACKE AG
    • 6.4.5 Crown US, LLC
    • 6.4.6 Dianal America Inc.
    • 6.4.7 Geveko Markings
    • 6.4.8 Helios Tblus d.o.o.
    • 6.4.9 Ingevity
    • 6.4.10 Kataline Group
    • 6.4.11 Kelly Bros
    • 6.4.12 Kestrel
    • 6.4.13 PPG Industries Inc.
    • 6.4.14 Sealmaster
    • 6.4.15 Swarco
    • 6.4.16 The Sherwin-Williams Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increase in the Width of Pavement Markings