市場調査レポート
商品コード
1404360

黒鉛:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Graphite - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 160 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
黒鉛:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 160 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

黒鉛市場規模は2024年に36億2,000万米ドルと推定され、2029年には46億3,000万米ドルに達すると予測され、市場推定・予測期間中(2024~2029年)にCAGR 5%で成長する見込みです。

Graphite-Market-IMG1

COVID-19の大流行は、パンデミックの封鎖措置により、エレクトロニクス、冶金、自動車(電気自動車を含む)などの主要エンドユーザー産業からの需要を鈍化させたため、黒鉛市場にとって課題の多い産業分野となった。さらに、世界の物流の停滞と労働力の不足により、電子部品の生産設備が停止しました。しかし、規制が解除され操業が再開されて以来、このセクターは順調に回復しています。

主要ハイライト

  • 短期的には、急成長するリチウムイオン電池産業からの需要増大と、アジアと中東における鉄鋼生産の増加が、調査対象市場の成長を促す重要な要因です。
  • しかし、厳しい環境規制は、予測期間中に対象市場の成長を抑制すると予想される主要要因です。
  • とはいえ、エコ技術における黒鉛の用途の増加は、世界市場に有利な成長機会を近々生み出すと思われます。
  • アジア太平洋は、インド、中国、日本などの国々で黒鉛が広く使用されているため、黒鉛市場において評価期間中に健全な成長が見られると推定されます。

黒鉛市場の動向

冶金セグメントが市場を独占する見込み

  • 調査対象市場の冶金分野には、電極、耐火物、鋳造、鋳物などが含まれます。黒鉛電極は、鉄鋼生産、アルミニウム生産、合金鉄生産、製錬プロセスのための電気アーク炉(EAF)とラダー炉(LF)で使用されます。
  • 電気アーク炉プロセスによる鉄鋼生産の増加は、黒鉛の需要を増加させると予想されます。耐火物では、天然黒鉛はるつぼやマグカーボンれんがの製造に使用されます。
  • 黒鉛はまた、鉄鋼転炉や電気アーク炉のライニングとしても使用されます。鉄鋼成形用途では、ノズルやトラフなどの連続鋳造製品にさまざまな形態のアルミナ-黒鉛が使用されています。
  • 世界の粗鋼とアルミニウム生産の増加は、冶金用途における黒鉛の需要を促進すると予想されます。
  • 2023年4月、世界鉄鋼協会は2023年と2024年の短期展望(SRO)鉄鋼需要予測を発表し、それによると、鉄鋼需要は2023年には2.3%回復して1,822.3 Mtに達し、2024年には1.7%成長して1,854.0 Mtに達すると予測されています。また、2022年の世界粗鋼生産量は1,878.5 Mtで、2021年に比べ4.2%減少しました。
  • さらに、国際アルミニウム協会によると、2022年の世界アルミニウム生産量は、2021年の2.7%から減少し、2019年以来最も遅い成長率に対し、わずか2.0%の増加となった。
  • 欧州鉄鋼協会(EUROFER)は、2022年の欧州連合(EU)における鉄鋼製品の消費量予測を調整しました。2022年2月の予想と地域別金属消費量の3.2%増の予想に比べ、同協会では約1.9%の減少が見込まれています。これらの要因はすべて、冶金エンドユーザー産業からの黒鉛需要を増加させると予想されます。
  • したがって、上記のすべての要因が黒鉛市場の成長を促進する原因となっています。
Graphite-Market-IMG2

市場を独占するアジア太平洋

  • 中国は、リチウムイオン電池の生産、電子機器、鉄鋼生産、太陽電池産業、原子力産業などの新興部門からの莫大な需要が主要理由で、世界最大の黒鉛メーカーの一つです。米国地質調査所によると、同国の2021年の黒鉛鉱山生産量は82万トンでした。
  • 2022年1月から10月にかけて、中国は生産能力スワップを通じて、2,880万トン/年の銑鉄生産能力と2,310万トン/年の粗鋼生産能力を新たに追加しました。この結果、2022年の銑鉄生産能力は830万トン/年、粗鋼生産能力は600万トン/年の純増となります。
  • 同国の鉄鋼需要の伸びを牽引しているのは建設セクターであり、同国の鉄鋼消費のほぼ3分の2を占めています。
  • 黒鉛はリチウムイオン電池の負極材としても使われます。日本は、中国、韓国と並ぶリチウム電池市場の主要地域のひとつであり、電池容量出荷で96%の市場シェアを占めています。しかし、日本の製造業は最近の危機のために著しく減速しています。
  • 日本の鉄鋼生産量は世界第3位で、2022年には約9,600万トンを占め、2021年から16%増加しました。従って、鉄鋼生産の増加は同国の黒鉛需要を減少させる可能性が高いです。
  • さらに、同国は2030年までに総エネルギーに占める原子力の割合を少なくとも20%まで引き上げる計画です。同国の原子力発電への依存度は、予測期間中、市場を牽引すると予想されます。
  • 2027年までに、同国は少なくとも14GWの太陽エネルギー導入を計画しており、予測期間終了時には100GW以上に達すると予想されます。政府はまた、固定価格買取制度(FIT)のような補助金制度を通じて家庭用太陽光発電を大いに後押ししており、同国の太陽光発電をさらに後押ししています。
  • このような要因から、同地域の黒鉛市場は予測期間中に安定した成長が見込まれます。

黒鉛産業概要

黒鉛市場は統合的な性格を持ち、上位5社が大きなシェアを占めています。主要企業(順不同)には、Betterui New Materials Group、Shenzhen Xiangfenghua Technology、Shanghai Shanshan Technology、Syrah Resources Limited、Jiangxi Zichen Technologyなどが含まれます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 急成長するリチウムイオン電池産業からの需要増大
    • アジアと中東における鉄鋼生産の増加
  • 抑制要因
    • 厳しい環境規制
    • その他の阻害要因
  • 産業バリューチェーン-天然黒鉛
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量・金額))

  • 種類
    • 天然黒鉛
    • 合成黒鉛
  • 用途
    • 電極
    • 耐火物、鋳造、鋳物
    • 電池
    • 潤滑油
    • その他の用途
  • エンドユーザー産業
    • エレクトロニクス
    • 冶金
    • 自動車(EV/HEV車を含む)
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • ロシア
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Asbury Carbons
    • BTR New Material Group Co.,Ltd.
    • Imerys
    • Jiangxi Zichen Technology Co. Ltd
    • Mason Graphite Inc
    • Nippon Kokuen Group
    • Northern Graphite Corp.
    • SGL Carbon
    • Shanghai Shanshan Technology Co. Ltd.
    • Shenzhen Xiangfenghua Technology Co., Ltd.
    • Showa Denko K.k.
    • Syrah Resources Limited
    • Tokai Carbon Co. Ltd.
    • Triton Minerals

第7章 市場機会と今後の動向

  • エコ技術における黒鉛の用途拡大
  • グラフェン需要の増加と原子力エネルギー
目次
Product Code: 60924
Graphite - Market - IMG1

The Graphite Market size is estimated at USD 3.62 billion in 2024, and is expected to reach USD 4.63 billion by 2029, growing at a CAGR of 5% during the forecast period (2024-2029).

The COVID-19 outbreak presented a challenging industry arena for the graphite market, as it slowed down the demand from the key end-user industries, such as electronics, metallurgy, and automotive (including electric vehicles), owing to the lockdown measures of the pandemic. Furthermore, the production facilities of electronic parts were halted due to the logistics slowdown and unavailability of the workforce across the world. However, the sector has been recovering well since restrictions were lifted and operations were resumed.

Key Highlights

  • Over the short term, augmenting demand from the burgeoning lithium-ion battery industry and an increase in steel production in Asia and the Middle East are significant factors driving the growth of the market studied.
  • However, stringent environmental regulation is a key factor anticipated to restrain the growth of the target market over the forecast period.
  • Nevertheless, the increasing application of graphite in green technologies is likely to create lucrative growth opportunities for the global market soon.
  • Asia-Pacific is estimated to witness healthy growth over the assessment period in the graphite market due to the wide usage of graphite in countries such as India, China, Japan, and others.

Graphite Market Trends

The Metallurgy Segment is Expected to Dominate the Market

  • The metallurgy segment of the market studied includes electrodes and refractories, casting, and foundries. Graphite Electrodes are used in Electric Arc Furnaces (EAF) and ladder furnaces (LF) for steel production, aluminum production, ferroalloy production, and the smelting process.
  • The rising steel production using the electric arc furnace process is expected to increase the demand for graphite. In refractories, natural graphite is used to manufacture crucibles and mag-carbon bricks.
  • Graphite is also used as a lining in steel converters and electric arc furnaces. In steel molding applications, different forms of alumina-graphite are used in continuous casting ware, such as nozzles and troughs.
  • The rising crude steel and aluminum production worldwide is expected to drive the demand for graphite in metallurgical applications.
  • In April 2023, the World Steel Association released its Short Range Outlook (SRO) steel demand forecast for 2023 and 2024, which stated that the steel demand would see a 2.3% rebound to reach 1,822.3 Mt in 2023, and it is forecasted to grow by 1.7% in 2024 to reach 1,854.0 Mt. In addition, the total world crude steel production was 1,878.5 Mt in 2022, a 4.2% decrease compared to 2021.
  • Furthermore, according to the International Aluminum Institute, global aluminum production rose by a marginal 2.0% in 2022 compared to a growth rate that was down from 2.7% in 2021 and the slowest since 2019.
  • European Steel Association (EUROFER) has adjusted its forecast for the consumption of steel products in the European Union in 2022. In comparison to the February 2022 forecast and the expectation of regional metal consumption growth of 3.2%, there is a decline of around 1.9% expected by the association. All these factors are expected to increase the demand for graphite from the metallurgy end-user industry.
  • Therefore, all the above-mentioned factors are responsible for driving the growth of the graphite market.
Graphite - Market - IMG2

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • China is one of the largest graphite manufacturers globally, mainly due to the immense demand from budding sectors like lithium-ion battery production, electronics, steel production, the solar industry, and the nuclear industry. According to a US Geological Survey, the country accounted for 820 thousand tons of graphite mine production in 2021.
  • During January-October 2022, China, through capacity swaps, added 28.8 million mt/year of new pig iron production capacity and 23.1 million mt/year of new crude steel production capacity. This resulted in a net increase of 8.3 million mt/year of pig iron production capacity and 6 million mt/year of new crude steel production capacity for 2022.
  • The construction sector is the key factor driving the demand growth for steel in the country, which accounts for almost two-thirds of the country's steel consumption.
  • Graphite is also used in lithium-ion batteries to serve as the node material. Japan is one of the prominent regions for the lithium battery market, along with China and Korea, which occupy a 96% market share in battery capacity shipments. However, manufacturing in Japan has significantly slowed down due to the recent crisis.
  • The steel production in Japan ranked third largest globally, accounting for around 96 million tons in 2022, up by 16% from 2021. Thus, growth in steel production is likely to reduce the demand for graphite in the country.
  • Furthermore, the country plans to increase its nuclear energy share in total energy up to at least 20% by 2030. The country's dependence on nuclear power to generate electricity is expected to drive the market during the forecast period.
  • By 2027, the country has planned to install at least 14 GW of solar energy, which is expected to reach more than 100 GW at the end of the forecast period. The government is also hugely pushing household solar power through subsidy systems like feed-in-tariff (FIT), further boosting the country's solar power.
  • Due to all such factors, the market for graphite in the region is expected to have a steady growth during the forecast period.

Graphite Industry Overview

The graphite market is consolidated in nature, with the top five players accounting for a significant share. The major players (not in any particular order) include Betterui New Materials Group Co. Ltd., Shenzhen Xiangfenghua Technology Co. Ltd, Shanghai Shanshan Technology Co. Ltd, Syrah Resources Limited, and Jiangxi Zichen Technology Co. Ltd., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Augmenting Demand from the Burgeoning Lithium-ion Battery Industry
    • 4.1.2 Increase In Steel Production in Asia and the Middle East
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Stringent Environmental Regulations
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain-Natural Graphite
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume and Value)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Natural Graphite
    • 5.1.2 Synthetic Graphite
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Electrodes
    • 5.2.2 Refractories, Casting, and Foundries
    • 5.2.3 Batteries
    • 5.2.4 Lubricants
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 Electronics
    • 5.3.2 Metallurgy
    • 5.3.3 Automotive (Includes EV/HEV Vehicles)
    • 5.3.4 Other End-user Industries
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 Italy
      • 5.4.3.4 France
      • 5.4.3.5 Russia
      • 5.4.3.6 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Asbury Carbons
    • 6.4.2 BTR New Material Group Co.,Ltd.
    • 6.4.3 Imerys
    • 6.4.4 Jiangxi Zichen Technology Co. Ltd
    • 6.4.5 Mason Graphite Inc
    • 6.4.6 Nippon Kokuen Group
    • 6.4.7 Northern Graphite Corp.
    • 6.4.8 SGL Carbon
    • 6.4.9 Shanghai Shanshan Technology Co. Ltd.
    • 6.4.10 Shenzhen Xiangfenghua Technology Co., Ltd.
    • 6.4.11 Showa Denko K.k.
    • 6.4.12 Syrah Resources Limited
    • 6.4.13 Tokai Carbon Co. Ltd.
    • 6.4.14 Triton Minerals

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Applications of Graphite in Green Technologies
  • 7.2 Increasing Graphene Demand and Nuclear Energy