デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404335

飲食品におけるAI-市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測

AI in Food & Beverages - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.08円
飲食品におけるAI-市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

飲食品におけるAI市場規模は2024年に96億8,000万米ドルと推定・予測され、2029年には489億9,000万米ドルに達し、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは38.30%で成長すると予測されます。

AI in Food &Beverages-Market-IMG1

早くて手ごろな価格で簡単に手に入る食品を好むという消費者ニーズの変化は、飲食品業界を一変させました。市場のリーダー企業は、人工知能や機械学習などの先進技術を活用して事業を拡大し、ダイナミックな市場環境において企業が関連性を維持できるよう支援しています。

主要ハイライト

  • AIはここ数年で注目されるようになり、多くの企業が業界における技術の可能性を探るために積極的に投資しています。この新たなAI技術は、物流、予測分析、透明性を通じたサプライチェーン管理でF&B企業を支援しています。
  • 例えば、2022年8月、Rockwell Automationは、飲食品や家庭のような業界のスモール・フォーム・ファクターのニーズに対応するため、マテリアルハンドリング、パッケージング、アセンブリ用途に最適なコスト効率の高い光電センサーをリリースしました。42EA RightSight S18センサラインは、より小型で汎用性の高いパッケージで、より包括的なソリューションの性能を提供し、サイズや形態が重要な場所で優れた検出能力を発揮します。
  • 企業は、差別化と収益成長のためにサプライチェーンを急速にデジタル化し、サプライチェーン全体の効率を高めています。サプライチェーンは膨大な量のデータを生成しており、AIは組織がこのデータを分析し、将来のシナリオを予測することでサプライチェーンの変動要因をよりよく理解するのに役立っています。
  • サプライチェーンにおけるAIは、市場投入までの時間を短縮し、不確実性を予見して対処できる俊敏なサプライチェーンを確立することで、企業の迅速な革新を支援しています。それが飲食品セクターにおけるAIの成長を促進しています。
  • AIは食品・飲料業界に多くのメリットをもたらすが、同分野での大規模展開には高いコストがかかるため、市場の成長は制約されます。食品加工業界の課題のひとつは、均一なものしか見つからないその原料です。食品の保管は手作業の助けを借りて行われていることが見て取れます。しかし、AIを使えば、この選別工程を自動化することができ、最終的には人件費を削減し、スピードを上げ、歩留まりを向上させることができます。
  • 例えば、昨年7月にロンドンで発売されたSORTEX A GlowVisionは、5モジュールフレームに3~5シュートのモデルがあります。PET選別用に特別に設計された特注の検査システムが特徴です。市場で最も包括的なソリューションの1つであり、主要な色とポリマーの欠陥の汚染レベルを下げたいと考えているPET加工業者の関心を大いに引くと思われます。
  • 確立されたデータ分析能力と有能な開発者チームに恵まれた企業は、安心してAIプラットフォームを構築できます。そのようなリソースを持たないF&B参入企業は、目標、ニーズ、予算を明確に定義したソリューションとプロバイダーを求める。

飲食品におけるAIの市場動向

消費者関与が大幅な成長を記録する見込み

  • Tata Sonsの前会長がTechbin Solutions Pvt LtdのNiki.aiに行った投資は、チャットボット利用の投資と成長を示しています。Niki.aiは、AIを搭載したチャットボットで、消費者と会話を行い、チャットインターフェースの助けを借りて幅広いサービスの注文を支援します。
  • AIは消費者の行動を理解するために応用されており、より正確な予測につながると期待されています。さらに、マーケティング担当者や組織は、顧客と個人的に接触し、より深い交流を行い、ブランドとの全体的な体験を向上させることができます。
  • さらに、チャットボットはオフラインで効果的に働くことができるため、多くの消費者がチャットボットを採用しています。アメリカン・エキスプレスのレポートによると、50%以上の顧客が、優れたカスタマーサービスを提供する企業に対して、より多くの出費を望んでいるといわれています。これはAIにとって非常に大きな機会を開き、飲食品市場におけるAIの成長を促進する可能性が高いです。
  • 例えば、2022年8月、Jio Haptik Technologies Limited(Haptik)は、IRCTCのパートナーであるZoopと、鉄道旅客が列車の旅でシームレスに食品を注文・配達できるようにするため、列車での食品配達で提携しました。このWhatsAppベースのセルフサービス・フードデリバリープラットフォームにより、乗客はリアルタイムで注文の追跡、フィードバック、サポートを受けながら、フードを注文し、座席まで直接配達してもらうことができます。
  • AIは、様々なソーシャルメディアチャンネルにおける顧客の行動や感情を分析、監視、推論するのにも役立ちます。そのため、AIが詳細な顧客プロファイルを構築する際、製品に関するソーシャルエクスペリエンスと一致させることができます。このような強力な洞察の助けを借りて、企業は顧客体験を改善し、より生産的にすることを目指すことができるようになり、それによって市場の成長につながります。
AI in Food &Beverages-Market-IMG2

北米が主要シェアを占める見込み

  • 飲食品市場のAIは北米で成長しており、米国が同地域をリードしています。北米は今年大きな市場シェアを占め、この地域は飲食品市場におけるAIの最大地域の1つとなっています。
  • 北米では、AIの採用態勢と代替AIの高い分率増加が主要な経済効果の促進要因です。これは、AIとその導入に対するこの地域の主導的な姿勢と、現在から2030年の間に地域レベルで発生すると予想される高い自動化の可能性を反映しています。
  • その上、食品加工は米国の主要製造業の1つです。米国農務省によると、米国の全製造工場の出荷額の16%は食品加工工場によるものです。
  • 飲食品部門は、そのほとんどが非常に大量で利益率の低い産業です。効率を上げる新しい方法を見つけることが、施設が黒字になるか赤字になるかの分かれ目になります。そのような機能的制約のため、食品加工最大手の多くは、プロセスの様々な側面を改善するためにAI技術にシフトしています。それがこの地域の飲食品市場におけるAIの成長を支えています。
  • 例えば、2022年8月、SavorEatはSodexoと提携し、米国の大学で同社のPlant-Forward Robot Chefを商品化しました。この提携は、まず米国の高等教育機関で試験的に実施され、米国市場でロボットシェフとSavorEat製品を商品化するために、高品質の代替肉を提供する能力を向上させる。

飲食品におけるAI概要

飲食品におけるAI市場は非常に断片化されており、複数の主要企業で構成されています。市場シェアの面では、多くの参入企業が市場を独占しています。市場で突出したシェアを持つこれらの企業は、顧客基盤の拡大に注力しています。これらの企業は、市場シェアと収益性を高めるために、戦略的な共同イニシアティブを活用しています。また、市場で事業を展開する企業は、製品能力を強化するために、飲食品市場で人工知能に取り組んでいる新興企業を買収しています。主要企業には、TOMRA Sorting Solutions AS、GREEFA、Sesotec GmbH、Key Technology Inc.、Raytec Vision SpA、Rockwell Automation Inc.、ABB Ltd.、Honeywell International Inc.などがあります。

2022年7月、Wings and RingsはMiso Roboticsと提携し、レストランでフリッピー2を開始しました。フリッピー2は人工知能、機械学習、コンピュータービジョン、データ解析を活用し、業務用厨房の効率を最大化します。この提携は、人手不足の進行が外食産業全体にもたらす長期的な課題を軽減するための次の進化として、ロボット工学の導入が期待されていました。

2022年2月、コロンビアのロボットによる歩道配送の新興企業が、フードサービス・施設管理会社のSODEXOとの契約拡大を発表しました。この契約により、同社はロボットフリートを拡大し、2022年末までにSODEXOとともに米国の50の大学キャンパスに1,200台以上のロボットを納入します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響分析

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • サプライチェーン全体における効率の大幅な改善
    • ヒューマンエラーとそれに伴う不正確さの可能性の低減
    • 消費者の関心を喚起できる魅力的な製品
  • 市場抑制要因
    • 技術の大規模展開に伴う高コスト

第6章 市場セグメンテーション

  • 用途別
    • 食品選別
    • 消費者関与
    • 品質管理と安全コンプライアンス
    • 生産と包装
    • メンテナンス
    • その他の用途
  • エンドユーザー別
    • ホテル・レストラン
    • 食品加工業界
    • 飲料業界
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 世界のその他の中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Raytec Vision SpA
    • Rockwell Automation Inc.
    • ABB Ltd
    • Honeywell International Inc.
    • Key Technology Inc.
    • TOMRA Sorting Solutions AS
    • GREEFA
    • Sesotec GmbH
    • Martec of Whitell Ltd
    • Sight Machine Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 59035
AI in Food & Beverages - Market - IMG1

The AI in Food & Beverages Market size is estimated at USD 9.68 billion in 2024, and is expected to reach USD 48.99 billion by 2029, growing at a CAGR of 38.30% during the forecast period (2024-2029).

Changes in consumer demands toward preferring fast, affordable, and easily accessible food options have transformed the food and beverage industry. Market leaders leverage advanced technologies, such as artificial intelligence and machine learning, to scale operations and help companies stay relevant in a dynamic market environment.

Key Highlights

  • AI has gained prominence over the last few years, with many companies actively investing in exploring the technology potential in the industry. This emerging AI technology is helping F&B companies with supply chain management through logistics, predictive analytics, and transparency.
  • For instance, in August 2022, Rockwell Automation released cost-effective photoelectric sensors ideal for material handling, packaging, and assembly applications to address industries' small form factor needs like food and beverage and household. The 42EA RightSight S18 line of sensors offers the performance of more comprehensive solutions in a smaller, more versatile package to deliver excellent detection capabilities where size and shape matter.
  • Organizations are rapidly digitizing their supply chain to differentiate and drive revenue growth, improving efficiency across the supply chain. Supply chains are generating massive amounts of data, and AI is helping organizations to analyze this data and better understand variables in the supply chain by anticipating future scenarios.
  • AI in supply chains is helping businesses to innovate rapidly by reducing the time to market and establishing an agile supply chain capable of foreseeing and dealing with uncertainties. It is driving AI growth in the food and beverage sector.
  • AI provides many benefits to the F&B industry, but the high cost of large-scale deployment in the sector restricts the market growth. One of the challenges of the food processing industry is its feedstock, which can only be found to be uniform. It is seen that food storage is done with the help of manual labor. But with AI, this sorting process can be automated, ultimately reducing labor costs, increasing speed, and improving yields.
  • For instance, in July last year, SORTEX A GlowVision launched in London and is available in three to five chute models on a five-module frame. It features a custom-built inspection system explicitly designed for PET sorting. It will greatly interest PET processors looking to reduce contamination levels on key color and polymer defects, providing one of the most comprehensive solutions on the market.
  • Companies with the fortune of established data analytics capabilities and a team of competent developers can safely build their AI platforms. F&B players without such resources seek solutions and providers with clearly defined goals, needs, and budgets.

Artificial Intelligence (AI) in Food & Beverage Market Trends

Consumer Engagement is Expected to Register a Significant Growth

  • The investment made by the former chairman of Tata Sons in Techbin Solutions Pvt Ltd's Niki.ai depicts the investments and growth of chatbot usage. It is an AI-fueled chatbot that conducts conversations with consumers to assist them in ordering a wide range of services with the help of a chat interface.
  • AI is being applied to understand consumer behavior, which is expected to lead to more accurate predictions. It can further enable marketers and organizations to reach out to customers personally, engage in deeper interactions, and enhance their overall experience with the brand.
  • Furthermore, many consumers are adopting chatbots, as they can effectively work offline. An American Express report stated that more than 50% of customers are willing to spend more in companies that provide superior customer service. It opens up a tremendous opportunity for AI, likely to fuel AI growth in the food and beverage market.
  • For instance, in August 2022, Jio Haptik Technologies Limited (Haptik) partnered with Zoop, an IRCTC partner, for food delivery on trains to enable railway passengers to seamless food ordering and delivery on train journeys. This WhatsApp-based self-service food delivery platform allows passengers to place food orders and get their deliveries straight to their seats with real-time order tracking, feedback, and support.
  • AI can also help to analyze, monitor, and deduce customer behavior and sentiments across various social media channels. Therefore, when AI builds an in-depth customer profile, it matches their social experiences about the product. With the help of such powerful insights, firms can now aim to improve the customer experience and make it more productive, thereby leading to market growth.
AI in Food & Beverages - Market - IMG2

North America is Expected to Hold Major Share

  • AI in the food and beverage market is growing in North America, with the United States leading in the region. North America held a significant market share this year, with the region being one of the largest areas for AI in the food and beverage market.
  • In North America, the adoption readiness and high fractional increase in replacement AI are the leading economic impact drivers. It reflects the region's leading stance on AI and its implementation and the high automation potential expected to occur at the regional level between now and 2030.
  • Besides, food processing is one of the major manufacturing sectors in the US. According to the United States Department of Agriculture, 16% of the value of shipments from all US manufacturing plants comes from food processing plants.
  • The food and beverage sector is mostly a very high-volume and low-margin industry. Finding new ways to increase efficiency can make the difference between a facility turning a profit or a loss. Due to such functional constraints, many of the largest food processing companies are shifting to AI technology to improve the process's various aspects. It supports AI growth in the food and beverage market in the region.
  • For instance, in August 2022, SavorEat partnered with Sodexo to Commercialize the Company's Plant-Forward Robot Chef at Universities in the US. The partnership will involve a pilot, initially conducted at higher education institutions in the US, and improving the ability to provide quality meat alternatives to commercialize the robot chef and SavorEat products in the US market.

Artificial Intelligence (AI) in Food & Beverage Industry Overview

Artificial intelligence in the food and beverage market is highly fragmented and consists of several major players. In terms of market share, many players dominate the market. These players with prominent shares in the market are focusing on expanding their customer base. These companies leverage strategic collaborative initiatives to increase their market share and profitability. The companies operating in the market are also acquiring start-ups working on artificial intelligence in the food and beverages market to strengthen their product capabilities. Some key players include TOMRA Sorting Solutions AS, GREEFA, Sesotec GmbH, Key Technology Inc., Raytec Vision SpA, Rockwell Automation Inc., ABB Ltd., and Honeywell International Inc., among others.

In July 2022, Wings and Rings partnered with Miso Robotics to begin Flippy 2 in restaurants. Flippy 2 leverages artificial intelligence, machine learning, computer vision, and data analytics to maximize efficiency in the commercial kitchen. The partnership was expected to implement robotics as the next evolution in alleviating the long-term challenges that the ongoing labor shortage brought to the entire restaurant industry.

In February 2022, a Colombian robotic sidewalk delivery start-up announced an expanded contract with Sodexo, a food services and facilities management company. This contract will enable the company to expand its robotic fleet, delivering more than 1,200 robots across 50 US college campuses with SODEXO by the end of 2022.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Analysis on the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Drastic Improvements in Efficiency Across the Supply Chain
    • 5.1.2 Reduced Chance of Human Error and Associated Inaccuracies
    • 5.1.3 Attractive, with the Ability to Generate Consumer Interest
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 High Cost Associated with Large-scale Deployment of the Technology

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Application
    • 6.1.1 Food Sorting
    • 6.1.2 Consumer Engagement
    • 6.1.3 Quality Control and Safety Compliance
    • 6.1.4 Production and Packaging
    • 6.1.5 Maintenance
    • 6.1.6 Other Applications
  • 6.2 By End User
    • 6.2.1 Hotels and Restaurants
    • 6.2.2 Food Processing Industry
    • 6.2.3 Beverage Industry
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Raytec Vision SpA
    • 7.1.2 Rockwell Automation Inc.
    • 7.1.3 ABB Ltd
    • 7.1.4 Honeywell International Inc.
    • 7.1.5 Key Technology Inc.
    • 7.1.6 TOMRA Sorting Solutions AS
    • 7.1.7 GREEFA
    • 7.1.8 Sesotec GmbH
    • 7.1.9 Martec of Whitell Ltd
    • 7.1.10 Sight Machine Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS