デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404095

女性用避妊薬:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年の成長予測

Female Contraceptive - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 112 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
女性用避妊薬:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 112 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

女性用避妊薬市場は予測期間中にCAGR 8.5%を記録すると予想されます。

Female Contraceptive-Market-IMG1

COVID-19パンデミックは、避妊薬のサプライチェーンの混乱により、初期段階の調査市場の成長に影響を与えました。例えば、2022年3月にContraception and Reproductive Medicine誌に掲載された論文によると、パンデミックの初期段階において、長時間作用型避妊薬の使用がインプラントで76%、子宮内システムで79%、子宮内器具で76%減少したことが観察されています。また、国連人口基金が2021年3月に発表したデータによると、COVID-19の流行により、推定1,200万人の女性の家族計画サービスが中断し、140万人の計画外妊娠が発生しました。しかし、パンデミックの後期に避妊使用に関する意識が高まり、避妊へのアクセスが向上したため、市場はここ数年で徐々に拡大しています。

市場成長を後押ししている要因としては、性感染症(STD)の増加、望まない妊娠の増加、政府の取り組みの高まりなどが挙げられます。

望まない妊娠は世界的に増加しており、世界中で深刻な問題となっています。例えば、国連人口基金によると、2022年3月には、望まない妊娠が世界の全妊娠の約半数を占め、毎年1億2,100万件発生しています。同出典によれば、予定外の妊娠の60%以上が中絶に至り、中絶全体の45%が安全でない中絶と推定され、その結果、妊産婦死亡全体の5%~13%が死亡し、世界の「持続可能な開発目標」達成能力が危機に瀕しています。さらに、BMC Pregnancy and Childbirth 2021に掲載されたネバマリカ・ダヒンギア氏の論文によると、意図しない妊娠は世界中で約8,500万人の女性に影響を与えており、インドではこのうち7件に1件以上を占めています。また、同出典によれば、インドで最も人口の多いウッタル・プラデシュ州(人口約2億人)の望まない妊娠率は、国内の他の州と比較して2倍です。そのため、意図しない妊娠が増加しており、予測期間中に女性用避妊薬市場を押し上げると予想されます。

さらに、人口の間で性感染症の有病率が上昇していることも、市場の成長を高めると予想されます。例えば、WHOが2021年11月に発表したデータによると、世界では毎日100万人以上の性感染症が発症しており、そのほとんどが無症状です。また、毎年、淋病、クラミジア、トリコモナス、梅毒を含む4つの性感染症のうち1つが新たに感染し、推定3億7,400万人が感染していると報告されています。このように、性感染症の負担が大きいことから、病気にかからないようにするための避妊の需要が高まり、市場の成長が促進されると予想されます。

さらに、市場参入企業の戦略的イニシアティブも市場成長に寄与しています。例えば、2021年12月、ゲデオン・リヒター・ユナイト・キングダム・リミテッドは、英国で妊娠可能な年齢の女性のための週1回経皮避妊パッチであるEvraの製造販売承認(MAH)を取得しました。このような認可は、予測期間中、同国における避妊具の利用可能性を促進すると予想されます。

したがって、性病の負担が大きいこと、発売が増加していることなどの前述の要因から、調査対象市場は予測期間中に成長すると予想されます。しかし、避妊薬や避妊器具の使用に伴う器具や治療費、副作用の高さが、予測期間中の市場成長を抑制する可能性が高いです。

女性用避妊薬市場動向

皮下避妊インプラント市場は予測期間中に健全な成長が見込まれる

皮下避妊インプラント分野は、望まない妊娠の増加、高い臨床効果、人口間での高い採用率などの要因により、女性避妊薬市場で大きな成長が見込まれます。

製品の上市、M&A、分社化など、さまざまな事業戦略の採用に注力する企業が増えていることが、予測期間中の市場の成長を後押しするとみられます。例えば、メルクは2021年6月にオルガノンを分社化し、ウィメンズヘルス企業として独立させました。同社は、避妊・不妊治療ブランド、皮膚科、呼吸器科、骨の健康製品などのポートフォリオを擁し、ウィメンズ医療事業を展開します。また、2022年4月、ビル&メリンダ・ゲイツ財団から資金を得たProMed Pharmaは、新規の完全再吸収性避妊インプラントの前臨床評価を開始しました。

さらに2022年1月、Organonはオンタリオ州(オンタリオ州薬物給付プログラム)、ブリティッシュ・コロンビア州(BCファーマケア)、ノバスコシア州(ノバスコシア・ファーマケア)におけるNEXPLANON(エトノゲストレル徐放性皮下インプラント)の公示を報告しました。NEXPLANONは、最長3年間の妊娠予防に使用される黄体ホルモンのみのインプラントです。同様に、2021年11月、Organonは、ケベック州におけるRAMQ(Regie de l'assurance Maladie du Quebec)に基づくNEXPLANONの公示を発表しました。

したがって、上記の要因は、予測期間にわたって皮下インプラント分野の成長を増加させる可能性が高いです。

Female Contraceptive-Market-IMG2

北米が予測期間中に大きな市場シェアを占める見込み

北米は、望まない妊娠の増加、洗練された医療インフラの存在、避妊薬や避妊器具の高い普及率、政府のイニシアチブの増加などの要因により、予測期間にわたって女性用避妊薬市場で大きな市場シェアを占めると予想されます。

避妊治療や避妊器具のために市民に提供される政府の取り組みや補助金は、予測期間中の市場成長を後押しすると予想されます。例えば、BMC Health Journalに2022年9月に掲載された論文によると、カナダでは意図しない妊娠を防ぐための緊急避妊(EC)へのアクセスが政府によって補助されています。この薬剤である酢酸ウリプリスタル(UPA-EC)は、ケベック州で資金援助を受けている先行標準のレボノルゲストレル(LNG-EC)よりも臨床効果が高く、費用対効果も高いです。このような支援イニシアティブは避妊薬の需要を押し上げると予想され、市場成長のさらなる拡大が予測されます。

また、国内では複数の組織が戦略的イニシアチブの実施に取り組んでいます。例えば、2022年に発表されたビル&メリンダ・ゲイツ財団のデータによると、同財団は2021年から2030年にかけて、新しく改良された避妊技術の開発、地域コミュニティの好みを反映した家族計画プログラムの支援、女性と女児が避妊ケアをコントロールできるようにするために、年間2億8,000万米ドルを提供することを目指しています。

例えば、米国FDAは2021年4月、メーンファーマのNEXTSTELLIS(ドロスピレノン3mgとエステトロール14.2mgの錠剤)を妊娠予防薬として承認しました。

このように、政府のイニシアチブの高まりや市場参入企業による発売や承認は、女性人口における避妊薬や避妊器具の採用を後押しし、市場成長を押し上げると予想されます。

女性用避妊薬産業概要

女性用避妊薬市場は細分化され、競合が激しいです。世界各国で望まない妊娠の懸念が高まっているため、企業にとっては大きな市場シェアを獲得する絶好の機会となっています。各社は、費用対効果の高い医薬品や器具を市場に投入することに注力しており、こうした企業は現在の市場参入企業にとって強力な競争相手となる可能性があります。市場の主要参入企業としては、Bayer AG、Pfizer Inc、Merck &Co, Inc、Teva Pharmaceuticals、Agile Therapeutics、Johnson and Johnson、不二ラテックスが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 性感染症(STD)の発生率の増加
    • 意図しない妊娠率の増加
    • 政府のイニシアチブの高まり
  • 市場抑制要因
    • 器具と治療費の高騰
    • 避妊薬や避妊器具の使用に伴う副作用
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:金額)

  • 避妊薬別
    • 経口避妊薬
      • 経口避妊薬
      • その他の経口避妊薬
    • 避妊注射薬
    • 局所避妊薬
    • 精子剤
  • デバイス別
    • 女性用コンドーム
    • ダイアフラムとキャップ
    • 膣リング
    • 避妊スポンジ
    • 皮下避妊インプラント
    • 子宮内避妊器具(IUCD)
      • 銅製IUCD
      • ホルモンIUCD
    • その他のデバイス
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC諸国
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Bayer AG
    • Mayer Laboratories Inc.
    • Pfizer Inc.
    • Mylan Pharmaceuticals Inc.
    • Teva Pharmaceuticals
    • Organon
    • Agile Therapeutics
    • Lupin Pharmaceuticals Ltd
    • The Female Health Company
    • Fuji Latex Co. Ltd
    • Johnson and Johnson

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 56253
Female Contraceptive - Market - IMG1

The female contraceptive market is expected to register a CAGR of 8.5% during the forecast period.

The COVID-19 pandemic has impacted the growth of the studied market in its initial phase owing to the disruption in the supply chains of contraceptives. For instance, according to an article published in March 2022 in Contraception and Reproductive Medicine, it was observed that the use of long-acting contraceptives decreased with implants by 76%, intrauterine systems by 79%, and intrauterine devices by 76% during the initial phase of a pandemic. Also, according to United Nations Population Fund's data published in March 2021, the COVID-19 epidemic disrupted family planning services for an estimated 12 million women, resulting in 1.4 million unplanned pregnancies. However, the market has gradually increased in the last few years due to rising awareness regarding contraception use and access to the same in the later period of the pandemic.

Certain factors that are propelling the market growth are increasing incidences of sexually transmitted diseases (STDs), increasing rates of unintended pregnancies, and rising government initiatives.

The number of unwanted pregnancies is increasing globally, and it is a matter of serious concern all around the world. For instance, according to the United Nations Population Fund, in March 2022, unintended pregnancies accounted for about half of all pregnancies worldwide, with 121 million occurring each year. As per the same source, over 60% of unplanned pregnancies end in abortion, with an estimated 45% of all abortions being unsafe, resulting in 5%-13% of all maternal fatalities, putting the world's capacity to meet the "Sustainable Development Goals" at risk. Additionally, according to the article published in the BMC Pregnancy and Childbirth 2021 by Nebamallika Dahingia, unintended pregnancies affect approximately 85 million women worldwide, with India accounting for more than 1 in every 7 of these cases. In addition, as per the same source, Uttar Pradesh, India's most populous state (population of approximately 200 million), has twice the unwanted fertility rate as compared to the rest of the country. Thus, the rising number of unintended pregnancies is expected to boost the female contraceptive market over the forecast period.

In addition, the rising prevalence of sexually transmitted diseases among the population is expected to increase market growth. For instance, as per the data published by the WHO in November 2021, more than 1.0 million sexually transmitted infections are acquired every day globally and most of them are asymptomatic. It also reported that every year there are an estimated 374.0 million new infections with 1 out of 4 sexually transmitted infections including gonorrhea, chlamydia, trichomoniasis, and syphilis. Thus, the high burden of sexually transmitted diseases is expected to increase the demand for contraception to avoid getting diseases, thereby propelling the market growth.

Furthermore, the strategic initiatives by market players also contribute to market growth. For instance, in December 2021, Gedeon Richter Unite Kingdom Ltd became a marketing authorization holder (MAH) for Evra, a once-weekly transdermal contraceptive patch for women of fertile age in the United Kingdom. Such authorizations are expected to propel the availability of contraceptive devices in the country during the forecast period.

Therefore, owing to the aforesaid factors such as the high burden of STDs and rising launches, the studied market is expected to grow during the forecast period. However, the high cost of devices and treatment and side effects associated with the use of contraceptive drugs and devices are likely to restrain the market growth over the forecast period.

Female Contraceptive Market Trends

Sub-dermal Contraceptive Implants Segment is Expected to Register a Healthy Growth Over the Forecast Period

The sub-dermal contraceptive implants segment is expected to witness significant growth in the female contraceptive market owing to the factors such as rising unwanted pregnancies, high clinical effectiveness, and high adoption rate among the population.

The increasing company focus on adopting various business strategies such as product launches, mergers and acquisitions, and company spin-offs are likely to boost the growth of the market over the forecast period. For instance, in June 2021, Merck spun off Organon to make it an independent Women's Health company. The company will operate in women's healthcare with a portfolio of contraceptive and fertility brands, dermatology, respiratory, and bone health products. Also, in April 2022, ProMed Pharma initiated a preclinical evaluation of a novel, fully resorbable contraceptive implant after getting funds from the Bill & Melinda Gates Foundation.

In addition, in January 2022, Organon reported the public listings for NEXPLANON (etonogestrel extended-release subdermal implant) in Ontario (Ontario Drug Benefit Program), British Columbia (BC PharmaCare), and Nova Scotia (Nova Scotia PharmaCare). Nexplanon is a progestin-only hormonal implant used to prevent pregnancy for up to three years. Similarly, in November 2021, Organon announced the public listings for NEXPLANON (etonogestrel extended-release subdermal implant) in Quebec under the Regie de l'assurance Maladie du Quebec (RAMQ).

Thus, the above mentioned factors are likely to increase the sub-dermal implant segment growth over the forecast period.

Female Contraceptive - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Significant Market Share Over The Forecast Period

North America is expected to hold a significant market share in the female contraceptive market over the forecast period owing to the factors such as the rising cases of unwanted pregnancies, the presence of sophisticated healthcare infrastructure, the high adoption rate of contraceptive drugs and devices, and the rising number of government initiatives.

The government initiatives and subsidies provided to the citizens for contraceptive treatment and devices are expected to boost the market growth during the forecast period. For instance, according to an article published in September 2022 in BMC Health Journal, access to emergency contraception (EC) to prevent unintended pregnancy is subsidized by the government in Canada. The drug, ulipristal acetate (UPA-EC), is more clinically effective and cost-effective than the prior standard levonorgestrel (LNG-EC) funded in Quebec. Such support initiatives are expected to boost the demand for contraceptives, which is further projected to expand market growth.

Several organizations are also engaged in the implementation of strategic initiatives in the country. For instance, as per the Bill & Melinda Gates Foundation data published in 2022, the foundation is aiming to offer USD 280 million per year from 2021 to 2030 for developing new and improved contraceptive technologies, support family planning programs that reflect the preferences of local communities, and enable women and girls to be in control of their contraceptive care.

Also, the rising launches of contraceptives are further expected to boost the market growth, For instance, in April 2021, the United States FDA approved Mayne Pharma's NEXTSTELLIS (3 mg drospirenone and 14.2 mg estetrol tablets) for the prevention of pregnancy.

Thus, the rising government initiatives and launches and approvals by market players are anticipated to boost the adoption of contraceptive drugs and devices among the female population, thereby boosting the market growth.

Female Contraceptive Industry Overview

The female contraceptive market is fragmented and competitive. As the concern of unwanted pregnancy is rising in various countries across the globe, there is a great opportunity for companies to grab a significant market share. The companies are focusing on entering the market with cost-effective drugs or devices and these companies may pose a strong competition to the current market players. Some of the major players in the market are Bayer AG, Pfizer Inc, Merck & Co, Inc., Teva Pharmaceuticals, Agile Therapeutics, Johnson and Johnson, and Fuji Latex Co. Ltd.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Incidence of the Sexually Transmitted Diseases (STDs)
    • 4.2.2 Increasing Rate of Unintended Pregnancies
    • 4.2.3 Rise in Government Initiatives
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Devices and Treatment
    • 4.3.2 Side Effects Associated with the Use of Contraceptive Drugs and Devices
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value in USD Million)

  • 5.1 By Contraceptive Drugs
    • 5.1.1 Oral Contraceptives
      • 5.1.1.1 Combined Oral Contraceptive Pill
      • 5.1.1.2 Other Oral Contraceptive Drugs
    • 5.1.2 Contraceptive Injections
    • 5.1.3 Topical Contraceptives
    • 5.1.4 Spermicides
  • 5.2 By Device
    • 5.2.1 Female Condoms
    • 5.2.2 Diaphragms and Caps
    • 5.2.3 Vaginal Rings
    • 5.2.4 Contraceptive Sponges
    • 5.2.5 Sub-dermal Contraceptive Implants
    • 5.2.6 Intra Uterine Contraceptive Devices (IUCDs)
      • 5.2.6.1 Copper IUCDs
      • 5.2.6.2 Hormonal IUCDs
    • 5.2.7 Other Devices
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Bayer AG
    • 6.1.2 Mayer Laboratories Inc.
    • 6.1.3 Pfizer Inc.
    • 6.1.4 Mylan Pharmaceuticals Inc.
    • 6.1.5 Teva Pharmaceuticals
    • 6.1.6 Organon
    • 6.1.7 Agile Therapeutics
    • 6.1.8 Lupin Pharmaceuticals Ltd
    • 6.1.9 The Female Health Company
    • 6.1.10 Fuji Latex Co. Ltd
    • 6.1.11 Johnson and Johnson

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS