市場調査レポート
商品コード
1403936

リサイクルPET:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Recyclate PET - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
リサイクルPET:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のリサイクルPET(rPET)市場規模は、2024年には4,490.83キロトンに達すると推計され、2029年には6,344.41キロトンに成長すると予測され、予測期間(2024-2029年)のCAGRは7.16%です。

Recyclate PET-Market-IMG1

主なハイライト

  • 中期的には、消費者や包装製品の間で持続可能性が重視されるようになり、繊維産業からの需要が増加していることなどが市場成長を牽引しています。
  • その反面、業界の利益率の低下が市場成長の妨げになると予想されます。
  • とはいえ、プラスチックの自動処理と選別のためのリサイクル技術の革新と新しい材料源の発見は、予測期間中に調査された市場に機会を提供すると思われます。
  • アジア太平洋は、中国、インド、日本などの国々からの需要が大幅に伸びたため、世界市場を独占しています。

リサイクルPETの市場動向

産業用ヤーンセグメントが市場需要を支配する

  • リサイクルPET産業用糸は、リサイクルPETボトルから製造される環境に優しい合成素材です。PETボトルを回収・選別した後、フレーク状にして溶かし、糸に紡ぐことができます。PETボトルから紡績されたポリエステル、ライクラ、ナイロン繊維は、衣料品や靴を作ることができます。
  • 政府のさまざまな取り組み、廃棄物ゼロや循環型社会の目標達成に向けた産業投資、環境要因、そして世界のポリエステル糸需要の高まりが、市場の需要を牽引しています。
  • これに関して、欧州連合(EU)は繊維産業に対していくつかの目標を設定しています。報告書によると、2030年までに、すべての繊維製品は耐久性があり、修理可能で、リサイクル可能で、主にリサイクル繊維から作られ、有害物質を含まないものでなければならないです。
  • さらに、H&MやInditexのような小売ファッションブランドは、既製服(RMG)セクターにおいて、2025~2030年までにリサイクル繊維を100%使用するという目標を掲げています。ドイツでは、ドイツ連邦統計局によると、2022年の繊維産業の収益は約140億米ドルで、2021年の約129億米ドルから増加しました。同様に、衣料品産業の収益はほぼ75億米ドルで、前年の62億3,000万米ドルから増加しました。
  • さらに2022年8月、リライアンス・インダストリーズ社は、ボトルのリサイクル能力を年間50億本に倍増することで、PETリサイクルにおけるリーダー的地位を維持する計画を発表しました。同社はファッション事業部門の糸・繊維生産の増強に投資しています。近い将来、リサイクルPET市場の成長を高めることが期待されます。
  • 従って、これらの動向は予測期間中、業界の再生PET需要に影響を与えると思われます。
Recyclate PET-Market-IMG2

市場を独占するアジア太平洋地域

  • アジア太平洋地域では、中国がGDPで最大の経済大国です。同国は、米国との貿易戦争による貿易障害の後でも、2022年にGDPが約3%成長しました。
  • 中国の実質GDPは2020年に2.2%、2021年には8.4%成長したが、これは主にパンデミック後の個人消費の回復によるものです。さらに、IMFの予測によれば、2023年のGDP成長率は5.2%で、2024年には4.5%に低下すると予想されています。
  • 中国は、包装、繊維、自動車産業が成長しているため、この地域で最大の再生PET(rPET)消費国です。これらの産業における生産が、予測期間中の同国におけるポリエチレンテレフタレート樹脂の需要を牽引すると予想されます。
  • 同国のrPETメーカーには、Veolia HuafeiやMarsなどがあります。Veolia Huafeiは国内最大級の再生PETメーカーです。2021年、同社はrPETボトルフレークの生産能力を3万トンから10万トンに拡大しました。ベトナムやマレーシアなど近隣諸国では、中国の投資家による再生PETパレットのグリーンフィールド投資が増加しています。
  • 2023年2月、世界の菓子類メーカーであるマース・リグリーの中国支社は、消費者使用後の再生PET(rPET)のみを使用した初のパッケージを発売しました。同社は、この再生PETパッケージを地元のチョコレート・ブランド、Cui Xiang Mi(CXM)に採用しました。
  • さらに、インドは世界的に見ても新興国のひとつであり、人口、生活水準、一人当たりの所得の増加により、ほぼすべてのエンドユーザー産業が成長しています。
  • 同国には、rPETの生産に携わってきた企業が数多くあります。例えば、インドのPETリサイクルのパイオニアであるGanesha Ecosphere Ltdの子会社であるGanesha Ecopet Private Limitedは、Go Rewiseというブランド名でWarangalに新しい施設を開設し、フィラメント糸や繊維、食品用パッケージング用のrPETを生産しています。同社は、テランガナ州ワランガルの施設にスターリンガー社のPETリサイクルラインを2基設置しました。
  • また、プラスチックの分解性のなさによる環境への有害な影響に関する懸念の高まりと規制の強化は、今後数年間、アジア太平洋のリサイクルPET市場に莫大な機会を提供すると予想されます。

リサイクルPET産業の概要

リサイクルPET市場は細分化されています。この市場で目立っているプレーヤーには、Phoenix Technologies、Placon(EcoStar)、PolyQuest、Lotte Chemical Corporation、Avery Dennison Corporationなどがある(順不同)。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 消費財・パッケージ製品における持続可能性の重視の高まり
    • 繊維産業からの需要の増加
  • 抑制要因
    • プラスチック回収と分別に必要な枠組みの不在
      • 環境への懸念と健康被害
  • 業界バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • PET短繊維
    • PETストラップ
    • PETシートまたはフィルム
  • 用途別
    • 包装
    • 工業用糸
    • モノフィラメント
    • ストラップ
    • 建築資材
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Alpla Group
    • Avery Dennison Corporation
    • Ds Smith
    • Far Eastern New Century Corporation
    • Indorama Ventures Public Company Limited
    • Jiangsu Zhongyuan Industrial Group Co. Ltd
    • Kaptan Group Holdings AS
    • Krones AG
    • Libolon
    • Lotte Chemical Corporation
    • Placon
    • Phoenix Technologies
    • Polyquest Inc.
    • Reliance Industries Ltd
    • Repro-PET
    • Veolia
    • Verdeco Recycling Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

  • プラスチックの自動処理・選別に向けたリサイクル技術の革新
  • サーキュラーエコノミーへの取り組みの増加
目次
Product Code: 53440
Recyclate PET - Market - IMG1

The global recyclate PET (rPET) market size is estimated to reach a volume of 4,490.83 kilotons in 2024, and it is anticipated to grow to 6,344.41 Kilotons by 2029, witnessing a CAGR of 7.16% during the forecast period (2024-2029).

Key Highlights

  • Over the medium term, factors such as the growing emphasis on sustainability among consumers and packaging products and the increasing demand from the textile industry are driving the market growth.
  • On the flip side, lower profit margins in the industry are expected to hamper the market's growth.
  • Nevertheless, the innovations in recycling technologies for automatic processing and sorting of plastics and the discovery of new material sources are likely to provide opportunities for the market studied during the forecast period.
  • Asia-Pacific dominated the global market due to the significant growth in demand coming from countries such as China, India, and Japan.

Recyclate PET Market Trends

The Industrial Yarn Segment to Dominate the Market Demand

  • Recycled PET industrial yarn is an environmentally friendly synthetic material manufactured from recycled PET bottles. After collecting and sorting PET plastic bottles, they can be turned into flakes, melted down, and spun into yarn. Polyester, lycra, and nylon fibers spun from PET plastic can create clothing and shoes.
  • Various government initiatives, industrial investments to reach zero waste and circularity targets, environmental factors, and the rising demand for polyester yarns worldwide are driving the market demand.
  • In this regard, the European Union has set several goals for the textile industry. As per reports, by 2030, all textile products must be durable, repairable, and recyclable, primarily made from recycled fibers and free from hazardous substances, indicating an increase in the recyclate PET market in the forecast period.
  • Additionally, retailer fashion brands like H&M and Inditex have set targets to use 100% recycled fibers by 2025-2030 in the ready-made garments (RMG) sector. In Germany, as per the Federal Statistical Office of Germany, the textile industry's revenue in 2022 was nearly USD 14 billion, an increase from roughly USD 12.9 billion in 2021. Similarly, the revenue from the clothing industry was nearly USD 7.5 billion, an increase from USD 6.23 billion in the previous year.
  • Furthermore, in August 2022, Reliance Industries Ltd. announced its plan to maintain its leadership position in PET recycling by doubling its bottle recycling capacity to 5 billion bottles per year. The company invests in boosting its yarn and fiber production for its fashion business segment. It is expected to enhance growth in the recyclate PET market in the near future.
  • Therefore, these trends are likely to influence the industry's demand for recycled PET during the forecast period.
Recyclate PET - Market - IMG2

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • In the Asia-Pacific region, China is the largest economy in terms of GDP. The country witnessed about 3% growth in its GDP in 2022, even after the trade disturbance caused due to its trade war with the United States.
  • China's real GDP grew by 2.2% in 2020 and by 8.4% in 2021, largely driven by the consumer spending rebound post-pandemic. Furthermore, in 2023, as per IMF forecasts, the country's GDP grew by 5.2% and is expected to decline to 4.5% in 2024.
  • China is the largest consumer of recyclate PET (rPET) in the region, owing to its growing packaging, textile, and automotive industries. The production in these industries is expected to drive the demand for polyethylene terephthalate resin in the country during the forecast period.
  • Some of the manufacturers of rPET in the country include Veolia Huafei and Mars. Veolia Huafei is one of the largest manufacturers of recycled PET in the country. In 2021, the company scaled up its rPET bottle flakes capacity from 30,000 metric tons to 100,000 metric tons. There is an increase in greenfield investment for recycled PET pallets by Chinese investors in neighboring countries, such as Vietnam and Malaysia.
  • In February 2023, the Chinese branch of the global confectionery company Mars Wrigley launched its first package made entirely from post-consumer recycled PET (rPET). The company adopted this recycled PET packaging for its local chocolate brand, Cui Xiang Mi (CXM).
  • Furthermore, India is one of the emerging economies globally, and almost all the end-user industries have been growing, owing to the rising population, living standards, and per capita income.
  • There are many companies that have been involved in the production of rPET in the country. For instance, Ganesha Ecopet Private Limited, a subsidiary of Indian PET recycling pioneer Ganesha Ecosphere Ltd, opened its new Warangal facility under the brand name Go Rewise, where it produces rPET for filament yarns and fibers, as well as for food-grade packaging. The company has installed two Starlinger PET recycling lines in its facility in Warangal, Telangana.
  • Besides, the increased concerns related to harmful environmental impact due to the no-degradability of plastic and the growing regulations are expected to provide enormous opportunities for the recyclate PET market in Asia-Pacific in the coming years.

Recyclate PET Industry Overview

The recyclate PET market is fragmented in nature. Some of the noticeable players in the market include (in no particular order) Phoenix Technologies, Placon (EcoStar), PolyQuest, Lotte Chemical Corporation, and Avery Dennison Corporation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Emphasis on Sustainability among the Consumer and Packaging Products
    • 4.1.2 Increasing Demand from the Textile Industry
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Absence of the Required Framework for Plastic Collection and Segregation
      • 4.2.1.1 Environmental Concerns and Health Hazards
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 PET Staple Fiber
    • 5.1.2 PET Straps
    • 5.1.3 PET Sheets or Films
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Packaging
    • 5.2.2 Industrial Yarn
    • 5.2.3 Mono Filaments
    • 5.2.4 Strapping
    • 5.2.5 Building Materials
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Alpla Group
    • 6.4.2 Avery Dennison Corporation
    • 6.4.3 Ds Smith
    • 6.4.4 Far Eastern New Century Corporation
    • 6.4.5 Indorama Ventures Public Company Limited
    • 6.4.6 Jiangsu Zhongyuan Industrial Group Co. Ltd
    • 6.4.7 Kaptan Group Holdings AS
    • 6.4.8 Krones AG
    • 6.4.9 Libolon
    • 6.4.10 Lotte Chemical Corporation
    • 6.4.11 Placon
    • 6.4.12 Phoenix Technologies
    • 6.4.13 Polyquest Inc.
    • 6.4.14 Reliance Industries Ltd
    • 6.4.15 Repro-PET
    • 6.4.16 Veolia
    • 6.4.17 Verdeco Recycling Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Innovations in Recycling Technologies for Automatic Processing and Sorting of Plastics
  • 7.2 Increasing Circular Economy Initiatives