デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403868

自動車向けサイバーセキュリティ:市場シェア分析、業界動向・統計、2024~2029年成長予測

Cybersecurity For Cars - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
自動車向けサイバーセキュリティ:市場シェア分析、業界動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車向けサイバーセキュリティ市場規模は2024年に30億6,000万米ドルと推定され、2029年には66億米ドルに達し、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは16.66%で成長すると予測されます。

Cybersecurity For Cars-Market-IMG1

コネクテッドカーの登場と、乗用車における関連ソリューションへの需要の高まりにより、コネクテッドカーに対する攻撃がますます増えているため、サイバーセキュリティの必要性が高まっています。自動車業界向けのサイバーセキュリティ・ソリューション・プロバイダーであるUpstream Autoによると、自動車業界はサイバー攻撃により今後5年間で240億米ドルの損失に直面する可能性があります。

主なハイライト

  • 自動車向けサイバーセキュリティには、不正アクセスや悪意のある活動の兆候がないか、車両データを継続的に分析・監視する複雑なシステムが含まれます。これらの高度なシステムは、侵入検知・防止システム(IDPS)、異常検知アルゴリズム、安全な通信プロトコル、無線アップデートなどの技術を採用しています。機械学習アルゴリズムの出現により、車両から生成される膨大なデータのパターンを分析することで、未知の攻撃やゼロデイ攻撃をリアルタイムで検出する新たな可能性が広がっています。
  • コネクテッド・ビークルの機能の動的な性質は、サイバーセキュリティの需要に大きく影響しています。コネクテッドカー向けの新しいコネクテッド・エンティティーや後発のサービスが登場するたびに、車両のセキュリティが侵害される可能性のある新たな攻撃ベクトルも生まれています。
  • 世界の主要な自動車メーカーは、故障やサイバー攻撃などのセキュリティリスクに対して、ブロックチェーン、5G、人工知能などの最先端のサイバーセキュリティ技術を選択しています。しかし、技術の発展に伴い、自動車向けサイバーセキュリティは、車両盗難防止システムと量子物理学の応用から生まれた量子暗号(QC)、プライベートおよびパブリックブロックチェーンでセキュリティの向上を提供する暗号ハッシュ関数(CHF)などの新しい動向も目の当たりにしています。
  • 大きな課題のひとつは、現代の自動車の複雑さです。今日の自動車にはさまざまな電子制御ユニット(ECU)があり、それぞれが安全機能、エンジン制御、インフォテインメント・システムなど複数の機能を担っています。これらのECUは、さまざまなネットワークを通じて相互に通信したり、外部デバイスと通信したりするため、潜在的な攻撃からすべてのエントリーポイントを保護することは困難です。
  • COVID-19の発生により、自動車業界はエンドユーザーに悪影響を与えた業界のひとつとなった。これは、自動車向けサイバーセキュリティ市場の需要にも悪影響を及ぼしました。最初の供給と製造の中断の後、自動車業界は、避難所規制のために回復時期が不透明な需要ショックを経験しています。固定費削減の余地が限られているため、一部のOEMは、長期にわたる収益不足を乗り切るためにさらなる流動性を必要とし、これが市場に影響を与えました。ドイツの自動車研究センターによると、西欧の自動車市場が再び2019年の規模に達するには約10年を要します。

自動車向けサイバーセキュリティ市場の動向

自動車への搭載技術の増加に伴うセキュリティ脅威の高まりが市場を牽引する見通し

  • 自動車業界は、複数の接続ソースからもたらされるビッグデータなど、デジタル化による大きな課題に直面しています。ビッグデータは増大の一途をたどっており、コネクテッド・カーをサイバー脅威から分析・保護することはますます困難になっています。データの乱雑さを切り抜け、潜在的な攻撃を特定する唯一の方法は、データの行動分析に人工知能と機械学習技術を活用することです。
  • コネクテッド・カー業界に対するサイバー攻撃の急激な増加は著しいです。2010年から2018年にかけて、自動車分野のサイバー攻撃は6倍に増加し、2018年にはブラックハット攻撃がホワイトハットの数を上回った。Upstreamの2022 Global Automotive Cybersecurity Reportには、900件以上の自動車サイバーセキュリティイベントの詳細な調査が含まれており、2021年の240件以上の攻撃の高度化、自動車攻撃の84.5%が遠隔操作で行われ、インシデントの40.1%がバックエンドサーバーへの攻撃に集中しているという驚異的な結果も含まれています。
  • 2022年、中国は自動車データ管理に関する試行規則を発表し、個人と組織の合法的な権利と利益を保護し、国家安全保障と公益を守り、自動車から収集したデータの合理的な発展と利用を促進するため、自動車データ処理を標準化します。
  • さらに、この調査によると、中国のICVは1日あたり少なくとも10TBのデータを収集しており、そのデータには運転手や同乗者の表情、動作、視覚、音声に関する情報だけでなく、車両の地理的位置、車内、車外環境も含まれています。
  • コネクテッドカーのセンサーが急速に増加するにつれ、ハッカーは車両のシステムから個人を特定できる情報(PII)を盗む可能性があります。メーカーが自動車と通信するためのモバイル・アプリをリリースすればするほど、自動車は悪意のある要因の標的になります。
  • コンパクトな5ドアハッチバックのバッテリー電気自動車(BEV)である日産リーフの場合、セキュリティ・テスターが、ステアリング・ヒーター、シート、ファン、エアコンを遠隔操作するための不正アクセスを実証しました。また、アンドロイドやiOSのモバイルOSにおけるセキュリティ脆弱性の増加も懸念されています。こうしたケースでは、自動車用の強固なサイバーセキュリティ・システムが必要となります。
Cybersecurity For Cars-Market-IMG2

北米が大きな市場シェアを占める見通し

  • 米国運輸安全局(NHTSA)は、コネクテッドカーのセキュリティと安全性に関する基準を監督する地域の規制機関のひとつであり、5G FASTプランを発表しました。この計画には、インフラ政策の更新、マーケットプレースへの周波数帯の普及、時代遅れの規制の近代化、Vehicle-to-Everything(V2X)環境のデータ交換、高速通信によるVehicle-to-Vehicle(V2V)のサポートという3つの重要な要素が盛り込まれています。このようなデータ交換により、自律走行車は車載センサーの物理的範囲を超えたデータを受け入れることができます。
  • 北米は主要な自動車市場の1つであり、コネクテッドカーに対する大きな需要を保持しています。同地域は2019年以降、世界市場と同様に需要の低迷が観察されているが、需要は今後数年間で回復すると予想されています。例えば、BEAによると、2021年の米国の軽自動車小売販売台数は1,490万台でした。
  • さらに、今後3年間で、米国で販売される自動車の85%以上がインターネット経由で確保されると予測されています。ゼネラル・モーターズのオンスター・プラットフォームは、米国で最も広く使われているソフトウェア・プラットフォームとセキュリティ・システムのひとつです。同国の普及率と普及率の高まりは、サイバーセキュリティの需要を増大させています。
  • さらに、日本ブランドの米国自動車販売台数は8.6%増で、市場シェアは38.5%に拡大し、2010年以来の高水準となった。欧州ブランドは10.5%増で、市場シェアは0.7ポイント増の10.6%となり、年間最高を更新し、初めて2桁に達しました。韓国ブランドは1.5ポイント増の9.9%と、他を圧倒しています。
  • この地域の自動車産業におけるエレクトロニクス需要は急速に拡大しています。自動車におけるエレクトロニクスの使用が増えたことで、ハッカーに対する脆弱性が高まった。サイバー攻撃は、テレマティクス、インフォテインメント、パワートレインエレクトロニクス、ボディエレクトロニクス、通信エレクトロニクス、ADASシステムに使用される電子部品に対して一般的です。その結果、この地域の利害関係者は、堅牢な自動車電子プラットフォームを提供するためにサイバーセキュリティ・ソリューションへの投資を開始しています。

自動車向けサイバーセキュリティ産業の概要

自動車向けサイバーセキュリティ市場は、国内外に多数の大小プレーヤーが存在するため、競争が激しいです。市場は適度に集中しているようで、主要企業は自動車が直面する最新の脅威を克服するために製品やサービスの革新などの戦略を継続的に採用しています。同市場の主要企業には、シスコシステムズ社、インフィニオンテクノロジーズ社、NXPセミコンダクターズNV社、ハーマンインターナショナルインダストリーズ社などがあります。

2022年1月、モビリティ業界にサービスを提供するテクノロジー企業であるVisteonは、CESツォー2022において、モビリティ分野向けに拡大するコネクテッドカー技術の最新ソリューションの一つとして、AllGo App Storeを発表しました。AllGo App Storeは、革新的なコネクテッド・コックピットでアプリベースのコンテンツに安全かつ便利にアクセスしたいという世界の需要の拡大に対応するために開発されました。

2022年4月、シスコとゼネラルモーターズは、性能試験用の車両開発データの開発プロセスを近代化・自動化し、市販準備が整った自動車の市場投入までの時間を短縮するために協力しています。GMミルフォード試験場でのリアルタイム量産前性能テストにシスコのワイヤレス・ネットワーク・アーキテクチャを使用することで、複数のGMテスト・エンジニアがテスト実行中に数百のデータ・チャンネルを同時にアクティブに監視し、車両の動作パラメータを観察し、結果を最適化するために実行中のテストを修正することが可能になります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • 産業バリューチェーン分析

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因

第6章 市場セグメンテーション

  • ソリューションタイプ別
    • ソフトウェアベース
    • ハードウェアベース
    • プロフェッショナルサービス
    • インテグレーション
    • その他のソリューション
  • セキュリティタイプ別
    • ネットワークセキュリティ
    • アプリケーションセキュリティ
    • クラウドセキュリティ
    • その他のセキュリティ
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco Systems Inc
    • Infineon Technologies AG
    • NXP Semiconductors NV
    • Harman International Industries Inc.(Samsung)
    • Arilou Technologies Ltd.
    • Visteon Corporation
    • Continental AG
    • Escrypt GmbH
    • Argus Cybersecurity Ltd.
    • Secunet AG
    • Delphi Automotive PLC
    • Denso Corporation
    • Honeywell International Inc.
    • Karamba Security Ltd.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 52297
Cybersecurity For Cars - Market - IMG1

The Cybersecurity For Cars Market size is estimated at USD 3.06 billion in 2024, and is expected to reach USD 6.60 billion by 2029, growing at a CAGR of 16.66% during the forecast period (2024-2029).

The advent of connected cars and increasing demand for a relevant solution in passenger vecles is driving the need for cybersecurity, as more and more attacks are being carried out on connected cars. According to Upstream Auto, a cybersecurity solutions provider for the automotive industry, the auto industry might face a loss of USD 24 billion over the next five years due to cyberattacks.

Key Highlights

  • Automotive cybersecurity involves complex systems that continuously analyze and monitor vehicle data for any signs of unauthorized access or malicious activity. These advanced systems employ technologies like intrusion detection and prevention systems (IDPS), anomaly detection algorithms, secure communication protocols, and over-the-air updates. The emergence of machine learning algorithms has extended new possibilities for detecting unknown or zero-day attacks in real time by analyzing patterns in vast amounts of data generated by vehicles.
  • The dynamic nature of the connected vehicle features is significantly influencing the demand for cybersecurity. With every new connected entity or late service for connected cars, a new attack vector is also created from which the vehicle's security can be compromised.
  • Major automotive players worldwide have opted for state-of-the-art cyber-security technologies such as blockchain, 5G, and artificial intelligence for security risks like malfunctions or cyber-attacks. However, with the technology growing, automotive cyber-security is also witnessing newer trends like Quantum Cryptography (QC) - borne out of the application of Vehicle Anti-theft Systems and quantum physics, Cryptographic Hash Functions (CHF) - providing improved security in private and public blockchains.
  • One major challenge is the complexity of modern vehicles. Today's cars have various electronic control units (ECUs), each responsible for multiple functions such as safety features, engine control, and infotainment systems. These ECUs communicate with each other and external devices through different networks, making securing every entry point from potential attacks challenging.
  • With the outbreak of COVID-19, the automotive industry was one industry that negatively affected end-users. This also negatively impacted the demand for the cybersecurity market for cars. After initial supply and manufacturing disruptions, the automotive industry is experiencing a demand shock with an uncertain recovery timeline due to shelter-in-place regulations. With limited room to cut fixed costs, some OEMs needed more liquidity to power through a long period of missing revenues, which affected the market. According to Germany's Center for Automotive Research, the Western European automobile market will need about ten years to reach the size of 2019 again.

Cybersecurity For Cars Market Trends

Rising Security Threats as More Technologies Get Integrated Into Cars is Expected to Drive the Market

  • The automotive industry faces a significant challenge due to digitalization, such as big data coming from multiple connected sources. It is only getting bigger, making it increasingly difficult to analyze and protect the connected car against cyber threats. The only way to cut through the data clutter and identify potential attacks is by leveraging artificial intelligence and machine learning technologies for behavioral analysis of the data.
  • The rapid growth in cyberattacks on the connected automotive industry is increasing significantly. From 2010 to 2018, the cyberattacks in the automotive sector increased by six times, and black hat attacks exceeded the number of white hats in 2018. Upstream's 2022 Global Automotive Cybersecurity Report includes a detailed examination of over 900 automotive cybersecurity events, including the Advanced sophistication of 2021's 240+ attacks; 84.5% of automotive attacks were carried out remotely, and a staggering 40.1% of incidents focused on back-end servers attacks.
  • In 2022, China published a trial regulation on vehicle data management to standardize vehicle data processing to protect the lawful rights and interests of individuals and organizations, protect national security and public interest, and promote rational development and utilization of data collected from automobiles.
  • Additionally, According to the survey, China ICVs collect at least 10 TB of data per day, with the data including not only information about the driver and passengers' facial expressions, movements, sight, and voices but also the vehicle's geographic position, interior, and exterior environment, and use of the Internet of Vehicles (IoV) to strengthen vehicle data security management to prevent and fix these security issues and potential threats.
  • As sensors increase rapidly in connected vehicles, hackers can potentially steal personally identifiable information (PII) from the vehicle's systems, such as personal trip and location data, entertainment preferences, and even financial information. The more manufacturers release mobile apps for communicating with cars, the more they become targets for adverse factors.
  • In the case of the Nissan Leaf, a compact five-door hatchback battery electric vehicle (BEV), security testers demonstrated how they could gain unauthorized access to control the heated steering wheel, seats, fans, and aircon remotely. The increasing security vulnerabilities in the Android and iOS mobile operating systems are also becoming a concern. These instances would require a need for robust cybersecurity systems for cars.
Cybersecurity For Cars - Market - IMG2

North America is Expected to Hold Significant Market Share

  • The National Highway Transportation Safety Administration (NHTSA) is one of the regulatory bodies in the region overseeing the standards in security and safety of connected cars and released the 5G FAST Plan. This plan incorporates three key components: updating infrastructure policy, pushing more spectrum into the marketplace, modernizing outdated regulations, Vehicle-to-Everything (V2X) environment data exchange, and High-speed communications support Vehicle-to-Vehicle (V2V). Such data exchange allows autonomous vehicles to accept data beyond their onboard sensors' physical range.
  • North America is one of the major automotive markets and holds a significant demand for connected cars; the region has observed a slump in demand similar to the global market since 2019; however, the demand is expected to pick up over the coming years. For instance, according to BEA, in 2021, the US's light-vehicle retail sales stood at 14.9 million units.
  • Moreover, over the next three years, it is predicted that over 85% of the cars sold in the US are anticipated to be secured over the Internet. General Motors' OnStar platform was one of the country's most widely used software platforms and security systems. The country's growing adoption and penetration rates augment the demand for cybersecurity.
  • Furthermore, US car sales of Japanese brands are up 8.6%, increasing their market share to 38.5%, the highest since 2010. European brands are up 10.5%, increasing their market share by 0.7 percentage points to 10.6%, a new yearly high and the first time they have reached double digits. South Korean brands surpass all others, increasing their market share by 1.5 percentage points to 9.9%.
  • The demand for electronics in the automobile industry in this region has expanded rapidly. The increased usage of electronics in vehicles has rendered them more vulnerable to hackers. Cyberattacks are common on electronic components used in telematics, infotainment, powertrain electronics, body electronics, communication electronics, and ADAS systems. As a result, stakeholders across this region have begun investing in cybersecurity solutions to provide robust electronic automobile platforms.

Cybersecurity For Cars Industry Overview

The cybersecurity market for cars is highly competitive due to the presence of many small and large players operating in domestic and international markets. The market appears to be moderately concentrated, with the key players adopting strategies like product and service innovation to overcome the latest threats faced by automobiles continually. Some of the significant players in the market are Cisco Systems, Inc., Infineon Technologies, NXP Semiconductors NV, and Harman International Industries Inc., among others.

In January 2022, Visteon, a technology company servicing the mobility industry, announced the AllGo App Store as one of the latest solutions in its growing range of connected car technologies for the mobility sector at CES® 2022. The AllGo App Store was created to fulfill the expanding global demand for secure and convenient access to app-based content in an innovative, connected cockpit.

In April 2022, Cisco and General Motors are collaborating to modernize and automate the development process for vehicle development data for performance testing, reducing time-to-market for commercially ready automobiles. Using Cisco's wireless network architecture for real-time, pre-production performance testing at GM Milford Proving Ground enables multiple GM test engineers to actively monitor several hundred data channels concurrently during a test run, observe vehicle operation parameters, and modify the test being run to optimize results.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
  • 5.2 Market Restraints

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type of Solution
    • 6.1.1 Software-Based
    • 6.1.2 Hardware-Based
    • 6.1.3 Professional Service
    • 6.1.4 Integration
    • 6.1.5 Other Types of Solution
  • 6.2 By Type of Security
    • 6.2.1 Network Security
    • 6.2.2 Application Security
    • 6.2.3 Cloud Security
    • 6.2.4 Other Types of Security
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Cisco Systems Inc
    • 7.1.2 Infineon Technologies AG
    • 7.1.3 NXP Semiconductors NV
    • 7.1.4 Harman International Industries Inc. (Samsung)
    • 7.1.5 Arilou Technologies Ltd.
    • 7.1.6 Visteon Corporation
    • 7.1.7 Continental AG
    • 7.1.8 Escrypt GmbH
    • 7.1.9 Argus Cybersecurity Ltd.
    • 7.1.10 Secunet AG
    • 7.1.11 Delphi Automotive PLC
    • 7.1.12 Denso Corporation
    • 7.1.13 Honeywell International Inc.
    • 7.1.14 Karamba Security Ltd.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET