デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403850

エネルギー管理システム- 市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

Energy Management Systems - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 187 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
エネルギー管理システム- 市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 187 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エネルギー管理システム市場規模は2024年に550億3,000万米ドルと推定され、2029年には1,138億5,000万米ドルに達し、市場推定・予測期間(2024~2029年)のCAGRは15.65%で成長すると予測されます。

Energy Management Systems-Market-IMG1

エンドユーザーによる複数のスマートメーター用途への需要の高まりや、インテリジェントな電気技術やビル技術への投資により、市場は拡大しています。2022年9月、米国(DOE)はスマートグリッドやその他のアップグレードを通じて同国のエネルギーグリッドを強化するために105億米ドルを投資しました。この資金は、グリッド・レジリエンス・イノベーション・パートナーシップ・プログラムに統合され、グリッド・レジリエンスに25億米ドル、スマートグリッドに30億米ドル、グリッド・イノベーションに50億米ドルに分けられました。

主要ハイライト

  • ネットワーク通信などの技術開発は急速に進歩しています。双方向通信媒体、スマートグリッド、情報インフラ、節電手法、様々な戦略、ホームエリアネットワークは、電力使用パターンや消費施設での節電など、電力消費領域の複数の分野で革命的な変化を経験しています。2023年2月、世界のエネルギー技術企業であり、マイクロインバーターソーラーアレイとバッテリーの世界最大のメーカーであるEnphase Energy, Inc.は、欧州全域での利用可能性を拡大するため、オーストリアの顧客にIQバッテリーの供給を開始したと発表しました。
  • エクソンモービル社によると、2040年までに産業部門全体でエネルギー需要が増加し、123兆英熱量を占めると予想されており、EMSソリューションの必要性が高まっています。エネルギー効率は、世界中の非公開会社や政府当局の主要な焦点としてますます進化しています。経済活動の活発化によりエネルギー消費量が増大し、国際的な電力網が限界に達しています。
  • 政府の規制、コスト削減、エネルギー消費の最適化により、家庭、産業、企業はますますエネルギー管理ソリューションを採用するようになっています。EMSの主要構成要素である計測、通信、ソフトウェア・アプリケーションによって、コストは削減されます。マサチューセッツ工科大学(MIT)の調査によると、建築物はエネルギーの少なくとも30%を浪費しており、EMSによってこれを回避できる可能性があります。さらに、フランス政府は2023年1月、先進的な5G、6G、と次世代のネットワークを中心とした研究開発プロジェクトに対する独自の支援制度を開始しました。具体的には、仮想化、アクセス・ネットワークのオープン・インターフェース、セキュリティ、エッジ・コンピューティング、AIとMLの統合に関連するソリューションに焦点を当てています。このような取り組みは、市場の範囲をさらに拡大します。
  • Schneider Electric、Honeywell International Inc.、Panasonic Corporation、Green Energy Options Limitedなど、重要なベンダーが調査した市場の成長に継続的に投資しています。例えば、2022年11月、Schneider Electricは、家庭用のエネルギー管理製品の完全な製品群に加えて、Wiser GatewaysとSmart PlugsがMatterの認証を受けた最も早い製品の一部であることも確認しました。
  • エネルギー管理システムは、スマートメーター、スマートセンサー、その他のデバイスを組み込むことで、技術開発とともに進歩してきました。エネルギー効率を維持するために様々な技術を統合するため、システム全体の設置にはコストがかかります。これが市場成長の課題となっています。
  • さらに、ロシアとウクライナの戦争とエネルギー価格の高騰に起因するCOVID-19と欠乏が、ドイツに持続可能な行動をとるよう促しました。ロシア最大の欧州向けガス・パイプラインであるノルド・ストリーム1は、複数のガス漏れが発見され、並行するパイプラインであるノルド・ストリーム2が無期限で閉鎖されました。欧州、特にドイツは、エネルギー需要を満たすためにロシアのガスへの依存度を高めてきました。過去1年間で、ロシアはEU諸国へのガス供給を88%削減しました。こうした要因は、調査対象市場の成長をさらに妨げる可能性があります。

エネルギー管理システム市場の動向

エネルギー効率化投資の増加が市場を牽引

  • 再生可能エネルギー、送電網の効率を高めるソリューションの採用、効率の悪い技術の使用に対する制裁措置など、各国政府がさまざまな取り組みに投資しています。また、エネルギー効率局(BEE)は、ドイツでは主に電動モビリティの拡大により、再生可能エネルギー源と化石燃料によるエネルギー発電の需要が、2030年までに600 TWhから700 TWh以上に増加すると推定しています。
  • さらに、政府がこうしたソリューションを採用できるようにするエネルギー効率化分野では、さまざまなベンダーが事業を展開しており、そうした企業の投資も伸びています。バイデン政権の下、米国は連邦政府の投資により、2050年までにカーボンニュートラルになると予想されています。
  • OPECによると、一次エネルギー消費量は2025年までに日量およそ3億340万バレル(石油換算)に達すると予測されています。石油・ガスはそれぞれ9,610万バレルと6,990万バレルで、引き続き最も重要なエネルギー源であるとOPECは予想しています。
  • エネルギー効率化分野のいくつかのベンダーは、政府がこのようなソリューションを採用するのを支援しており、このようなビジネスでは投資が増加しています。例えば、イタリアのガス配給会社Italgasは、2028年までにスマート・ガスメーターやその他の技術・活動に86億ユーロ(88億米ドル)の投資を計画しています。第二の柱であるエネルギー効率化は、2028年までに市場規模が今年の60億ユーロから約80億ユーロに拡大すると予想される同分野において、イタリアガスを主要企業として位置づけることを目的としています。
  • トルコ天然資源エネルギー省によると、エネルギー効率化の分野では、今後10年以内に官民合わせて100億米ドル以上の投資が計画されています。この投資は、2033年に300億米ドルの節約を生み出すと予想されています。このような動きは、この分野におけるEMSの需要をさらに増大させています。
  • エネルギー効率への投資が拡大する中、欧州はこのような投資において世界のトップを走っています。さらに、英国市民の大半は、冬の間はガスセントラル暖房で暖をとっています。英国ビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)による2022年の調査では、回答者の78%がこの暖房方法を使用していました。同地域の規制の変化に伴い、参入企業は同市場で革新的な新製品を開発しています。例えば、2022年2月、フランスのCedric Francois社によって、ヒートポンプ新システム用のユニークなコアが開発されました。
  • これはインダストリー4.0ソリューションであり、Bettercompressed Air Controlの結果としてエネルギー消費を減らすために必要な情報を見ることを可能にします。漏れを減らし、運転効率を高め、コストを削減するために、SICK FTMg with Monitoring Appは、生産チームとメンテナンスチームによる圧縮空気の継続的な監視を可能にします。
Energy Management Systems-Market-IMG2

欧州が大きな市場シェアを占める

  • 英国は、スマートメーター、エネルギー効率の高い建物、またはそのようなシステムの導入を通じて国の二酸化炭素排出量を削減するための有利なエネルギー政策と法律に支えられており、このアプローチを採用するリーダー的存在であり続けています。さらに、英国のコミュニティ・エネルギー・プロジェクトは、国内のエネルギー管理市場を牽引してきました。コミュニティ・エネルギー・イングランド(CEE)によると、同国にはすでに200を超えるコミュニティ主導のエネルギー組織があり、合わせて180MW以上のエネルギー発電能力を運営しています。さらに、政府の主導によるエネルギー価格の上昇で、消費者はこうしたエネルギー管理ソリューションに目を向けています。
  • さらに英国政府は、エネルギー供給業者に対し、2,600万世帯へのスマートメーター設置を義務付けています。加速するスマートメーター普及とエネルギー危機に対する意識の高まりは、2050年までに二酸化炭素排出量を80%削減するという欧州指令と相まって、同国の家庭用エネルギー管理システムの成長に影響を与える重要な要因として認識されています。
  • さらに同国は、主に建築部門の二酸化炭素排出量とエネルギー消費量を削減するため、スマート・ビル・ソリューションに投資してきました。同国には多数のスマートシティがあります。さらに、イノベーション機関であるInnovate UKを通じて、英国政府はスマート・イニシアチブに投資する自治体に直接資金を提供するプログラムを実施しています。欧州議会の報告書によると、英国は、少なくとも1つのスマート・イニシアチブを持つ都市が31以上ある欧州の3カ国のうちの1つです。
  • ドイツ政府は、エネルギー効率基準や監査のための資金制度を管理する「国家行動計画エネルギー効率計画」を通じて、世界で最もエネルギー効率が高く、環境に優しい国のひとつになることを目指しています。経済省によると、政府は2030年までに一次エネルギー消費量を30%削減する計画です。
  • また、同国は現在、エネルギー価格の上昇に直面しており、代替エネルギーの生産方法を模索しています。欧州委員会は、EUの国家補助規則に基づき、ドイツの再生可能エネルギー生産支援制度の改正に許可を与えました。さらにこのプログラムは、ドイツの再生可能エネルギー法の最近の改正を考慮したものです。総予算280億ユーロ(296億9,000万米ドル)のEEG 2023支援プログラムは、2030年までに80%の電力を再生可能エネルギーで生産することにより、2045年までに気候変動による中立性を達成することを目指しています。
  • 様々な企業が、経済の不確実性や短い投資回収期間を求めて、エネルギー効率への投資に消極的であり、これが同国の市場成長の妨げになると予想されます。2022年12月、デジタル製造ソリューションのスペシャリストであるCimlogicは、包括的なMES(製造実行システム)ソリューションの追加モジュールとして、新しいエネルギー管理ソリューションの発売を発表しました。シムロジックのエネルギーソリューションは、エネルギー使用量(水、空気、ガス、電気、蒸気)をリアルタイムで監視し、世界の製造業者の業務効率の改善、廃棄物の削減、企業の社会的責任の強化、持続可能な製造の実現を支援します。
  • さらに、エコ・ディールとエネルギー企業義務(ECO)は、英国のエネルギー消費の削減を目的としていました。これにより、電力会社はスマートEMSソリューションの産業導入によるエネルギー消費の削減を積極的に検討するようになると予想されます。2022年12月、英国は1億1,000万英ポンドの通信研究開発パッケージの一環として、5Gと6G技術の研究を加速する計画を発表しました。このパッケージの一環として、ヨーク大学、ブリストル大学、サリー大学の英国トップクラスの3大学が2,800万英ポンドの分配を受け、Ericsson、Nokia、Samsungなどの大手通信企業と提携し、6Gなどの未来のネットワークを設計・製造することになります。高度な無線技術の導入が進むことで、インダストリー4.0の導入がさらに促進され、市場の成長展望が明るいものとなることが期待されます。

エネルギー管理システム業界概要

市場競争は激しいです。市場の重要な参入企業としては、IBM Corporation、Rockwell Automation Inc.、General Electric、Schneider Electric、Eaton、ABB、Oracle Corporationなどが挙げられます。各社は、予測期間中に競合を獲得するために、複数のパートナーシップを形成し、新しいソリューションの導入に投資することで市場シェアを拡大すると予想されます。

2022年9月、IBMは次世代のLinuxONEサーバーを発表しました。LinuxONEサーバーは、スケーラブルなLinuxとKubernetesベースのプラットフォームで、単一の戦略で数千のワークロードを維持できるスケーラビリティを提供するように設計されています。IBM LinuxONE Emperor 4は、計画的なスケールアウト・オン・スケールアップのアプローチで、エネルギー消費と関連する温室効果ガス排出量を上げることなく、クライアントが未使用のコアをオンにすることで、ワークロードを高密度で実行し、能力を向上させることを可能にしました。

2022年7月、Eatonは欧州連合(EU)の支援を受けたフロー・コンソーシアムとともに統合型電気自動車充電インフラを開発し、発表しました。Eatonのコンソーシアムにおける役割は、建物とEVの電力ニーズとオンサイト再生可能発電を融合させたグリッド・アプローチとしての建物の開発で得られた経験に基づき、EV充電技術のさらなる開発と電気自動車充電ソリューションの確立を適用することでした。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • マクロ経済動向の市場への影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • スマートグリッドとスマートメーターの利用の増加
    • エネルギー効率化投資の増加
  • 市場の課題
    • 高い初期導入コストとメンテナンスコスト

第6章 市場セグメンテーション

  • EMSタイプ別
    • BEMS
    • IEMS
    • HEMS
  • エンドユーザー別
    • 製造業
    • 電力・エネルギー
    • IT・通信
    • 医療
    • 住宅・商業
    • その他エンドユーザー
  • 用途別
    • エネルギー発電
    • エネルギー送電
    • エネルギー監視
  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • メキシコ
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • Rockwell Automation Inc.
    • General Electric
    • Schneider Electric
    • Eaton
    • Enel X
    • SAP SE
    • Siemens AG
    • ABB
    • Oracle Corporation
    • Honeywell International Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 51986
Energy Management Systems - Market - IMG1

The Energy Management Systems Market size is estimated at USD 55.03 billion in 2024, and is expected to reach USD 113.85 billion by 2029, growing at a CAGR of 15.65% during the forecast period (2024-2029).

Due to the growing demand for multiple Smart Meter applications by end users, as well as investments in intelligent electric and building technologies, the market is expanding. In September 2022, the US (DOE) invested USD 10.5 billion to strengthen the country's energy grid through smart grids and other upgrades. The financing was consolidated into the Grid Resilience and Innovation Partnership program, divided into USD 2.5 billion for grid resilience, USD 3 billion for smart grids, and USD 5 billion for grid innovation.

Key Highlights

  • Technological developments, like network communications, are rapidly improving. Bidirectional communication mediums, smart grids, information infrastructures, power conservation methodologies, and various strategies, home area networks are experiencing a revolutionary change in multiple areas of power consumption domains, like electricity usage patterns and energy conservation at consumption premises. In February 2023, Enphase Energy, Inc., a global energy technology company and the world's largest manufacturer of microinverter solar arrays and batteries, announced that it began supplying IQ Batteries to Austrian customers in order to extend their availability throughout Europe.
  • According to Exxon Mobile, energy demand is anticipated to increase across the industrial sector by 2040, accounting for 123 quadrillion British thermal units, pushing the need for EMS solutions. Energy efficiency has increasingly evolved as the primary focus of private companies and government authorities worldwide. The increasing economic activities have led to high energy consumption rates and have pushed the international electricity grids to their limits.
  • Due to government regulations, cost savings, and energy consumption optimization, homes, industries, and enterprises have increasingly adopted energy management solutions. Costs are reduced by the primary component of EMS measurement, communication, and software applications. Building wastes at least 30% of their energy, according to a study done by MIT, which could be avoided through EMS. Further, in January 2023, the French government launched a unique support scheme for R&D projects centered on advanced 5G, 6G, and future generations of networks. Specifically, it is focused on solutions linked to virtualization, open interfaces on access networks, security, edge computing, and the integration of AI and ML. Such initiatives further expand the scope of the market.
  • Significant vendors continuously invest in the studied market growth, including Schneider Electric, Honeywell International Inc., Panasonic Corporation, and Green Energy Options Limited. For instance, in November 2022, Schneider Electric company also confirmed that, in addition to its complete range of energy management products for the home, Wiser Gateways and Smart Plugs are some of the earliest products that have been certified by Matter.
  • Energy management systems have advanced with technological developments by incorporating smart meters, smart sensors, and other devices. Installing the entire system is expensive, as it integrates various technologies to maintain energy efficiency. This poses a challenge to the market's growth.
  • Moreover, COVID-19 and scarcity owing to the Russia and Ukraine war and high energy prices propelled Germany to take sustainable action. Nord Stream 1, Russia's largest gas pipeline to Europe, was closed indefinitely after discovering several leaks and a parallel pipeline, Nord Stream 2. Europe, particularly Germany, has increasingly relied on Russian gas to meet its energy needs. Over the past year, Russia has cut its gas supplies to EU states by 88%. Such factors may further hamper the growth of the studied market.

Energy Management System Market Trends

Rising Investments in Energy Efficiency to Drive the Market

  • Global investments toward having a more energy-efficient infrastructure have been growing steadily, with governments investing in various initiatives, such as renewable energy, adopting solutions that enhance the power grid's efficiency, and sanctions on the use of technologies that are not efficient. In addition, the Bureau of Energy Efficiency (BEE) estimated that the demand for energy generation from renewable sources and fossil fuels would rise from 600 TWh to over 700 TWh by 2030 in Germany, primarily driven by the expansion of electric mobility.
  • Furthermore, various vendors have been operating in the energy efficiency space that enables governments to adopt such solutions, and such enterprises have been seeing growth in their investments. Under the Biden administration, the United States is expected to be carbon neutral by 2050 with investments from the federal government.
  • According to OPEC, primary energy consumption is forecast to reach roughly 303.4 million barrels of oil equivalent per day by 2025. The source expects oil and gas to continue being the most significant contributing energy sources, at 96.1 and 69.9 million barrels, respectively.
  • Several vendors in the energy efficiency space help governments adopt such solutions, and such businesses are seeing an increase in investment. For example, Italgas, the Italian gas DSO, plans to invest EUR 8.6 billion (USD 8.8 billion) in smart gas meters and other technologies and activities by 2028. The second pillar of energy efficiency aims to position Italgasamong as the major player in the sector, which is expected to have a market value of approximately EUR 8.0 billion by 2028, up from EUR 6.0 billion this year, according to the company.
  • The Turkish Ministry of Natural Resources and Energy says that over 10 billion USD worth of investments in the area of energy efficiency are planned within the next decade by both public and private sectors. The investment is expected to generate USD 30 billion in savings until 2033; such developments have further augmented the demand for EMS in this space.
  • With the growing investments in energy efficiency, Europe has been leading the global numbers in such investments. Further, most UK citizens keep warm using gas central heating during winter. A 2022 survey by the UK Department for Business Energy & Industrial Strategy (BEIS) found that 78% of respondents used this heating method. In line with the changing regulations in the region, the players have been establishing new and innovative products in the Market. For instance, in February 2022, a unique core for a heat pumps new system was developed by Cedric Francois in France.
  • Further, in June 2022, SICK, the FTMg system with a monitoring app, was launched, which is an Industry 4.0 solution to enable them to see the information that they need in order to decrease their energy consumption as a consequence of Bettercompressed Air Control. In order to reduce leaks, enhance operational efficiency, and lower costs, SICK FTMg with Monitoring App allows continuous monitoring of compressed air by the production and maintenance teams.
Energy Management Systems - Market - IMG2

Europe to Hold Significant Market Share

  • The UK, supported by favorable energy policy and legislation to reduce the country's carbon footprint through the deployment of Smart Meters, Energy Efficient Buildings, or systems such as that, continues to be one of the leaders in adopting this approach. In addition, the UK's community energy projects have driven the domestic energy management market. According to Community Energy England (CEE), the country already has over 200 community-led energy organizations, which operate over 180 MW of energy-generating capacity together. Further, consumers are turning towards these energy management solutions with rising energy prices due to government initiatives.
  • Furthermore, the UK government mandates that energy suppliers install smart meters in 26 million homes. The accelerating smart meter rollout and increasing awareness of the energy crisis, coupled with the European directive to reduce 80% of carbon emissions by 2050, have been recognized as the significant factors influencing the nation's home energy management system's growth.
  • Additionally, the country has invested in smart building solutions, primarily to reduce the building sector's carbon footprint and energy consumption. The country is home to a large number of smart cities. Moreover, through Innovate UK, an innovation agency, the UK government has implemented programs that directly fund municipalities for investing in smart initiatives. As per a report by the European Parliament, the United Kingdom is one of only three European countries with more than 31 cities with at least one smart initiative.
  • The German government is on course to become one of the world's most energy-efficient and environmentally friendly countries through the National Action Plan Energy Efficiency Plan, which manages funding schemes for energy efficiency standards and audits. According to the Ministry for Economic Affairs, the government plans to reduce primary energy consumption by 30% by 2030.
  • Also, the country is facing increasing energy prices currently and is looking for alternative ways to produce energy. The European Commission has given the green light under EU State Aid rules to revise Germany's support scheme for renewable energy production. Further, the program considers recent amendments to Germany's Renewable Energy Act. With a total budget of EUR 28 billion (USD 29.69 billion), the EEG 2023 assistance program seeks to achieve climate neutrality by 2045 by producing 80% of power from renewable sources by 2030.
  • Various companies are reluctant to invest in energy efficiency owing to economic uncertainty and seeking short payback times., which are expected to hinder market growth in this country. In December 2022, Cimlogic, specialists in digital manufacturing solutions, announced the launch of a new energy management solution, an additional module to their comprehensive MES (Manufacturing Execution System) solutions. Cimlogic's energy solution monitors energy usage (water, air, gas, electricity, and steam) in real-time to help global manufacturers improve operational efficiency, reduce waste, strengthen corporate social responsibility status, and achieve sustainable manufacturing.
  • Furthermore, the Green Deal and Energy Companies Obligation (ECO) aimed to reduce UK energy consumption. This is expected to make utilities actively consider lowering energy consumption via the industrial adoption of smart EMS solutions. In December 2022, the UK announced plans to accelerate study on 5G and 6G technology as part of a GBP 110 million telecoms R&D package. As a part of the package, three top UK universities, the University of York, the University of Bristol, and the University of Surrey, would receive a share of GBP 28 million to team up with major telecoms companies, including Ericsson, Nokia, and Samsung to design and make networks of the future such as 6G. The increasing deployment of advanced wireless technologies is expected to further aid the adoption of Industry 4.0, creating a positive growth outlook for the market.

Energy Management System Industry Overview

The market studied is very competitive. Some significant players in the market are IBM Corporation, Rockwell Automation Inc., General Electric, Schneider Electric, Eaton, ABB, Oracle Corporation, and many more. The companies are expected to increase the market share by forming multiple partnerships and investing in introducing new solutions to earn a competitive edge during the forecast period.

In September 2022, IBM announced the next generation of its LinuxONE server, a favorably scalable Linux and Kubernetes-based platform designed to provide scalability to sustain thousands of workloads in the footprint of a single strategy. IBM LinuxONE Emperor 4 was a planned scale-out-on-scale-up approach that allowed clients to run workloads at increased density and increased capability by turning on unused cores without raising their energy consumption and associated greenhouse gas emissions.

In July 2022, an integrated electric vehicle charging infrastructure was developed and presented by Eaton with the Flow consortium, which received support from the European Union. Based on the experience gained in the development of its buildings as a grid approach, merging the power needs of buildings and EVs with on-site renewable power generation, Eaton's role in the consortium was to apply further developing EV charging technologies and establishing electric vehicle charging solutions.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Impact of Macroeconomic Trends on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Usage of Smart Grids and Smart Meters
    • 5.1.2 Rising Investments in Energy Efficiency
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Initial Installation Costs Coupled with Maintenance Costs

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type of EMS
    • 6.1.1 BEMS
    • 6.1.2 IEMS
    • 6.1.3 HEMS
  • 6.2 By End User
    • 6.2.1 Manufacturing
    • 6.2.2 Power and Energy
    • 6.2.3 IT and Telecommunication
    • 6.2.4 Healthcare
    • 6.2.5 Residential and Commercial
    • 6.2.6 Other End Users
  • 6.3 By Application
    • 6.3.1 Energy Generation
    • 6.3.2 Energy Transmission
    • 6.3.3 Energy Monitoring
  • 6.4 By Component
    • 6.4.1 Hardware
    • 6.4.2 Software
    • 6.4.3 Services
  • 6.5 By Geography
    • 6.5.1 North America
      • 6.5.1.1 United States
      • 6.5.1.2 Canada
    • 6.5.2 Europe
      • 6.5.2.1 United Kingdom
      • 6.5.2.2 Germany
      • 6.5.2.3 France
      • 6.5.2.4 Spain
      • 6.5.2.5 Rest of Europe
    • 6.5.3 Asia-Pacific
      • 6.5.3.1 China
      • 6.5.3.2 India
      • 6.5.3.3 Japan
      • 6.5.3.4 South Korea
      • 6.5.3.5 Rest of the Asia-Pacific
    • 6.5.4 Latin America
      • 6.5.4.1 Brazil
      • 6.5.4.2 Argentina
      • 6.5.4.3 Mexico
      • 6.5.4.4 Rest of Latin America
    • 6.5.5 Middle East and Africa
      • 6.5.5.1 United Arab Emirates
      • 6.5.5.2 Saudi Arabia
      • 6.5.5.3 South Africa
      • 6.5.5.4 Rest of Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 IBM Corporation
    • 7.1.2 Rockwell Automation Inc.
    • 7.1.3 General Electric
    • 7.1.4 Schneider Electric
    • 7.1.5 Eaton
    • 7.1.6 Enel X
    • 7.1.7 SAP SE
    • 7.1.8 Siemens AG
    • 7.1.9 ABB
    • 7.1.10 Oracle Corporation
    • 7.1.11 Honeywell International Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET