市場調査レポート
商品コード
1403834

通信用タワー:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

Telecom Towers - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
通信用タワー:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

通信用タワー市場規模は2024年に284億8,000万米ドルと推定され、2029年には327億5,000万米ドルに達し、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは2.84%で成長すると予測されます。

Telecom Towers-Market-IMG1

タワーシェアリングは、コスト削減やデータ展開の迅速化といったメリットをもたらすため、通信業界にとって重要な促進要因の1つとなっています。通信用タワー産業は、主にインドと米国で独立系として高い注目を集めています。

主なハイライト

  • 5G技術の導入が通信用タワー市場の主な牽引要因となっています。5Gネットワークは、より多くのセルタワーやスモールセルを含む、より高密度なインフラを必要とし、強化されたカバレッジとより高速なデータ通信を実現します。世界のモバイル・ネットワーク事業者の利益を代表する非営利団体であるGSMA協会によると、前年末時点ですでに世界86カ国に252の商用5Gネットワークがあり、10億以上の5G接続に対応しています。さらに、予測期間までに世界で50億以上の5G接続が見込まれ、国内総生産(GDP)成長で1兆米ドル以上を生み出します。同時に、5Gは予測期間までに北米、欧州、中国、GCC諸国で成熟に達すると予想されます。多くの中低所得国(LMICs)では今後も成長が続くと思われます。
  • 地理的機会の減少に伴い、多様化の機会の拡大は高度な通信インフラの出現によって大きく推進されています。5G技術には適切な地形が要求されるため、多くの電波塔は間もなく主要な建築事業に集中することが予想されます。しかし、これらのタワーには今後も相当数の5Gアンテナが設置される可能性があるため、企業や組織は垂直型不動産を取得またはリースすることで新たなルートを開拓できるかもしれないです。
  • 昨年、インドの大手通信事業者の1つであるBharti Airtel社は、クアルコムと提携して5Gネットワーク技術スタックの開発を計画していました。同通信事業者は、クアルコムの5G無線アクセスネットワーク技術を利用して商用5Gネットワークを展開し、インド全土で仮想5Gネットワークとオープン5Gネットワークを確立する計画です。
  • さらに、LTE(Long Term Evolution)アドバンスト技術への投資が増加しています。このようなLTE-Aネットワーク接続に対する需要の急増は、手頃な価格のスマートフォンの普及、高速インターネットアクセスに対するニーズの高まり、スマートシティ構想への投資の拡大、IoT機器に対する需要の高まりなど、いくつかの要因から生じています。その結果、ネットワーク事業者はLTE-Aインフラの展開に積極的に投資しており、LTEおよびLTE-A基地局の数が増加しています。これらの基地局は通信用タワーに接続され、エンドユーザーに必要不可欠な無線アクセス・ネットワーク・サービスを提供できるようになります。LTE-Aへの需要が高まった結果、通信用タワー市場は大幅な成長を遂げています。
  • シスコによると、予測期間中にインターネット・プロトコル(IP)ネットワークに接続されるデバイスの数は293億台になると予想されています。M2M(Machine-to-Machine)接続のシェアは、近年の33%から翌年には50%に拡大し、今年までに147億M2M接続に達する可能性があります。
  • 通信用タワーの環境への影響は、一貫して大きな懸念となっています。モバイルタワーからの放射線は重要な問題であり、目に見えない微妙な汚染物質として認識され、生物に多方面から影響を及ぼしています。
  • COVID-19パンデミックの発生に伴い、遠隔地での労働条件や人口のかなりの部分が在宅であることから、電気通信業界ではインターネット・サービスへの需要が大幅に増加しました。在宅勤務者の増加により、ビデオ会議、オンラインビデオ視聴、ダウンロード、ネットワークトラフィックとデータ使用量の増加を通じた通信需要が増加しています。

通信用タワーの市場動向

事業者所有のタワーが大幅な成長を記録する見込み

  • タワーの建設、機能、メンテナンスは、複数の移動体通信事業者(MNO)が担っています。これらのサービスは、新興国では第三者企業への委託が増加しています。
  • MNOが事業者主導のタワー会社を切り離し、維持しようとする傾向が強まっていることと相まって、タワー会社は、垂直型不動産の建設、購入、賃貸という中核事業を超えて、新たな資産や新たなサービスを検討する必要に迫られています。実際、多くのタワーコ社のリーダーが述べているように、有機的成長の50%以上は、従来のマクロタワーや屋上以外のソリューションからもたらされており、街灯やビルソリューションもこれに含まれます。
  • 通信事業者は200万本以上の通信用タワーを所有しており、残りは第三者が建設しています。さらに、Bharti Infratel(インド)のように、通信用タワーを他の移動体通信事業者を顧客として提供する事業者所有の企業も出現し、事業者所有の通信用タワー分野でのビジネスチャンスが拡大しています。
  • タワーの所有形態は地域によって異なります。アジア太平洋地域の通信事業者は、タワーを重要な差別化要因として評価することを好みます。これとは対照的に、米国のタワー市場は、ほとんどのタワーが移動体通信事業者(MNO)から独立企業へと移行するという変貌を遂げました。
  • インドのような国々では、移動体通信事業者がタワーを所有するために、共同パートナーシップやキャプティブ・タワー会社を頻繁に利用しています。複数の事業者による共有所有については、事業者が所有するタワーのビジネスモデルは、移動体通信事業者がタワーの子会社を所有するよりも効果的であることが証明されました。
Telecom Towers-Market-IMG2

北米が大きなシェアを占める見込み

  • 米国の情勢は競争が激しく、多数の大手ベンダーが覇権を争っています。この熾烈な競争の背景には、5G通信サービスへの大きな需要があり、多くの企業がこの機会を生かすために事業の拡大に注力しています。米国政府には、複数の大手ベンダーが提携、買収、合併、ロールアウト、連合に取り組んでいます。
  • 米国の著名な電波塔プロバイダーであるSBA Communicationsは、約1万基の電波塔を保有し、無線通信を専門としています。この戦略的パートナーシップにより、DISHはSBAが保有する全米の無線通信用地の広範なポートフォリオにアクセスできるようになります。
  • さらに前年、PG&EはSBA Communications Corporationとの間で、無線通信事業者とのライセンス契約を売却することで合意したと発表しました。この戦略的な動きにより、SBAは市場での存在感を維持し、さらにサブライセンスを通じてより多くの無線プロバイダーにタワーや建造物へのアクセスを許可することができます。
  • モバイル・ワイヤレス・サービスは、近年カナダで最も重要かつ急成長している通信業界です。第5世代5Gネットワークのような先進技術の導入や、モノのインターネット(IoT)のような革新的なアプリケーションの統合に立ち会うため、上昇基調は持続すると予想されます。
  • ベル・モビリティ、TCI、RCCIの3社(以下、国営無線通信事業者)は、サスカチュワン州(サスクテルが単独で市場支配力を行使)を除き、ノースウエスト準州、ユーコン州、ヌナブト州など北米の全州で携帯無線小売サービスを提供する市場支配力を行使しています。
  • さらにオンタリオ州と東オンタリオ地域ネットワークは前年、カナダ政府との提携を発表しています。さらに、このイニシアティブは、東オンタリオの99%の住民と企業に信頼できる無線接続を提供し、携帯電話格差を効果的に解消し、地域の安全性、生産性、生活の質全体を大幅に向上させることを目指しています。この取り組みは、ロジャーのサービス拡大への継続的なコミットメントを反映したもので、遠隔地や農村部を含む十分なサービスを受けていない地域の接続性向上につながった。

通信用タワー業界の概要

通信用タワー市場の競争は中程度に激しく、複数の大手企業が参入しています。現在、市場シェアで市場を独占しているのは一部の大手企業のみです。これら通信用タワー市場の主要企業は、戦略的提携や通信用タワー新興企業の買収を通じて、顧客基盤を国際的に拡大しています。このため、市場の集中度は適度に高く、少数の支配的なプレーヤーが大きな市場シェアと収益性の恩恵を受けています。

2022年10月、アメリカン・タワー・コーポレーション(アメリカン・タワー)のアフリカ事業(ATCアフリカ)とエアテル・アフリカPLC(エアテル・アフリカ)は共同で、エアテル・アフリカのネットワーク展開を支援するため、ケニア、ニジェール、ナイジェリア、ウガンダに広がるATCアフリカの広大な通信用地ポートフォリオを製品開発能力に活用するための複数年・複数製品契約を発表しました。両社は、大陸における接続性を大幅に向上させ、社会から疎外された人々にデジタル・インクルージョンを提供し、協力的な取り組みを通じて共通の温室効果ガス(GHG)排出削減目標を達成する計画です。

2022年1月、T-モバイルUSとクラウン・キャッスル・インターナショナル・コーポレーションの12年間の新たな提携が発表され、T-モバイルはクラウン・キャッスルのタワーとスモールセルサイトを利用できるようになった。この取引により、アンキャリアは、同社の5Gネットワークのカバレッジをさらに拡張・拡大し、合併後の財務シナジーを生み出すことで、米国全土の顧客にサービスを提供することができます。さらに、この取引は、クラウンキャッスルがスモールセルとタワーから長期的な収益開発を行うことを支援します。

2022年1月、アメリカン・タワー・コーポレーションは、100%子会社の1つをコアサイトと合併させることで、コアサイト・リアルティ・コーポレーションを正式に買収したと発表しました。今後のコンピューティング機会を通じて成長を促進し、現在のタワー不動産の価値を高める上で、この買収はコアサイトのネットワーク化されたデータセンター機能とクラウド・オンランプを利用することが期待されています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 農村部への接続/接続性の向上
    • 増大するデータニーズの改善と対応
  • 市場の課題
    • タワーへの電力供給システムに関する環境への懸念
    • 通信会社間のタワーシェアリング

第6章 技術スナップショット

  • 電気通信業界における主要動向- インフラ共有(アクティブおよびパッシブ)

第7章 市場セグメンテーション

  • 燃料タイプ別
    • 再生可能
    • 非再生可能
  • タワータイプ別
    • ラティスタワー
    • ガイダースタワー
    • モノポールタワー
    • ステルスタワー
  • 設置別
    • 屋上
    • 地上
  • 所有別
    • 事業者所有
    • 合弁会社
    • 個人所有
    • MNOキャプティブ
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • オランダ
      • スウェーデン
      • スイス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • インドネシア
      • ベトナム
      • マレーシア
      • フィリピン
      • オーストラリア・ニュージーランド
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • アルゼンチン
      • 中米
      • コロンビア
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • エジプト
      • アルジェリア
      • ナイジェリア
      • 南アフリカ
      • タンザニア
      • モロッコ
      • その他中東とアフリカ

第8章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • American Tower Corporation
    • Helios Towers Africa
    • Indus Towers Limited(Bharti Infratel)
    • China Tower Corporation
    • SBA Communications Corporation
    • AT&T Inc.
    • Crown Castle International Corporation
    • T-Mobile USA Inc.
    • GTL Infrastructure Limited
    • IHS Towers(IHS Holding Limited)
    • Tawal Com SA
    • CellnexTelecom
    • Deutsche Funkturm
    • First Tower Company
    • Orange
    • Telenor ASA
    • Zong Pakistan
    • Telkom Indonesia
    • Telxius Telecom SA
    • Telesites SAB de CV
    • Grup TorreSur

第9章 投資分析

第10章 投資分析市場の将来

目次
Product Code: 51634
Telecom Towers - Market - IMG1

The Telecom Towers Market size is estimated at USD 28.48 billion in 2024, and is expected to reach USD 32.75 billion by 2029, growing at a CAGR of 2.84% during the forecast period (2024-2029).

Tower-sharing is one of the significant growth drivers for the telecom industry, as it presents benefits, such as cost reduction and faster data rollout. The telecom tower industry has obtained high prominence as an independent, mainly in India and the United States.

Key Highlights

  • Implementing 5G technology has been a major driving factor for the telecom tower market. 5G networks require denser infrastructure, including more cell towers and small cells, to deliver enhanced coverage and higher data speeds. According to the GSMA Association, a non-profit organization representing the interests of mobile network operators worldwide, there were already 252 commercial 5G networks in 86 countries worldwide at the end of the previous year, serving more than 1 billion 5G connections. Further, more than 5 billion 5G connections are expected globally by the forecast period, producing over USD 1 trillion in Gross Domestic Product (GDP) growth. At the same time, 5G is expected to reach maturity in North America, Europe, China, and the GCC countries by the forecast period. It will continue to grow in many low-and middle-income countries (LMICs).
  • With the decline in geographical opportunities, the expansion of diversification opportunities has been significantly propelled by the emergence of advanced communication infrastructure. 5G technology demands appropriate terrain; therefore, many towers are expected to focus on their primary building business soon. However, firms and organizations may be able to explore additional routes by acquiring or leasing vertical real estate, as these towers may continue to see a significant number of 5G antennas installed on them.
  • In the previous year, Bharti Airtel, one of India's major telecom operators, planned to develop its 5G network technology stack in partnership with Qualcomm. The telco plans to utilize Qualcomm 5G Radio Access Network Technologies to roll out its commercial 5G network, enabling the establishment of virtual and open 5G networks across India.
  • Moreover, the increasing investment in Long Term Evolution (LTE) - Advanced technology. This surge in demand for LTE-A network connectivity results from several factors, including wider availability of affordable smartphones, a growing need for high-speed internet access, expanding investments in smart city initiatives, and a rising demand for IoT devices. Consequently, network operators are proactively investing in the deployment of LTE-A infrastructure, leading to more LTE and LTE-A base stations. These stations are connected to telecom towers, enabling them to offer essential radio access network services to end-users. As a result of the escalating demand for LTE-A, the telecom tower market is experiencing substantial growth.
  • According to Cisco, the number of devices connected to the Internet Protocol (IP) network in the forecast period is expected to be 29.3 billion networked devices. The share of Machine-To-Machine (M2M) connections may grow from 33% in recent years to 50% by the following year, with 14.7 billion M2M connections by the current year.
  • The environmental impacts of telecom towers have consistently been a major concern. Radiation from mobile towers has been an important issue, recognized as an unseen and subtle pollutant affecting life forms in multiple ways.
  • With the outbreak of the COVID-19 pandemic, the telecom industry witnessed a significant increase in demand for internet services due to remote working conditions and a significant chunk of the population staying at home. The increase in people working from home has increased the demand for communication through video conferencing, online video viewing, downloading, and increased network traffic and data usage.

Telecom Towers Market Trends

Operator-owned Tower is Expected to Register a Significant Growth

  • In the operator-owned telecom tower segment of the market studied, multiple mobile network operators (MNOs) are responsible for towers' construction, functioning, and maintenance. These services are being increasingly outsourced to third-party companies in emerging economies.
  • Between TowerCos nearing saturation of addressable markets and investible portfolios globally, combined with the growing tendency of MNOs to carve out and keep operator-led TowerCo, TowerCos are compelled to look beyond their core business of building, purchasing, and leasing vertical real estate to consider new assets and new services. Indeed, as per numerous TowerCo leaders, more than 50% of organic growth now originates from solutions beyond traditional macro towers and rooftops, encompassing lamp posts and building solutions.
  • Operators own over two million telecom towers, while third parties have constructed the rest. Furthermore, the emergence of operator-owned companies like Bharti Infratel (India), which offer telecom towers to other mobile network operators as their clients, has expanded the opportunities within the operator-owned telecom tower segment.
  • Tower ownership patterns vary from region to region. The operators in the Asia Pacific region prefer to value their towers as a key differentiator. In contrast, the United States tower market has witnessed a transformation in which most towers moved from mobile network operators (MNOs) to independent enterprises.
  • Mobile operators in countries like India frequently use joint partnerships or captive tower companies to own their towers. Regarding shared ownership among several operators, the operator-owned tower business model proved more effective than the mobile provider owning their tower subsidiary.
Telecom Towers - Market - IMG2

North America is Expected to Hold Major Share

  • The United States landscape is highly competitive, with numerous significant vendors vying for dominance. This intense competition is driven by the country's substantial demand for 5G telecommunications services, leading many companies to focus on expanding their operations to capitalize on this opportunity. The United States government has multiple major vendors engaging in partnerships, acquisitions, mergers, rollouts, and coalitions.
  • SBA Communications, a prominent tower provider in the United States, possesses approximately 10,000 towers and specializes in wireless communications. Additionally, the company has recently announced a significant long-term master lease agreement with DISH-this strategic partnership grants DISH access to SBA's extensive portfolio of wireless communications sites nationwide.
  • Moreover, the previous year, PG&E made a significant announcement concerning its agreement with SBA Communications Corporation to divest its license agreements with wireless providers. This strategic move allows SBA to retain its market presence and further grant access to the towers and structures to more wireless providers through sub-licensing.
  • Mobile wireless services are Canada's most significant and fastest-growing telecommunications industry in recent years. The upward trajectory is anticipated to persist as it witnesses the implementation of advanced technologies like the fifth-generation 5G network and the integration of innovative applications like the Internet of Things(IoT).
  • Bell Mobility, TCI, and RCCI (collectively, the national wireless carriers) exercise market power to offer retail mobile wireless services in all provinces of North America, such as Northwest Territories, Yukon, and Nunavut, except Saskatchewan, where SaskTel exercises individual market power.
  • Furthermore, the Province of Ontario and the Eastern Ontario Regional Network announced a partnership with the Government of Canada the previous year. Further, the initiatives aim to provide dependable wireless connectivity to 99% of residents and businesses in Eastern Ontario, effectively closing the cellular gap and significantly enhancing the region's safety, productivity, and overall quality of life. This effort reflects Roger's ongoing commitment to expanding its services and has resulted in improved connectivity for underserved communities, including remote and rural areas.

Telecom Towers Industry Overview

The telecom tower market's intensity of competition is moderately high and consists of several major players. Only some significant players currently dominate the market in terms of market share. These major players in the telecom tower market are expanding their customer base internationally through strategic collaborations and acquisitions of telecom tower startups. This has led to a moderately high market concentration, with a few dominant players benefiting from significant market share and profitability.

In October 2022, the American Tower Corporation's (American Tower) African operations (ATC Africa) and Airtel Africa PLC (Airtel Africa) together announced a multi-year, multi-product agreement in support of Airtel Africa's network rollout for leveraging ATC Africa's vast portfolio of communication sites across its footprint in Kenya, Niger, Nigeria, and Uganda for product development capabilities. The companies plan to significantly increase connectivity on the continent, provide digital inclusion to marginalized populations, and achieve their shared greenhouse gas (GHG) emission reduction goals through collaborative efforts.

In January 2022, The announcement of a new 12-year collaboration between T-Mobile US, Inc. and Crown Castle International Corp. would allow T-Mobile more access to Crown Castle's towers and small cell sites as the company expands its national 5G network. With the help of the deal, the Un-carrier may serve customers across the United States by further extending and broadening the coverage of the company's 5G network and generating financial synergies after its merger. Additionally, the deal assists Crown Castle in developing long-term income development from small cells and towers.

In January 2022, American Tower Corporation announced that it had officially acquired CoreSite Realty Corporation by merging one of its wholly-owned subsidiaries with CoreSite. In facilitating growth and raising the value of current tower real estate through upcoming computing opportunities, this acquisition is anticipated to use CoreSite's networked data center capabilities and cloud on-ramps.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Connecting/Improving Connectivity to Rural Areas
    • 5.1.2 Improving and Catering to Increasing Data Needs
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Environmental Concerns about Power Supply Systems to Towers
    • 5.2.2 Tower-sharing between Telecom Companies

6 TECHNOLOGY SNAPSHOT

  • 6.1 Discussed Key Trends In Telecom Industry - Infrastructure Sharing (Active And Passive)

7 MARKET SEGMENTATION

  • 7.1 By Fuel Type
    • 7.1.1 Renewable
    • 7.1.2 Non-renewable
  • 7.2 By Type of Tower
    • 7.2.1 Lattice Tower
    • 7.2.2 Guyed Tower
    • 7.2.3 Monopole Towers
    • 7.2.4 Stealth Towers
  • 7.3 By Installation
    • 7.3.1 Rooftop
    • 7.3.2 Ground-based
  • 7.4 By Ownership
    • 7.4.1 Operator-owned
    • 7.4.2 Joint Venture
    • 7.4.3 Private-owned
    • 7.4.4 MNO Captive
  • 7.5 By Geography
    • 7.5.1 North America
      • 7.5.1.1 United States
      • 7.5.1.2 Canada
    • 7.5.2 Europe
      • 7.5.2.1 United Kingdom
      • 7.5.2.2 Germany
      • 7.5.2.3 France
      • 7.5.2.4 Italy
      • 7.5.2.5 Spain
      • 7.5.2.6 Netherlands
      • 7.5.2.7 Sweden
      • 7.5.2.8 Switzerland
      • 7.5.2.9 Rest of Europe
    • 7.5.3 Asia-Pacific
      • 7.5.3.1 China
      • 7.5.3.2 India
      • 7.5.3.3 Japan
      • 7.5.3.4 South Korea
      • 7.5.3.5 Indonesia
      • 7.5.3.6 Vietnam
      • 7.5.3.7 Malaysia
      • 7.5.3.8 Philippines
      • 7.5.3.9 Australia & New Zealand
      • 7.5.3.10 Rest of Asia-Pacific
    • 7.5.4 Latin America
      • 7.5.4.1 Brazil
      • 7.5.4.2 Mexico
      • 7.5.4.3 Argentina
      • 7.5.4.4 Central America
      • 7.5.4.5 Columbia
      • 7.5.4.6 Rest of Latin America
    • 7.5.5 Middle East and Africa
      • 7.5.5.1 Saudi Arabia
      • 7.5.5.2 Egypt
      • 7.5.5.3 Algeria
      • 7.5.5.4 Nigeria
      • 7.5.5.5 South Africa
      • 7.5.5.6 Tanzania
      • 7.5.5.7 Morocco
      • 7.5.5.8 Rest of Middle East and Africa

8 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 8.1 Company Profiles
    • 8.1.1 American Tower Corporation
    • 8.1.2 Helios Towers Africa
    • 8.1.3 Indus Towers Limited (Bharti Infratel)
    • 8.1.4 China Tower Corporation
    • 8.1.5 SBA Communications Corporation
    • 8.1.6 AT&T Inc.
    • 8.1.7 Crown Castle International Corporation
    • 8.1.8 T-Mobile USA Inc.
    • 8.1.9 GTL Infrastructure Limited
    • 8.1.10 IHS Towers (IHS Holding Limited)
    • 8.1.11 Tawal Com SA
    • 8.1.12 CellnexTelecom
    • 8.1.13 Deutsche Funkturm
    • 8.1.14 First Tower Company
    • 8.1.15 Orange
    • 8.1.16 Telenor ASA
    • 8.1.17 Zong Pakistan
    • 8.1.18 Telkom Indonesia
    • 8.1.19 Telxius Telecom SA
    • 8.1.20 Telesites SAB de CV
    • 8.1.21 Grup TorreSur

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 FUTURE OF THE MARKET