デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403747

太陽光発電(PV)-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Solar Photovoltaic (PV) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 300 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
太陽光発電(PV)-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 300 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

太陽光発電市場規模は今年末の1.16テラワットから5年後には2.11テラワットに成長し、予測期間中のCAGRは12.78%に達すると予測されます。

Solar Photovoltaic-Market-IMG1

主要ハイライト

  • 中期的には、ソーラーパネルの価格と設置コストの低下とともに、政府の政策が好意的で太陽光発電システムの導入が増加していることが、予測期間中の世界の太陽エネルギー市場の成長を支えると思われます。
  • 逆に、風力やバイオエネルギーなど他の再生可能技術の成長などは、市場成長の妨げになると予想されます。
  • とはいえ、アフリカや東南アジアのような地域のいくつかの新興国政府が、オフグリッド用途や太陽電池モジュールの技術的進歩と相まって、遠隔地での100%電力アクセスを提供しようと努力していることは、近い将来に十分な機会を生み出すと予想されます。

太陽光発電市場の動向

地上設置型太陽光発電が市場を独占

  • 2022年、地上設置型太陽光発電は世界の太陽光発電容量の60%以上を占め、中国、米国、ドイツ、インドなどの国々が市場成長を牽引しています。
  • 地上設置型太陽光発電分野の優位性は、公益事業規模のプロジェクトの増加、太陽エネルギー目標、太陽光発電設備のコスト低下などの要因によるものと考えられます。
  • 世界各国は、化石燃料による発電への依存を減らし、エネルギーミックスを多様化するため、大規模な太陽光発電プロジェクトの開発を計画しています。
  • 2023年5月、英国の独立系電力会社Savannah Energy Plcの100%子会社であるSavannah Energy Niger Solar Ltd.は、ニジェール政府と2つの太陽光発電所を開発する覚書を交わしました。この発電所の設備容量は合計で最大200MWとなります。提案されている太陽光発電所は、ニジェールの電力網の南・中央部に接続されます。プロジェクトは来年認可を受け、今後2~3年で稼働を開始する予定です。
  • さらに米国では、公益事業規模の太陽光発電部門が設置容量で太陽光発電市場全体をリードしており、2022年の設置容量の60%近くを占めています。2028年までの今後5年間に予定されている太陽光発電プロジェクトは467件あり、その総額は980億米ドルに上ります。また、今後10年間で地上設置型太陽光発電プロジェクトに最も投資する米国の地域は、テキサス州(270億米ドル)、ニューヨーク州(70億米ドル)、インディアナ州(60億米ドル)、カリフォルニア州(60億米ドル)、オハイオ州(60億米ドル)、ネバダ州(60億米ドル)です。
  • 以上のことから、大規模太陽光発電プロジェクトの設置が増加している地上設置型太陽光発電は、予測期間中、圧倒的なシェアを占めると予想されます。
Solar Photovoltaic-Market-IMG2

アジア太平洋が市場を独占する

  • 2022年現在、アジア太平洋は世界最大の太陽光発電市場であり、世界の太陽光発電設備容量の大部分を占めています。2022年現在、中国、日本、インドがこの地域で最大の設置容量を持つ主要市場です。
  • 中国の太陽光発電産業は過去数年間、この地域のどの国よりも急速に成長してきました。2022年時点で、中国の太陽光発電設備容量は392.436GWに達し、前年比28.08%増となった。
  • 電力とエコエネルギーへの需要が高まる中、ニューデリー政府は2022年12月、野心的な「ソーラー政策2022」の草案を承認しました。この政策では、設置容量を2年後の2000万kWから6000万kWに修正します。この政策は、太陽光発電システムの利点に関する情報を提供する、Delhi Solar Cellが管理する統一された単一窓口の州ポータルの創設を目指しています。
  • さらに、2022年3月には、アリババグループの物流部門であるCainiao Networkが、中国国内の保税倉庫に設置された屋上ソーラーパネルで発電された分散型太陽光発電の電力利用を開始しました。同社は10万平方メートルの倉庫の屋根に太陽光発電システムを設置し、786万2,000kWのエネルギーを蓄えることができ、年間発電量は毎時800万キロワットを超え、これは3,000軒以上の家庭の電力を賄うのに十分な量です。太陽光発電システムで発電された電力は、Cainiaoの倉庫業務に十分な電力となり、余剰電力はグリッドに転用されます。さらに、Cainiaoとそのパートナーは今年、合計50万平方メートルに及ぶCainiaoの保税倉庫に屋上太陽光発電システムを設置する予定です。
  • 今後予定されている太陽光発電プロジェクト、政府による支援政策、太陽光発電モジュールや関連システムのコスト低下といった要因が、予測期間中に同地域の太陽光発電市場を牽引すると見られています。

太陽光発電産業概要

太陽光発電市場は、その性質上細分化されています。同市場で事業を展開する主要企業(順不同)には、SunPower Corporation、JinkoSolar Holding、Canadian Solar Inc.、Trina Solar Ltd、JA Solar Holdingsなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場概要

  • イントロダクション
  • 2028年までの太陽光発電設置容量と予測(単位:GW)
  • 2022年までの太陽光発電年間出荷量(GW)
  • 2022年、技術別太陽光発電出荷シェア(%)
  • 2022年までの太陽光発電モジュール平均販売価格(米ドル/W)
  • 2022年までの太陽光発電導入コスト(米ドル/kW):主要国別
  • 太陽光発電の平均電力コスト:主要国別、2022年
  • 主要プロジェクト情報
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 市場力学
    • 促進要因
      • 有利な政府政策と太陽光発電システム導入の増加
      • 電気料金の高騰による自家消費用太陽光発電システムの導入促進
    • 抑制要因
      • 風力やバイオエネルギーなど他の再生可能技術の成長
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • 薄膜
    • マルチSi
    • モノSi
  • エンドユーザー
    • 住宅用
    • 商業用
    • 公益事業
  • 展開
    • 地上設置型
    • 屋上設置型ソーラー
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他の北米地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他のアジア太平洋
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • First Solar Inc.
    • Sharp Corporation
    • Suntech Power Holding Co. Ltd.
    • JinkoSolar Holding Co. Ltd.
    • JA Solar Holdings Co. Ltd.
    • Trina Solar Ltd.
    • Hanwha Q Cells Co. Ltd.
    • Acciona SA
    • Canadian Solar Inc.
    • SunPower Corporation
    • LONGi Green Energy Technology Co. Ltd.

第7章 市場機会と今後の動向

  • アフリカや東南アジアなどの新興国における、100%電力アクセスを提供するための複数の政府による取り組み
目次
Product Code: 50109
Solar Photovoltaic (PV) - Market - IMG1

The Solar Photovoltaic (PV) Market size is expected to grow from 1.16 terawatt by the end of this year to 2.11 Terawatt after five years, at a CAGR of 12.78% during the forecast period.

Key Highlights

  • Over the medium term, favorable government policies and increasing adoption of solar PV systems, with the declining price of solar panels and installation costs, will likely support the growth of the global solar energy market during the forecast period.
  • Conversely, factors like the growth of other renewable technologies, such as wind and bioenergy, are expected to hinder market growth.
  • Nevertheless, the efforts by several governments across emerging nations in the regions like Africa and Southeast Asia to provide 100% electricity access in remote areas coupled with off-grid applications and technological advancements in solar PV modules are expected to create ample opportunities in the near future.

Solar Photovoltaic Market Trends

Ground-mounted Solar PV to Dominate the Market

  • In 2022, ground-mounted solar PV accounted for more than 60% of the global solar PV capacity, with countries like China, the United States, Germany, and India leading the market growth.
  • The ground-mounted solar PV segment's dominance can be attributed to the factors such as the increasing number of utility-scale projects, solar energy targets, and declining costs of solar PV installations.
  • Countries worldwide plan to develop large-scale solar PV projects to reduce their reliance on fossil fuel-based power generation and diversify their energy mix.
  • In May 2023, Savannah Energy Niger Solar Ltd., the wholly-owned subsidiary of British independent power company Savannah Energy Plc, signed a memorandum of agreement (MoA) with the Niger government to develop two solar photovoltaic power plants. The power facilities will have a combined installed power capacity of up to 200 MW. The proposed solar plants will be connected to the South-Central section of Niger's electricity grid. The projects will likely receive sanctions next year and achieve operational status over next two to three years.
  • Moreover, in the United States, the utility-scale solar PV sector has led the overall solar market regarding installed capacity, accounting for nearly 60% of installed capacity in 2022. There are 467 solar projects slated for the next five years until 2028, with a total value of USD 98 Billion. Also, the regions in the USA spending the most on Ground-mounted solar power projects over the next ten years are Texas (USD 27 billion), New York (USD 7 billion), Indiana (USD 6 billion), California (USD 6 billion), Ohio (USD 6 billion), and Nevada (USD 6 billion).
  • Therefore, owing to the above points, the increasing installations of large-scale utility solar PV projects are expected to make ground-mounted solar PV a dominating segment during the forecast period.
Solar Photovoltaic (PV) - Market - IMG2

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • As of 2022, Asia-Pacific was the largest solar PV market globally, accounting for a major share of the global installed solar PV capacity, and it is expected to continue its dominance during the forecast period. China, Japan, and India were the key markets in the region with the largest installed capacities as of 2022.
  • The Chinese solar photovoltaic industry has grown faster than any other country in the region over the past few years. As of 2022, China's solar PV installed capacity reached 392.436 GW, representing an increase of 28.08% compared to the previous year's value.
  • With the increasing demand for electricity and green energy, in December 2022, the New Delhi Government approved the draft of its ambitious Solar Policy 2022, which revises the installed capacity of 6,000 MW from 2,000 MW in two years; the policy aims to create a unified single-window state portal managed by the Delhi Solar Cell that will provide information on the benefits of solar PV systems.
  • Moreover, in March 2022, Alibaba Group's logistics arm Cainiao Network started to use distributed solar power generated by rooftop solar panels installed in its bonded warehouses in China to power its operations. The company had installed the PV power generation systems on 100,000 square meters of warehouse rooftops that can store 7.862 MW of energy, with an annual power output of over 8 million kilowatts per hour, enough to power more than 3,000 homes. The power generated by the solar power system will be sufficient to power Cainiao's warehouse operations, and excess electricity will be diverted to the grid. Further, Cainiao and its partners expect to install rooftop PV generation systems on Cainiao's bonded warehouses spanning a combined 500,000 square meters, this year.
  • Factors such as upcoming solar PV projects, supportive government policies, and declining costs of solar PV modules and associated systems are expected to drive the solar PV market in the region during the forecast period.

Solar Photovoltaic Industry Overview

The solar photovoltaic (PV) market is fragmented in nature. Some of the major players operating in the market (in no particular order) include SunPower Corporation, JinkoSolar Holding Co. Ltd., Canadian Solar Inc., Trina Solar Ltd, and JA Solar Holdings Co. Ltd, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Solar Photovoltaic (PV) Installed Capacity and Forecast in GW, till 2028
  • 4.3 Annual Solar PV Shipments in GW, till 2022
  • 4.4 Share of Solar PV Shipments (%), by Technology, 2022
  • 4.5 Average Selling Price of Solar PV Modules in USD/W, till 2022
  • 4.6 Utility-Scale Solar PV Installation Cost in USD/kW, by Major Countries, 2022
  • 4.7 Solar PV Average Electricity Cost, by Major Countries, 2022
  • 4.8 Information on Key Projects
  • 4.9 Recent Trends and Developments
  • 4.10 Government Policies and Regulations
  • 4.11 Market Dynamics
    • 4.11.1 Drivers
      • 4.11.1.1 Favorable Government Policies and Increasing Adoption of Solar PV Systems
      • 4.11.1.2 Soaring Electricity Prices Incentivized Installing Solar PV Systems for Self-Consumption
    • 4.11.2 Restraints
      • 4.11.2.1 The Growth of Other Renewable Technologies Such as Wind and Bioenergy
  • 4.12 Supply Chain Analysis
  • 4.13 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.13.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.13.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.13.3 Threat of New Entrants
    • 4.13.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.13.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Thin film
    • 5.1.2 Multi-Si
    • 5.1.3 Mono-Si
  • 5.2 End-User
    • 5.2.1 Residential
    • 5.2.2 Commercial
    • 5.2.3 Utility
  • 5.3 Deployment
    • 5.3.1 Ground-mounted
    • 5.3.2 Rooftop Solar
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States of America
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Rest of North America
    • 5.4.2 Asia-Pacific
      • 5.4.2.1 China
      • 5.4.2.2 India
      • 5.4.2.3 Japan
      • 5.4.2.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 France
      • 5.4.3.4 Italy
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 United Arab Emirates
      • 5.4.5.3 South Africa
      • 5.4.5.4 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 First Solar Inc.
    • 6.3.2 Sharp Corporation
    • 6.3.3 Suntech Power Holding Co. Ltd.
    • 6.3.4 JinkoSolar Holding Co. Ltd.
    • 6.3.5 JA Solar Holdings Co. Ltd.
    • 6.3.6 Trina Solar Ltd.
    • 6.3.7 Hanwha Q Cells Co. Ltd.
    • 6.3.8 Acciona SA
    • 6.3.9 Canadian Solar Inc.
    • 6.3.10 SunPower Corporation
    • 6.3.11 LONGi Green Energy Technology Co. Ltd.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 The Efforts by Several Governments Across the Emerging Nations in the Regions Like Africa and Southeast Asia to Provide 100% Electricity Access