デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403099

モノのインターネット(IoT):市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測

Internet Of Things (IoT) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.94円
モノのインターネット(IoT):市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

モノのインターネット市場規模は2024年に1兆1,700億米ドルと推定され、2029年には2兆3,700億米ドルに達し、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは15.12%で成長すると予測されています。

Internet Of Things(IoT)-Market-IMG1

COVID-19パンデミックの間、市場のベンダーはいくつかの組織と協力し、医療機関が効果的に危機を克服できるよう、新たなテクノロジーを駆使したソリューションを提供しています。例えば、1月末、上海公衆衛生臨床センター(SPHCC)は、カリフォルニアを拠点とするコネクテッドヘルス新興企業VivaLNKの連続体温測定装置をCOVID-19患者のモニタリングに使用し、介護者がウイルスに暴露されるリスクを低減しました。

主なハイライト

  • IoT技術は、様々な組織にとってデジタル変革の要であり、新たなビジネスモデルを構築し追跡することで、既存のプロセスをアップグレードする力を与えています。企業やサービスプロバイダーは、IoTをデジタル変革を強化し、業務効率を向上させる重要なイネーブラと考えています。製造、自動車、ヘルスケアなどのエンドユーザー産業でIoT技術の採用が拡大していることが、市場の成長を積極的に後押ししています。伝統的な製造業がデジタルトランスフォーメーションの最中にある中、IoTはインテリジェントな接続性という次の産業革命に拍車をかけています。これにより、産業界はシステムや機械の複雑化するプロセスへの取り組み方を変え、効率の向上やダウンタイムの短縮を図っています。
  • インダストリー4.0とIoTは、スマート・ファクトリー・オートメーションとして知られる、ロジスティクス・チェーン全体の開発、生産、管理のための新しい技術的アプローチの中心となっています。インダストリー4.0とIoTの受け入れによる製造業の大規模なシフトは、ロボティクスで人間労働を補完・拡張し、プロセスの失敗による産業事故を減らす技術で生産を進めるために、俊敏でよりスマートで革新的な方法を採用することを企業に要求しています。コネクテッド・デバイスやセンサーの採用率が高く、M2M通信が可能になったことで、製造業で生成されるデータ・ポイントが急増しています。これらのデータポイントは、材料が1つの工程サイクルを通過するのにかかる時間を表す指標から、自動車産業における材料応力能力の計算のような高度なものまで、さまざまな種類があります。
  • ZebraのManufacturing Vision Studyによると、IoTとRFIDに基づくスマート資産追跡ソリューションは、2022年までに従来のスプレッドシートベースの手法を追い抜くと予想されています。産業用IoT(IIoT)企業であるマイクロソフト社の調査によると、85%の企業が少なくとも1つのIIoTユースケースプロジェクトを実施しています。回答者の94%が2021年にIIoT戦略を実施すると主張していることから、この数字は増加する可能性があります。
  • フィールドデバイス、センサー、ロボットの進歩は、市場の範囲をさらに拡大すると予想されます。IoT技術は製造業の労働力不足を克服しつつあります。より多くの組織にとって、ロボット化のようなインダストリー4.0技術の活用は日常業務の一部となっています。国際ロボット連盟によると、協働ロボットの市場は2年後に123億米ドルに達すると予想されています。インテリジェント・ロボットは労働者と一緒に働き、ほとんどの工場労働者がプログラムすることができ、最も定型的で面倒な作業を引き受け、正確に納品します。
  • ロボットは訓練が容易で、潜在的に危険な状況で人間の代わりに作業することで、人間にとって職場環境をより安全なものにするため、製造業での利用が増加しています。高度な訓練が可能で協働作用を持つロボットは、危険な状況や適さない状況でも人間と交代することで、人間にとってより安全な職場環境を提供します。例えば、採掘現場で使用される自律走行ダンプトラックは、オペレーターが遠隔操作できるため、人間の運転手が不要になります。

モノのインターネット(IoT)市場動向

小売セグメントが著しい成長を遂げる

  • 小売業界では、加盟店と最終消費者の双方がコネクテッド・デバイスの利用を促進しています。eコマースの利用や可処分所得の増加がスーパーマーケットやハイパーマーケットの成長を支えています。ソフトウェアの使用とデジタル化は、必要なインターネットアクセスとともに、市場カテゴリーにおけるIoTデバイスの市場可能性を提示しています。
  • IoTはまた、貯蔵施設の在庫補充など、いくつかの領域で大きく変遷すると予想されています。大手電機メーカーは、サムスンやLGをはじめ、チーズや牛乳など、少なくなった商品を自動的に再注文できるコネクテッド冷蔵庫のような製品をリリースしています。
  • さらに、スマートフォンの普及が進み、オンライン・ショッピングが容易になったため、eコマース・プラットフォームの利用が増加しています。データ分析とアナリティクス統合のニーズが高まっているため、市場の成長が見込まれています。
  • 小売業者にとってのIoTの重要なアプリケーションには、サプライチェーン、コネクテッドコンシューマー、スマートストアアプリケーションなどがあります。小売業者はIoT対応ソリューションに注目し、顧客エンゲージメントの向上と収益の増加、コスト削減に役立てています。
Internet Of Things(IoT)-Market-IMG2

北米が著しい成長を遂げる

  • コネクテッドカーの導入、スマートエネルギーを活用したプロジェクト、ホームオートメーション、スマート製造業への注力などが、この地域の重要な収益を生み出すエンドユーザー産業におけるIoTの役割拡大を後押ししています。北米はこの点で重要な市場である可能性が高いです。この地域におけるIoTの拡大も、産業分野全体にわたる急速なデジタル化と技術的ブレークスルーに助けられています。
  • SAS Softwareのような企業がIoTベースのAIの次の波として推進しているAIとIoTの融合は、米国の製造業を変えつつある現在の技術から生まれると予想される将来技術のひとつです。米国では現在、公益事業部門が激しいプレッシャーにさらされています。米国エネルギー情報局は、再生可能資源による国内エネルギー生産が劇的に拡大しているにもかかわらず、世界のエネルギー需要は17年に48%増加すると予測しています。
  • この地域は、デプロイメントに柔軟性とパフォーマンスを与えるコンテナベースのクラウドアプリケーションを採用したパイオニアです。集中型またはエッジ型のIoTデプロイは、コンテナベースのクラウドデプロイメントに慣れてきています。例えば、VMwareはKubernetesのコンテナ配布を制御するクラウドプラットフォーム、VMware Tanzuを発表しました。
  • さらに、この地域には画期的なIoTチップ・ソリューションを開発する新興企業が数多く存在します。例えば、米国の新興企業Wiliotは、製造、マテリアルリサイクル、小売、資産流通のために、バッテリーを必要としないBluetooth技術に基づくIoTチップを作成しています。これらのブルートゥース・タグには、センサー、低消費電力プロセッサー、電波ベースのエネルギーハーベスティング回路が組み込まれています。新興企業が使用する電池不要の技術は、はるかに低価格を実現しています。

モノのインターネット(IoT)産業の概要

モノのインターネット(IoT)市場は、国内外の市場で多くの大企業や中小企業が活動しているため、競争が激しいです。技術の存在感が高いため、市場は断片化されているようです。製品の革新とM&Aは、市場参入企業の代表的な2つの重要な手法です。Oracle Corporation、Cisco Systems Inc.、Google Inc.、IBM Corporation、Microsoft Corporationなどが市場参入企業の主な例です。

2023年4月、クアルコムは、新しい産業用アプリケーションを実現し、IoTエコシステムの拡大を支援する最先端のIoTソリューションを発表しました。最新のIoTソリューションは、スマートビルディング、企業、小売、産業オートメーションなどの幅広いIoT使用事例向けに、優れたパフォーマンス、高度な接続性、次世代処理を提供します。

テキサス・インスツルメンツ(TI)は2022年11月、モノのインターネット(IoT)アプリケーションにおけるMatterプロトコルの採用を効率化する、Wi-FiおよびThread SimpleLinkワイヤレス・マイクロコントローラ(MCU)向けの新しいMatter対応ソフトウェア開発キットを発表しました。このソフトウェアは、TIがConnectivity Standards Allianceと密接に関わり、2.4GHzのコネクティビティ分野におけるイノベーションを基盤としています。エンジニアは、新しいソフトウェアとワイヤレスMCUを使用して、独自のエコシステム全体でデバイスとシームレスに接続する、超低消費電力でセキュアなバッテリー駆動のスマートホームおよび産業用オートメーションIoTアプリケーションを作成できます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の概要

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • 産業バリューチェーン分析
  • 規制の枠組み
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • コネクテッドデバイスの採用増加と技術の普及
    • データ分析の急成長と技術進歩
  • 市場抑制要因
    • データのセキュリティとプライバシー、デバイスの接続性と相互運用性に関する問題

第6章 IoTの使用事例

第7章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア/プラットフォーム
    • コネクティビティ
    • サービス
  • エンドユーザー産業別
    • 製造業
    • 運輸
    • ヘルスケア
    • 小売
    • エネルギー・ユーティリティ
    • 住宅産業
    • その他エンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第8章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Robert Bosch GmbH
    • Google Inc.
    • Cisco Systems Inc.
    • PTC Inc.
    • Siemens AG
    • Honeywell International Inc.
    • Koninklijke Philips NV
    • Aeris Communications Inc.
    • Amazon Web Services Inc.
    • IBM Corporation
    • Microsoft Corporation
    • General Electric Company
    • Fujitsu Ltd
    • Oracle Corporation
    • SAP SE
    • AT&T Inc.
    • Wipro Ltd

第9章 投資分析

第10章 市場の将来

目次
Product Code: 48927
Internet Of Things (IoT) - Market - IMG1

The Internet Of Things Market size is estimated at USD 1.17 trillion in 2024, and is expected to reach USD 2.37 trillion by 2029, growing at a CAGR of 15.12% during the forecast period (2024-2029).

During the COVID-19 pandemic, the vendors in the market are collaborating with several organizations to offer emerging technology-enabled solutions to healthcare organizations to help them overcome the crisis effectively. For instance, at the end of January, the Shanghai Public Health Clinical Center (SPHCC) used the California-based connected health startup VivaLNK's continuous temperature measuring device to monitor COVID-19 patients, reducing the risks of caregivers being exposed to the virus.

Key Highlights

  • IoT technology is the keystone for various organizations to digitally transform, thus empowering them to upgrade the existing processes by creating and tracking new business models. Enterprises and service providers have considered IoT the key enabler to augment digital transformation and unlock operational efficiencies. The growing adoption of IoT technology across end-user industries, such as manufacturing, automotive, and healthcare, is positively driving the market's growth. With the traditional manufacturing sector amid a digital transformation, IoT is fueling the next industrial revolution of intelligent connectivity. This is changing how industries approach increasingly complex processes of systems and machines to improve efficiency and reduce downtime.
  • Industry 4.0 and IoT are central to new technological approaches for developing, producing, and managing the entire logistics chain, otherwise known as smart factory automation. Massive shifts in manufacturing due to Industry 4.0 and the acceptance of IoT require enterprises to adopt agile, smarter, and innovative ways to advance production with technologies that complement and augment human labor with robotics and reduce industrial accidents caused by process failure. With the high rate of adoption of connected devices and sensors and the enabling of M2M communication, there has been a surge in data points generated in the manufacturing industry. These data points can be of various kinds, ranging from a metric describing the time taken for the material to pass through one process cycle to a more advanced one, such as calculating the material stress capability in the automotive industry.
  • According to Zebra's Manufacturing Vision Study, smart asset tracking solutions based on IoT and RFID are expected to overtake traditional, spreadsheet-based methods by 2022. A study by the Industrial IoT (IIoT) company Microsoft Corporation found that 85% of companies have at least one IIoT use case project. This number may increase, as 94% of respondents claimed they would implement IIoT strategies in 2021.
  • The advancements in field devices, sensors, and robots are expected to expand the scope of the market further. IoT technologies are overcoming the labor shortage in the manufacturing sector. For more and more organizations, using Industry 4.0 technologies, like robotization, is part of day-to-day operations. According to the International Federation of Robotics, the market for collaborative robots is expected to reach USD 12.3 billion in two years. Intelligent robots work alongside workers and can be programmed by most factory workers to take on the most routine, tedious tasks and deliver accurately.
  • They are increasingly used in the manufacturing industry as they are easy to train and make workplace environments safer for humans by taking their place in potentially dangerous situations. Highly trainable and collaborative, robots also deliver safer working environments for humans by switching places with them in dangerous or unsuitable situations. For instance, autonomous dump trucks used at mining sites can be remotely controlled by operators, eliminating the need for human drivers.

Internet of Things (IoT) Market Trends

The Retail Segment to Witness a Significant Growth

  • Both merchants and the end consumers it serves have boosted their use of connected devices in the retail industry. The use of e-commerce and the rise in disposable income support the growth of supermarkets and hypermarkets. The usage of software and digitalization, along with the required internet access, presents a market potential for IoT devices in the market category.
  • IoT is also anticipated to transition significantly in several domains, including replenishing inventory in storage facilities. Major electronics producers are releasing products like connected refrigerators that can automatically reorder cheese, milk, or any other item that is running low, including Samsung and LG.
  • Moreover, there is an increase in the use of e-commerce platforms owing to the growing smartphone penetration and the ease of online shopping. Due to the increasing need for data analysis and analytics integration, the market is expected to grow.
  • The critical applications of IoT for retailers include the supply chain, connected consumers, and smart-store applications. Retailers are turning to IoT-enabled solutions, as they help them improve customer engagement while increasing revenues and reducing costs.
Internet Of Things (IoT) - Market - IMG2

North America to Witness a Significant Growth

  • The deployment of connected vehicles, projects utilizing smart energy, home automation, and a focus on smart manufacturing are driving the expanding role of IoT among the region's crucial revenue-generating end-user industries. North America is likely a significant market in this regard. The expansion of IoT in this area has also been aided by fast digitalization across industry sectors and technological breakthroughs.
  • The convergence of AI and IoT, promoted by firms like SAS Software as the next wave of IoT-based AI, is among the future technologies that are anticipated to arise out of the present technologies that are altering manufacturing in the United States. The utility sector is currently under intense pressure in the US. The US Energy Information Administration predicted worldwide energy demand will increase by 48% in 17 years, even though domestic energy production from renewable resources has expanded dramatically.
  • The area is a pioneer in adopting container-based cloud applications that give deployments more flexibility and performance. Any centralized or edge IoT deployment is becoming accustomed to container-based cloud deployments. For instance, VMware introduced VMware Tanzu, a cloud platform that controls Kubernetes' container distribution.
  • Additionally, the region is home to many startups developing ground-breaking IoT chip solutions. For example, a US startup, Wiliot, creates IoT chips based on Bluetooth technology without needing batteries for manufacturing, material recycling, retail, and asset distribution. These Bluetooth tags incorporate sensors, a low-power processor, and radio wave-based energy harvesting circuitry. The battery-free technology used by the startup offers much lower prices.

Internet of Things (IoT) Industry Overview

The Internet of Things (IoT) market is highly competitive owing to many large and small players operating in the domestic and international markets. Due to the high presence of technology, the market seems to be fragmented. Product innovation and mergers and acquisitions are two important methods the leading market participants use. Oracle Corporation, Cisco Systems Inc., Google Inc., IBM Corporation, and Microsoft Corporation are a few of the market's main participants.

In April 2023, Qualcomm introduced cutting-edge IoT solutions to enable new industrial applications and help scale the IoT ecosystem. The latest IoT solutions deliver superior performance, advanced connectivity, and next-gen processing for a wide range of IoT use cases for smart buildings, enterprises, retail, and industrial automation.

In November 2022, Texas Instruments (TI) introduced new Matter-enabled software development kits for Wi-Fi and Thread SimpleLink wireless microcontrollers (MCUs) that will streamline the adoption of the Matter protocol in the Internet of Things (IoT) applications. The software builds on TI's close involvement with the Connectivity Standards Alliance and innovation in the 2.4-GHz connectivity space, where engineers can use the new software and wireless MCUs to create ultra-low-power and secure, battery-powered smart home and industrial automation IoT applications that seamlessly connect with devices across proprietary ecosystems.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGTHS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Regulatory Framework
  • 4.5 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Adoption of Connected Devices and Technology Proliferation
    • 5.1.2 Rapid Growth and Technological Advancements in Data Analytics
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Issues Related to Security and Privacy of Data and Connectivity of Devices and Interoperability

6 USE CASES OF IoT

7 MARKET SEGMENTATION

  • 7.1 By Component
    • 7.1.1 Hardware
    • 7.1.2 Software/Platform
    • 7.1.3 Connectivity
    • 7.1.4 Services
  • 7.2 By End-user Industry
    • 7.2.1 Manufacturing
    • 7.2.2 Transportation
    • 7.2.3 Healthcare
    • 7.2.4 Retail
    • 7.2.5 Energy and Utilities
    • 7.2.6 Residential
    • 7.2.7 Other End-user Industries
  • 7.3 By Geography
    • 7.3.1 North America
    • 7.3.2 Europe
    • 7.3.3 Asia Pacific
    • 7.3.4 Latin America
    • 7.3.5 Middle East and Africa

8 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 8.1 Company Profiles
    • 8.1.1 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 8.1.2 Robert Bosch GmbH
    • 8.1.3 Google Inc.
    • 8.1.4 Cisco Systems Inc.
    • 8.1.5 PTC Inc.
    • 8.1.6 Siemens AG
    • 8.1.7 Honeywell International Inc.
    • 8.1.8 Koninklijke Philips NV
    • 8.1.9 Aeris Communications Inc.
    • 8.1.10 Amazon Web Services Inc.
    • 8.1.11 IBM Corporation
    • 8.1.12 Microsoft Corporation
    • 8.1.13 General Electric Company
    • 8.1.14 Fujitsu Ltd
    • 8.1.15 Oracle Corporation
    • 8.1.16 SAP SE
    • 8.1.17 AT&T Inc.
    • 8.1.18 Wipro Ltd

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 FUTURE OF THE MARKET