市場調査レポート
商品コード
1384227

データセンター市場の規模とシェア分析-2029年までの動向と予測

Data Center Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts Up to 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 317 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
データセンター市場の規模とシェア分析-2029年までの動向と予測
出版日: 2023年11月03日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 317 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

データセンター市場のCAGRは10.90%と予測

主なハイライト

  • IT負荷容量:データセンター市場のIT負荷容量は着実に成長し、2029年までに71,965.5MWに達すると予測されます。
  • 上げ床面積:国内の延床面積は、2029年までに2億8,420万平方フィートに増加する見込み。
  • 設置ラック:設置ラック数は2029年までに1,420万6,878ユニットに達すると予想されます。北米が2029年までに最大数のラックを設置すると予想されます。
  • DC施設:コロケーション・データセンター施設は全世界に3346カ所あります。北米が地域別で最も高いシェアを占めています。ファイバー接続の発展、電力供給の信頼性向上、エンドユーザーからのデータセンターサービスに対する高い需要が、先進地域や発展途上地域でのDC建設を増加させています。
  • 主要市場参入企業Digital Realty Trust Inc.は、データセンター市場で競合他社に比べ8.5%の高い市場シェアを持つ。同社は現在、2,697.05MWのIT負荷容量で稼働しており、予測期間中に容量を拡大する見込みです。

データセンター市場の動向

ティア3が最大のティアタイプ

  • 現在、ティア3セグメントが市場で大きなシェアを占めています。これらのティアの稼働率は約99.982%で、ダウンタイムは年間1.6時間です。エッジ接続やクラウド接続の採用が増加していることから、ティア3セグメントは今後さらに成長すると予想されます。
  • 2022年のIT負荷容量は6,857.78MWで、欧州がトップシェアを占めています。英国はティア3データセンターの数が最も多く、スラウとグレーター・ロンドンが大きなシェアを占めています。アイルランドでは、ダブリンがティア3施設の98%以上を抱える唯一の地域で、北ダブリンと南ダブリンが大きなシェアを占めています。欧州のティア3セグメントは、2023年の7,979.69MWから2029年には12,110.18MWまで、CAGR7.20%で成長すると予想されます。
  • ティア4セグメントは予測期間中にCAGR 16.2%を記録すると予想されます。様々な先進諸国は、すべてのコンポーネントの完全なフォールトトレランスと冗長性という利点を得るために、ティア4認証の採用に注力しています。そのため、多くの発展途上地域もティア4ゾーンを採用しています。米国では、エネルギーミックスの20%以上が再生可能エネルギーで占められており、2030年には50%に達すると予想されています。開発中のデータセンター施設の大半は、ITパワーを増強しています。
  • 全トラフィックの70%以上がサーバーからサーバーへ移動するため、ティア1&2セグメントの伸びは最も小さいです。最近のアプリケーションは、データセンター内をより高速で移動するため、より多くのデータを必要とし、レイテンシーへのこだわりが強くなっています。ティア1&2データセンターは最小限の成長しか見込めないため、IT負荷が最小限の中小企業向け施設にのみ成長が見込まれます。
Data Center Market-IMG2

北米が最大の地域

  • データセンター市場は、北米、欧州、アジア太平洋に集中しています。バージニア州北部は米国最大のデータセンター・ホットスポットであり、2022年のデータセンター設置容量の13.07%以上を占める。しかし、市場はすでに成熟期を迎えているため、今後の市場シェアは2029年まで減少傾向を示すと予想されます。バージニア州は、法定投資および雇用要件を満たすデータセンターが購入する適格コンピュータ機器に対して、小売売上税および使用税の免除を提供しています。バージニア州は、コロケーション・データセンターのテナントが消費税免除の恩恵を受けられるようにした最初の州です。また、バージニア州はファイバーバックボーンが密集している利点もあります。バージニアビーチは4本の新しい大洋横断ファイバー接続ケーブルの着地点です。
  • 欧州では、フランクフルト、ロンドン/スロー、アムステルダム、パリ、ダブリンなどFLAP-Dのメトロ市場に市場が集中しています。ロンドンの地価は1平方フィート当たり約150米ドルです。ロンドンの地価が高いため、地価の安い他の都市に投資がシフトすると予想されます。例えば、アムステルダムはFLAPデータセンター市場で施設を建設するための土地価格が安く、1平方フィート当たり38米ドルです。
  • アジア太平洋では、オーストラリアがデータセンターの成長で顕著な国のひとつです。同国は再生可能エネルギーに力を入れており、データセンターの主要拠点となっています。シドニーは現在、ニューサウスウェールズ州の風力発電所と太陽光発電所から発電された100%再生可能エネルギーを使用しています。メルボルンでは、ビクトリア州政府が同地域のAIスタートアップ開発を支援するために9,500万米ドルを確保しています。技術開発拠点の増加に伴い、データセンターの需要は大幅に増加すると予想されます。
Data Center Market-IMG3

データセンター業界概要

データセンター市場は細分化されており、上位5社で26.99%を占めています。この市場の主要企業は、CyrusOne Inc.、Digital Realty Trust, Inc.、Equinix, Inc.、Switch、Vantage Data Centers, LLC(アルファベット順)です。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 エグゼクティブサマリーと主な調査結果

第2章 レポートのオファー

第3章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲
  • 調査手法

第4章 市場展望

  • IT負荷容量
  • 床面積
  • コロケーション収入
  • 設置ラック数
  • ラックスペース利用率
  • 海底ケーブル

第5章 主要業界動向

  • スマートフォンユーザー数
  • スマートフォン1台あたりのデータトラフィック
  • モバイルデータ通信速度
  • ブロードバンドデータ速度
  • 光ファイバー接続ネットワーク
  • 規制の枠組み
  • バリューチェーンと流通チャネル分析

第6章 市場セグメンテーション

  • データセンターの規模
    • 大規模
    • 超大規模
    • 中規模
    • 非常に大規模
    • 小規模
  • ティアタイプ
    • ティア1と2
    • ティア3
    • ティア4
  • 吸収
    • 非利用
    • 利用
      • コロケーションタイプ別
      • ハイパースケール
      • 小売
      • 卸売り
      • エンドユーザー別
      • BFSI
      • クラウド
      • eコマース
      • 政府機関
      • 製造業
      • メディア&エンターテイメント
      • 通信
      • その他エンドユーザー
  • 地域
    • アジア太平洋
    • アフリカ
    • 欧州
    • 中東
    • 北米
    • 南米

第7章 競合情勢

  • 市場シェア分析
  • 企業情勢
  • 企業プロファイル
    • AirTrunk Operating Pty Ltd.
    • Chindata Group Holdings Ltd.
    • CyrusOne Inc.
    • Cyxtera Technologies
    • Digital Realty Trust, Inc.
    • Equinix, Inc.
    • Flexential Corp.
    • NTT Ltd.
    • Quality Technology Services
    • Space DC Pte Ltd.
    • Switch
    • Vantage Data Centers, LLC

第8章 CEOへの主な戦略的質問

第9章 付録

  • 世界概要
    • 概要
    • ファイブフォース分析フレームワーク
    • 世界のバリューチェーン分析
    • 世界市場規模とDRO
  • 情報源と参考文献
  • 図表リスト
  • 主要洞察
  • データパック
  • 用語集
目次
Product Code: 46902

The Data Center Market is projected to register a CAGR of 10.90%

Key Highlights

  • IT Load Capacity: The IT load capacity of the data center market will have steady growth and is expected to reach 71,965.5 MW by 2029.
  • Raised Floor Space: The total raised floor area of the country is expected to increase to 284.2 million sq. ft by 2029.
  • Installed Racks: The number of installed racks is expected to reach 14,206,878 units by 2029. North America is expected to house the maximum number of racks by 2029.
  • DC Facilities: There are 3346 colocation data center facilities across the world. North America holds the highest market share among regions. The development of fiber connectivity, increasing reliability in power supply, and high demand for data center services from end users are increasing DC construction in the developed and developing regions.
  • Leading Market Player: Digital Realty Trust Inc. has the highest market share of 8.5% compared to its competitors in the data center market. The company currently operates at an IT load capacity of 2,697.05 MW and is expected to increase its capacity during the forecast period.

Data Center Market Trends

Tier 3 is the largest Tier Type

  • The tier 3 segment currently holds a major share of the market. These tiers have an uptime of around 99.982%, translating into a downtime of 1.6 hours per year. With the increasing adoption of edge and cloud connectivity, the tier 3 segment is expected to grow further in the future.
  • Europe held a leading market share, with a 6,857.78 MW IT load capacity in 2022. The United Kingdom hosts the maximum number of tier 3 data centers, with Slough and Greater London holding a major share. In Ireland, Dublin is the only region that hosts more than 98% of the tier 3 facilities, with North and South Dublin holding a major share. The tier 3 segment in Europe is expected to grow from 7,979.69 MW in 2023 to 12,110.18 MW in 2029, at a CAGR of 7.20%.
  • The tier 4 segment is expected to record a CAGR of 16.2% during the forecast period. Various developed countries are focusing on adopting a Tier 4 certification to get the advantage of complete fault tolerance and redundancy for every component. Therefore, many developing regions are also adopting the tier 4 zone. In the United States, over 20% of the energy mix is contributed by renewable energy, which is expected to reach 50% by 2030. The majority of data center facilities under development are adding more IT power.
  • The tier 1 & 2 segment had the least growth as more than 70% of all traffic moves from server to server. Modern applications require significantly more data to travel within a data center at faster speeds and are more particular about latency. Since tier 1 & 2 data centers are projected to witness minimal growth, such growth is only expected from facilities that cater to SMEs with a minimal IT load.
Data Center Market - IMG2

North America is the largest Region

  • The data center market has been largely concentrated in North America, Europe, and Asia-Pacific. Northern Virginia is the largest data center hotspot in the United States, accounting for over 13.07% of the data center installed capacity in 2022. However, the future market share is expected to reflect a decreasing trend until 2029, as the market has already reached maturity. Virginia offers an exemption from retail sales and uses tax for qualifying computer equipment purchased by data centers that meet statutory investment and employment requirements. Virginia was the first state to allow the tenants of colocation data centers to receive the benefits of sales tax exemption. Virginia also benefits from densely packed fiber backbones. Virginia Beach is the landing point for four new transoceanic fiber connection cables.
  • In Europe, the market is concentrated in FLAP-D metro markets, including Frankfurt, London/Slough, Amsterdam, Paris, and Dublin. The land price in London is around USD 150 per sq. ft. Higher land costs in London are expected to shift investments to other cities with lower land prices. For instance, Amsterdam has a lower land price for building facilities in the FLAP data center market, which is USD 38 per sq. ft.
  • In Asia-Pacific, Australia is one of the prominent countries in terms of the growth of data centers. The country is a major hub for data centers due to its focus on renewable energy. Sydney is now powered using 100% renewable electricity generated from wind and solar farms in regional NSW. In Melbourne, the Victorian government has also set aside USD 95 million to support AI startup development in the region. With increasing technology development hubs, the demand for data centers is expected to increase significantly.
Data Center Market - IMG3

Data Center Industry Overview

The Data Center Market is fragmented, with the top five companies occupying 26.99%. The major players in this market are CyrusOne Inc., Digital Realty Trust, Inc., Equinix, Inc., Switch and Vantage Data Centers, LLC (sorted alphabetically).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 EXECUTIVE SUMMARY & KEY FINDINGS

2 REPORT OFFERS

3 INTRODUCTION

  • 3.1 Study Assumptions & Market Definition
  • 3.2 Scope of the Study
  • 3.3 Research Methodology

4 MARKET OUTLOOK

  • 4.1 IT Load Capacity
  • 4.2 Raised Floor Space
  • 4.3 Colocation Revenue
  • 4.4 Installed Racks
  • 4.5 Rack Space Utilization
  • 4.6 Submarine Cable

5 KEY INDUSTRY TRENDS

  • 5.1 Smartphone Users
  • 5.2 Data Traffic Per Smartphone
  • 5.3 Mobile Data Speed
  • 5.4 Broadband Data Speed
  • 5.5 Fiber Connectivity Network
  • 5.6 Regulatory Framework
  • 5.7 Value Chain & Distribution Channel Analysis

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Data Center Size
    • 6.1.1 Large
    • 6.1.2 Massive
    • 6.1.3 Medium
    • 6.1.4 Mega
    • 6.1.5 Small
  • 6.2 Tier Type
    • 6.2.1 Tier 1 and 2
    • 6.2.2 Tier 3
    • 6.2.3 Tier 4
  • 6.3 Absorption
    • 6.3.1 Non-Utilized
    • 6.3.2 Utilized
      • 6.3.2.1 By Colocation Type
      • 6.3.2.1.1 Hyperscale
      • 6.3.2.1.2 Retail
      • 6.3.2.1.3 Wholesale
      • 6.3.2.2 By End User
      • 6.3.2.2.1 BFSI
      • 6.3.2.2.2 Cloud
      • 6.3.2.2.3 E-Commerce
      • 6.3.2.2.4 Government
      • 6.3.2.2.5 Manufacturing
      • 6.3.2.2.6 Media & Entertainment
      • 6.3.2.2.7 Telecom
      • 6.3.2.2.8 Other End User
  • 6.4 Region
    • 6.4.1 APAC
    • 6.4.2 Africa
    • 6.4.3 Europe
    • 6.4.4 Middle East
    • 6.4.5 North America
    • 6.4.6 South America

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Market Share Analysis
  • 7.2 Company Landscape
  • 7.3 Company Profiles
    • 7.3.1 AirTrunk Operating Pty Ltd.
    • 7.3.2 Chindata Group Holdings Ltd.
    • 7.3.3 CyrusOne Inc.
    • 7.3.4 Cyxtera Technologies
    • 7.3.5 Digital Realty Trust, Inc.
    • 7.3.6 Equinix, Inc.
    • 7.3.7 Flexential Corp.
    • 7.3.8 NTT Ltd.
    • 7.3.9 Quality Technology Services
    • 7.3.10 Space DC Pte Ltd.
    • 7.3.11 Switch
    • 7.3.12 Vantage Data Centers, LLC
  • 7.4 LIST OF COMPANIES STUDIED

8 KEY STRATEGIC QUESTIONS FOR DATA CENTER CEOS

9 APPENDIX

  • 9.1 Global Overview
    • 9.1.1 Overview
    • 9.1.2 Porter's Five Forces Framework
    • 9.1.3 Global Value Chain Analysis
    • 9.1.4 Global Market Size and DROs
  • 9.2 Sources & References
  • 9.3 List of Tables & Figures
  • 9.4 Primary Insights
  • 9.5 Data Pack
  • 9.6 Glossary of Terms