デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1332566

AIaaS(Artificial Intelligence as a Service)の市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)

Artificial Intelligence-as-a-Service Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
AIaaS(Artificial Intelligence as a Service)の市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

人工知能(AI)の市場規模は、2023年の913億9,000万米ドルから2028年には3,555億4,000万米ドルに成長し、予測期間中(2023~2028年)のCAGRは31.22%と予測されます。

企業数の増加と競合の増加に伴い、企業はアプリケーション、ビジネス、分析、サービスに人工知能(AI)技術を厳密に統合しようとしています。さらに、企業は利益率を高めるために運用コストを削減しようとしており、そのためクラウドよりもAIaaS(Artificial Intelligence as a Service)の方が注目を集めています。参考資料として、企業はクラウドベースの機械学習に関心を寄せており、提供サービスの実験に役立っています。

主なハイライト

  • マルチクラウド機能の動向とクラウドベースのインテリジェンスサービスのニーズの高まりも、サービスとしてのAIの需要を高めています。IBMによると、2021年までに組織計画の98%がマルチクラウドアーキテクチャを採用する見込みですが、マルチクラウド管理戦略を策定しているのはわずか41%、マルチクラウド環境を運用するための手順やツールを用意しているのはわずか38%に過ぎません。これは、AIサービスにとって大きなチャンスを生み出します。
  • さらに、IBMのAI採用指数2022では、人工知能(AI)の活用と、そのビジネスや社会への影響において転換期を迎えています。世界的にAIの採用率は大幅に上昇し、前年から4ポイント増の35%となっています。そして、AIの利用はいくつかの分野や国でほぼ普遍的になっています。新たな自動化機能、使いやすさとアクセシビリティの向上、試行錯誤を重ねたより包括的な使用事例のおかげで、世界中の組織がAIから新たな利点と効率性を急速に獲得しています。バーチャルアシスタントやITのような既製の企業ソリューションは、AIを業務に組み込んでいます。44%の企業が現在のアプリやプロセスにAIを組み込む取り組みを行っているという事実は、アクセシビリティが重要であるという主張を裏付けています。
  • 特に新興経済諸国では、多くの政府機関もAIのメリットとパワーを理解しており、それゆえAIを活用したインフラ整備を幅広く推進しています。例えば、インドのNiti Aayogは、AI、機械学習、3Dプリンティング、その他の技術を推進するため、Digital Indiaへの予算配分を増やし、研究開発を含むAIに関する国家プログラムを開始しました。
  • AIサービスのニーズは高まり、多くのクラウドプロバイダーがAIaaSやMLaaSを提供しています。その結果、世界のクラウド市場は2020年にヘルスケア分野で大きな成長を記録しました。AIとML技術はCOVID-19対策にかなり利用されています。例えば、複数の研究者が機械学習を利用して、COVID-19感染疑い者を追跡・検出するスマートモニタリングシステムを構築しています。提案されているシステムのひとつは、機械学習、クラウド、フォグ、モノのインターネット(IoT)技術を統合した新しいフレームワークで、COVID-19の監視・予後診断システムを構築するものです。
  • オライリーが3,500人以上のビジネスリーダーを対象に調査した「2021 AI Adoption in the Enterprise」レポートでは、AIにおける課題として、熟練した人材の不足と採用難が上位を占め、回答者の19%が「重大な」障壁として挙げています。オライリーのレポートによると、AI導入の2番目に大きな障壁は、質の高いデータの不足であり、回答者の18%は、自社組織は質の高いデータの重要性に気付き始めたばかりであると回答しています。

AIaaSの市場動向

予測・分析ソリューションの需要増加が市場成長を牽引する見込み

  • 予測・分析ソリューションに対する需要の高まりが、AIaaS市場を牽引すると思われます。AIaaSとは、人工知能(AI)の計算・分析能力を、インターネット上でAIソリューションやツールを提供するサードパーティのサービスプロバイダーにアウトソーシングすることを指します。
  • AI技術の進歩に伴い、さまざまな業種の企業が、自社の業務にAIを統合することの潜在的なメリットを認識しています。AIは、効率の改善、顧客体験の向上、データ主導の意思決定に役立ちます。しかし、AIインフラを導入し、AIモデルを社内で開発するには時間と労力がかかります。AIaaSは、あらかじめ構築されたAIソリューションとプラットフォームを提供することで、費用対効果が高く便利な代替手段を提供します。
  • AIaaSプラットフォームは拡張性と柔軟性を備えており、企業は要件に応じてAIリソースにアクセスできます。予測および分析ソリューションの需要が高まるにつれ、企業はAIaaSサービスを活用することで、AI能力を容易に拡張することができます。この柔軟性により、企業はインフラや専門知識に多額の先行投資をすることなく、変化するビジネスニーズに対応することができます。
  • AIaaSは、企業が高価なハードウェア、ソフトウェア、専門的なAIの専門知識に投資する必要性を排除します。AIaaSソリューションを活用することで、企業はサブスクリプションまたは従量課金制でAI機能を利用できるため、初期コストを削減し、より幅広い組織がAIにアクセスできるようになります。このコスト効率は特に有益です。
  • ヘルスケアに予測分析を導入するには、堅牢なAI機能、計算能力、専門知識が必要です。AIaaSプラットフォームは、多額の先行投資をすることなくAIと予測分析ツールにアクセスできる利便性とアクセシビリティを医療組織に提供します。医療プロバイダーや支払者が予測分析の価値を認識するようになるにつれ、ヘルスケア分野におけるAIaaSソリューションの需要は拡大し、AIaaS市場全体を牽引すると予想されます。フィリップスによると、前年2カ月目の時点で、シンガポールで調査したヘルスケアリーダーの92%が、医療機関に予測アナリティクスを導入しているか、導入中であると回答しており、これは調査したすべての国の中で最も高い導入率でした。2位は中国で79%、3位はブラジルと米国で66%でした。
Artificial Intelligence-as-a-Service Market-IMG1

北米が大きな市場シェアを占める見込み

  • 北米のAIaaS市場は、AIaaSソリューションの最大市場の一つです。北米にはシリコンバレーのような主要な技術拠点があり、技術革新を促進し、技術進歩を推進しています。この地域には強固なインフラと高度に熟練した労働力があり、AI技術の開発と展開を可能にしています。このような技術エコシステムは、AIaaSプロバイダーがソリューションやサービスを提供するのに有利な環境を作り出しています。
  • 米国には、連邦政府による先端技術への戦略的投資に後押しされた強固なイノベーション・エコシステムがあり、世界中から集まる先見性のある科学者や起業家、著名な研究機関の存在によって補完されています。
  • 人工知能に関する国家安全保障委員会(National Security Commission on Artificial Intelligence)の最終報告書によると、連邦議会はAIに対する連邦研究開発予算を毎年2倍に増額し、2026年度には総額320億米ドルにすることを提案しました。バイデン政権の2023年度予算案では、連邦研究開発予算は2021年度の認可水準から28%増の2,040億米ドル以上になると予想されていました。新設・既設を問わず、国立AI研究機関はこれらの資金の一部を得ることになります。AI研究と人材開発の難題に対処するため、これらの研究所は、商業部門、組織、学術機関、連邦、州、自治体当局を結集します。AI開発のためのこうした政府の取り組みが市場を牽引すると思われます。
  • 北米地域は、AI技術の発展に注力する数多くの新興企業、テクノロジー大手、研究機関を擁し、AI産業が盛んです。このエコシステムがイノベーションを促進し、AIaaSソリューションの需要を促進しています。ヘルスケア、金融、小売、製造などの分野の企業は、競争力を高めるためにAI技術を積極的に導入しており、北米のAIaaS市場の成長をさらに促進しています。
  • 北米では多くの組織がデジタルトランスフォーメーションに取り組んでおり、AI技術を活用して業務の強化、プロセスの最適化、データからの洞察の獲得を目指しています。AIaaSはこうした取り組みにおいて重要な役割を担っており、インフラや専門知識に多額の先行投資をすることなくAI機能を利用できる拡張性とコスト効率の高い方法を企業に提供しています。
Artificial Intelligence-as-a-Service Market-IMG2

AIaaS業界の概要

AIaaS市場は非常に細分化されており、Microsoft Corporation、Google LLC、Amazon Web Services, Inc.、IBM Corporation、BigML Inc.などの大手企業が存在します。市場のプレーヤーは、製品提供を強化し、持続可能な競争優位性を獲得するために、提携や買収などの戦略を採用しています。

2022年7月、IBMはデータ観測可能性ソフトウェアの大手プロバイダーであるDataband.aiの買収を発表しました。Databand.aiは、ミス、パイプラインの失敗、低品質などのデータ問題が収益に影響を及ぼす前に解決するよう組織を支援します。この発表により、IBMのデータ、AI、オートメーションにおけるソフトウェアポートフォリオが拡大し、観測可能性の全領域をカバーすることになっています。信頼できるデータが適切なタイミングで適切な個人の手に渡るよう、組織を支援しました。

アマゾンは2022年6月、機械学習を利用してソフトウェア開発者のためのコード提案を生成する新サービス「Code Whisperer」を開始しました。これは、アマゾンが提供するクラウドサービスの最初の追加サービスです。現在プレビュー中のこのツールは、プログラマーがより速くコードを書き、人工知能プロジェクト用のトレーニングデータセットを構築するのを支援することを目的としています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 予測・分析ソリューションに対する需要の高まり
    • 消費者体験の向上に対する需要の高まり
  • 市場の課題
    • データ漏洩やハッキングに伴うリスク

第6章 市場セグメンテーション

  • 展開別
    • パブリック
    • プライベート
    • ハイブリッド
  • 組織規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー産業別
    • BFSI
    • 小売
    • ヘルスケア
    • IT・通信
    • 製造
    • エネルギー
    • その他エンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Microsoft Corporation
    • Google LLC
    • Amazon Web Services, Inc.
    • IBM Corporation
    • BigML Inc
    • DATAIKU SAS
    • Salesforce.com Inc.
    • SAS Institute Inc
    • Oracle Corporation
    • H2O.Ai Inc
    • Craft.AI

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 65421

The Artificial Intelligence Market size is expected to grow from USD 91.39 billion in 2023 to USD 355.54 billion by 2028, at a CAGR of 31.22% during the forecast period (2023-2028).

With the increasing number of enterprises and competition, companies are rigorously trying to integrate artificial intelligence (AI) technology into their application, business, analytics, and services. Moreover, companies are trying to reduce their operational cost to increase profit margins, due to which Artificial Intelligence-as-a-Service (AIaaS) is gaining more prominence over the cloud. Notably, companies are more interested in cloud-based machine learning, which helps in experimenting with their offerings.

Key Highlights

  • The rising trend of multi-cloud functioning and the growing need for cloud-based intelligence services are also increasing the demand for AI as a service. According to IBM, by 2021, 98% of the organization's plans will adopt multi-cloud architectures, with only 41% having a multi-cloud management strategy and just 38% having procedures and tools to operate a multi-cloud environment. This creates a massive opportunity for AI services.
  • Furthermore, the IBM AI adoption index 2022 states, " A tipping point has been reached in using artificial intelligence (AI) and its effects on businesses and society. The adoption rate of AI globally increased significantly and is at 35%, up four points from the previous year. And the usage of AI is nearly universal in several sectors and nations. Organizations worldwide are quickly gaining new advantages and efficiencies from AI thanks to new automation capabilities, improved usability and accessibility, and a more comprehensive range of tried-and-true use cases. Virtual assistants and other ready-made corporate solutions like IT incorporate AI into their operations. The fact that 44% of firms are working to integrate AI into current apps and processes supports the argument that accessibility is important.
  • Many government organizations, especially in emerging economies, also understand the benefits and power of AI; hence, they are extensively promoting AI-based infrastructure development. For instance, Niti Aayog in India launched a national program on AI, including R&D, with increased budget allocation for Digital India to promote AI, machine learning, 3D printing, and other technologies.
  • The need for AI services has grown, and many cloud providers offer AIaaS and MLaaS. As a result, the global cloud market recorded significant growth in the healthcare segment in 2020. AI and ML technology is being used considerably to fight COVID-19. For instance, several researchers are using machine learning to create a smart monitoring system that tracks and detects suspected COVID-19 infected persons. One proposed system is a new framework integrating machine learning, cloud, fog, and Internet of Things (IoT) technologies to create a COVID-19 disease monitoring and prognosis system.
  • O'Reilly's 2021 AI Adoption in the Enterprise report, which surveyed more than 3,500 business leaders, found that a lack of skilled people and difficulty hiring topped the list of challenges in AI, with 19% of respondents citing it as a "significant" barrier. The O'Reilly report suggests that the second-most significant barrier to AI adoption is a lack of quality data, with 18% of respondents saying their organization is only beginning to realize the importance of high-quality data.

AI-as-a-Service Market Trends

Increasing Demand for Predictive and Analytics Solutions is Expected to Drive Market Growth

  • The increasing demand for predictive and analytics solutions would drive the artificial intelligence-as-a-service (AIaaS) market. AIaaS refers to outsourcing artificial intelligence (AI) computational and analytical capabilities to third-party service providers offering AI solutions and tools over the Internet.
  • With advancements in AI technology, businesses across various industries recognize the potential benefits of integrating AI into their operations. AI can help improve efficiency, enhance customer experiences, and make data-driven decisions. However, implementing AI infrastructure and developing AI models in-house can take time and effort. AIaaS provides a cost-effective and convenient alternative by offering pre-built AI solutions and platforms.
  • AIaaS platforms offer scalability and flexibility, allowing businesses to access AI resources according to their requirements. As the demand for predictive and analytics solutions grows, companies can easily scale up their AI capabilities by leveraging AIaaS services. This flexibility enables organizations to adapt to changing business needs without significant upfront investments in infrastructure and expertise.
  • AIaaS eliminates the need for businesses to invest in expensive hardware, software, and specialized AI expertise. By leveraging AIaaS solutions, companies can access AI capabilities on a subscription or pay-per-use basis, reducing upfront costs and making AI more accessible to a broader range of organizations. This cost efficiency is particularly beneficial.
  • Adopting predictive analytics in healthcare requires robust AI capabilities, computational power, and expertise. AIaaS platforms offer healthcare organizations the convenience and accessibility of accessing AI and predictive analytics tools without significant upfront investments. As healthcare providers and payers increasingly recognize the value of predictive analytics, the demand for AIaaS solutions in the healthcare sector is expected to grow, driving the overall AIaaS market. According to Philips, as of the second month of the previous year, 92 percent of healthcare leaders surveyed in Singapore reported that they had either implemented or were implementing predictive analytics in their healthcare organization, the highest adoption rate among all countries examined. China stood second with a 79 percent adoption rate, followed by Brazil and the United States with 66 percent.
Artificial Intelligence-as-a-Service Market - IMG1

North America is Expected to Hold Significant Market Share

  • The North American Artificial Intelligence-as-a-Service (AIaaS) market is one of the largest markets for AIaaS solutions. North America is home to major technology hubs, such as Silicon Valley, which foster innovation and drive technological advancements. The region has a robust infrastructure and a highly skilled workforce, enabling the development and deployment of AI technologies. This technological ecosystem creates a favorable environment for AIaaS providers to offer solutions and services.
  • The United States has a robust innovation ecosystem fueled by strategic federal investments in advanced technology, complemented by the presence of visionary scientists and entrepreneurs coming together from across the world and renowned research institutions, which have propelled the development of AI in the North American region.
  • According to the National Security Commission on Artificial Intelligence, its final report proposed that Congress increase federal R&D funding for AI by a factor of two annually, up to a total of USD 32 billion in fiscal 2026. The federal R&D budget was expected to be increased by 28% from FY 2021 authorized levels to more than USD 204 billion under the Biden administration's fiscal 2023 budget plan. The National AI Research Institutes, both new and established, would get some of those funds. To address the difficulties of AI research and workforce development, these institutes bring together the commercial sector, organizations, academics, and federal, state, and municipal authorities. Such government initiatives for the development of AI will drive the market.
  • The North American region has a thriving AI industry with numerous startups, technology giants, and research institutions focused on advancing AI technologies. This ecosystem fosters innovation and drives demand for AIaaS solutions. Companies in sectors like healthcare, finance, retail, and manufacturing are actively adopting AI technologies to gain a competitive edge, further fueling the growth of the AIaaS market in North America.
  • Many organizations in North America are undergoing digital transformation initiatives, aiming to leverage AI technologies to enhance their operations, optimize processes, and gain insights from their data. AIaaS plays a crucial role in these initiatives, providing businesses with a scalable and cost-effective way to access AI capabilities without significant upfront investments in infrastructure and expertise-the need for businesses to remain competitive drives the demand for AIaaS solutions.
Artificial Intelligence-as-a-Service Market - IMG2

AI-as-a-Service Industry Overview

The artificial intelligence-as-a-service (AIaaS) market is highly fragmented, with the presence of major players like Microsoft Corporation, Google LLC, Amazon Web Services, Inc., IBM Corporation, and BigML Inc. Players in the market are adopting strategies such as partnerships and acquisitions to enhance their product offerings and gain a sustainable competitive advantage.

In July 2022, IBM announced the acquisition of Databand.ai, a major provider of data observability software that assisted organizations in resolving data issues such as mistakes, pipeline failures, and low quality before they influenced their bottom line. The announcement expanded IBM's software portfolio across data, AI, and automation to cover the whole spectrum of observability. It assisted organizations in ensuring that trustworthy data was in the hands of the appropriate individuals at the right time.

In June 2022, Amazon launched "Code Whisperer,' a new service that used machine learning to generate code suggestions for software developers. It is the first addition to its cloud offering. This tool, currently in preview, is intended to help programmers write code faster and build training datasets for their artificial intelligence projects.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitute Products
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Demand for Predictive and Analytics Solutions
    • 5.1.2 Rising Demand for Enhancing Consumer Experience
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Risks Associated with Data Breaches and Hacks

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Deployment
    • 6.1.1 Public
    • 6.1.2 Private
    • 6.1.3 Hybrid
  • 6.2 By Organization Size
    • 6.2.1 Small and Medium Enterprise
    • 6.2.2 Large Enterprise
  • 6.3 By End-user Industry
    • 6.3.1 BFSI
    • 6.3.2 Retail
    • 6.3.3 Healthcare
    • 6.3.4 IT and Telecom
    • 6.3.5 Manufacturing
    • 6.3.6 Energy
    • 6.3.7 Other End-user Industries
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Microsoft Corporation
    • 7.1.2 Google LLC
    • 7.1.3 Amazon Web Services, Inc.
    • 7.1.4 IBM Corporation
    • 7.1.5 BigML Inc
    • 7.1.6 DATAIKU SAS
    • 7.1.7 Salesforce.com Inc.
    • 7.1.8 SAS Institute Inc
    • 7.1.9 Oracle Corporation
    • 7.1.10 H2O.Ai Inc
    • 7.1.11 Craft.AI

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS