デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1329808

マシンツーマシン(M2M)サービス市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)

Machine To Machine (M2M) Services Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
マシンツーマシン(M2M)サービス市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

マシンツーマシン(M2M)サービス市場規模は、2023年の676億8,000万米ドルから2028年には2,017億1,000万米ドルに成長し、予測期間(2023年~2028年)のCAGRは24.41%になると予測されます。

世界はインダストリー4.0に向かっており、アナリティクス、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)がインテリジェンス、意思決定、生産性を促進すると予想されています。その見返りとして、これはマシンツーマシン(M2M)サービス市場に巨大な機会を生み出しています。

機械対機械(M2M)通信は、機械型通信(MTC)としても知られ、通常、人間の関与なしに、感知されたデータまたは情報の交換、および協力する機械グループによる意思決定を指します。M2M技術は、インターネットを通じて多数の機器を相互接続することを可能にし、近年の急速な発展をもたらしました。特にモノのインターネット(IoT)や第5世代(5G)ネットワークなど、多くの分野で有利な実現キーとなり得る。

これに続き、さまざまな産業で有線または無線接続が採用されていることも市場を後押ししています。さらに、高速インターネット接続の普及と、4G/LTEや5Gなどの新しい接続技術の採用拡大が、M2M接続市場の成長をさらに促進しています。

接続性とは別に、製品強化のためのソフトウェア・アプリケーション統合の増加や、費用対効果や安全規制を満たすための製品製造における各種技術の採用が、成長を支える要因として期待されています。買収や提携などの戦略的開拓が進んでいることが、予測期間中の市場成長率を押し上げると分析されています。

例えば、センサタ・テクノロジーは2022年2月、大型輸送、倉庫、サプライチェーン・物流、産業、小型乗用車、その他多数の事業セグメントにおける運用資産向けコネクテッド・インテリジェンスのイノベーターである非上場のElastic M2M Inc.の買収を発表しました。Elastic M2Mのクラウドプラットフォームと分析機能を活用することで、テレマティクスサービスプロバイダー(以下、TSP)や再販業者は、センサーベースの運用データをエンドユーザーに提供することができます。

さらに、2022年5月には、M2M通信ブランドであるSensorise Digital ServicesがRosmerta Groupに買収されました。M2MとIoT分野におけるロスメルタ・グループの財務体質と技術力を統合することで、Sensoriseは次の拡大段階に備えることができます。

しかしその一方で、この技術の導入とメンテナンスにかかるコストが高いことが、市場の成長を抑制する課題となっています。

マシンツーマシン(M2M)サービス市場動向

通信業界は他のエンドユーザー業界の中でも著しい成長を遂げると思われます。

M2Mシステムは、無線または有線ネットワークを介したハードウェア、センサー、機械間のポイント・ツー・ポイント通信を採用しています。セルラーベースのM2Mは、複数の無線ネットワーク上で接続性を提供するために、異なるSIM対応マシン間の接続プロセスを追加したものです。セルラーM2M付加価値サービスは、運用効率を確保し、運用違反に伴う損失を最小限に抑えるため、多くの企業で取り入れられています。

セルラーベース(M2M)は、公共事業、スマートシティ、自動車、ヘルスケアなどの主要分野でセルラーM2Mの幅広い展開を可能にする政府政策のイントロダクションより、予測期間中に成長すると予想されます。

2022年9月、インド工科大学デリー校(IITD)と同国の著名な通信研究開発施設であるテレマティクス開発センター(C-DOT)は、IoT/M2M、AI/ML、サイバーセキュリティ、5Gとその先の技術など、いくつかの通信関連分野での協力に関する覚書に調印しました。C-DOTは、光、スイッチング、ワイヤレス、セキュリティ、ネットワーク管理、最先端の通信ソフトウェア・アプリケーションなど、さまざまな技術を網羅する幅広い製品の開発を実現する先進的な研究開発プロジェクトに取り組んできました。C-DOTは、地元企業、学術界、新興企業とのパートナーシップのもと、国内の4Gおよび5Gシステムの構築に重要な役割を果たしてきました。

このMoUは、完全な国産通信ソリューションの設計・開発を奨励する研究開発・学術協力のための互恵的枠組みを構築しようとするものです。このプラットフォームは、革新的なコンセプトから市場に投入可能な製品への開発を加速させる触媒となると思われます。

Machine To Machine(M2M)Services Market-IMG1

アジア太平洋地域が最速の成長を遂げる

アジア太平洋地域は、中国、インドなどの国々におけるデジタル技術の採用により、予測期間中に最も高い成長率で成長すると分析されています。IoT、AI、クラウドなどの技術進歩が市場成長に貢献しています。

2021年7月に10の政府機関が共同で発表した3カ年計画によると、中国は2023年末までに5億6,000万人の5Gモバイル顧客を開拓し、大企業における高速ワイヤレス技術の普及率を35%に引き上げる計画です。2023年末までに、中国は個人消費者の間で5Gの普及率が40%に達し、5Gデータが全オンライン・トラフィックの半分以上を占めることを期待しています。

さらに、インドでは5G接続の導入により、オンライン取引やM2M(Machine-to-Machine)取引の効率とセキュリティを高めるためのさまざまな新しい機会が開発されます。実際、モノのインターネット(IoT)の主な目標の1つは、家庭用電化製品の管理からスマートメーターや信号機に至るまで、人工知能(AI)を採用した自動化システムを企業が開発できるようにすることです。業界はまた、デバイス、接続、安全な配備、物理的セキュリティに関するコネクテッド・テクノロジーのセキュリティ・パラメータを特定しなければならないです。

さらに、スマートシティ、スマートメーター、セルラーM2Mイニシアチブの広範な展開を可能にする政策などの政府のイニシアチブは、M2Mサービス市場の成長を後押しします。

例えば、2022年2月、電気通信省は、セキュリティ上の懸念に対処し、電気通信会社とのインターフェースなどを実現するため、すべてのマシンツーマシン(M2M)サービスプロバイダーに同省への登録を義務付けた。5Gが目前に迫り、M2M/IoT分野での大規模な開発プロジェクトが進行する中、こうした規則は通信分野の成長を後押しすると思われます。さらに、これは企業が市民の利益のために幅広い革新的なアプリケーションやソリューションを生み出すことを促すと思われます。

Machine To Machine(M2M)Services Market-IMG2

マシンツーマシン(M2M)サービス産業の概要

マシンツーマシン(M2M)サービス市場の競合情勢は、多くの大手企業が存在するため、競争が激しく断片化しています。この市場のプレーヤーは非常に革新的です。製品の発売、研究開発費の高騰、提携や買収などが、激しい競争を維持するために各社が採用している主要な成長戦略です。世界市場の主要企業は、ファーウェイ・テクノロジーズ、シスコシステムズ、グーグル、インテル、IBMなどです。

2022年10月、インドの大手通信サービスプロバイダーであるBharti Airtel(以下「Airtel」)は、同国における「Always On」IoT接続ソリューションの導入を発表しました。エアテルの「常時接続」サービスの一部であるデュアルプロファイルM2M eSIMは、IoT機器がeSIM内で複数の移動体通信事業者(MNO)からのモバイルネットワーク接続を維持することを可能にします。エアテルのGSMA準拠の技術、機能豊富なエアテルIoTハブでの柔軟なAPIベースのeSimライフサイクル管理、電気通信省(DoT)のM2M要件への完全準拠はすべて、将来のニーズに対応するために貢献しています。

2021年11月、Peplink社は、オーストラリアにおける5GおよびLTE企業向け接続製品に対する市場需要の高まりに対応し、オーストラリアおよびニュージーランドにおける著名なIoTおよび無線ソリューションの販売代理店であるM2M Connectivity社との協業を拡大しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 急速な技術進歩
    • 接続デバイス数の増加
  • 市場抑制要因
    • 標準化の欠如
    • 膨大な配送コスト

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • マネージドサービス
    • プロフェッショナルサービス
  • エンドユーザー別
    • 小売
    • 銀行・金融機関
    • 通信・IT業界
    • ヘルスケア
    • 自動車
    • 石油・ガス
    • 運輸
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • International Business Machine Corporation
    • Rogers Communications Inc.
    • Cstar Technologies Inc
    • Nokia Corp(Alcatel-Lucent S.A.)
    • Comarch Inc
    • Cisco System Inc
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Intel Corporation
    • Thales Group(Gemalto NV)
    • Amdocs Inc
    • EE Ltd
    • Verizon Communications Inc

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 54019

The Machine to Machine (M2M) Services Market size is expected to grow from USD 67.68 billion in 2023 to USD 201.71 billion by 2028, at a CAGR of 24.41% during the forecast period (2023-2028).

The world is moving toward industry 4.0, where analytics, artificial intelligence (AI), and the internet of things (IoT) are expected to drive intelligence, decision-making, and productivity. In return, this creates a huge opportunity for the machine-to-machine services market.

Machine-to-machine (M2M) communications, also known as a machine-type communication (MTC), typically refer to the exchange of sensed data or information and decision-making by a group of collaborating machines without human involvement. M2M technology enables a sizable number of devices to be interconnected through the internet, which has resulted in recent rapid development. It can be a favorable enabling key for many fields, particularly the internet of things (IoT) and fifth-generation (5G) networks.

Following this, the adoption of wired or wireless connectivity across different industries is also fueling the market. In addition, the penetration of high-speed internet connectivity and the growing adoption of new connectivity technologies, such as 4G/LTE and 5G, is further driving the growth of the M2M connections market.

Apart from connectivity, increasing software application integration for product enhancements and adoption of various technologies in manufacturing products for cost-effectiveness and to meet safety regulations are the factors that are expected to support the growth. The growing strategic developments, such as acquisitions and partnerships, are analyzed to boost the market growth rate during the forecast period.

For instance, in February 2022, Sensata Technologies announced the acquisition of Elastic M2M Inc., a privately held innovator of connected intelligence for operational assets in the heavy-duty transport, warehousing, supply chain and logistics, industrial, light-duty passenger car, and numerous other business segments. With the help of Elastic M2M's cloud platform and analytics capabilities, telematics service providers ("TSPs") and resellers can employ sensor-based operational data to inform their end users.

Further, in May 2022, Sensorise Digital Services, an M2M communication brand, was acquired by Rosmerta Group. By integrating the financial and technological strength of Rosmerta Group in the M2M and IoT arena, Sensorise is therefore prepared for the next expansion stage.

However, on the contrary, the high cost of installation of this technology and its maintenance are some of the challenges the market faces, restraining its growth.

Machine to Machine Services Market Trends

Telecom Industry to Witness Significant Growth Among Other End-user Verticals

M2M systems employ point-to-point communications between hardware, sensors, and machines across wireless or wired networks. Cellular-based M2M is added connectivity process among different sim-enabled machines to provide connectivity over multiple wireless networks. Cellular M2M value-added services are being incorporated in many enterprises to ensure operational efficiency and minimize losses associated with operational breaches.

The cellular-based (M2M) is expected to grow during the forecast period because of the introduction of government policies, which enable wider deployment of cellular M2M in key sectors, such as utilities, smart cities, automotive, and healthcare.

In September 2022, The Indian Institute of Technology, Delhi (IITD) and the Centre for Development of Telematics (C-DOT), the country's prominent telecom R&D facility, signed a Memorandum of Understanding (MoU) for collaboration in several telecom-related fields, including IoT/M2M, AI/ML, cyber security, and 5G and beyond technologies. C-DOT has engaged in several advanced R&D projects that have resulted in the development of a wide range of products that encompass a variety of technologies in the areas of optical, switching, wireless, security, network management, and cutting-edge telecom software applications. In partnership with local businesses, academics, and startups, C-DOT has played a key role in creating domestic 4G & 5G systems.

This MoU attempts to build a mutually beneficial framework for R&D and academic cooperation on encouraging the design and development of entirely indigenous telecom solutions. The platform would catalyze to accelerate the development of innovative concepts into products ready for market.

Machine To Machine (M2M) Services Market - IMG1

Asia-Pacific to Witness the Fastest Growth

Asia-pacific is analyzed to grow at the highest growth rate during the forecast period owing to the adoption of digital technologies in countries such as China, India, etc. Technological advancements like IoT, AI, and Cloud contribute to market growth.

According to a three-year plan jointly released by ten government entities in July 2021, China plans to develop 560 million 5G mobile customers by the end of 2023 and increase the penetration rate of fast wireless technology among large industrial firms to 35%. By the end of 2023, China hopes to have reached a 40 percent penetration rate of 5G among individual consumers, with 5G data making up more than half of all online traffic.

Further, with the introduction of 5G connectivity in India, various new opportunities are developed to boost the efficiency and security of online transactions and Machine-to-Machine (M2M) transactions. Indeed, one of the primary goals of the Internet of Things (IoT) is to enable businesses to develop automated systems employing Artificial Intelligence (AI) for applications ranging from home appliance management to smart meters and traffic lights. The industry must also specify the parameters of connected technology security regarding devices, connection, secure deployment, and physical security.

Further, government initiatives, like smart cities, smart meters, and policies, enabling a wider deployment of cellular M2M initiatives will help the M2M services market to grow.

For instance, in February 2022, The Department of Telecom mandated all machine-to-machine service providers to register with the department to address security concerns and interface with telecom companies, among other things. With 5G on the horizon and massive development projects in the M2M/IoT sector, these rules will boost the growth of the communication sector. Additionally, this will encourage companies to create a wide range of innovative applications and solutions for the benefit of citizens.

Machine To Machine (M2M) Services Market - IMG2

Machine to Machine Services Industry Overview

The competitive landscape for the Machine to Machine (M2M) services market is highly competitive and fragmented because of the presence of many major players. The players in this market are highly innovative. Product launches, high expenses on research and development, partnerships and acquisitions, etc., are the prime growth strategies these companies adopt to sustain the intense competition. Key market players in the global market are Huawei Technologies Co. Ltd, Cisco Systems Inc., Google Inc., Intel Corporation, IBM, and other prominent players.

In October 2022, Bharti Airtel ("Airtel"), India's major telecommunications services provider, announced the implementation of the "Always On" IoT connectivity solution in the country. Dual profile M2M eSIM, part of Airtel's "Always On" service, enables an IOT device to maintain a mobile network connection from several Mobile Network Operators (MNOs) in the eSIM. GSMA-compliant technology from Airtel, flexible API-based eSim lifecycle management on the feature-rich Airtel IoT Hub, and full compliance with Department of Telecom (DoT) M2M requirements all contribute to the company's ability to meet future needs.

In November 2021, Peplink, expanded its collaboration with M2M Connectivity, a prominent IoT and wireless solutions distributor in Australia and New Zealand, in response to increased market demand for 5G and LTE enterprise connectivity products in Australia.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of Impact of COVID-19 on the market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rapid Technological Advancements
    • 5.1.2 Increasing Number of Connected Devices
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of Standardization
    • 5.2.2 Huge Delivery Cost

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Managed Service
    • 6.1.2 Professional Service
  • 6.2 By End User
    • 6.2.1 Retail
    • 6.2.2 Banking and Financial Institution
    • 6.2.3 Telecom and IT Industry
    • 6.2.4 Healthcare
    • 6.2.5 Automotive
    • 6.2.6 Oil and Gas
    • 6.2.7 Transportation
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 International Business Machine Corporation
    • 7.1.2 Rogers Communications Inc.
    • 7.1.3 Cstar Technologies Inc
    • 7.1.4 Nokia Corp (Alcatel-Lucent S.A.)
    • 7.1.5 Comarch Inc
    • 7.1.6 Cisco System Inc
    • 7.1.7 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 7.1.8 Intel Corporation
    • 7.1.9 Thales Group (Gemalto NV)
    • 7.1.10 Amdocs Inc
    • 7.1.11 EE Ltd
    • 7.1.12 Verizon Communications Inc

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS