表紙:Wi-Fiレンジエクステンダー市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1273549

Wi-Fiレンジエクステンダー市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Wi-Fi Range Extender Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
Wi-Fiレンジエクステンダー市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

Wi-Fiレンジエクステンダー市場は、予測期間中に10.8%のCAGRで推移すると予想されています。

インターネットへのアクセス需要の高まりと、住宅を中心とした家電機器の世界の増加により、予測期間中に市場は力強い成長を遂げると予想されます。

主なハイライト

  • Wi-Fiレンジエクステンダーは、Wi-Fiルーターを追加するよりも設置が簡単でコスト面でも有利であるため、主に商業・住宅分野での販売拡大に大きく貢献しています。
  • コネクテッドホームの急速な普及とスマートホームエコシステムの出現も、市場の成長を後押しする要因として期待されています。さらに、スマートテレビ、スマートフォン、タブレットなど、多くの家電製品の中でも特にスマートデバイスを家庭に設置する消費者の嗜好が高まっていることから、無線ルーターの需要が高まっています。
  • 企業におけるBYODの動向の出現は、商業空間における無線ルーターの使用をさらに後押ししています。家電、安全、セキュリティ産業の急速な成長・発展は、新たな経済機会を生み出すパターンを作り上げました。その結果、Wi-Fiレンジエクステンダーの世界市場は拡大しつつあります。さまざまな技術的ブレークスルーに関する知識の高まりが、Wi-Fiレンジエクステンダーの市場需要を大きく後押ししています。カスタマイズ、業界に特化したテストサービス、急速に変化する動向、顧客の嗜好が、Wi-Fiレンジエクステンダーの市場需要を促進しています。
  • さらに、スマートデバイスの搭載に伴うサイバーセキュリティへの懸念の高まりが、予測期間中の市場成長の妨げになると分析されています。Wi-Fiは、デフォルトまたは弱いSSIDやパスワード、安全でない暗号化技術によって攻撃されることがあります。攻撃者はデフォルトの認証情報を使ってルーターに簡単にアクセスすることができます。強力なWi-Fiパスワードは、ハッカーにネットワークへのより困難なエントリーポイントを探させます。ハッカーがネットワークにアクセスするために使用する最も典型的な方法は、スニッフィングと暗号化解除です。したがって、サイバーセキュリティに対する懸念の高まりが、予測期間中の市場調査を抑制すると分析されています。
  • また、従業員が個人のWi-Fiインターネット接続を使用して社内ネットワークにアクセスする様子も示されています。COVID-19の流行によるこの予期せぬ中断は、企業や主要業務の運営を維持するためにWi-Fiレンジエクステンダーの採用を増加させました。さらに、世界中のさまざまなセクターが、音声、ビデオ、IoTデバイスなど、帯域幅を必要とするアプリケーションに参加することで、COVID-19の流行から回復しました。その結果、Wi-Fiの需要が高まるにつれて、無線ネットワークは過密状態になり、関連するITチームはアプリケーションのパフォーマンスを制限せざるを得なくなりました。スマートホームやスマートシティのためのコネクテッドデバイスの利用が増加しているため、市場はパンデミック後に急成長しています。

Wi-Fiレンジエクステンダーの市場動向

スマートシティとスマートホームの普及が市場成長を牽引

  • コネクテッドホーム構想の普及とスマートホームエコシステムの登場は、市場の成長を増大させるその他の要因として期待されています。さらに、ビジネス向けのワイヤレスルーターは、ここ数年で飛躍的な進歩を遂げました。最高のモデルは、デュアルバンドやトリプルバンド接続をはじめ、多くの機能を備えており、通常ははるかに高価なエンタープライズグレードのモデルとなっています。しかし、大規模なオフィススペースでは、ルーターの通信範囲が常に大きな課題となっており、エクステンダーやリピーターの進化は、現実的な解決策を提供することが期待されています。
  • 今後数年間は、スマートシティが世界のWi-Fiレンジエクステンダー市場の発展の可能性を後押しすると予測されています。同様に、ヘルスケア、廃棄物・水管理、インフラ管理、教育アクセス、安全・セキュリティなど、多くの購入者からオープンWi-Fiネットワークへの関心が高まったことが挙げられます。さらに、オープンWi-Fiシステムのニーズが高まるにつれ、より多くのWi-Fiスイッチが公共の場所に配備され、より広いゾーン範囲とより速いインターネット速度を持つWi-Fiスイッチの需要を押し上げることになります。
  • スマートシティとスマートホームは驚異的な成長を遂げ、現代の生活を一変させています。スマートホームとは、スマートセキュリティシステム、スマートエンターテイメントシステム、エアコン、スマートテレビなど、スマート製品/デバイスを導入した住宅を指します。スマートホームデバイスの販売急増に伴い、Wi-Fiレンジエクステンダー市場はさらに成長するものと思われます。
  • スマートホーム/オフィスで使用されるスマート製品/デバイスは、シームレスに動作するためにインターネットに接続する必要があるため、通常のWi-Fiルーターの範囲を拡大するためのWi-Fiレンジエクステンダーが必要となります。スマート製品の需要は、技術革新、消費者の関心、アクセス性の向上により、全体的に増加するものと思われます。
  • スマートシティは、スマート交通システム、スマートビルディング、スマート水管理、スマート廃棄物管理、いくつかのIoTデバイスなどのスマートシステムで構成され、インターネット接続を必要とし、資源を追跡するために有用なデータを提供します。これは、調査された市場を後押しすると予想されます。
  • IoTデバイスの採用が増加していることが、Wi-Fiレンジエクステンダーの成長を増大させています。Apatativeによると、世界の5Gモノのインターネット(IoT)エンドポイント市場は、2020年の40万台から当年には1,910万台へと急速に発展すると予想されます。また、5G IoTのインストールベースは、今年度末までに4,900万台に達すると予想されています。IoTの登場と、インターネット接続で様々な機能を操作・実行できる様々なガジェットやウェアラブルの購入に向けた消費者の好みの変化も、予測期間中の無線ルーターの成長と関連市場の促進要因になると考えられます。コネクテッドデバイスの増加に伴い、様々な家庭でインターネットに対する需要が高まっています。
Wi-Fi Range Extender Market-IMG1

北米が最大の市場シェアを占める

  • 北米地域は、Wi-Fiレンジエクステンダー市場のパイオニアであり、最大のシェアを占めると予想されます。また、同地域には、ネットギア社などのベンダーの足場が強固です。
  • Wi-Fiレンジエクステンダー市場の成長に寄与する主な要因は、多くのエンドユーザーにおける無線サービスの利用が増加していることです。同地域では、コネクテッドデバイス技術を採用する住宅ユーザーが多いため、Wi-Fiレンジエクステンダーが主に使用されています。ほとんどの企業は、製品の世界の発売や展開の前に、この地域で製品やサービスのテストや発売を行っています。
  • さらに、モノのインターネット(IoT)を利用したネットワーク接続されたデバイス、システム、サービスの成長は、膨大な機会と利益を生み出しています。さらに、米国の消費者は、様々な用途にIoTデバイスを使用するようになってきています。
  • また、米国ではスマートホーム環境を受け入れる消費者が増えており、IoTは北米地域全体でさらに拡大しつつあります。北米では、すでに多くのスマートホームが接続されています。
  • 同地域におけるIoTの受け入れ拡大も、調査対象市場を大きく牽引しています。さらに、中央監視システムにデータを遠隔送信するためのIoT対応医療用ウェアラブル温度センサーなどのデバイスは、すでに展開中です。医療スタッフは、動向や閾値に基づいて、患者や部屋を特定しながら信号を送り、それに応じて対応することができます。
Wi-Fi Range Extender Market-IMG2

Wi-Fiレンジエクステンダーの産業概要

Wi-Fi Range Extender市場は、D-Link Corporation、Linksys Group Inc.、TRENDnet, Inc.、Shenzhen Tenda Technology、Cisco Systems Inc.などの主要企業が存在し、非常に断片化されています。市場のプレーヤーは、製品ラインナップを強化し、持続的な競争優位性を獲得するために、パートナーシップや買収などの戦略を採用しています。

  • 2022年6月、The Shenzhen Tenda Technologyは、より大きな世帯向けに設計されたホールホームメッシュWi-Fi 6システム「MX6-3 AX1800」を発売しました。これは、複数のWi-Fiポイントをカバーする拡張可能なメッシュネットワークで、6000平方フィートのエリアをシームレスに埋めます。MX6の各ノードは自動的に互いに接続し、家庭内に分散型ネットワークを構築します。ノードを増やすだけで、簡単にWi-Fiネットワークを拡張することができます。すべてのノードにはギガビットポートが搭載されており、高速ブロードバンドサービスを最大限に活用し、4Kビデオのスムーズなストリーミングを実現します。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の洞察

  • 市場概要
  • 産業の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • バリューチェーン分析
  • 技術スナップショット
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • スマートシティとスマートホームの普及
    • BYOD(デバイスの持ち込み)の普及
  • 市場の課題
    • 導入コストの高さ
    • セキュリティとプライバシーに関する懸念

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 屋内用Wi-Fi
    • 屋外用Wi-Fi
  • 製品別
    • エクステンダー、リピーター
    • アクセスポイント
    • アンテナ
  • エンドユーザー別
    • 住宅用
    • 商業施設
    • 一般家庭
    • その他エンドユーザー業界別
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ編

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • D-Link Corporation
    • Linksys Group Inc.
    • TRENDnet, Inc.
    • Shenzhen Tenda Technology Co.,Ltd.
    • Cisco Systems Inc.
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • NETGEAR Inc.
    • Aruba Networks(Hewlett Packard Enterprise Development LP)
    • TP-Link Technologies Co. Ltd
    • Juniper Networks Inc.
    • Ruckus Wireless Inc.
    • Motorola Solutions Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 58754

The Wi-Fi range extender market is expected to register a CAGR of 10.8 % during the forecast period. The market is expected to witness robust growth over the forecast period due to the growing demand for internet access and the increasing number of consumer electronics devices globally, primarily in the residential sector.

Key Highlights

  • The ease of installation and cost benefits associated with the purchase of an extender compared to adding another Wi-Fi router, essentially performing the same function of extending the Wi-Fi coverage, is a significant advantage that plays a vital role in increasing the sales of the Wi-Fi range extenders, mainly in the commercial and residential sectors.
  • The rapid growth of connected homes and the emergence of the smart home ecosystem are other factors expected to boost the market's growth. Additionally, the demand for wireless routers is rising from the growing consumer preference toward installing smart devices in the homes, such as smart TVs, smartphones, and tablets, among many other appliances.
  • The emergence of the BYOD trend in the corporate sector has further propelled the use of wireless routers in the commercial space. The rapid growth and development of the consumer electronics, safety, and security industries have developed a pattern that is creating new economic opportunities. As a result, the global market for Wi-Fi range extenders is expanding. Growing knowledge of different technological breakthroughs significantly boosts market demand for Wi-Fi range extenders. Customization, industry-specific testing services, fast-changing trends, and customer preferences drive the market demand for Wi-Fi range extenders.
  • Moreover, the growing cybersecurity concerns with the inclusion of smart devices are analyzed to hamper the market growth during the forecast period. Wi-Fi can be attacked by default or weak SSIDs or passwords and insecure encryption techniques. The attacker can easily access the router using the default credentials. Strong Wi-Fi passwords make hackers search for more challenging entry points to the network. The most typical methods used by hackers to access networks are sniffing and encryption breaking. Therefore, the growing cybersecurity concerns are analyzed to restrain the market studied during the forecast period.
  • Employees have also been witnessed accessing the company network using personal Wi-Fi internet connections. This unexpected interruption caused by the COVID-19 epidemic increased the adoption of the Wi-Fi range extender to keep companies and key operations running. Furthermore, various sectors throughout the globe recovered from the COVID-19 epidemic by participating in bandwidth-hungry applications, including voice, video, and IoT devices. As a result, as demand for Wi-Fi grows, wireless networks become oversubscribed, forcing associated IT teams to limit application performance. With the increased use of connected devices for smart homes and smart cities, the market is growing rapidly post-pandemic.

Wi-Fi Range Extender Market Trends

Proliferation of Smart Cities and Smart Homes Drives the Market Growth

  • The proliferation of the connected homes concept and the advent of the smart home ecosystem are other factors expected to augment the market's growth. Moreover, wireless routers targeted at businesses have improved tremendously over the past few years. The best models offer dual or triple-band connectivity and many other features, usually in far more expensive enterprise-grade models. However, the range of routers has always been a major challenge for large office spaces, and the evolution of extenders and repeaters has shown promise to provide a viable solution.
  • In the coming years, smart cities are projected to fuel the global Wi-Fi range extender market's development potential. Similarly, this increased interest in open Wi-Fi networks from many purchasers, including healthcare, waste and water management, infrastructure management, educational access, and safety and security. Furthermore, as the need for open Wi-Fi systems increases, more Wi-Fi switches would be deployed in public locations, boosting the demand for Wi-Fi switches with a broader zone scope and faster Internet speeds.
  • Smart cities and smart homes are growing tremendously and transforming modern life. A smart home is a residence that has installed smart products/devices, such as smart security systems, smart entertainment systems, air conditioners, smart televisions, and many more devices. With the rapid increase in the sales of smart home devices, the Wi-Fi range extender market is poised to grow further.
  • Smart products/devices used in smart homes/offices must be connected to the internet to work seamlessly and, thus, require Wi-Fi range extenders for an increased range of a normal Wi-Fi router. The overall demand for smart products is poised to increase owing to technological innovations, consumer interest, and greater accessibility.
  • A smart city consists of smart systems, like smart traffic systems, smart buildings, smart water management, smart waste management, and a couple of IoT devices, among others, which need an internet connection to provide useful data to keep track of the resources. This is expected to boost the market studied.
  • The increasing adoption of IoT devices is augmenting the growth of Wi-Fi range extenders. According to Apatative, The global 5G Internet of Things (IoT) endpoint market is expected to develop rapidly, from 0.4 million units in 2020 to 19.1 million units in the current year. The 5G IoT installed base is expected to reach 49 million by the end of the current year. The advent of IoT and changing consumer preferences towards purchasing various gadgets and wearables capable of operating and performing various functions with internet connectivity is also set to propel the wireless routers' growth and associated markets over the forecast period. The demand for the internet among various households has been increasing with the growth in connected devices.
Wi-Fi Range Extender Market - IMG1

North America to Hold the Largest Market Share

  • North American region is a pioneer in the Wi-Fi range extender market and is expected to hold the largest share. Moreover, the region has a strong foothold of vendors like Netgear Inc.
  • The major factor contributing to the growth of the Wi-Fi extender market is the rising utilization of wireless services among numerous end users. The Wi-Fi extender is majorly used in the region, owing to the large number of residential users adopting connected device technology. Most companies test and launch their products and services in the region before the global launch and deployment of the product.
  • Further, the growth of network-connected devices, systems, and services using the Internet of Things (IoT) creates enormous opportunities and benefits. Moreover, US consumers are increasingly using IoT devices for various applications.
  • Also, with the rising number of consumers embracing the smart home environment in the United States, IoT is further expanding across the North American region. Many smart homes have already been connected to North America.
  • The growing acceptance of IoT in the region is also significantly driving the studied market. Furthermore, devices such as IoT-enabled medical wearable temperature sensors to remotely transmit data to a central monitoring system are already in deployment mode. Medical staff is signaled based on trends and thresholds, identifying the patient and room, and can respond accordingly.
Wi-Fi Range Extender Market - IMG2

Wi-Fi Range Extender Industry Overview

The Wi-Fi Range Extender Market is highly fragmented with the presence of major players like D-Link Corporation, Linksys Group Inc., TRENDnet, Inc., Shenzhen Tenda Technology Co., Ltd., and Cisco Systems Inc. Players in the market are adopting strategies such as partnerships and acquisitions to enhance their product offerings and gain sustainable competitive advantage.

  • In June 2022, The Shenzhen Tenda Technology Co., Ltd launched MX6-3 AX1800 a whole-home mesh Wi-Fi 6 system designed for larger households. It is an expandable mesh network that covers multiple Wi-Fi points and seamlessly fills up an area of 6000 square feet. Each node of MX6 automatically connects to each other, creating a distributed network throughout the home. Users can easily expand the Wi-Fi network just by simply adding more nodes. All nodes feature gigabit ports - that get the most out of the high-speed broadband service and ensure smooth streaming of 4K videos.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Value Chain Analysis
  • 4.4 Technology Snapshot
  • 4.5 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Proliferation of Smart Cities and Smart Homes
    • 5.1.2 Adoption of Bring-Your-Own-Device (BYOD)
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Costs of Installation
    • 5.2.2 Security and Privacy Concerns

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Indoor Wi-Fi
    • 6.1.2 Outdoor Wi-Fi
  • 6.2 By Product
    • 6.2.1 Extenders and Repeaters
    • 6.2.2 Access Points
    • 6.2.3 Antennas
  • 6.3 By End User
    • 6.3.1 Residential
    • 6.3.2 Commercial
    • 6.3.3 Public
    • 6.3.4 Other End-user Verticals
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
    • 6.4.2 Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 D-Link Corporation
    • 7.1.2 Linksys Group Inc.
    • 7.1.3 TRENDnet, Inc.
    • 7.1.4 Shenzhen Tenda Technology Co.,Ltd.
    • 7.1.5 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.6 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 7.1.7 NETGEAR Inc.
    • 7.1.8 Aruba Networks (Hewlett Packard Enterprise Development LP)
    • 7.1.9 TP-Link Technologies Co. Ltd
    • 7.1.10 Juniper Networks Inc.
    • 7.1.11 Ruckus Wireless Inc.
    • 7.1.12 Motorola Solutions Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET