表紙:胸骨閉鎖システム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1273478

胸骨閉鎖システム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Sternal Closure Systems Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
胸骨閉鎖システム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

胸骨閉鎖システム市場は、予測期間中に約5.3%のCAGRで成長すると予測されます。

COVID-19は、パンデミックの初期段階において厳格な封鎖規制と胸骨閉鎖製品の供給不足により、胸骨閉鎖システム市場の成長に大きな影響を与えました。また、ヘルスケアプロバイダーはCOVID-19患者の対応に追われ、アクセスは必要不可欠なケアのみに制限され、心臓病センターの一時閉鎖により胸骨処置は大幅に抑制されました。2021年3月に発表されたBMCの研究によると、世界の調査で、パンデミック時に心臓手術が50%から75%減少し、2020年には心臓専用のシアタールームと集中治療室のベッドが50%減少することが確認されています。このように、心臓手術への大きな影響は、胸骨閉鎖システムにも顕著な影響を及ぼし、市場の成長に影響を及ぼしました。さらに、パンデミック後の規制緩和による選択的手術の再開に起因する

市場成長の主な要因は、世界の老齢人口の増加に伴う開心術の増加です。例えば、2022年6月に発表されたNIHの論文では、世界中で毎年200万人以上がさまざまな心臓の問題を治療するために開心術を受けていると言及されています。このような開心術の多さは、開心術で胸骨を再結合するために広く使用されるため、胸骨閉鎖システムの需要を促進し、予測期間中の市場成長に寄与すると期待されています。さらに、2022年10月に発表されたWHOの報告書によると、世界における60歳以上の人口の割合は2030年には14億人に増加し、2050年には21億人に達するとされています。このように、心血管疾患を発症しやすく、しばしば開心術を必要とする老年人口が増加することは、予測期間中の市場成長に寄与すると考えられます。

さらに、製品承認の上昇も市場の成長に寄与すると期待されています。例えば、2021年10月、Able Medical Devices社は、骨が正常な患者と貧弱な患者の胸骨切開後の胸骨固定や胸骨再建外科処置などの胸壁骨折安定化に使用するValkyrie Thoracic Fixation Systemについて米国食品医薬品局から510(k)認可を取得しました。

このように、開胸手術の増加、老年人口の増加、製品開拓の活発化などが、市場の成長に寄与すると期待されています。しかし、代替手術の人気が高まっていることが、予測期間中の市場の成長を抑制すると予想されます。

胸骨閉鎖システムの市場動向

予測期間中、ワイヤーセグメントが市場で大きなシェアを占めると予想されます。

ワイヤーによる胸骨閉鎖は、使いやすさ、スピード、比較的低い合併症発生率、ワイヤーの低コストなどの理由から、標準的な方法となっています。一般的な閉鎖方法では、胸骨正中切開でできた胸骨の半分を固定するために、断続ワイヤまたは8の字ワイヤのいずれかを使用します。しかし、どのワイヤリング法も、生理的な負荷がかかると、胸骨の半分が多少動いたり離れたりすることがあります。これらの最小限の動きは、胸骨切開に技術的な欠陥がない限り、健康な胸骨を持つほとんどの患者に問題を引き起こすことはないです。また、早期のカルス形成を促すことで、より早い骨治癒を促すこともあります。

このセグメントの成長を促進する要因は、心臓手術の増加、高齢者人口の増加、および主要な市場関係者による製品開発の進展です。例えば、2022年8月に発表されたNCBIの記事によると、世界中で毎年約40万件の冠動脈バイパス移植手術が行われていると言及されています。同様に、2022年8月にNCBIが発表した記事によると、ドイツでは2021年に約29,947件の孤立型冠動脈バイパス移植手術、36,714件の孤立型心臓弁手術、750件の補助装置移植が登録されました。このように、心臓手術の件数が増加しており、その中でも胸骨閉鎖ワイヤーは外科手術に多く使用されていることも、調査対象セグメントの成長に寄与すると予想されます。

一方、胸骨閉鎖処置における高い効率性による胸骨閉鎖ワイヤの採用率の上昇は、市場の成長に貢献すると予想されます。例えば、2022年5月に発表されたNCBIの研究によると、ステンレス鋼のセルクラージュワイヤーは、依然として最もよく知られ、広く利用されている胸骨固定術です。したがって、胸骨閉鎖におけるワイヤー製品の利用の拡大は、予測期間中のセグメント成長を促進すると予想されます。

このように、上記の要因が予測期間中の同市場の成長を後押ししています。

Sternal Closure Systems Market-IMG1

予測期間中、北米が市場で大きなシェアを占めると予想されます。

北米は、予測期間を通じて、市場全体の中で大きなシェアを占めると予想されます。この地域の市場成長に寄与すると予想される要因は、開心術や冠動脈バイパス移植手術の件数の増加、高齢者人口の増加、高度なヘルスケアインフラです。

例えば、デトロイト医療センターが2022年に発表したデータによると、米国では毎年約50万人が開心術を受けています。また、2022年8月にニュージャージー州保健局が発表したデータでは、2021年にニュージャージー州で行われた開心術の件数は17,291件でした。同様に、2021年5月にNCBIの論文で発表された論文では、カナダでは毎年約15,000人が冠動脈バイパス移植術を受けていると報告されています。さらに、心臓疾患にかかりやすく心臓手術を必要とする北米諸国の老年人口が増加していることも、胸骨閉鎖システムの需要を促進し、市場の成長を促進すると予想されます。例えば、カナダ統計局によると、カナダの高齢者人口は2021年の2,232,871人から2022年には2,308,041人に達しています。同様に、2022年に発表されたUCAMのデータでは、メキシコの総人口の約12%が60歳以上の高齢者です。したがって、この地域における老年人口の増加は、予測期間中の市場成長を後押しすると予想されます。

したがって、上記の要因から、心臓手術の増加、老人人口の増加、および北米地域における主要な市場プレイヤーの存在により、本調査の予測期間中に胸骨閉鎖システム市場の主要シェアを占めると予想されます。

Sternal Closure Systems Market-IMG2

胸骨閉鎖システム産業の概要

胸骨閉鎖システム市場は、適度な競争があり、複数の大手企業が存在します。現在市場を独占している企業には、ジョンソン・エンド・ジョンソン、Zimmer Biomet Holdings、KLS Martin Group、Acumed, LLC(Colson Medical, LLC)、A&E Medical、Idear S.R.L, Praesidia SRL, Kinamed Incorporated、等があります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 衰弱した創傷を持つ患者の増加
    • 開腹心臓手術の増加、高齢者人口の増加
    • ステントトミーテクニックの技術的進歩
  • 市場抑制要因
    • 胸骨閉鎖に関連する手続き上のリスク
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • ワイヤー
    • プレート・スクリュー
    • ボーンセメント
    • その他
  • 術式別
    • 中央分離帯切除術
    • ヘミスターノトミー
    • 両側胸骨切開術
  • 素材別
    • ステンレススチール
    • ポリエーテルエーテルケトン
    • チタン
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Johnson & Johnson
    • Zimmer Biomet Holdings(A&E Medical)
    • KLS Martin Group
    • Acumed, LLC(Colson Medical, LLC)
    • Idear S.R.L
    • Praesidia SRL
    • Kinamed Incorporated
    • Jace Medical
    • B Braun SE
    • Orthofix Holdings Inc
    • Abyrx Inc

第7章 市場機会および将来動向

目次
Product Code: 67990

The sternal closure systems market is projected to grow with a CAGR of nearly 5.3% over the forecast period.

COVID-19 significantly impacted the growth of the sternal closure systems market due to the strict lockdown regulations and poor supply of sternal closure products during the initial stages of the pandemic. Also, healthcare providers were occupied with COVID-19 patients, access was restricted to only essential care, and the temporary shutdown of cardiology centers significantly curtailed sternal procedures. According to the BMC study published in March 2021, a worldwide survey identified cardiac surgery reduced by 50% to 75% during the pandemic, with a 50% reduction in dedicated cardiac theater rooms and Intensive care unit beds in 2020. Thus, the significant impact on cardiac surgeries also had a notable impact on the sternal closure system, affecting the market's growth. Moreover, owing to the resumption of elective surgeries after the relaxations of regulations in the post-pandemic period

The major factor attributed to the market growth is the increasing number of open-heart surgeries, along with the rising geriatric population worldwide. For instance, the NIH article published in June 2022 mentioned that more than 2 million people worldwide have open-heart surgery each year to treat various heart problems. Such a high volume of open heart surgeries is expected to drive the demand for sternal closure systems as they are widely used in open heart surgeries to rejoin the sternum, thereby contributing to market growth over the forecast period. Moreover, according to the WHO report published in October 2022, the share of the population in the world aged 60 years and over will increase to 1.4 billion by 2030 and reach 2.1 billion by 2050. Thus, the increasing geriatric population, more susceptible to developing cardiovascular diseases and often requiring open heart surgeries, is expected to contribute to the market growth over the forecast period.

Furthermore, rising product approvals are also expected to contribute to the market's growth. For instance, in October 2021, Able Medical Devices received 510(k) clearance from the United States Food and Drug Administration for its Valkyrie Thoracic Fixation System, which is used for chest wall fracture stabilization, including sternal fixation after sternotomy and sternal reconstructive surgical procedures for patients with normal and poor bone.

Thus, the increasing number of open heart surgeries, the rising geriatric population, and increasing product developments are expected to contribute to the market's growth. However, the gaining popularity of alternative procedures is expected to restrain the market's growth over the forecast period.

Sternal Closure Systems Market Trends

Wires Segment is Expected to Hold a Significant Share in the Market Over the Forecast Period.

Sternal closure with wires has become the standard because of the ease of use, speed of use, relatively low complication rate, and low cost of wires. Common closure methods use either interrupted or figure-of-eight wires to secure the sternal halves created during the median sternotomy. All wiring techniques, however, allow some movement and separation of sternal halves under physiologic loads. These minimal movements do not cause problems in most patients with healthy sternums unless the sternotomy is technically faulty. They may even promote faster bone healing by stimulating early callus formation.

The factors propelling the segment growth are increasing heart surgeries, the geriatric population, and the rising product developments by various key market players. For instance, the NCBI article published in August 2022 mentioned that almost 400,000 coronary artery bypass grafting surgeries are performed each year across the world. Similarly, according to the article published by NCBI in August 2022, approximately 29,947 isolated coronary artery bypass grafting procedures, 36,714 isolated heart valve procedures, and 750 assist device implantations were registered in Germany in 2021. Thus, the rising number of heart surgeries, among which the sternal closure wires are highly used in surgical procedures, are also expected to contribute to the growth of the studied segment.

On the other hand, the rising adoption of sternal closure wires due to their high efficiency in sternal closure procedures is expected to contribute to the market's growth. For instance, according to the NCBI study published in May 2022, stainless steel cerclage wires remain the most well-known and widely utilized sternal fixation technique. Hence, the growing utilization of wire products in the sternal closure is expected to drive segment growth over the forecast period.

Thus, the factors above are boosting the market segment's growth over the forecast period.

Sternal Closure Systems Market - IMG1

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market Over the Forecast Period.

North America is expected to hold the major share of the overall market, throughout the forecast period. The factors that are expected to contribute to the growth of the market in this region are the rising number of open-heart and coronary artery bypass grafting surgeries, the increasing geriatric population along with the advanced healthcare infrastructure.

For instance, as per the data published by Detroit Medical Center in 2022, approximately 500,000 people undergo open-heart surgery each year in the United States. Also, the data published by the New Jersey Department of Health in August 2022, there were 17,291 open heart surgeries in New Jersey in 2021. Similarly, the article published in NCBI article in May 2021 reported that about 15,000 people in Canada undergo coronary artery bypass grafting surgery each year. Furthermore, the rising geriatric population among the North American countries who are prone to cardiac disorders and in need of cardiac surgeries is also expected to drive the demand for sternal closure systems, thereby fueling the market growth. For instance, according to Statistics Canada, the senior population in Canada reached 2,308,041 in 2022, from 2,232,871 in 2021. Likewise, the UCAM data published in 2022, around 12% of the total Mexican population is over 60 years and older. Thus, the growing geriatric population in the region is expected to boost market growth over the forecast period.

Therefore, owing to the above-mentioned factors, the rising cardiac surgeries, the increasing geriatric population along with the presence of key market players in the North American region are expected to occupy a major share of the sternal closure system market during the forecast period of the study.

Sternal Closure Systems Market - IMG2

Sternal Closure Systems Industry Overview

The Sternal Closure Systems market is moderately competitive and has several major players. Some companies currently dominating the market are Johnson & Johnson, Zimmer Biomet Holdings, KLS Martin Group, Acumed, LLC (Colson Medical, LLC), A&E Medical, Idear S.R.L, Praesidia SRL, Kinamed Incorporated, etc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Patients with Debilitating Wounds
    • 4.2.2 Increasing Open Cardiac Surgeries and Geriatric Population
    • 4.2.3 Technological Advancements in Sternotomy Techniques
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Procedural Risks Associated With Sternal Closure
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Wires
    • 5.1.2 Plates and Screws
    • 5.1.3 Bone Cement
    • 5.1.4 Others
  • 5.2 By Procedure
    • 5.2.1 Median Sternotomy
    • 5.2.2 Hemisternotomy
    • 5.2.3 Bilateral Thoracosternotomy
  • 5.3 By Material
    • 5.3.1 Stainless Steel
    • 5.3.2 Polyether Ether Ketone
    • 5.3.3 Titanium
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Johnson & Johnson
    • 6.1.2 Zimmer Biomet Holdings (A&E Medical)
    • 6.1.3 KLS Martin Group
    • 6.1.4 Acumed, LLC (Colson Medical, LLC)
    • 6.1.5 Figure 8 Surgical
    • 6.1.6 Idear S.R.L
    • 6.1.7 Praesidia SRL
    • 6.1.8 Kinamed Incorporated
    • 6.1.9 Jace Medical
    • 6.1.10 B Braun SE
    • 6.1.11 Orthofix Holdings Inc
    • 6.1.12 Abyrx Inc

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS