表紙:オセルタミビル市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1273421

オセルタミビル市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Oseltamivir Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.42円
オセルタミビル市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

オセルタミビル市場は予測期間中に3.2%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19は、オセルタミビル市場に大きな影響を与えています。現在進行中のコロナウイルス感染症で症状が出たCOVID-19患者のほとんどが、オセルタミビルを使用しています。例えば、2022年5月にAnnals of Medical surgeryに掲載された論文によると、COVID-19患者へのオセルタミビルの投与により、入院期間の短縮、早期回復と退院、死亡率の低下が観察されています。また、同出典によると、オセルタミビルを併用投与した患者では、ICUへの入院や入院後数時間以内の機械的人工呼吸の発生率が低いことが確認されました。しかし、2020-2021年のインフルエンザシーズンは、米国でも世界的にも、高水準の検査にもかかわらず、インフルエンザの活動は異常に低調でした。米国では2020年9月から2021年5月にかけて、米国の臨床検査機関が検査した818,939件の呼吸器検体のうち、インフルエンザウイルスが陽性だったのはわずか0.2%でした。この減少は、フェイスマスクの着用、自宅待機、手洗い、学校の閉鎖、旅行の減少、室内空間の換気の増加、物理的距離の確保といったCOVID-19の緩和策によるところが大きく、2020-2021年のインフルエンザ発症、入院、死亡の減少に寄与しました。したがって、パンデミックはピーク時の市場に影響を与えました。しかし、緩和策の解除とともにCOVID-19の症例が減少し始めたため、市場は回復に転じた。

市場を牽引する主な要因は、インフルエンザウイルス感染症の流行拡大です。インフルエンザは、ヒトの罹患率や死亡率の重要な原因として認識されており、健康や経済的負担を軽減するための治療法の開発・実施が促されています。例えば、CDCが発表したデータによると、2021年10月初旬から2022年6月中旬にかけて、インフルエンザウイルス感染により、800万~1300万人の症候性疾患、370万~610万人の医療機関訪問、8万~17万人の入院、5千~14千人の死亡が発生しました。臨床検査室では、280万人以上の呼吸器検体に対してインフルエンザ・ウイルスの検査を行いました。全体では4.5%の検体が陽性となり、そのうち98.6%がインフルエンザA、1.4%がインフルエンザBと判定されました。

さらに、2021年2月に公表されたWHOのデータによると、WHO GISRS研究所は2021年から2022年にかけて490,516人以上の検体を検査し、そのうち12,368人がインフルエンザ陽性となり、インフルエンザAが8,423人、インフルエンザBが3,945人となりました。したがって、人口におけるインフルエンザ感染の大きな負担により、その治療薬としてオセルタミビルの需要が増え、市場成長を促進すると考えられます。

そのほか、製品のイントロダクションは、市場の成長をさらに促進すると予想されます。例えば、2023年2月、中潮株式会社は、重慶新江医薬がNatco Pharma Limited(以下「Natco」)から抗インフルエンザ薬の中国本土における総販売権を取得したと発表しました。第一陣が重慶市の港に到着し、検査・検疫を経て、A型およびB型インフルエンザウイルスの国内治療・予防薬として市場に導入される予定です。新疆薬業が導入する抗インフルエンザ薬は「ナイディタウェイ」、通称「リン酸オセルタミビルカプセル」です。

しかし、オセルタミビル治療に伴う副作用が、予測期間中の市場成長の妨げになる可能性が高いです。

オセルタミビルの市場動向

インフルエンザA領域は予測期間中に高いCAGRで推移すると予想される

オセルタミビルは、A型インフルエンザウイルスによって引き起こされる感染症の治療に使用されます。オセルタミビルは、インフルエンザの治療と予防、およびその症状の軽減に使用することができます。A型インフルエンザウイルス感染の有病率の上昇や、医薬品開発における企業活動の活発化などの要因により、予測期間中、A型インフルエンザセグメントはオセルタミビル市場において大きな成長を遂げると予想されます。

さらに、2022年5月にVaccines Journalに掲載された記事から、ブラジルではH3N2ダーウィン型A型インフルエンザ株による推定68,077例が報告されたことが確認されています(2021年11月から12月の間)。さらに、2021年9月にISIRVに掲載された論文では、オセルタミビルを投与されたインフルエンザの乳児は、鼻咽頭分泌液中のウイルス量が少なく、症状の期間と重症度が短いことが確認されたと記載されています。このように、オセルタミビルは自然発症のインフルエンザ患者において、症状の持続期間を短縮する忍容性の高い薬剤であり、予測期間中にセグメントの成長を増加させると予測されます。

このように、上記の要因から、当セグメントは予測期間中に大きく成長すると予想されます。

Oseltamivir Market-IMG1

予測期間中、北米が市場において大きなシェアを占めると予想される

北米は、インフルエンザ感染症の有病率の増加、治療の高い普及率、確立された主要企業の存在、インフルエンザ感染症の治療に有効な薬剤の開発に注力する企業の増加により、オセルタミビル市場で大きなシェアを占めると予想されます、

また、同地域の高いヘルスケア支出は、市場成長をサポートすると期待される機会を生み出しています。例えば、2022年6月に公表されたOECDのデータによると、2021年の米国の医療費は同国の総GDPの17.8%に相当します。

そのほか、インフルエンザ感染症の負担増は、市場成長を促進する重要な要因となっています。例えば、CDCが2023年2月に発表したデータによると、2022年に発生したインフルエンザ関連の死亡者数は18,000人、疾病数は2,500万人、入院者数は28万人でした。インフルエンザ患者の54.2%がインフルエンザA(H3N2)であり、45.8%がインフルエンザA(H1N1)です。(H1N1)です。このように、同国におけるインフルエンザの大きな負担は、予測期間中の市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、オセルタミビルへのアクセスを増やすための政府の取り組みが、市場の成長を後押しすると予想されます。例えば、2022年12月、米国保健社会福祉省(HHS)は、戦略的準備・対応局(ASPR)を通じて、戦略的国家備蓄(SNS)を含め、このインフルエンザシーズン中の抗ウイルス剤の需要増に対応するため、タミフルの追加供給を管轄区域に提供することを発表しました。

このように、調査された市場は、前述の要因によって予測期間中に大きく成長することが予想されます。

Oseltamivir Market-IMG2

オセルタミビルの産業概要

オセルタミビル市場は細分化された競争市場であり、複数の主要プレイヤーで構成されています。市場シェアの面では、現在いくつかの主要プレイヤーが市場を独占しており、その中にはF. Hoffmann-La Roche Ltd、Cipla Inc.、Zydus Cadila、NATCO Pharma Limited、Macleods Pharmaceuticals Ltd、Amneal Pharmaceuticals LLC、およびAlembic Pharmaceuticals Limitedも含まれています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • インフルエンザウイルス感染率の上昇
    • 研究開発件数の増加
  • 市場抑制要因
    • オセルタミビルの治療に伴う副作用
  • ポーターファイブフォース
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模)

  • 製品タイプ別
    • カプセル剤
    • 懸濁液
    • その他の製品タイプ
  • アプリケーション別
    • インフルエンザA型
    • インフルエンザB型
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • Cipla Inc.
    • Zydus Cadila
    • NATCO Pharma Limited
    • Macleods Pharmaceuticals Ltd
    • Amneal Pharmaceuticals LLC
    • Alembic Pharmaceuticals Limited
    • Hetero Healthcare Limited
    • Lupin Limited
    • Strides Pharma Science Limited
    • Gilead Sciences, Inc.

第7章 市場機会および将来動向

目次
Product Code: 68298

The oseltamivir market is expected to register a CAGR of 3.2% over the forecast period.

COVID-19 has significantly impacted the oseltamivir market. Most COVID-19 patients who were symptomatic during the ongoing coronavirus illness have used oseltamivir. For instance, as per the article published in the Annals of Medical surgery in May 2022, it has been observed that the administration of oseltamivir in COVID-19 patients resulted in a shorter length of hospital stay, earlier recovery and discharge from hospitals and a lower mortality rate. In addition, as per the same source, a lower incidence of ICU hospitalization and mechanical ventilation within the first hours of admission was observed in patients administered with oseltamivir in combination therapy. However, flu activity was unusually low throughout the 2020-2021 flu season, both in the United States and globally, despite high levels of testing. From September 2020 to May 2021 in the United States, only 0.2% of 818,939 respiratory specimens tested by U.S. clinical laboratories were positive for an influenza virus. This decline was largely due to the COVID-19 mitigation measures such as wearing face masks, staying home, hand washing, school closures, reduced travel, increased ventilation of indoor spaces, and physical distancing that contributed to the decline in 2020-2021 flu incidence, hospitalizations, and deaths. Hence, the pandemic has impacted the market during peak times. However, the market started to recover as COVID-19 cases started to decline, along with the removal of mitigation measures.

The factors that primarily drive the market are the increasing prevalence of influenza virus infection. Influenza is recognized as a significant cause of morbidity and mortality in humans, prompting the development and implementation of treatment to reduce health and economic burden. For instance, per the data published by CDC, from early October 2021 through mid-June 2022, influenza virus infection resulted in 8-13 million symptomatic illnesses, 3.7-6.1 million medi­cal visits, 82,000-170,000 hospitalizations, and 5,000-14,000 deaths. Clinical laboratories tested more than 2.8 million respiratory specimens for the influenza virus. Overall, 4.5% of specimens tested positive, including 98.6% for influenza A and 1.4% for influenza B. Each week, between 0.1% and 9.9% of the specimens tested positive for influenza.

Furthermore, as per the WHO data published in February 2021, WHO GISRS laboratories tested over 490,516 specimens during 2021-2022, among which 12,368 individuals tested positive for flu, with 8,423 for influenza A and 3,945 for influenza B. Thus, the significant burden of influenza infection among the population is expected to increase the demand for the oseltamivir drug for its treatment, thereby propelling the market growth.

Besides, the introduction of the products is expected to further propel the growth of the market. For instance, in February 2023, Zhongchao Inc. announced that Chongqing Xinjiang Pharmaceutical Co., Ltd. obtained the general distribution rights in Mainland China for the anti-influenza drug from Natco Pharma Limited ("Natco"). The first batch of cargo has arrived at the port in Chongqing City, and the drug will be introduced to the market for domestic treatment and prevention of Type A and Type B influenza viruses after the inspection and quarantine. The anti-influenza drug introduced by Xinjiang Pharmaceutical is Naiditawei, commonly known as Oseltamivir Phosphate Capsules.

However, the side effects associated with oseltamivir treatment are likely to impede the market growth over the forecast period.

Oseltamivir Market Trends

Influenza A Segment Expects to Register a High CAGR Over the Forecast Period

Oseltamivir is used to treat infections brought on by the influenza A virus. Oseltamivir can be used to treat and prevent influenza, as well as to reduce its symptoms. The influenza A segment is expected to witness significant growth in the oseltamivir market over the forecast period due to the factors such as the rising prevalence of influenza A virus infection and the growing company activities in developing medications.

Additionally, from an article published in the Vaccines Journal in May 2022, it has been observed that an estimated 68,077 cases caused by the H3N2 Darwin type A influenza strain were reported in Brazil (between November and December 2021). Furthermore, an article published in ISIRV in September 2021 stated that the infants with influenza treated with oseltamivir were found to have the less viral load in nasopharyngeal secretions and shortened duration and severity of symptoms. Thus, oseltamivir is a well-tolerated drug that reduces the duration of symptomatic illness in patients with naturally acquired influenza, which is anticipated to increase segment growth over the forecast period.

Thus, owing to the factors mentioned above, the segment is expected to grow significantly during the forecast period.

Oseltamivir Market - IMG1

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market during the Forecast Period

North America is expected to hold a major share of the oseltamivir market due to the increasing prevalence of influenza infections, high adoption rates of treatment, presence of established key players, and rising company focus on developing effective drugs for treating influenza infections,

In addition, the high healthcare expenditures in the region are creating opportunities that are expected to support market growth. For instance, according to the OECD data published in June 2022, United States healthcare spending in 2021 was 17.8% of the country's total GDP.

Besides, the rising burden of influenza infections is the key factor driving the market growth. For instance, as per the data published by CDC in February 2023, there were 18,000 flu-related fatalities, 25 million illnesses, and 280,000 hospitalizations occurred in 2022. 54.2% of the influenza cases were influenza A(H3N2), and 45.8% were influenza A cases. (H1N1). Thus, the huge burden of influenza in the country is expected to propel the growth of the market over the forecast period.

Additionally, government initiatives to increase access to oseltamivir are expected to boost market growth. For instance, in December 2022, the U.S. Department of Health and Human Services (HHS), through the Administration for Strategic Preparedness and Response (ASPR), announced that they are making the additional supply of Tamiflu available to jurisdictions to respond to an increased demand for the antiviral during this flu season, including through the Strategic National Stockpile (SNS).

Thus, the market studied is expected to grow significantly during the forecast period due to the aforementioned factors.

Oseltamivir Market - IMG2

Oseltamivir Industry Overview

The oseltamivir market is fragmented and competitive and consists of several major players. In terms of market share, a few of the major players are currently dominating the market, which include F. Hoffmann-La Roche Ltd, Cipla Inc., Zydus Cadila, NATCO Pharma Limited, Macleods Pharmaceuticals Ltd, Amneal Pharmaceuticals LLC, and Alembic Pharmaceuticals Limited.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Prevalence of Influenza Virus Infections
    • 4.2.2 Increase in the Number of Research and Development Activities
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Side Effects Associated with Oseltamivir Treatment
  • 4.4 Porter Five Forces
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Capsule
    • 5.1.2 Suspension
    • 5.1.3 Other Product Types
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Influenza A
    • 5.2.2 Influenza B
    • 5.2.3 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.2 Cipla Inc.
    • 6.1.3 Zydus Cadila
    • 6.1.4 NATCO Pharma Limited
    • 6.1.5 Macleods Pharmaceuticals Ltd
    • 6.1.6 Amneal Pharmaceuticals LLC
    • 6.1.7 Alembic Pharmaceuticals Limited
    • 6.1.8 Hetero Healthcare Limited
    • 6.1.9 Lupin Limited
    • 6.1.10 Strides Pharma Science Limited
    • 6.1.11 Gilead Sciences, Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS