デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198778

フォンウィルブランド病治療薬市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Von Willebrand Disease Treatment Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 111 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
フォンウィルブランド病治療薬市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 111 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

フォンウィルブランド病治療薬市場は、予測期間(2022年~2027年)にCAGR6.5%を記録すると予想されています。

COVID-19の流行は、Von Willebrand病治療市場に大きな影響を及ぼしています。例えば、「COVID-19関連凝固症におけるフォンウィルブランド因子の役割」と題する2021年9月発行の論文によると、COVID-19患者はフォンウィルブランド因子(vWF)抗原のレベルが著しく上昇し、COVID-19関連凝固症(CAC)で見られる血栓症のリスク上昇に寄与しています。同出典によると、vWF抗原と活性の両方が高レベルであることは、臨床的に悪い転帰と相関しています。したがって、Von Willebrand病の治療に対する需要は増加すると予想され、それによって市場の成長に貢献します。一方、認知度の低さと治療費の高さが市場成長の阻害要因となっています。

市場成長の主な要因は、患者支援プログラムの増加や医療費の増加です。

2021年7月、PAN財団は、Von Willebrand病を患う人々のための新しい患者支援プログラムを開設しました。このプログラムの対象となる患者は、同疾患の治療に関連する控除額、自己負担額、共同負担額の支払いのために、年間10,200米ドルの経済的支援を受けることができます。もう一つの取り組みは、オクタファーマの自己負担金支援プログラムです。このプログラムは、ファクター・マイ・ウェイを通じて利用でき、対象となる患者さんに治療に関する費用の一部を大幅に節約してもらうことができます。このようなプログラムは、フォンウィルブランド病の治療に対する需要を促進し、市場の成長に寄与しています。

このように、上記の要因により、市場は予測期間中に成長を見せると予想されます。ただし、認知度の低さや治療費の高さが市場の成長を阻害する可能性があります。

フォンウィルブランド病治療薬市場の動向

置換療法セグメントは予測期間中に大幅な成長を記録すると予想される

置換療法分野は、大きな成長を遂げると予想されています。補充療法とは、体内で不足したり失われたりした物質(ホルモンや栄養素など)を補給する療法を指します。この分野の成長を促す主な要因は、フォンウィルブランド病の患者数の増加と製品認可の増加です。

世界血友病連盟による年次世界調査によると、2020年、世界でフォンウィルブランド病と確認された人の総数は84,197人でした。また、複数の市場関係者が、Von Willebrand病の治療における代替療法の承認取得に取り組んでいます。例えば、2021年6月、武田薬品工業株式会社は、米国食品医薬品局(FDA)がVONVENDI[von Willebrand factor(Recombinant)]の生物製剤追加承認申請(sBLA)を審査用に受理したと報告しています。本剤は、成人(18歳以上)のvon Willebrand病患者における出血の予防および出血頻度の低減を目的とした予防的治療薬です。

このように、この分野は上記の要因により、予測期間中に大きな成長を遂げることが期待されます。

北米が市場を独占し、予測期間中も同様と予測

北米の中では、米国が市場の主要なシェアを占めています。米国における市場成長の主な要因は、フォンウィルブランド病の罹患率の上昇、戦略的イニシアチブの増加、患者支援プログラムの増加です。

世界血友病連盟によるAnnual Global Surveyによると、2020年、米国でVon Willebrand障害と確認された人の総数は8,919人でした。また、米国疾病対策予防センター(CDC)による2021年4月の最新情報では、フォンウィルブランド病は国内で最も一般的な出血性疾患となっています。米国では320万人(100人に1人程度)が同疾患に罹患しています。そのため、米国ではこの疾患の治療に対する需要が大きく、市場の成長に寄与しています。

フォンウィルブランド病の認知度を高めるための取り組みもいくつか行われています。例えば、2020年8月には、全米血友病財団と武田薬品がアレックス・ボースタインと提携し、Von Willebrand病に関する認知度を高めるための取り組みを行っています。

したがって、上記の要因により、この地域は予測期間中に大きな成長を遂げると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 患者支援プログラムの増加
    • ヘルスケア支出の増加
  • 市場抑制要因
    • 認知度の低さ
    • 高い治療費
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模- 百万米ドル)

  • 疾患タイプ別
    • タイプ1
    • タイプ2
    • タイプ3
    • 後天性VWD
  • 治療法別
    • デスモプレシン
    • 補充療法
    • 血栓防止薬
    • その他の治療法
  • 投与経路別
    • 経口
    • 注射
    • その他の投与経路
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • CSL Behring
    • Ferring Pharmaceuticals
    • Grifols SA
    • Octapharma AG
    • Pfizer Inc.
    • Sanofi SA
    • Takeda Pharmaceutical Company Ltd
    • Bio Products Laboratory Ltd

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 67087

The Von Willebrand disease treatment market is expected to register a CAGR of 6.5% during the forecast period (2022-2027).

The COVID-19 pandemic has significantly impacted the Von Willebrand disease treatment market. For instance, as per a September 2021 published article titled, "Role of von Willebrand Factor in COVID-19 Associated Coagulopathy," patients with COVID-19 have significantly elevated levels of the Von Willebrand factor (vWF) antigen, contributing to an increased risk of thrombosis seen in COVID-19 associated coagulopathy (CAC). As per the same source, the high levels of both vWF antigen and activity have been clinically correlated with worse outcomes. Thus, the demand for Von Willebrand disease treatment is anticipated to rise, thereby contributing to market growth. On the other hand, the lack of awareness and the high cost of the treatment are the factors hindering the market growth.

The major factors fueling the market growth are the increase in patient assistance programs and the growing healthcare expenditure.

In July 2021, the PAN Foundation opened a new patient assistance program for people living with the Von Willebrand disease. The patients who qualify for this program receive USD 10,200 per year in financial assistance to pay for the deductibles, co-pays, and coinsurance costs associated with the treatment for the disease. Another initiative is the Octapharma Co-Pay Assistance Program. This program is available through Factor My Way and provides eligible patients with significant savings on some of the costs associated with their treatment. Such programs propel the demand for the treatment of the Von Willebrand disease, thereby contributing to the growth of the market.

Thus, owing to the abovementioned factors, the market is expected to show growth over the forecast period. However, lack of awareness and high cost of treatment may hamper the growth of the market.

Von Willebrand Disease Treatment Market Trends

Replacement Therapy Segment Expected to Register Significant Growth Over the Forecast Period

The replacement therapy segment is anticipated to witness significant growth. Replacement therapy is referred to as the therapy involving the supply of a substance (such as a hormone or nutrient) lacking in or lost from the body. The major factors fueling the segment's growth are the number of people with Von Willebrand disease and the increasing number of product approvals.

As per the Annual Global Survey by the World Hemophilia Federation, in 2020, the total number of people identified with the Von Willebrand disease globally was 84,197. In addition, several market players are engaged in obtaining approvals for replacement therapies for the treatment of the Von Willebrand disease. For instance, in June 2021, Takeda Pharmaceutical Company Limited reported that the United States Food and Drug Administration (FDA) had accepted the supplemental Biologics License Application (sBLA) for VONVENDI [von Willebrand factor (Recombinant)] for review. This is meant for prophylactic treatment to prevent or reduce the frequency of bleeding episodes in adults (aged 18 years and older) with von Willebrand disease.

Thus, due to the above-mentioned factors, the segment is expected to witness significant growth over the forecast period.

North America Dominates the Market and Expected to do Same in the Forecast Period

Within North America, the United States holds the major share of the market. The major factors contributing to the market growth in the United States are the rising incidence of Von Willebrand disease, the growing number of strategic initiatives, and the growing number of patient assistance programs.

As per the Annual Global Survey by the World Hemophilia Federation, in 2020, the total number of people identified with Von Willebrand disorder in the United States was 8,919. Also, as per an April 2021 update by the Centers for Disease Control and Prevention (CDC), Von Willebrand disease is the most common bleeding disorder in the country. 3.2 million people (or around one person in every 100 people) in the United States have the disease. Therefore, there is a significant demand for the treatment of this disease in the United States, which contributes to the market growth.

There are several initiatives to raise awareness of the Von Willebrand disease. For instance, in August 2020, the National Hemophilia Foundation and Takeda partnered with Alex Borstein to raise awareness regarding the Von Willebrand disease.

Thus, due to the above-mentioned factors, the region is expected to witness significant growth during the forecast period.

Von Willebrand Disease Treatment Market Competitor Analysis

The Von Willebrand disease treatment market is competitive, with the presence of many global players. The most prominent players in the market are Bayer AG, CSL Behring, Ferring Pharmaceuticals, Grifols, Octapharma AG, Pfizer, Sanofi, Sun Pharmaceutical, and Takeda.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increase in Patient Assistance Programs
    • 4.2.2 Growing Healthcare Expenditure
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Awareness
    • 4.3.2 High Cost of Treatment
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Disease Type
    • 5.1.1 Type 1
    • 5.1.2 Type 2
    • 5.1.3 Type 3
    • 5.1.4 Acquired VWD
  • 5.2 By Treatment Type
    • 5.2.1 Desmopressin
    • 5.2.2 Replacement Therapies
    • 5.2.3 Clot-stabilizing Medications
    • 5.2.4 Other Treatment Types
  • 5.3 By Route of Administration
    • 5.3.1 Oral
    • 5.3.2 Injection
    • 5.3.3 Other Routes of Administration
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 CSL Behring
    • 6.1.2 Ferring Pharmaceuticals
    • 6.1.3 Grifols SA
    • 6.1.4 Octapharma AG
    • 6.1.5 Pfizer Inc.
    • 6.1.6 Sanofi SA
    • 6.1.7 Takeda Pharmaceutical Company Ltd
    • 6.1.8 Bio Products Laboratory Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS