デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198740

動物用内視鏡市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Veterinary Endoscopy Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 133 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
動物用内視鏡市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 133 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

動物用内視鏡市場は、2021年に約1億9,777万米ドルとなりました。

2027年には2億6907万米ドルの収益が見込まれ、予測期間中のCAGRは5.5%で成長しています。

COVID-19のパンデミックは、調査した市場に大きな影響を及ぼしています。米国疾病管理予防センター(CDC)のデータによると、猫、犬、および他のいくつかの種類の動物は、コロナウイルスに感染する潜在的な危険にさらされています。このウイルスは最近、オランダの複数の農場でミンクから検出されました。動物とSARS-CoV2-ウイルスのヒトへの感染との関連性を理解するために、現在もいくつかの研究が進行中です。2020年4月、CDCと米国農務省(USDA)の国立獣医サービス研究所(NVSL)は、COVID-19に感染したペットの猫2匹の症例を確認しました。これらは、米国で初めて陽性反応を示したペットでした。また、パンデミックの期間中、ペットの養子縁組が増加しました。いくつかのアニマルシェルター、非営利の救助組織、民間のブリーダー、ペットショップは、消費者の需要が増加したことを確認しました。NPO法人フォスターは、米国でCOVID-19が流行したニューヨークの封鎖期間中に、里親募集が1,000%以上増加したと発表しています。このように、前述の要因を鑑みると、2020年の動物用内視鏡市場は、主に動物病院への訪問回数が減少し、短期的にはマイナスの影響を受けると予想されます。

動物における下痢、コクシジウム症、メレナ、消化不良、腸閉塞などの消化器系疾患の負担増は、予測期間中の市場成長を押し上げると予想されます。

また、ペットの飼育数が増加していることも、世界の内視鏡検査の需要増に大きく影響しています。米国ペット用品協会の2019-2020年全国ペット所有者調査によると、米国の推定160万世帯が馬を所有しており、犬と猫の所有が最も高い数値を維持しています。その結果、ペットヘルスケアへの支出は増加。また、動物保険の導入率も動物用内視鏡市場に大きく寄与しています。

内視鏡機器には大きな技術的進歩があり、獣医師が動物のさまざまな消化器系疾患を診断するのに役立っています。したがって、疾患の有病率の上昇と技術の進歩は、予測期間にわたって市場の成長を推進することが期待されます。

動物用内視鏡の市場動向

フレキシブル内視鏡は予測期間中に大幅な成長を遂げることが予想される

軟性内視鏡は、主に上部消化管(GI)内視鏡、大腸内視鏡、気管支内視鏡、鼻腔内視鏡、気管内視鏡に使用されています。これらの内視鏡は、手動で様々な方向に回転させることができるため、アクセスや操作性が良く、胃や腸の内部を容易に観察することができます。

食道胃内視鏡検査(EGD)や大腸内視鏡検査は、主に硬性内視鏡の代わりに軟性内視鏡で行われます。軟性内視鏡検査は、上部および下部消化管内視鏡検査で、消化管の選択された部位の直接検査や生検のために、専門医および一般医が最も多く行っている検査方法です。内視鏡画像をビデオモニターに表示することで、内視鏡医がより快適に作業でき、処置中に情報を共有することができます。

コンパニオンアニマルにおける消化管疾患の早期診断は、基礎疾患の特定に消化管の生検を必要とする様々な症状パターンを持つ動物が増加しているため、有益なものです。犬や猫に使用される上部・下部消化管内視鏡は、長さが100cm以上あり、先端部がほぼ180度上方に曲がり、水洗、送気、吸引が可能なものが一般的です。

軟性内視鏡は、破損を防ぐために定期的な修理が必要です。STERISなどの企業は、動物病院にとって重要な投資の一つであるEndo-i動物用内視鏡の修理に実績があります。調査された市場は、上記の要因により、予測期間中に大幅な成長を示すことが期待されます。

北米が主要シェアを占め、予測期間中に市場を独占すると予想される

動物用内視鏡市場の成長を促す主な要因としては、コンパニオンアニマルの導入の増加、人獣共通感染症などの疾患の流行、地域で利用可能な高度な動物医療インフラの有無、動物用内視鏡の開発につながる主要市場プレイヤーの存在などが挙げられます。米国農務省全米農業統計局によると、米国では、2019年の牛と子牛の数が9,480万頭であるのに対し、2020年には約9,440万頭となっています。また、ペット人口の増加やペットケアへの支出の増加も、市場の成長を後押ししています。例えば、米国ペット用品協会(APPA)が実施した「2019-2020全米ペット所有者調査」によると、米国世帯の67%にあたる約8500万世帯がペットを所有し、1988年の米国世帯の56%から増加しました。また、2019-20年の間に、米国の約6340万世帯が犬を飼っていました。

米国ペット用品協会株式会社によると、2020年、米国ではペットのために約990億米ドルが費やされ、2019年の957億米ドルから増加したと推定されます。したがって、調査対象市場は、前述の要因により、予測期間中に北米で大きな成長を遂げることが期待されます。

動物用内視鏡市場の競合他社分析

調査した市場は、適度な競争があり、世界プレイヤーの存在を享受しています。調査市場の主要なプレーヤーは、Biovision Veterinary Endoscopy LLC、Eickemeyer Veterinary Equipment、Olympus Corporation、Steris PLC、およびHill-Rom Holdings Inc.で構成されています。獣医学的用途の技術の進歩に伴い、多くの中小企業家が長年にわたって研究市場に参入しています。主要なプレーヤーはまた、世界市場での地位を確保するために買収や協力のような戦略的提携に関与しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 動物における消化器系疾患の有病率の増加
    • 低侵襲手術への傾向の変化
    • 動物医療費の増加および保険政策の改善
  • 市場抑制要因
    • 動物用内視鏡の高いコスト
    • 発展途上国や低開発国での低い普及率
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模:100万米ドル)

  • 製品タイプ別
    • カプセル内視鏡
    • 軟性内視鏡
    • リジッド内視鏡
    • ロボット支援型内視鏡
  • 動物種別
    • コンパニオン
    • 家畜
  • エンドユーザー別
    • 動物病院
    • 学術機関
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Biovision Veterinary Endoscopy LLC
    • Dr. Fritz Endoscopy GmbH
    • Medtronic PLC
    • Eickemeyer Veterinary Equipment
    • B. Braun Melsungen AG
    • Karl Storz SE & Co. KG
    • Olympus Corporation
    • Steris PLC
    • HILL-ROM HOLDINGS INC
    • Transact International
    • Zhuhai Seesheen Medical Technology Co. Ltd
    • MDS Veterinary
    • eKuore​

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 62932

The veterinary endoscopy market was valued at approximately USD 197.77 million in 2021. It is expected to witness a revenue of USD 269.07 million in 2027, with a CAGR of 5.5% over the forecast period.

The COVID-19 pandemic has a significant impact on the studied market. As per the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) data, cats, dogs, and a few other types of animals are at potential risk of acquiring coronavirus. The virus was recently detected in minks in multiple farms in the Netherlands. Several studies are still underway to understand the connection between animals and the human transmission of SARS-CoV2-Virus. In April 2020, the CDC and the United States Department of Agriculture's (USDA) National Veterinary Services Laboratories (NVSL) confirmed the cases of two pet cats infected by COVID-19. These were the first pets in the United States to test positive for the disease. Also, pet adoptions increased during the pandemic. Several animal shelters, non-profit rescue organizations, private breeders, and pet stores observed increased consumer demand. Foster Inc., a non-profit organization, claimed to register a more than 1,000% increase in foster applications during the lockdown in New York, the epicenter of COVID-19 cases in the United States. Thus, in view of the aforementioned factors, the veterinary endoscopy market is expected to have a short-term negative impact, primarily due to the reduced veterinary visits in 2020.

The growing burden of gastrointestinal diseases such as diarrhea, coccidiosis, melena, indigestion, and bowel obstruction in animals is expected to boost the market's growth over the forecast period.

The rising pet adoption has also significantly impacted the increasing demand for endoscopy worldwide. As per the American Pet Products Association's 2019-2020 National Pet Owners Survey, an estimate of 1.6 million US households owned horses, while dog and cat ownership held the highest number. As a result, pet healthcare expenditure increased. The adoption rate of animal insurance policies also contributed majorly to the veterinary endoscopy market.

There is a huge technological advancement in endoscopic devices, helping veterinarians diagnose various gastrointestinal diseases in animals. Thus, the rise in the prevalence of diseases and technological advancements are expected to propel the market's growth over the forecast period.

Veterinary Endoscopy Market Trends

Flexible Endoscopes is Expected to Witness Significant Growth Over the Forecast Period

The flexible endoscopes are mostly used for upper gastrointestinal (GI) endoscopy, colonoscopy, bronchoscopy, rhinoscopy, and tracheoscopy. These endoscopes can be manually rotated in various directions to allow for better access and maneuverability, which makes it easy to view the inside of the stomach and the bowel.

Esophagogastroduodenoscopy (EGD) and colonoscopies are performed primarily with a flexible endoscope instead of a rigid endoscope. The most common flexible endoscopic procedures performed both in specialty and general practices are upper and lower GI endoscopy, for direct examination and biopsy of selected areas of the GI tract. When the endoscopic image is displayed on a video monitor, the endoscopist can work more comfortably and share information during a procedure.

The early diagnoses of gastrointestinal disorders in companion animals are beneficial, owing to the increasing number of animals with varied symptom patterns that require a biopsy of the GI tract in identifying the underlying condition. A standard endoscope for upper and lower GI endoscopy used in dogs and cats should comprise at least 100cm of length and possess a distal tip with almost a 180-degree upward deflection, along with features such as water flushing, air insufflation, and suction capabilities.

The flexible endoscopes require regular repairs to prevent damage. Companies such as STERIS have experience in Endo-i Veterinary Endoscope repairs, one of the significant investments for veterinary practices. The studied market is expected to witness significant growth over the forecast period due to the factors mentioned above.

North America Holds the Major Share and is Expected to Dominate the Market Over the Forecast Period

The major factors driving the veterinary endoscopy market's growth include an increase in adoption of companion animals, increasing prevalence of diseases such as zoonosis, availability of advanced veterinary healthcare infrastructure available in the region, and the presence of key market players, leading to developments in veterinary endoscopes. According to the United States Department of Agriculture's National Agricultural Statistics Service, in the United States, there were around 94.4 million cattle and calves in 2020, compared to 94.8 million cattle and calves in 2019. Also, the growing pet population and increasing spending on pet care fuel the market's growth. For instance, according to the 2019-2020 National Pet Owners Survey conducted by the American Pet Products Association (APPA), around 85 million families or 67% of US households owned a pet, increasing from 56% of US households in 1988. Also, during 2019-20, around 63.4 million US households owned a dog.

As per the American Pet Products Association Inc., in 2020, it was estimated that around USD 99 billion was spent on pets in the United States, up from USD 95.7 billion in 2019. Hence, the studied market is expected to witness significant growth in North America over the forecast period due to the aforementioned factors.

Veterinary Endoscopy Market Competitor Analysis

The market studied is moderately competitive and enjoys the presence of global players. The key players of the studied market comprise Biovision Veterinary Endoscopy LLC, Eickemeyer Veterinary Equipment, Olympus Corporation, Steris PLC, and Hill-Rom Holdings Inc. With the increasing advancements in technology for veterinary applications, many small to medium-sized entrepreneurs are entering the studied market over the years. The major players are also involved in strategic alliances like acquisitions and collaborations to secure a position in the global market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Prevalence of Gastrointestinal Diseases in Animals
    • 4.2.2 Shifting Trend Toward Minimally Invasive Procedures
    • 4.2.3 Increasing Animal Health Expenditure and Improved Insurance Policies
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Veterinary Endoscopes
    • 4.3.2 Low Penetration in Developing and Underdeveloped Countries
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Capsule Endoscopes
    • 5.1.2 Flexible Endoscopes
    • 5.1.3 Rigid Endoscopes
    • 5.1.4 Robot-assisted Endoscopes
  • 5.2 By Animal Type
    • 5.2.1 Companion
    • 5.2.2 Livestock
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Veterinary Hospitals
    • 5.3.2 Academic Institutes
    • 5.3.3 Other End Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 COMPANY PROFILES
    • 6.1.1 Biovision Veterinary Endoscopy LLC
    • 6.1.2 Dr. Fritz Endoscopy GmbH
    • 6.1.3 Medtronic PLC
    • 6.1.4 Eickemeyer Veterinary Equipment
    • 6.1.5 B. Braun Melsungen AG
    • 6.1.6 Karl Storz SE & Co. KG
    • 6.1.7 Olympus Corporation
    • 6.1.8 Steris PLC
    • 6.1.9 HILL-ROM HOLDINGS INC
    • 6.1.10 Transact International
    • 6.1.11 Zhuhai Seesheen Medical Technology Co. Ltd
    • 6.1.12 MDS Veterinary
    • 6.1.13 eKuore​

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS